Mistery Circle

2017-10

Mistery Circle Vol. 47 寸評 - 2013.03.31 Sun

Mistery Circle Vol. 47 はこちら
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-164.html

5月25日(土)締切分お題はこちら
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-167.html


---------- キリトリ -----------


♪原稿~ 原稿~ 書~き放題~♪


ようやくVol. 47の原稿が終わって一息吐いたら、間髪入れずに次のお題が出て、「え~、こんな文章から何を考えればいいっての~?」なぁんて悩みながら、それでも着実に近付いて来ている50回記念の原稿の締め切りを考えつつ、ハゲそうになっている皆さん。

いい顔してるね! いい顔してるねっ!
ぷすすすすすすすすすっ♪(超嬉しそう



初号機




そう言えばこの前ね。ボクがせんべいを食べていた時の事なんだけどね。
せんべいは普通、横に口に入れるものじゃない?
だけどその時のボクは、新しい食べ方を模索したかったらしくてさ。
縦に入れちゃったんだよね。うん、せんべいをね。

そうしたらなんと、せんべいが口の中にウルトラフィット!
上あごと下あごに挟まれて、固焼きせんべいがボクの口と超同化!

もう、引くに引けない。押すに押せない。噛み砕こうにも、それも出来ない。
しょうがないからそんな恰好のまんま、ペンチを探すボク……。
こんな食べ方する人がいるから、マンナンライフも困るよなぁ~なぁんて関係の無い事を考えながらの、Mistery Circle Vol. 47 寸評行ってみようっ☆





《 Ties of F... 》 知さん
正直、これはやられたーって思うような。そんな衝撃の作品。
まず冒頭での書き出しが上手いよね。いかにも文学的で、模範的な起承転結の起だと思ったよ。
知らない道を行く。そしてその記録を付ける。なんかもうこれだけでその先の展開が色々考えられると思うんだけど、それを敢えていつもの世界へと繋げてしまうテクニック。そしてなんか、“どんよりとした不可解”を色濃く残しながら終わらせるその潔さも素晴らしかったよ。
展開の突然さもさることながら、結局そこで何があったのか? そこはどこなのかを説明しないままで終了させる。ボク的にはここが一番、評価したい部分だなぁって。
まさに傑作。個人的には、前作よりもこっちが好きかも。
そして“準イチオシ”を、知さんのあとがきに! 主人公二人がこの先に出逢えると、わざとここで言ってしまう所にちょと感動だったりしたよっ!
お疲れ様っ! また次回もよろしくねっ!



《 ステップガールとワイバーンの領主 》 ココット固いの助さん
ちょーっと辛口に言っちゃうけど、全体を通して何を書きたかったのかが、今一つ判らなかったね。
でも、その判らないのなんかぜーんぜん気にならない程、「えぇっ!?」ってな驚きで埋め尽くされた、そんな作品でしたっ!
ココットさんの作品って、「どこに行きつくの?」って思わせるものが非常に多いけど。今回はそれのパワーアップ版みたいな。なんかもう書きたいものを全部入れちゃうぞー的な乱雑さがあって、まぁ~贅沢なオモチャ箱だなと。(2pss
全体に漂う不気味さも併せ、題材とした巨木の部分が実に興味をそそられたね。出来ればこれはカッチリとした結末(って言うかオチ?)も知りたかったけど、まぁ、カットされた部分が多いって事もあるし、いつかきっと完成版を作ってくれるでしょうと期待しながら読み終えましただよ。
どんどん腕を上げてるねっ! お疲れ様だよっ! 次回もまたよろしくねっ!



《 All Hope Is Burned In Flame 》 Clownさん
あれ? 犬の悪魔は?(←出して欲しかったらしい
……なんて言うか、設定の凝り様が凄過ぎる。これだけ贅沢で壮大な設定しておきながら、その中のわずかワンシーンだけで作品を終わらせているって部分が、実に粋だよねぇ~。
しかもなんか、敵機が登場するまではまるでハリウッドのホラー映画的な怖さと不思議さがあって、こう言う描写はボク的にすげええええっって思っちゃうんだよね。
しかもMC作品にしては珍しく、なんのためらいもないままビシバシと人を殺しちゃう。(爆) こう言う部分も、なんか意欲的だなぁとか思ったよ。
そしてこれだけ退廃して絶望的な世界で、ラストの「世界は、まだまだ美しいな」を言わせる辺りがこれまた粋! いいねぇ~、こう言う感性、好きだなぁ~。
不条理ながら、嫌な気持ちで終わらせない書き方も素晴らしいと思ったよっ!
お疲れ様だねっ! また次回もよろしくねっ!



《 箱の中 》 松永夏馬さん
あれ? 黛さんは?(←またしても、出して欲しかったらしい
珍しく……いや、初めて? センセーがホラー書くとは思わなかったよっ!
いいねぇ~、この繰り返す恐怖。際限の無い怖さ。ボクの好きなホラー映画に、「キューブ」ってのがあるんだけど、それに近いゾクゾク感があるねっ!
最初は何を書きたいのかが全然判らなかったけど、次第に「何か変」ってのに気付いて来た時の怖さから、身に迫って来る怖さ。そして連鎖して行く恐怖に続けている部分が、まさに上手さって感じだったね!
いつもの文体とは違って、改行を多くとっての描写がまた上手いよねっ!
安易な結論とかを入れていない部分がまた、上手いなぁ~って思ったよっ!
お疲れ様だよっ! また次回もよろしくねっ!



《 白の夢 》 すぅさん
ボクだよ、ボクだよっ! ボクがいるよっ!
うわーい、初めてだよ! 初めてだよっ! “内藤”って名前のキャラは色んな人の作品に何度か登場してるけど、まさにボク本人って感じのキャラは初めてだよぉぉぉっ!(大歓喜大四喜
なんかもう、ボクと言う人間……カボチャが動いて歩いているのが見えるぐらいだったよっ! なんて言うか本当に嬉しかったよーっ!!! ちょっとだけ、前の記事の作家さん家訪問の時とリンクしてるのが良かったね!
ついでに彩見さんのシリーズだしねっ!(いやそれ、ついでじゃないだろう!) そこに登場出来るなんてもう……ひいきでイチオシにしたいぐらいだよだよっ!(泣
そしてラストのワンシーンも、なんか「ぷすすっ♪」って感じの終わり方だったしね! クラさんとのハイタッチは、まさに目に浮かぶような感じだったね!
え~と……もうこれは特別に、「金の内藤賞」を差し上げますだよ! 五個貯まったら何か特別な事があるかもねっ!(適当に言うな
お疲れ様だよっ! また次回もよろしくねっ!



《 強制バトン 》 辻マリさん
うわぁ、こーれーはー、やられたーって気分だったよぉ!
なんなんだろう、この作品の隅々までに広がる悲壮感と、退廃。こう言ううら寂しい物語書かせたらもうホント、読者としてうなるしかないよねぇ。いつもいつも言うけど、辻さんの書いたこういう世界って、ボクの好きな世界にまるごとビンゴなんだよね。文学性って言うのかなぁ。辻さんの作品って、独特な美意識を感じさせるよねぇ。
黒い衣装の男は前の作品にも出ていたけど、時代や場所が違っていても変わりがないとか、いいよねぇ、その設定。しかもストーリーがしっかりとしているせいで、読み応えも充分。これはホントに秀作って感じの作品だったねぇ。
う~ん、かなり迷ったけど、準イチオシで! ホントは読み終わった後、ボクなんか落ち込んじゃったぐらいの作品だったんだけどねぇ。
お疲れ様だよっ! また次回もよろしくねっ!



《 オリオン座に誓いを 》 氷桜夕雅さん
どうもどうも。ここだけ登場な管理人零号機、伊闇かなでです。
いや、いいですねぇっ! 純情っぽい不純かつエロスな青春ストーリー。激矛盾。読みながら私も、「ホ別苺」ってなんじゃらほいと検索し掛けましたよ。
うーん、なんて言うのでしょう。語り口調をすごくライトにやわらかーく書いているのに、伝えたい事をしっかり書けているって所で、その力量がわかりますねぇ。素敵です。
しかもラストでありきたりなハッピーエンド展開にしていないのもいいですねぇ。普通ならそこで「また逢えたね」って感じで終わらせるものでしょうけど、逆に読者を裏切るようなこの結末はまさに才能って感じですね。
素晴らしかったです! また次回も、意欲的な作品をお待ちしております。



《 ツンデレ武将がやってきてラブコメになるとおもいきや俺が征夷大将軍になっていた 》 氷桜夕雅さん
あ、うん。イチオシで!
正直、今回の作品群は物凄いハイレベルだったんだけどね。どれがイチオシでもおかしくないなって感じだったんだけどね。
その中で氷桜さんの作品が頭一つ抜きん出ていたのは、やはり誰ともかぶらず“ギャグ系”で書かれていた事。しかもただのウケ狙いじゃなく、ちゃんとストーリー構成も考えられた、「面白い作品」として完成されていた事。ボクはそれを評価したいなぁって。
ゲームのキャラクターがパソコンから抜け出て来るとか、そう言う非常識な部分もどうでも良くなっちゃう世界観で、ただのおちゃらけじゃなく、「えぇっ!?」って言う展開を含ませているのは凄いよねぇ。ボク的には主人公が天下統一しちゃうまでやって欲しいかなぁって思ってたり? ついでに言えば、去年のオススメMCのコメントにあったツンデレ台詞まで挿入していた部分には脱帽だったよっ!
文句無し、素晴らしい出来でした! 可能なら続編の方、お願いねっ!
お疲れ様だよっ! また次回もよろしくねっ!



《 いつかの日の冒険日記 》 subtitle:温かい本棚Ⅱ すずはらなずなさん
これはもう……うぅん。……泣けるね。(←素
前作の“温かい本棚”も良かったけど、なんかボク的にはこっちがいいなぁ~。雰囲気的には向こうも良かったんだけど、心に来るガツーンは、こっちの方が上っぽいもんねぇ。
前半がその流れのまま進んで行くのに対し、後半の過去からのメッセージは……ちょっと反則過ぎ~。(泣 随分と切ないの書いて来たよねぇ~。
切なくて、哀しくて~なのに、なんか嬉しいハッピーエンド。なんて言うか、やっぱりなーさんの書くものって、芯がブレないよねぇ~。常に安定した完成度を誇ってるって、やっぱり才能なんだろうねぇ。
今回もまた、なーさんの本への愛情、ひしひしと伝わって来たよぉ~。ハートフルな作品、どうもでした~。
準イチオシ、贈呈です。お疲れ様だよっ! 次回もまたよろしくねっ!





……ってな事で、今回も終了しましただよ、MC Vol. 47 寸評~。
辛かったのがなんと言っても作品の出来。最初に読んだ一本で、「ありゃま、これが一番でしょう」とか思ってたら、読むもの読むものどれもとんでもない凄いものばかりなんだもんねぇ。

で、全部にイチオシってのもどうかなぁ~って思ったので、今回は正直な気持ちになって、「一番感動したもの」って感じで、一本のイチオシを選ばせてもらいましただよ。
例えそれが笑いであっても、一番心を動かされたのは間違いなく感動だと思うしね。

さぁてみなさん、色々と原稿の同時進行があるかと思うけど、あんまり無理せず頑張ってねぇ~。

50回記念の原稿は、「書けるかどうかわかんない」なんて人も多いけど。
大丈夫。締め切り近付いて来たら、ちゃんと書けるからね。(3pss
それに、締め切りもちゃんと考慮するからね。みなさんが納得行けるだけの時間、考えておくからねぇ~。

でもまだ時間があるので、今から助け舟は出しませ~~~ん!

苦しんでおいてね。ぷすすすすっ♪

ではでは、お疲れ様でしただよっ!
次は5月の締切日辺りでお逢いしましょう~。


管理人初号機、内藤でした。


● COMMENT ●

毎度毎度ありがとうございます。マジで。
世界設定はMC50用に作ってあって、47~51は全部その設定の範囲内で構成される(予定)から、まだまだ使い回すよ(笑)!
犬っころは世界の根幹に食い込んでるので、そのうち出てきます('Д`;)
あと、これからも沢山人が死にます('Д`;)
血のカーニバルの始まりです('Д`;)

タイトルの意味も明かさず終わった作品で酷評も覚悟して次回のバネにと腹をくくっておりました。にも関わらず温かい寸評ありがとうございます(T_T)次回魔女の宴にご招待致します(*^^*)どうか一番良いお席でご覧下さい(予定

寸評ありがとうございます。って伊闇かなで様からコメントが・・・・嬉しい!!!胸のリボン解き隊の誉ですわ・・・・ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
そしてオススメMCのコメント入れたのバレてたー!気づいてくれてありがとうございます。
続編・・・なんとか頑張ります、期待しないでねぇ・・・・

寸評お疲れ様です♪

わーいっ、金の内藤賞、ありがとうございます!
5枚集めたら、カボチャさんのぬいぐるみが貰えるとか?(笑
そしてクラさんは、気付いてる方もいらっしゃると思いますが、clownさんのイメージです(笑

毎度 心温まる寸評有難うございます。
ココットさんの感想も凄くって、これはきちんとすべて読んで心こめて感想をかきたいと思い・・・

遅読の私は 一作をしおりはさむようにして毎日読んでいます。

すぅさん>何となく気付いてました(笑)。出演させて頂きありがとうございます。
では、お礼に血のカーニバルにご招待を(やめろ

なずなさんの作品「じっくり読みたいな」という気持ちでありながら、続きが気になり、あっという間に読んでしまうという読書体験でした(*^^*) ぜひ次回の魔女の宴に御招待を(黙れ

寸評ありがとうございます。ホラーってほどのホラーでもないですけど。

普段と違った感じなのを書いてみようかなと思って、いろいろ頭ひねりました。

寸評ありがとうございます。

今だから言うけれど、今回は予定していた話の半分ぐらいしか書けていないんだよねぇ><

書ききれなかったけれど、ショウはミカにまだ出会えていないのにミカの正体(?)に気づき、ミカはショウと出会っているのにショウの正体(?)に気づいていないという皮肉な状況になっていたりするんだよね


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/tb.php/168-a223b435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(不)定時報告2 «  | BLOG TOP |  » 5月25日(土)締切分お題

プロフィール

MC運営委員会

Author:MC運営委員会
このブログの八割は、カボチャで構成されております。

カテゴリ

Mistery Circle(メインカテゴリ) (40)
寸評 (30)
MCルール説明 (1)
お知らせ (36)
参加受付 (24)
出題 (35)
メールフォーム (3)
内藤クンのおもちゃの部屋 (9)
天野さんの秘密の部屋 (8)
Ms.伍長の黙示録の部屋 (0)
伊闇かなでの開かずの部屋 (4)
未分類 (28)
亞季 (2)
いつき (1)
伊闇かなで (3)
空蝉八尋 (4)
黒猫ルドラ (13)
ココット固いの助 (22)
桜井 (1)
桜朔夜 (1)
鎖衝 (11)
知 (21)
しどー (13)
瞬 (3)
白乙 (12)
すぅ (13)
すずはらなずな (30)
田川ミメイ (2)
辻マリ (14)
夏海 (3)
七穂 (1)
氷桜夕雅 (32)
ひとみん (4)
松永夏馬 (12)
望月 (8)
幸坂かゆり (21)
李九龍 (13)
りん (3)
ろく (1)
Clown (12)
MOJO (1)
pink sand (9)
rudo (8)
×丸 (4)
MC参加者に聞け (7)
Mistery Circle ヒストリー (2)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム