Mistery Circle

2017-08

《 T・O・M 》 - 2012.07.04 Wed

《 T・O・M 》

 著者:知






******************

注意1:この話は真剣に読まないようにしましょう。お気軽に読んでください。いつものような話を期待していた人にはこの場で謝っておきます。
偶にはお気軽な話でもいいじゃない?

注意2:この話はアイドルマスターシンデレラガールズ(以降、モバマス)に関する事実を基にしたフィクションです。
実在の団体・人物とは一切関係ありません。

******************

Case.1 Aに訪れた幸運その1

「ああ、こういう気持ちなのか……ありがとう、ちひろ(*1)」
 スマホの画面を呆然と見つめつつ信じられない事が起こったというように男――ここでは区別するために彼をAと呼ぶ――はそう呟いた。
 その画面には『[ピュアバレンタイン]渋谷凛』が表示されていた。
「モバマスを始めて一年と数ヶ月……無課金に近い微課金勢の俺にこんな幸運が訪れるとは」
 スクショを撮りつつ、未だに己の身に起こったことが現実なのか疑っている様子だ。
「確かに年が明けてから俺がSRを何枚も引いていた。去年はガチャでSRを一枚も引けていなかった俺が、だ。しかも、殆ど課金をせずにだったり、プラチナガチャチケット(*2)で、だ。しかし、それは殆ど765SR(*3)だった。違うとしても『[だらだら妖精]双葉杏』だったり『[はにかみ乙女]小日向美穂』という、高くても相場でスタ(*4)100を何とか超えるぐらいのしか引けなかった。いや、SRを五回以上引いてゲス子枠(*5)を引いていないのは幸運だし、今年に入るまで一枚も引いていなかったのに今年に入って一ヶ月と少ししか経っていないのに五回以上引いているのはおかしい気もするが……それは置いておこう……しかしだ。5kで、まさか、5kで、だ。月末ガチャの目玉SRを引けるとは……何という幸運」
 ここで軽く説明しなければなるまい。
 モバマスのプラチナオーディションガチャには期間限定のガチャイベントが定期的に行われており、月末ガチャはその名の通り月末から開始されるガチャであり、最近は期間限定のSRが3つ追加され、限定アイドルのみが出て、かつSレアの出る確率が10%の「Sレア10%ガチャ」と交換できる引換券がついてくるのが特徴となっている。
 勿論、SR3枚それぞれの引ける確率は異なっている。Aのいう目玉SRは一番出辛くなっているSRである。(その分、性能はいい)
「∑(*゜д゜*)ハッ!! 呆然としている場合ではない。バレ凜は現状、特訓後は全属性(*6)の中で一番攻が高いのは知っているが、特訓前のLv.MAX時のステータスや相場を知らない。引くわけないと思ってたからな。調べないと」
 Aはそう言うとフリートレードでバレ凛を調べた。
「ふむ……特訓前だと最大攻は11970か。今開催中のツアー(*7)だとスターダムパワーで攻守2倍だから特訓前でも十二分に使えるか。さて、相場は……」
 Aはそう呟くと、バレ凛のフリートレードの登録状況や成立履歴を確認した。そこで見たものは、
「( ゜∀゜)・;'.、グハッ!! ……スタ1000オーバー……だと。何だこれは」
 あまりにもなものだった。基本的にスタ1=100MC(モバコイン)であり、1MC=1円0(しかし、この値段でスタドリを現金を使い買う人は滅多にいない)。つまり、10万円超えである。
「……月末ガチャの目玉SRだからここまで高くなるのはわかるけどさ。しぶりん(*8)の他のSRは初期だったから今となってはステータス低いしな。しぶりんPにとって念願の強SR、かつ、ボイス付き(*9)。しかも、現状、最高の攻ステータスを持つ。CoPだけではなくCuPやPaPも手放さないか。おそらく、トレードに出すなら今がいいのだろう。けれど、ツアーで使える&できれば2枚目をお迎えして手元に残したい。取りあえず、ツアーが終わるまでは様子見だ」
 Aはそう決めると本スレを開いた。
「撮ったスクショをアップローダーにあげて……よし」
____________________________________________________________________

72 非通知さん@モバマス起動中
[画像のURL]
5kでバレ凛引いたぜ

80 非通知さん@モバマス起動中
>>72 あんたん(*10)は死すべき

82 非通知さん@モバマス起動中
>>72 あんたんは帰って
____________________________________________________________________

「ふぅ、満足。さて、方針も決まったしツアー走るか。と言っても自然回復分だけだがな。おっとその前にバレ凛Lv.MAXにしないと」
 そう言うとAはバレ凛のLv上げをしてからツアーを走り始めた。


「さて、バレ凛の相場はどうなっているかな」
 数日後、Aはバレ凛の相場を確認すると
「お、ついに1000切ったか」
 スタ900代になっていた。確かに下がったが、Aにとってはまだ高いのも事実。
「せめて、800代まで下がれば時間かけてもお迎えする気になるんだけれどな」
 Aはそう呟くと、フリートレードのページを閉じた。


「さて、バレ凛の相場……(  Д ) ゜ ゜ 相場が1000復活していやがる。というか1050で安定している、だとw」
 数日後、Aが相場を確認すると相場が上がっていた。
 期間限定ガチャの特徴でもあるのだが、一回下がりまた上がるという状態になることが多い。
 理由はあるのだが省略する。
「というか、相場復活どころか高くなってないか? これがCoの恐ろしさか」
 そう、何故かCoの相場は他の属性に比べて高いという傾向があるのだ。おのれちひろ(違
「これは、ガチャ期間が終わっても相場落ちそうにないな。少なくともバレ凛が最強でなくならない限り。そんな予感がする」
 Aのこの予感は当たり、最強のカードの座を譲るまで相場は下がらなかった。

「売ろうとも考えたがスタ1000以上持っても欲しいのはないし、トレードで2枚目入手を目指すか」
 ツアーとガチャ期間が終わり、相場を確認しながらAはそう決めた。
「まぁ、もし、藍子SRが上位報酬や期間限定ガチャSRにきたら考えるけどな。バレ凛2枚目お迎えのためにスタ稼ぐか。少しずつにはなるが」
 Aは今後の方針を決めるとその方針に従い動き始めた。
 因みにすぐ後にSR藍子がきたが、恒常SRだったため入手を後回しにすることに決めていたりする。

Case.1 End

Case.2 Fの嘆き

「ついに……ついにこの日が来たか」
 男―Fとする―は月末ガチャの目玉SR――を見て一人そう呟いた。
 2012年1月13日にプラチナオーディションガチャから出るSRとしては初めての765プロ以外のキャラクターとして登場したのが[ニュージェネレーション]渋谷凛だった。
 しかし、それが故に後発のガチャSRより弱くなってしまい、渋谷凛Pにとっては悲しい状態が続いていた。
 ただ、幸いな事に渋谷凜はCDデビューを果たしたことで[CDデビュー]渋谷凛というCDに付属しているシリアルナンバーを入力すると手に入るカードがあり、勿論、CD化したということでボイス付き。更には2012年10月30日に開始された『キリンビバレッジ×アイドルマスター×ローソン キャンペーン』で看板アイドルとして大抜擢され、キャンペーン対象商品に付属しているシリアルナンバーを入力することによって[アイオライトゴシック]渋谷凛を入手することができた。このように、キャラとしては優遇されているのだが肝心のモバマス内では若干不憫な状態であった。(初出から1年以上再登場していないキャラもいるなど不憫なキャラは結構いる)
 しかし、それは[ピュアバレンタイン]渋谷凛が登場した事で覆された。
 渋谷凛Pにとっては回すしかないガチャだった。そう、それが例え茨の道だったとしても。
「ニュージェネ、CDデビュー、ロー凛(*11)でしぶりん艦隊(*12)を組んでいる俺がこのガチャを回さないはずがあるだろうか。いや、この日のために今までガチャをあまり回してこなかったのだ。さて、回すぞ」
 Fはコンビニでお金をモバコインに変換し、ガチャを回し始めた。
 気合を入れガチャを回したFに訪れたのは幸運ではなく、避けようがない不運だった。
「……50k使って[ピュアバレンタイン]渋谷凛を引けないのはまだ分かる……まだ、分かる。しかし、だ……」
 Fはそう呟くと少し溜めてから
「月末ガチャの目玉SR以外のSRすら引けないどころか、SRがゲス子枠しか引けないとかなんなんだああああああああああああああああああ」
 心の底からそう叫んだ。
「Sレア10%ガチャチケでもRしか引けないとか……ちくしょう、ちくしょう、ちくしょーーーーー(AA略)」
 そう、月末ガチャの目玉SRだけ狙って引くのはかなり難しいものがあるのだ。
 それでも、目玉SR以外のSRは引けたり、高レートで取引されているSRは引けたりしてそれらをトレードに出す事で目玉SRをトレードで手に入れることができたりするのだが、FはSRはゲス子枠しか引けなかったのだ。
 しかし、50kぐらいだとこういう状況も珍しくないということも書いておかなければなるまい。
 月末ガチャは月末ガチャの度に50k~100k回すを2ヶ月続けて目玉SRを1枚引けたら運のいい方、と思ってもいいレベルなのだ。
「これ以上の課金は(生活に)無(理が出ない程度の)課金(*13)を心がけている俺にはできない。今は全属性で最高の性能だが数ヶ月もすれば変わる。今でもスタ500はあるんだ。その日に備えてスタ溜めるしかない」
 Fはそう決めると本スレを覗いてみた。
 そこには

____________________________________________________________________

72 非通知さん@モバマス起動中
[画像のURL]
5kでバレ凛引いたぜ

____________________________________________________________________

 などという書き込みがあった。
「……」

____________________________________________________________________

72 非通知さん@モバマス起動中
[画像のURL]
5kでバレ凛引いたぜ

80 非通知さん@モバマス起動中
>>72 あんたんは死すべき

____________________________________________________________________

「……ちくしょう、ちくしょうーーーーーーーーーーーーーーーーー(AAなんてなかった)」

 ガチャには月末ガチャ以外に5stepガチャ(*14)やBOXガチャ(*15)というものがある。
 どれがマシとは一概に言えないが、どのガチャもあんたんと引けない人の差は凄く激しいとだけ書いてこの場を閉めよう。

Case.2 End

Case.3 Aの幸運その2

――Twitterにて――

B@asdfgh
R97%ガチャチケ(*16)の結果は安定のバニラR(*17)だった

A@zserf
@asdfgh 俺もR97%ガチャチケではバニラRか特技Rしか引けてないなぁ

――――――――――

 AはBにそう返した後でふと思い出した、手に入れたR97%ガチャチケを使っていない、と。
 そこで贈り物倉庫からR97%ガチャチケを取り出し、ガチャを引いた。
「……えっ」
 それで起こったことに一瞬呆然としたが、すぐに復活しスクショを撮り、スクショと共にこう呟いた。

――――――――

A@zserf
R97%ガチャチケでSR姉ヶ崎(*18)引いた。最近、色々とおかしい。[画像のURL]

B@asdfgh
@zserf てめぇ!

――――――――

「しかし、最近引きよすぎだな。これで、スタ500ぐらい溜まった。目標の約半分ぐらいか。バレ凜は遠いな。やはり、もう一回あんたんが起こらないと厳しいか」

 そう考えた数日後の事だった。

「しかし、今回の月末ガチャの目玉SRの[制服ウサミン]安部菜々(*19)の壊れ性能のおかげでバレ凛の相場が下がったな」
 最近になって最大攻発揮値18k超えのアイドルが登場したのに、制服ウサミンの最大攻発揮値は19398。まさかの19k超えだった。
「これで、バレ凛入手が少し楽になる、か。さて、5kだけ回すか」
 実はA、月末ガチャで新たに追加されたRである制服心豊かさん(*20)をマニートレードでお迎えし満足したためか、SR引きたいなどという邪念をなく回したのだ。すると、
「……えっ、まさかのSRレイナ様(*21)ゲット」
 月末ガチャのSRの中で一番性能の低いSRとはいえスタ90にはなるSRを引いた。
「あ、Sレア10%ガチャチケと1枚交換できるか。まぁ、Rだろうけど引いてみるか」
 そう、思いながら引いてみると
「……はい? マジデスカ」
 そこには月末ガチャのSRの3つの中で2番目の性能の[制服の女神]新田美波が表示されていた。
「えっ、本気でなにこれ? こんなの絶対におかしいよ」
 Aは思わずそう呟いた。
「あー冷静になれ。相場はどれくらいだ? スタ500近くか?」
 そこである事実に気づく。
「これでバレ凛トレードで手に入れてもスタ200近く手元に残るぞ」
 Aはそのことに気づくと先ほど手に入れたSR2枚をトレードでスタドリに変え、バレ凜を手に入れた。
 それから1時間も経たないうちに、Aの手元にはSR+バレ凜LvMAX・特技Lv10があった。
「ふぅ、これで満足。間違いなく先ず手持ちのバレ凜を売って、数日後にSR+バレ凜LvMAX・特技Lv10をトレードでお迎えした方がスタドリ的には得なのだろうが。そんなの関係ない」
 Aの心は妙な満足感で満ちていた。
 尚、この1ヵ月後に又少しした幸運が訪れたのだがそれは省略する。キリがなくなる。
 又、その数週間後に幸運が訪れた。どうなっているんだこれ(汗

Case.3 End

Case.4 イベント順位上位の恐ろしさ

 モバマスのガチャで数十万使った、というのはモバマスをやっていなくても聞いた事があるだろう。
 しかし、ある意味恐ろしいのは、ガチャではなくイベント順位上位争いなのである。
 ここではフェス(*22)と呼ばれているイベントについて触れてみたいと思う。

「あーやはり、次イベはフェスか」
 次イベントの予告をみてGはそう呟いた。
「手持ちで使えるエナドリ(*23)は100近く……軽く走ってみるのもありか。ファン数稼げるし。まぁ、フェスの組み合わせ次第だが」
 そう思った翌日、フェスの組み合わせが発表された.
「ふむ、どうやら俺の手持ちアイドルで勝てない人は少なそうな組み合わせになったようだ。でも、今回はプロダクション的にはまったりいくとかなってたな。一応、俺は軽く走るが気にしなくていいと書いて置こう」
 Gはそうプロダクションの掲示板に書き込んだ。
「ん? 今回からテンションチャージで毎試合1回テンションpt溜める事ができるようになったのか。そして、レアメダル(*24)交換にエナ茶(*25)あるのか。限界まで交換するか。エナ茶を使うのは最終戦にして、それまでに交換できるようにしておこう」
 フェスは他のイベントよりも期間が短い。5日間のイベントだ。
 しかし、イベントに参加している人にとっては短いようで長い5日間だ。
「ふぅ、ついに最終戦か。今の順位だと5000位以内はいけそうだが……3000位以内とはどれぐらい離れている?」
 3000位の現在の声援ptを見てみると
「うわ、倍近く離れている。これは5000位以内キープだな。というか、3000位以内って上位報酬1枚ではなく、10%で上位報酬が引けるチケットが貰えるんだったよな。上位報酬一枚取りと二枚取りのボーダーも見てみるか」
 Gは興味からそんなことを調べてみた。
 二枚取りボーダー順位は150位、一枚取りボーダー順位は1500位である。参考に3000位と5000位の獲得ptも書いておこう。

150位
約9100000pt

1500位
約2200000pt

3000位
約730000pt

5000位
約350000pt

「( ゜∀゜)アハハハ八八八ノ ヽノ ヽノ ヽ/ \/ \/ \……こうやってある程度稼いで見るとイベント上位者の異常さがよりわかるようになるな。これ、最終戦前だから最終戦が終わるともっと酷くなるんだよな」
 もはや渇いた笑いしか起こらなかった。
 最終戦は時間が長く、又、ラストスパートする人が多いため酷い事になるのだ。
「まぁ、どうでもいいか。さて、初めて軽くエナチャンザムするがどんな感じなのだろうか、楽しみだ」
 フェス最終戦が始まり、テンションptが溜まりハイテンションモードに入った。
「よし、エナチャンザム&エナンザム(*26)発動だ」
 ハイテンションモードというプロダクションメンバー全員の攻/守発揮値が10%アップし、獲得声援ptが20%アップし、獲得フェスメダルが1枚ボーナスされるモード中にエナ茶とエナドリをつぎ込んだ。
「あははは、何これ、楽しいwww」
 そう自分のテンションが上がるからかエナチャンザムやエナンザムは妙な楽しさがあるのだ。
 これが癖になると間違いなくモバマス廃人になるだろう。
 ハイテンションモードが終わり、最終戦の時間も終わりになった。
「ふぅ、まぁ、途中の順位を確認していたけれど5000位以内はいけただろ。結果は明日の昼か」
 そう、フェス以外のイベントはすぐに結果が発表されるのだが、フェスだけは翌日の昼に発表されるのである。

 そして、翌日の昼。Gが結果を確認すると。
「よし、5000位以内に入れたな……怖いけど、又、確認してみるか」
 今回は1位の獲得ptも載せてみようと思う。

1位
約48000000pt

150位
約12000000pt

1500位
約3600000pt

3000位
約1200000pt

5000位
約510000pt

「( ゜∀゜)アハハハ八八八ノ ヽノ ヽノ ヽ/ \/ \/ \……まさに桁違いとはこの事だな」
 上位陣がどれくらいのアイテムを使っているか、というのは

http://news.netpoyo.jp/2013/04/298

 の記事を参考に。

Case.4 End

Case.5 モバマス経済

 モバマス経済という言葉がある。
 トレードが実装されているのでそういう言葉が出てくるのは当たり前かもしれない。
 勿論、今までの内容から分かるように、アイドルがどれくらいのスタドリやエナドリと交換されるか、という事になる。
 この交換レートが色々恐ろしいのである。
 高レートで取引されているアイドルは一気に値が落ちることがあるのである。トレードしてリロードしたら相場が20、30下がっていたという話も聞く。
『俺はそれで1200あったスタドリを700にできたよ』
 これに似たような書き込みが本スレでよく見られたりする。
 基本的に排出が少ないアイドル程高くなり、人気が高いキャラほど高くなり、強いアイドル程高くなる。
 しかし、これは飽くまで基本だ。例外だらけである。
 例えば、上位報酬。排出は少ないのに実は結構安いのである。少なくとも基本は月末の目玉SR以下のレートである。
 故に上位報酬を自力獲得を狙うのは趣味の問題であり、損得を気にするなら後でトレードで入手した方が確実に得なのだ(それなのにあの上位争いなのだが)
 今年の4月に入り、アイドル安に拍車がかかった。
 思わずプロダクションの掲示板に『恒常SR安くなりすぎていないか』と書き込んでしまった程である。
 765SRがスタドリ一桁なんて状態にもなっている。
 安くなるのは無課金や微課金Pにとっていい側面もあれば悪い側面もある。
 トレードをした後でそのアイドルの相場を見ようとするな。これが鉄則である。
 現実にも言える事であるが、お金がある人ほど有利である。
 正直、上位陣は何でそんなに金持っているんだよと突っ込みたくなるレベルである。
 これがモバマスだけなら兎も角、古いアイマスファンなら本家にも同時にお金を使っているのである。
 どこからそんなお金が出てくるんだよ。
 こちらはCDだけでヒーヒー言ってるわ。
 アイマス沼という言葉もある。アイマスに嵌ると中々抜け出せないのである。
 しかし、それは趣味の世界にはよくあることだ。
 オーディオ沼などという言葉もある。
 己の趣味にお金をつぎ込む人は多いのだ。
 でも、稼ぎの範囲内でつぎ込むのは何も問題ないと思う。それ程嵌れるものがあることは幸せであると思う。
 ある趣味にお金を使うことに疑問を持ったとき、こう自分に問いかけている。
「……この(趣味の)世界は嫌い? この(趣味に嵌っている)日常はあなたにとって意味のないものなんですか?」
 それを即否定できないのならその趣味にお金を使うのはやめた方がいいと思っている。

 終わっとけ。
 
Case.5&Story End


*1
千川ちひろ。アイドルマスターシンデレラガールズ内でのチュートリアルやイベント等の解説、ショップなどを担当するナビゲーター的存在。
課金ガチャや課金アイテムを勧めてくる運営の犬。鬼!悪魔!ちひろ!

*2
色々な場面で運営から配られる課金ガチャであるプラチナガチャを引く事ができるガチャチケット。限定ガチャイベントの種類によっておまけがついたりつかなかったり、限定のアイドルが出たり出なかったりと色々違ったりする。
無課金・微課金勢にはありがたい物。

*3
本家であるアイドルマスターに登場する765プロ所属のアイドルのSRの事。

*4
この場合はスタミナドリンクの事。スタドリとも略す。スタミナドリンクはスタミナを全回復させるアイテムであり、トレード時の通貨代わりになっている。
他にもスタはスタミナ(仕事をする為のパラメーター)を差す場合もあるが流れでどちらかは大体把握できる。

*5
またをゲス枠。
イベントで完走相当SRとして登場した後にガチャにも投入されるSRの事。
[LIVEゲスト]三村かな子が最初だったためこう呼ばれるようになった。
スタドリ1で取引される事もあり、ガチャでせっかくSRを引いたと思ったらガッカリ。
「こんな枠を作りやがってちひろゲスい」という非難の意味も込められている。

*6
モバマスのアイドルはキュート、クール、パッションの3つの属性に分けられている。
プレイヤーも開始時にこの3つの属性のどれかを選ぶことになっていて、プレイヤーとアイドルの属性が一致した場合は発揮値が若干プラスされる。
選んだ属性の違いでCuP、CoP、PaPと呼ばれるがこのPはプロデューサーのP。

*7
イベントの一つアイドルLiveツアーのこと。何故かツアーは海外で行われている。
アイドルから仕掛けられたユニットLIVEでアイドルユニットの気力を0にすることでポイントをえ、そのポイント数を競うイベント。
ユニットLIVEではこのイベントに限り登場するコストLPを消費する。LPは最大値3、20分で1回復する。
LIVEは10人の重複しないアイドルをユニットメンバーとして選出するため、如何に強いアイドルを10人揃える事ができるかが鍵となる。
重複しないアイドルと言っても、同じアイドルでも違う種類のカードなら選出する事ができる。
ある程度のアイドルの強さ&時間さえあれば課金アイテムを使わなくてもある程度上の順位が狙えたりする。(少なくとも3000位以内は可能なのは実証済み)

*8
渋谷凜の愛称。

*9
スマートフォン端末のみに対応していて、スピーカーマークに触れると声を聞くことができる。
ボイスがついているのはCDデビューしたアイドルのみであり、CDデビューしたアイドルでも全カードに声がついているわけではない。
5/22のCDシリーズ第四弾が発売され、それによってCDデビューしたアイドルは20人になる

*10
安定の単発IDの略。運営乙とほぼ同じ意味。
実際に当たりが出ることを報告することで課金意欲をそそるためのモバマス運営の工作と看做されているのだが、単に自慢しにきただけの人が多い。

*11
[アイオライトゴシック]渋谷凛の事。
ローソンイベントの渋谷凜、ということでロー凜と呼ばれている。

*12
フロントをあるアイドルだけにすること。同じカードはフロントに置けないため5種類、つまり、最低再登場を2回できないと艦隊が組めない。
因みにあるアイドルのみのSR+で艦隊を組む事は今はできないが、近々、神崎蘭子と十時愛梨が可能になる(ただ、可能になるだけで、どれくらいの現金が必要になるかは考えるだけで恐ろしい)

*13
無課金は本来課金額が0の人を指すのだが、モバマスの場合は色々な言葉遊びをして自分は無課金だとか微課金だとか主張する人がいる。
これもその例。
この話のAは本来なら無(意味に近い)課金なのだが、何故か引きがよく無(意味に近い)課金ではなくなっている。

*14
5段構えの特別ガチャ。STEPが上がるごとに値段は高くなるがその代わり限定SRの引ける期待も高くなる。 ただし、STEP5まで回しても限定SRを引けるとは限らない。
STEP5を引いた後はまたSTEP1に戻り、最大3周まで回せる。

*15
正確にはモバマスではリミテッドガチャ。
カード総数が決まっているガチャであり、限定SRも最悪箱の中身を空にすれば引ける。
空にするのにいくら使うかって? ふふふ……

*16
正確にはSR3%ガチャチケ。皮肉をこめてこう呼ばれる。
これでもSR確率は普通の課金ガチャよりもあがっていて、普通の課金ガチャのSR確率は1.5%である。

*17
特技なしRの事。

*18
城ヶ崎美嘉の事。
姉妹でアイドルをやっているため、姉の美嘉はこう呼ばれることがある。
妹は城ヶ崎莉嘉であり、妹ヶ崎と呼ばれることがある。
因みに姉妹共にCDデビュー済み。

*19
永遠の17歳を自称するキャラであるが、「こ、この制服は…久しぶりにお掃除したら出てきて…あっ、いや、17歳なので毎日着てました!着てます!」の台詞でわかるようによく自爆する。
5/22に発売されるCD第四弾でCDデビューし、その曲が凄く電波な曲で話題を集めている。IOSYSならちかたない。
試聴が開始され、サビのうー☆どっかーん!キャハッ☆ラブリー17歳。のインパクトは凄まじいものがあったが、後日に実はサビの部分はまだマシだったという事があるWebラジオで判明した。
そのWebラジオのパーソナリティの一言「これまた衝撃的な名曲が生まれてしまいましたね」は名言。
モバマスのCDシリーズは週のオリコンチャート10位以内に入ってくることが多いので、お茶の間を凍らせる事件がまた起こるかもしれない。
話はそれるが、mixiのつぶやきに「彼女のCDが予想以上にやばくて今日は推敲できそうにない」と書きそれに反応したC氏が彼女の曲を試聴し犠牲になったという珍事件が起こった。いや、マジすまなかった><

*20
綾瀬穂乃香の事。
本スレであるPが「綾瀬さんはいいぞ。心が豊かになる」と連呼していた結果、こう呼ばれることになった。
綾瀬ほのか、でググってはいけない。そう、絶対に。
完走SRの[ピュアハート]綾瀬穂乃香は完走SRにも関わらず、攻コス比が954にもなる。これは攻コス比でみるなら課金ガチャのバランス型SRよりも高いため、重宝している人は多い。心が豊かになるな><

*21
小関麗奈の事。
自らを『レイナサマ』とサマ付けで呼ぶビッグマウスで唯我独尊な女王様系キャラクター。
ではなく、言動のそこかしこに小物臭とヘタレ臭が漂う残念キャラクター

*22
正式名はプロダクションマッチフェスティバル。
プロダクション同士で決められた相手と戦う。上位報酬獲得を目指すPにとってはまさに戦争。
ただ、ファン数を稼ぐ格好のイベントでもある。

*23
エナジードリンクの事。エナとも言う。
攻・防コストを全回復する。スタドリと同じでトレード時の通貨代わりに使われているが、エナドリはイベントでの消費量が多いためか通貨としての価値はスタドリより高い。販売価格は同じなのにね。

*24
R、SR、R+、SR+と交換できるメダル。
このメダルを溜め交換する事でアイテムと交換できたり、女子寮という使わないアイドルを置いておく事ができる施設を設置する事ができたりする。
基本的にバニラRがレアメダルと交換されることになり、レアメダルができたことでバニラRにも価値ができたという一面もある。

*25
エナドリチャージ10の事
フェス中でしか使用できないが、LIVEバトルを行うと10回の間バトル終了ごとに攻/守コストが全回復する。

*26
フェスにおいてエナドリを大量に使い、すごい勢いで何度もLIVEバトルを挑むこと。
元ネタはガンダム00の一時的に機動力が3倍になるトランザム。
モバマス内のアイテムに「~ンザム」をつけた派生語も存在する(エナチャンザムもその一例)
ガチャンザムなどという言葉もあるが、一番危ないのはリボンザム(課金をクレカのリボ払いに切り替えること)であろう。
リボンザム、ダメ絶対
「刹那、エナンザムは使うなよ」
「了解。エナンザム!」





《 T・O・M 了 》





【 あとがき 】
うん、ごめん。こんな話なんだ><
他にも思い浮かんだ話はあるんだけれど、どうしてもお題元に引っ張られてしまってどうしようかと頭を抱えたとき、これを書くことを思いついたのだ。
ついカッとなって書いた。今は反省している(キリッ
これでも書きたい話を結構削っていたりする。削った理由は様々だが……色々とネタにつきないゲームである。
脚注はある程度用意したけれど、わからない言葉があったらググって下さい。
流石に話に出てきたキャラ全員の解説書くのは面倒なのでやめた。


【 その他私信 】
寸評書き辛かったら書かなくていいよ><


忘れられた丘  矢口みつる(知)
http://wasureraretaoka.blog86.fc2.com/


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/tb.php/190-5599a369
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

《 魔法少女と呼ばれて ずっとあなたが好きだった 》 «  | BLOG TOP |  » 《 TELL (桜色) 》

プロフィール

MC運営委員会

Author:MC運営委員会
このブログの八割は、カボチャで構成されております。

カテゴリ

Mistery Circle(メインカテゴリ) (39)
寸評 (29)
MCルール説明 (1)
お知らせ (35)
参加受付 (23)
出題 (34)
メールフォーム (3)
内藤クンのおもちゃの部屋 (8)
天野さんの秘密の部屋 (8)
Ms.伍長の黙示録の部屋 (0)
伊闇かなでの開かずの部屋 (4)
未分類 (27)
亞季 (2)
いつき (1)
伊闇かなで (2)
空蝉八尋 (4)
黒猫ルドラ (12)
ココット固いの助 (21)
桜井 (1)
桜朔夜 (1)
鎖衝 (11)
知 (21)
しどー (12)
瞬 (3)
白乙 (12)
すぅ (13)
すずはらなずな (29)
田川ミメイ (2)
辻マリ (14)
夏海 (3)
七穂 (1)
氷桜夕雅 (30)
ひとみん (4)
松永夏馬 (12)
望月 (8)
幸坂かゆり (21)
李九龍 (13)
りん (3)
ろく (1)
Clown (12)
MOJO (1)
pink sand (9)
rudo (8)
×丸 (4)
MC参加者に聞け (7)
Mistery Circle ヒストリー (1)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム