Mistery Circle

2017-10

第一回「MC参加者さんに聞け」 回答者:知さん(Q.13まで回答済み) - 2013.01.27 Sun

3/22 締め切りお題はこちら
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-136.html

弐号機


どうも。管理人弐号機天野真理です。

さて、去年のおすすめMCの記事内に書いた企画(?)を始めます。
去年、あるときにふと思ったのです。
MCも長いけれど参加者さんについてあまり知らないな、と。
でも、ただの自己紹介を今更していただくわけではありません。
皆さんがどうやってネタを考えているのか、どういう環境で書いているのか等々……
MCに関する事を中心とした質問をいくつか用意していますのでそれに答えていただこう、という企画です。



今回は第一回という事で、特別に私との対談形式でお送りします。
えっ、どうやって対談した?、ですか?
えーIRCというチャットシステムがありまして。それで呼び出しました。
今回はIRCでの会話を見やすいように編集してお送りしています♪

さて、記念すべき生n……もとい、第一回目の回答者の知さんどうぞー

知「……凄く気になる言葉が聞こえた気がするような……」

まぁ、他の誰からも回答が来なかったら晒しあげ状態ですからねー

知「ですよねー」

さて、第一回「MC参加者さんに聞け」早速質問に入ってみましょう


【Q.1 HN(PN)とそのHN(PN)の由来は?】

知「定番の質問」

この質問はなくてもいいかも、と思ったりもしましたが一応定番ですしね

知「MCだと、『知』又は『矢口みつる』 両方とも本名からもじってのHNになっている」

というか、知は本名そのままですしね。

知「まあね。因みに本当は『さとし』と読むけれど、『とも』でも全くOK」

ともみちる(ボソ

知「……あーうん。一応、あまりここではそのHN出さないでくれ」


【Q.2 MCは何回目からの参加? MCに参加する事になった(参加を決めた)理由は?】

知「MC vol.1からの参加。そして、参加することになった理由だけど……ぶっちゃけ、覚えていないんだよね(汗」

実はこの人、人との出会いの切欠とかすぐに忘れる人です。

知「あはは……否定できないorz」


【Q.3 原稿を書くときに使っているソフトは?】

知「Story Editor。階層構造で文書を管理できるから、俺にとってはMC作品を書くのに色々便利でずっと使ってるね……」

おっと、話の続きは別の質問で、ということで……
一応、他のソフトも試した事あるのですよね?

知「MKEditorとかサクラエディタとか色々試したけれど、どうも使い慣れなくてStory Editorをずっと使っているね」


さて、ここまでの質問は前置きのようなもの。
次の質問からが本番ですよ。では、行ってみよう。


【Q.4 ネタはどこで考えている? 又、ネタをどうやって作っている?】

知「俺は基本的にネタを考えるときはPCの前にいない。少なくとも原稿に向かっていない状態だったりする。よくネタを考えている場所は……布団の中、お風呂、電車の中、かな。正確にはネタを考えるというか練っている事が多いけれど。特にMCが再開されてからはMC用に新しいネタを考えるというよりも、今までに考えていたネタでお題に使えそうなのを選んで使っているという感じになっているね」

なるほど……では、その『今までに考えていたネタ』はどうやって考えているのですか?

知「んー何通りかあって。1つ目は音楽を聴いて思いついたネタ。例えばMC vol.45の『Moratorium』がそうだね」

因みに元ネタとなった曲は?

知「『フタリの記憶』」

アイドルマスターの水瀬伊織の曲ですか。

知「Yes.書いている間に結構違う感じになったけどね。音楽を聴いて思い浮かんだネタはまだストックは二桁以上残ってたりするからいつか使って書きたいね。2つ目はゲームから思いついたネタ」

と、言いますと?

知「んーMC vol.46の『Mystery circle』が典型例なのだけれど、ゲームには色々なお約束があるよね」

例えば……RPGで出発地点に強い敵がでないとか?

知「そう。そういうお約束的なものに理由を作れるか。そうやって考えたものが色々積み重なってできたのが『Mystery circle』
 魔王が本当に世界を滅ぼそうとしているのか→NO。から考え始めた話だね。そこから生じてくる疑問を一つずつ潰していって……いや、設定詰めながら同時に書いていくのって楽しいね。実際に書き始めてからできた設定も何個かあるし、お題のおかげで設定が広がっていくのもいい。
 RPGは色々な意味でネタの宝庫。勇者と魔王の話は『Mystery circle』以外の設定を5パターンぐらい考えてあるけど書く日がくるのかは微妙。ただ、絶対に書きたい設定の話は1つあるから、書けるお題がきたら絶対に書く。というか、実は、以前にそれを匂わせる話書いた事あるんだけどね」

設定考えるだけ考えて、話を書かないのはやめるようにしましょう。

知「……うおー古傷をえぐる言葉。つ、次に3つ目は、これは漫画、小説、ゲームとかの設定や台詞、アイテムでいいなと思ったものを自分ならどう使うかという考えから発展させたネタ。逆に疑問に思った事を自分ならこうするという考えから発展させたネタもあるね」

人によっては二次創作として使いそうですが……

知「確かにね。事実、二次創作として考えていたネタをオリジナルに転用したものもあったりする。
 3つ目としてはMC vol.44の『Quartet―Extra song―』を始めとする作品に出てくるフォニが例だね」

えっ、それバラしちゃいますか……

知「言ってもあまり問題ないかなと。工画堂スタジオのミュージックADVシリーズで出てくるフォルテールという楽器がモデルになってて、その面影がちらほら残ってる。興味がある人は調べてみると面白いかもね」

ネタの作り方はこの3通りですか?

知「基本、そうだね。この3つを組み合わせて書いているね。フォニシリーズなんて、細かいこと言ったら、3つとも使って書いている作品があったりするしね」


【Q.5 MCで作品を書くときに気をつけていること】

知「気をつけていること……1つ目、話が長くなりすぎないようにしている。普段は2万字以内に収まるように構成は考えてる」

『Mystery circle』は?

知「あれは例外だね。でも、あの話を書いて思った。ある程度世界の説明を書こうとすると2万字とかあっという間に超える。
 2つ目、これは1つ目にも通じるんだけれど……ネタを練り過ぎないように、又、細かい所まで作り過ぎないようにする」

理由はあるのですか?

知「理由は第一にネタを練る事に満足して話を書かないということがないようにするため」

ああ、過去の反省ですね。

知「その通りだよ>< 第二に、俺は続き書くこと多いからお題に合わせて細かい設定を変更しても大丈夫にするため、だね。長期連載している漫画で後付け設定とかよく言われることがあるけれど、曖昧に書いて後で設定を加えることができるようにするのは便利。MC vol.40の『Reincarnation』が典型例かな。いや、まさかあのキャラが猫という呼び名になろうとは全く予想もせず……あの母親もお題のおかげでよりお茶目な性格になったなぁ。
あ、Story Editor使っているのは続き物を書くのに便利&後で設定を加えるのに便利。だから、とここで追記しておく」

ある意味では『Mystery circle』も例かも知れませんね。

知「あー当初考えていた世界設定から結構変わったしねぇ、お題のおかげで。
 そして、気をつけていること3つ目が、登場人物視点で考えや行動などに矛盾が生じないようにする。
 読み手がそれをやったら駄目だろ、と感じることをキャラがする場合、そのキャラ視点ではそうしなければならない理由があるようにしている」

気をつけていることはこんなところですか?

知「他にも細かい事言ったらあるけれど、きりがないしこんなところで」

では、次の質問


【Q.6 MCの作品をどのように書いているか】

知「先ずお題の始まりの文を見て使える設定や話がないかを考える。もし、見つからなかったら新たに考えるのだけれど、MCが再開されてからは見つからなかったことがないなぁ。
 次に結びの文を見てどういう終わりにするかを考える。これについては例外の回があって『Mystery circle』は終わりを考えないで書き始めてたり……」

かなり見切り発車していたみたいですからね、あの話。

知「あはは……それが終わったら次に中間に当たる場面を考える。『Mystery circle』を除いてMCが再開されてからはここまでは基本数日で終わってたりする」

それにしては、提出遅いですよね?

知「否定できない。まぁ、理由はあって……始め、中間、終わりの場面が考え付いたら、原稿に始まりの文と結びの文をコピペして、最初の場面を書く。と言っても、数行ぐらいかな。そこまで書き終わったら暫く原稿は放置する」

……はい?

知「正確には原稿の前には向かわないで、頭の中で話の続きを練ったり書いたりしていく。これを短くて一週間、長かったら一ヶ月以上続けている。MCが再開されてからは一ヶ月以上続けていることが多いね。
 回によるけれど、場面を始め、中盤、終わりと大雑把ではなく細かく分けて考え、締め切りが近くなったら別だけれど、基本的に場面と場面の繋ぎの部分以外は全て頭の中では完成させている状態になるまで考える。場合によっては繋ぎの部分も考える事もある」

よく、原稿を書き始めてから「後、2場面書いたら終わり」とか呟いているのはそういう事ですか。

知「これは頭の中で考えるだけで決して何かに書き残したりしない。これは色々な設定についても同じで今までに書いた作品がメモ代わりだったり、プロット代わりになっていたりする。
 こういう書き方をしているからか、表現に悩んで詰まる以外は詰まらずに書いているので実際に書き始めたら結構速かったりする」

場面が思ったよりも長引いて悲鳴をあげていることはあるみたいですけどね。

知「……orz」


【Q.7 MCで作品を書くときに苦労している事】

知「キャラの名前を考える事と作品のタイトルを考える事。キャラの名前とか必要がなかったら出さないしね、俺。
 必要だったとしても例えば○○と仮に書いておいて後で名前を考えて修正する事もしばしば
 タイトルは……そろそろ英語縛りやめようかな、と思っていたり。ただ、楽でいいんだけどね、英語」

この人、あまりお題の文で悩んだ事ないんですよね

知「その内、とんでもお題がきそうだけれどね。まぁ、曲解してでも自分の土俵に持ち込むつもり」


【Q.8 あなたの作風に影響を受けた作品は】

知「1つ目はロバート・F・ヤング氏の『たんぽぽ娘』」

前に出題に使った事がある本ですね。

知「SFらしくないSFを書く人なんだけれど、『たんぽぽ娘』もSFらしくないSF短編。
 俺のファンタジーっぽくないファンタジー作品は間違いなく『たんぽぽ娘』を始めとするロバート・F・ヤング氏の影響。
 『たんぽぽ娘』はビブリア古書堂の事件手帖3で取り上げられているので興味を持った人がいるかもしれない。
 今は絶版だけれど、ネットで検索すれば原文も翻訳も見つかると思うので探してみてくださいな。
 というか、ビブリア古書堂の事件手帖3のせいで古書の価格が高騰しているんだよ、早く出てくれよ奇想コレクション『たんぽぽ娘』
 (実はビブリア古書堂の事件手帖で『たんぽぽ娘』が取り上げられていると知って、ビブリア古書堂の事件手帖を買おうか悩んで半年ぐらい経っている)」

実はここ数年、新しい小説にあまり手を出していないんです、この人

知「作家買いする人の新作ぐらいだね、新しく買うのは。最近は今まで読んだことある小説の読み直しばかりしているね。気に入った作品は10回以上読むよ」

……だから、文章覚えてしまうのですよ

知「あはは……2つ目、小野不由美氏の『十二国記』シリーズ」

定番ですね

知「俺が買い始めたときは講談社X文庫ホワイトハートでしか発売されてなくて買うのが若干ためらったよ。
 今は講談社文庫からも出ているし、何より最近になって新潮文庫で新装版が発売され、新潮文庫から新作短編集、長編新作の発売も決定しているので興味があってまだ買っていない人は是非」

内容の説明は?

知「『十二国記』については詳しいことは何も言いません。
 次に3つ目、今野緒雪氏の『マリア様がみてる』シリーズ」

……『十二国記』を買うのを躊躇っていた人が……

知「高校入学以降、少女漫画、少女小説を買うことに何の恥じらいもない。
 この作品の面白いのは人称で、簡単に言えば一人称形式に近い三人称……一人称と三人称がごちゃまぜになった作品になっている。例えば、○○視点の一人称で状況説明や心の動きを語りながらその一行後に「と、○○は思った」という三人称になっていたり。
 三人称を使用しながら、視点位置はその章における主人公からの視点で描写されていて、だけど、その視点は同一場面でも移動し、地の文でも視点人物に対する距離の違いがある。そのおかげで色々なキャラに共感ができるようになっていて、読んでいて感心することもしばしば。普通に読む分には全く違和感ないからね。
 癖のある人称のはずなのにすらすら読める。丁寧な心理描写……色々、参考になる作品」

さて、影響を受けた作品はもう一つあるようですが、今回はその作品については触れないのですよね?

知「触れたくても触れることができない、という感じかな。まぁ、何となく理由は察することはできるかもしれないけど……
 出題者になったときにお題の作品として使いたいんだよ」

うわ、素直に言った。

知「お題担当がきて正解が発表された後、ここに追記しようかなと、思ってます」

時間が開いたから質問事項を忘れている可能性があるけれど、最後の質問
(思い出したら後で回答してもらいましょう)


【Q.9 あなたの作品を読むにあたりここに注目して欲しいという点があればどうぞ】

知「MC vol.1から色々な世界観の話を書いていますが、殆どの話は根っこの部分、核となる部分に関しては2,3種類しかなくそこからの派生によって生まれています。又、核となる部分もどこかに繋がりがあったりするので、その派生や繋がりを明らかにすることは滅多にないと思いますが、この点を心の片隅に置いて読んでみると面白いかもしれません」


はい、第一回「MC参加者さんに聞け」は知さんでした。
回答してみてもいいよ、という人がいたら、質問事項をまとめたメールフォームを作っていますのでそこから送ってください。掲載します。

メールフォームはhttp://form1.fc2.com/form/?id=817443です
何時ものメールアドレスでもOKです。

どのような形式の回答も歓迎します。
回答が他に来なかったらこなかったらでおいしい気もしますね……

他に聞きたいことがあったらここのコメントに書くか、回答を送る際に勝手に質問事項を追加して送ってください。
知さんには追加された質問の回答は追記していただきます。


はい、以降は追加の質問事項に答えてもらいますよ。


【Q.10 一番最近読んだ小説はなんですか】

知「新しく買ってという事なら『東の海神 西の滄海(十二国記シリーズ)』」

一月に新潮文庫版の『東の海神 西の滄海』が出たのでしたね。
因みに持っている小説の読み直しを含めてなら?

知「……言えない……」

そう言えば最近、読み直してましたね、あれ


【Q.11 今最も注目、あるいは推している作家さんは? 小説に限らず、漫画でもエッセイでも。】
知「んーかなり前からになるけれど、清水文化氏かな。今、小説を作家買いしている人の一人」

マイナーだけれどコアなファンがいる作家さんですよね

知「清水文化氏の作品の特徴と言えば薀蓄。しかも、理系の人だからか物理やらの薀蓄もあってラノベ作家には少ないタイプの作家さんかも。
他にも理系の人らしい部分も色々散見されて面白い。
さっき、公式サイト見に行ったら男性向けライトノベル市場へ新規参入するレーベルから新刊が出るようなので楽しみだ」

あーよく考えたら清水文化氏の影響も受けていませんか?作風

知「言われればそうかも」


【Q.12 登場人物の名前ってどう決めてますか?】

知「話の内容やそのキャラの設定的にこういう感じの名前にしたいと決まっているときはそれに副った名前をつけているね」

具体的には?

知「それ聞くか……『ミオ』『マユ』『未来(ミク)』『ミキ』『レイ』……かな。他にもあるかもだけど。
ある回で書いた話を見たらわかるかもしれないけれど、カタカナの名前でも漢字は決まってます」

こういう感じの名前にしたいと決まっていないときは?

知「名前辞書とかを見て適当に」

名前を○○とかで仮置きする人だから、そんな感じですよね

知「名前って書いている最中に考えると筆が止まるからね」


【Q.13 原稿を書くときに心の準備などはしてますか?】

知「何もしていない。頭の中で書ける状態まで話が練れたら、後は作業用BGMを流しながら一気に書いていきます」

ある意味、作業用BGMを探すのが心の準備になっているのでは?

知「なるほど。一理ある」



● COMMENT ●

【Q.2 MCは何回目からの参加? MCに参加する事になった(参加を決めた)理由は?】
◎内藤・追記

某喫茶店で、ボクの周りに“モノカキさん”がやたら多くいたから、まとめて何か書かせてしまえーってMCを立ち上げた際に、知さんも逃げ遅れて一緒になって捕獲されたからだよぉ。(2pss


なんか孤独に企画立ち上げやってるなぁと思ったら、こんな事始めてるし……。
いつかこう言うのやってみたいなぁ~ってボクが思ってたの、まんまだったねっ!
ナイスだよ、ナイスだよっ! ……え~と、天野さんっ!(汗

これの企画に一つだけ提案!

自分の答えたい質問を、個人的に増して行くってのはどうかなぁ?
例えば、【MCメンバーさんに個人的にこれを言いたい!】とか、【作品を書くに当たって、これだけは曲げられない事】とか何でもいいから。
もちろん次回からはその質問も追加って事で。
そうすればなんとなく、質問も色とりどりになっていいかも~って思っただけなんだけどね。

一応、提案までです~。



※めっちゃ面白かった! 読んでて白熱するインタビューとか、久し振り!

>他に聞きたいことがあったらここのコメントに書くか、回答を送る際に勝手に質問事項を追加して送ってください。
知さんには追加された質問の回答は追記していただきます。


一番最後に書いてたね~。(大恥
失敗、失敗♪ てへへっ♪(thh

わぁぁ♪ 面白かったです!知さん生贄だったんですね!(空気知らず)
私も書いてみようかなあ。でも難しそうだなあ。ウーンウーン。。。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/tb.php/137-c175c3ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第二回「MC参加者さんに聞け」 回答者:氷桜夕雅さん «  | BLOG TOP |  » 「MC参加者さんに聞け」 質問事項

プロフィール

MC運営委員会

Author:MC運営委員会
このブログの八割は、カボチャで構成されております。

カテゴリ

Mistery Circle(メインカテゴリ) (40)
寸評 (30)
MCルール説明 (1)
お知らせ (36)
参加受付 (24)
出題 (35)
メールフォーム (3)
内藤クンのおもちゃの部屋 (9)
天野さんの秘密の部屋 (8)
Ms.伍長の黙示録の部屋 (0)
伊闇かなでの開かずの部屋 (4)
未分類 (28)
亞季 (2)
いつき (1)
伊闇かなで (3)
空蝉八尋 (4)
黒猫ルドラ (13)
ココット固いの助 (22)
桜井 (1)
桜朔夜 (1)
鎖衝 (11)
知 (21)
しどー (13)
瞬 (3)
白乙 (12)
すぅ (13)
すずはらなずな (30)
田川ミメイ (2)
辻マリ (14)
夏海 (3)
七穂 (1)
氷桜夕雅 (32)
ひとみん (4)
松永夏馬 (12)
望月 (8)
幸坂かゆり (21)
李九龍 (13)
りん (3)
ろく (1)
Clown (12)
MOJO (1)
pink sand (9)
rudo (8)
×丸 (4)
MC参加者に聞け (7)
Mistery Circle ヒストリー (2)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム