Mistery Circle

2017-07

Mistery Circle Vol. 40 寸評 - 2011.12.05 Mon

初号機



おらのダンスステップにみんなハンガ♪

おらのテンションはもうライザ♪


そーんなこんなの内藤初号機! ひゅ~ほほほほほ♪



ハイハイ、遅れてんだからサクサク行こうねー。サクサクー。







まず最初に、オススメMCの企画から~~~。
もっかい説明はめんどーなので、こっちで見てね~~。なげやりぷすす。

“オススメMC作品企画“開催のお知らせ
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-22.html


え~と、一応補足だけど、今回のMC作品もまた今年度のオススメMCの中に含まれてるからね~。
ちゃんと今回のも読んで、投票してね~。

あ、ついでにもういっこ補足だけど、「別HNでもう一人分投票してもいいですか?」ってな質問については、もーまんたいって返答で~す♪
別にみなさんが何人いても、一向に困らないよ~♪

でも、使い捨てなHNで来たら、ちょっと考える。
そんな程度で簡単に~♪(簡単過ぎない?


ついでにもう一つ、次回の……一月終わりかな?
参加受け付けもスタートでーす。一緒にここにコメントしてね~。
今回のバトルロイヤルに参加した方々は、自動的に参加なんでコメントは要らないよ~。

……あ、七穂さんとパチさんは不参加だっけ?
後は知らない♪(←この程度



さてさて~。

今回のMCは読んでて疲れたね~。
ぶっちゃけ、正直な感想。

だって本当にどれも凄いんだもん。
最初なんかぬる~く評価してたんで、ほとんど全員がイチオシ状態になっちゃって……。

あぁ、いかんいかんって読み直しても、六人がイチオシ。
それでも頑張って頑張って、削って削って、そんでこんな感じなんだよね。


それでも、一生懸命書いた寸評なんだから勘弁してねーーーっ!(プチ泣き


そ~れでは行ってみよ~!
Mistery Circle Vol. 40 す~~~んぴょ~~~っ!!!

……あ、重大発表はその後で!





《 名前の無い夜 》 辻マリさん
おぉー。本当だ。BLとして読むと、そう言う方向でも読めるねー。(私信
なんかこれだけで見れば、これから始まる物語の序曲のような印象があるよねぇ。
早く死にたい人と、早く死んで欲しい人。(人?) でもその願いはまだまだ叶いそうにない微妙さが、実に面白い空気を生み出しているよね。
主人公の、「日曜の夜に自殺なんてするものじゃない」って言う台詞と、死神君の、「ねえ、このまま寝て良い?」って言う台詞に、僕は凄いユーモアセンスを感じたよ。
まだどっちも本心からの決断じゃないって言うアンバランスさが、この世界の面白さを高めているんだろうねぇ。
ちなみに、本当はもっと激しく書きたかっただろうグロテスクな部分やエロティズムに関しては、全然遠慮とかしなくていいからねー。ボク的には是非、辻さんの描く問題作を読んでみたいから。
って言うか辻さんって、影やら闇のあるもの書かせると凄いよね。
ラストのお題のまとめ方は、とれも上手いよね。なるほどーって思ったよ。
お疲れ様でしたー。是非、次回もよろしくねー。



《 アンダー・グラウンド 》 夏海さん
え、すっごいねぇー。今回が小説初挑戦とは思えないクオリティーだよー!
なんて言うか、初めてなのに本当に良く綺麗にまとめられたね。そこが本当に驚いたし、感心したよー。
作品自体は、夏海さんの性格って言うか優しさが滲み出ているようで。哀しいなりの嬉しさが感じられるよねぇ。
挿入文としてのお題の台詞も、全部入れたんだよね。それも凄いよー。
ラストに掛かる描写は、本当に爽やかな風を感じる事が出来ました。いや本当に、初めての作品にしては上手いです。上手過ぎます。
実際何度も書き直してたもんねぇ。うんうん、本当に頑張ったよね。
比較して……の評価じゃないけど、ボクはこの出来に、「準イチオシ」をあげたいなと思いますー。
どうもありがとうだよっ! 次回もまたよろしくねっ!

※夏海さん紹介
えーと……。
趣味がボート漕ぎで、モールス手旗信号が得意で、必殺技は相手のこめかみに飛んで行く右ハイキック。
ついでに言えば日本人離れした容姿の超美人さん。プラスちょびっと天然。(ここ大事
暇そうにしてるとすぐに喧嘩始めちゃうので(偏見)、MCに誘ってみました。
書けるかな~って思ってたけど、出て来たもの読んで本当に驚いた。感性豊かな才能ある女性だったみたいだよ~!
Mixiにいるので、是非にトップページ見に行ってね。ボクの言ってる事、嘘じゃないって判るから。ぷすっ♪



《 建築家の猫 》 ココット固いの助さん
これ、ね。やられた。ボク的にもう、「ずきゅーん」ってなぐらいの直球で、惚れちゃうような作品。
凄い。マジ凄い。こんなに静かな描写で、こんなにも動揺しちゃうようなものを書けるなんて、本気で脱帽です。
人は、少々毒のある作品を好むものだけど。なんだろうこの全体に漂う毒の匂いは。
エロティックな部分には全くそう言う描写を書いていないのに、ただ想像だけで激しくエロを感じる。そして主人公の子供の心理だって、言葉短く書かれているのに、どんどん膨らんで行くかのような想像を掻き立てる。
ボクはもう、完全にこれはイチオシ! 驚く程のセンスと世界観だと思いました!
是非、次回もお願いしますね! お疲れ様でしたー!

※ココの助ちゃん紹介
簡単に言うと、mixiで見掛けた変な人。(5pss 
なんかいつも漫画とアニメとゲームと猫耳少女の話題ばっかで孤独に盛り上がってる妙なお兄さんです。微妙に嘘も入れてるけどね。
なんだか色んな方向で詳しそうなので、こりゃあ書かせてみたら面白いかなって嫌がらせ半分で書いてもらったんだけど、なんかもうボク的に直球ど真ん中な作品書く人だったよ。
得意分野は料理みたいらしいよ。かなり女性的なセンスの、そんなお兄さんです。
是非是非みなさん、よろしくねー!



《 A SENSE OF HOME 》 りんちゃん
あー、あったかいねぇー。
なんか例えると、小春日和なイメージの作品だよねぇ。
読んでいて特に大きく盛り上がる部分はないんだけど、決して目を離す事が出来ないような、そんな吸引力を持っているよね。
じんわりと、じっくりと、温かくさせてくれる。そんな作品だね。
でも、なんか不思議だよねぇ。終始あったかくさせてくれて、そしてハッピーエンドで終わってる筈なのに、なんかどこか切なくなるようなこの感じ。
上手いよねぇ。ただ、「面白かった」では済まさないこの才能。素敵だなぁと思いました。
同時に、なんか本当に猫ってそんな優しさで生まれ変わってる。そんな事まで考えさせてくれた作品でした。
お疲れ様です! また次回もよろしくねっ!



《 記憶の底の建築群 》 なずなさん
なーにーこーれーーー!?
えええええ。素で驚いたーよー。えええええー。
なんか最近、凄く、「枠」をはみ出てない? なんか昔のなずなさんを知っているだけに、この自分ルール無視な感じの凄さ、ひしひしと感じられるんだけど……。
えーと、ね。もう誤解恐れずに言っちゃうけど、今までのなずなさんの作品群を通して、正直ボクはこの作品が一番好きです。今までのなずなさん作品の中で、多分ボク的最優秀作品って感じなんだよね。
次に好きなのはやっぱり、ダンボールの中の少女の話なんだけど。(3pss
もちろん、文句無しな「イチオシ」です! MCオススメ企画でも、ボク自身必ず投票させてもらいますねー!
お疲れ様でした! また次回もよろしくねー!



《 内側と外側 》 亜季さん
おおー。えー。なんか不思議な世界だねー。
最初はなんか難しそうな話になるのかと思ったけど、なんか不思議な方向だったね。
面白いのが途中に挟まるお題の台詞の部分。なんだかここ好きだなぁ。微妙に違いながら繰り返されるその会話が、なんか不思議感をアップさせてるよね。
そしてあとがきを読んで、「あぁ、なるほど~」って思いました。
ボク達が何気なく通り過ぎているものの中にもちゃんと歴史は息衝いている。なんかそんな当たり前の事を思い出させてくれるような、そんなホットな気分になりました。
なんか久し振りに心に刺さって来るような、そんな亜季さんの作品でしたねぇ。
そして今回のお題となったこの作品。なんかみんな、思い切り悩んで悩んで、素敵な作品を書き上げてくれました。
亜季さんの選択のおかげだねっ!
どうもお疲れ様だよっ! また次回もよろしくねっ!



《 Home 》 すぅさん
うあ……。
……。(泣
ボクはぜーんぜんすぅさんの事知らないけど。
うわ、やられた。なにこれ。(泣
すっごいねぇ~~~。あぁ、いや、上手いねぇ~~~。今までに出逢った事の無いような、そんなイメージの作品でした。
いや、面白い。実に面白いね。なんだか短く細かいショートストーリーのシリーズ第一幕って感じのような勿体なさ。これ一本で終わらせるのはなんだか寂しいよねぇ。
二人の視点が入れ替わって進むのも、実に上手い。そしてそれぞれに面白い。
「イチオシ」です。断然。
絶対に次回も参加してね! 約束ね! お疲れ様だよーーーっ!

※すぅさん紹介
紹介たって、ボクも全然知らない人なんだけどねー。
えー、七穂さん経由で今回から参加してくれました、すぅさんです。
七穂さんとはネトゲ仲間で、そっちでお話しして来てくれたみたいだよ。
21歳女性で、京都府在住な方らしいね。そんで小説歴は不明。今度教えてねー。とても初めて書きましたな感じじゃないからね。ぷすっ♪



《 モニュメント 》 七穂さん
あれ? おねーちゃん……こんなに上手かったっけ?(激失礼
お久し振りだね! お久し振りだねっ! MCでお逢いするのは何年振りだろうねっ!
って言うかもうおねーちゃんが前回書いたのっておぼろげにしか覚えてないんだけどさっ! なんかこんなに面白いの書いてたっけなーtt(撲殺
読んでいてどんな方向に行くのか判らない。そして一体、猫がどんな役目なのかも判らない。なんだかそんな中で二つの物語が交差して綴られて行く辺りは、凄く上手に思えたよ~っ!
ラストもいいよねっ! この余韻の取り方もなんだか凄く素敵だったよっ!
流石はMCの初期メンバーだねっ! あ、そこっ! 「そうだったっけ?」とか言わないでねっ!
お疲れ様だよっ! また今度も宜しくねっ!

※七穂さん紹介
知る人ぞ知る、MCの幽霊初期メン。
謎が多い上に秘密も多い、そんな魔女。でもその素顔は、「どんな細胞?」って言いたくなるぐらいの年齢不詳の激美人。(マジ美人
色んなヲタク知識から、ちゃんと大人な一般常識知識まで豊富なそんな人。
実際はめちゃめちゃ忙しい筈なのに、しっかりゲームとかもしてたり、なんだか素直に心配するのが面d(撲殺
滅多にMCには書いてくれないけど、裏から地味にMCを支えてくれてたりする、そんな一面も持ってたりします。
若干黒いけど、皆さんどうぞよろしくね~♪



《 Reincarnation 》 知ちゃん
あ~~~、はいはいはい。
あ~~~、凄いね~~~。はいはい。
「イチオシ」贈呈です。なんかもう皮肉の一つでも言いたくなるぐらいの面白さ。
長編で考えていたのなら、もっかい長編で書き直せばいいのに。嘘じゃなくそれぐらい面白いよねぇ。
まず、冒頭。ここで重要な部分が簡潔に全て語られている。
これはもう理想的な冒頭部だよねぇ。感心しちゃうって言うか、計算だけでここまでやれるのかってぐらいのレベル。
後は本文の会話の面白さ。飽きさせないんだよねぇ、地の文の説明も含めて。
で、ケチつけたいのがやっぱりラストね。これから面白くなって行くだろう辺りで終わっちゃってるのはやはりMCだからであり、お題があるからでもあり、仕方のない事なんだろうけど……。
面白かったです。なんかもうホント、凄いって感じの感想です。真面目にこれの続きが読んでみたいです。
お疲れ様でしたっ! また次回もよろしくねっ!



《 猫も歩けば 》 松永夏馬さん
ちょっとーーー! 長くなっていいから全部書いてよーーー!
そんな文句が言いたい今日この頃。って言うか、そんな瞬間。
こっからセンセー独特のミステリーになるぞーってな雰囲気たっぷりで終わらせるって、一体どんなイジメ? どんなイジメ!?
ボクはいつもいつもセンセーの書くものの面白さの根本は何かと。考えて考えて(ホントか?)、ようやくさっき、「あぁ、これか」って思ったのが、登場人物の性格作り。つまりはキャラが立つって事かな? 活き活きしてるんだよねぇ、誰もが。
二人(?)の言葉のかけ合いもさる事ながら、なんだか粋なジョークの散りばめられている地の文も面白い。きっとそこがセンセーの書くものの最大の魅力なんだろうなぁって。
これは是非、続き書いて欲しいねぇ。無理にミステリーにしなくてもいいからさぁ。
で、恒例の、「初期メンハンデ」で、普通ならイチオシなんだけど、今回は準イチオシで。
ぷすすすっ♪
お疲れ様でしたっ! 次回もまたよろしくねっ!



《 死神達の週末  》鎖衝さん
おおー。動物の処分場のお話しだねっ!
うんうん、あるよねー。なんだかもう動物として生まれて来ただけで、人間の我儘で生き死にが決まっちゃってるそんな運命。
なんかそんな部分に物申すみたいな。
そんな感じだね! そんな感じだねっ!
お疲れ様でしたっ! 次回もまたよろしくねっ!



《 短い絵本 》 空蝉八尋さん
え、そんなラストー!? え、展開読めなかったー!
淡々としながらゆっくりと話は進むんだけど、えぇぇぇ、なんか猿の手とか、昔ながらの古典怪談のような静かな怖さもあるよねぇ。
でもなんて言うか、哀しいって言うか切ない。
純愛? そんな感じ? パチさんもしかしてリアルで何かありましたー?(伏線か?
なんて言うかホントにパチさんは物語にメリハリあるよねぇ。ドキッとするような、そんな話が多いよねぇ。
なんか昔書いた、夜の峠道での追いはぎの話。あれを思い出しました。あれと同じぐらいの衝撃がありました。
なんかしばらくお休みだって言うけど、なるべく早く復帰してねー。
お疲れ様でしただよっ! またよろしくねっ!



今回のお題となった本のタイトルは、「猫の建築家」
著者名は、森博嗣さんでした~。

以下、亜季さんから頂いたコメントで~す。


この本を選んだ理由:
動物が主役のみなさんの小説を読んでみたかったので。
しかも、普通の猫じゃない(笑)

この本の感想:
学生時代、実は住居学を専攻していました。
それでこの本に興味を持ったのですが、すごく哲学的。
建築について、人間でなく猫に教えてもらえます。
素晴らしい。

オススメポイント:
人間でなく、猫が建築家なところ。

次回の出題者指名:朔さん。
前回作品の「明日が来るなら」で、文面をザッと一見すると、とにかく「……」が多いことにインパクトが合って、でも読んでみるとその多さが違和感なく馴染んでて、そのギャップに惹かれました(^^)



……との事で~~~す! それでは朔さん、よろしくね~~~っ!(もうお題はもらってるけど

そんなこんなで、今年の分のMCはこれにて終了~♪
また別の企画も用意しているから、皆さんもちゃんと参加してね~♪

それでは最後に、重大発表。



え~~~。
昔からいる人は大抵知っていると思うけど。

かつてこのMCには、「黒ナマ」とか呼ばれる、おんにゃのこ軍団がおりました。

もう、ね。最初に参加したのは16歳とか、17歳とか、そんなお年頃。
そんなもんだからMCでもいちいち、「中学卒業おめでとう!」とか、「高校卒業おめでとう!」とか、そんな記事まで載せてたんだよね。

で、それは誰かと言いますと、毎回参加してくれている空蝉八尋(通称パチ)さんや、望月ちゃんなんかがそうなんだけど……。

まぁまぁ、時間の経つのは早いもので。
いつの間にか二十歳を越えたり、就職とかしちゃったり。

長くずぶとくこのMCで一緒の時間を過ごして来た訳なんだけど、先日パチさんから、今回の原稿を最後にしばらくお休みします……と、そんなメールが届いたんだよね。

まぁ、休むのはいいよぉ。
卒業しますとかじゃないならね。

でも、なんで?
聞いたらこんな返事が返って来ました。





「パチは今回、結婚しちゃうんですよ~う☆ えへえへ、言っちゃった~♪ ナイショですからねぇ~!!!wwwww」(一部編集あり





……。

……。

……。

……え?(汗



ちょっとちょっと、ちょっと待ったあああああああ!

なんかボクの中ではまだパチさんは高校一年生なんですけどねえええええええ!

早くない? 早くない?
それはちょっと、早くないーーー!?(激汗



いや、もう、中学とか高校とかそんな卒業をここで見送って来た訳なんですが。

とうとう結婚とか言い出しましたよ、この小娘。

まだ約束の猫耳シッポのセーラー服コスプレもやってくれてないまま、結婚とか言い出しましたよ、ええ。


そんな訳で、本人は絶対に言うなとかメールに書いていたので、こうして大袈裟にMCで大暴露となった訳ですが~~~。(2pss


おめでとうだね~。
なんかすっごく嬉しいよぉ~。
ちょっと泣けるけどね~。

とりあえず旦那が二次元キャラとかじゃない事だけを祈ります。

パチさん、素直におめでとー!
末永く、お幸せに!

そんな感じで、今年のMCは終了させていただくよぉ~。

ではでは皆さん、MC作品の感想や、参加受け付け、そしてパチさんへの皮肉たっぷりな応援メッセージ、どんどん書いてね~。

今回もお疲れ様でしただよ~~~。



内藤初号機でした。

● COMMENT ●

お疲れ様&おめでとう♪

内藤初号機様 寸評お疲れ様です
それから パチさん ご結婚おめでとうございます♪
いやぁ~めでたいv-238

しかし今回みなさん面白かったです
個人的には「夏海」さんのアンダーグラウンドと「すぅ」さんのhomeがいいな・・・・
・・・ってみんな面白いんだよね


あ・・聞かれてないけどクイズの答えは
「ミッキー(マウスね)とプルート(飼い犬)」でした
かなりこじつけw

寸評ありがとうございやす。

っていうかええええぇぇぇぇぇー∑(゚Д゚)

パチさんおめでとうございます。いや、ネットって年齢とかわからんから未だにジョシコウコウセイなんじゃねぇかとうっかり思いこんでたりしてしまうわけですが。

・・・そうか。自分も年食ったわけだ(汗

本当におめでとうございます。いやもう、いいね! 人の事なのに楽しくなっちゃうね!



あ、寸評忘れてた。
話の続きはぼんやりとは考えてますが、まとまらんかったんでおもいっきり導入だけにしちゃいましたすんません。『準』ですらオソレオオイ。まとまったら書きたいとは思います。けっこうこの猫気に入ったし。

寸評お疲れさまでした。

パチさん おめでとうございます。一体MC参加して何年過ぎてるんだろうとしみじみ驚く今日このごろ。
そっかぁ。。。みんなオトナになっていくんだ。。

古い作品まで思いだしてもらえてありがとうございます。なにより嬉しかったです。
今回のも前回のも自分の中ではいつも通りのスタイルな気がしていたんですが 
ちょっとは進化していますかね?

今日鎖衝さんのをじっくりどっぷり読みました。これ凄いです。
ヘヴィなテーマによくぞ取り組まれたなぁと。でもどこかに軽やかさを残していて、
切ないです。思い切り。私はこれイチオシです。

寸評お疲れ様でした~。
そして、どうぶつが主役の話を読みたい!と言う主旨に気付かず生物図鑑に載ってない奴を主役に据えて申し訳ございませんでした。
詫びを入れるにはスライディング焼き土下座くらいでよろしいでしょうか?

寸評ありがとうございます!

はじめまして。よろしくお願いします。小説と呼べるかもわからないような駄文を読んでいただけただけでも有難いのに(ToT)しかし、何ですか、あの紹介文は?!ボートなんて漕げないし、手旗信号なんて「イ」しか覚えてないですよ;地味でどこにでもいる凡人です。特徴あげるとすれば、真面目でおしとやか・・・(以下省略)コメントは全部読ませていただいてから(まだ途中;)・・と思ったのに、ついしちゃったじゃないですか。なずなさん、七穂さんにほめていただいて鼻血出そうなくらい嬉しかったです!ありがとうございました!

お疲れさまー

寸評お疲れさまー
ここで暴露すると、本来なら武器は完成してその威力もお披露目するつもりでした。というか、マユの異常なまでの強さを書く予定でした。
でも、書いている間に時間がない&そこまで書くとお題の結の文が上手く入れられないことに気づいて原稿はあのような形になりました。

取りあえず、お題が許す限りこの世界の話を書く予定
その中で話の上手い落とし所が思い浮かんだら1つの作品として書こうかなと思ってたり。
(別の話をこっそり書き始めていたりします。長さ的には短編から中編になると思う)

寸評お疲れ様です、またはじめまして!

七穂さんのご紹介で書かせて頂きましたすぅと言います!
最初から最後まで楽しく書かせて頂きました!
途中行き詰まったりしたのは内緒です(汗
昔から文章を書くのが好きで、良く知人に見せては痛がられてました(笑

また書けたらな、と考えてますので宜しくお願いします!

寸評ありがとうございました

遅刻して本当すみませんでした(コマンド・ドゲザ)
やっぱり忙しくだったので、文章が慌ただしい感じになってしまっていますね…反省。

とまあ、そんな話はさておき(何様)
こちらのコメント欄をいつものカラッパチ通信(私信の事らしいよ)にしてしまいますと、
内藤さん、あの……「結婚」しか合ってないんですけど、あの大サイズ太文字。
そんなわけで、わたしくめは結婚とか言い出してしまいました。
七穂さん、闇センセ、なずなさん、そして内藤さん、あたたかいお祝いのお言葉ありがとうございます。本当にありがとうございます。
大丈夫です、旦那は立体です。

お休み頂きますが、こちらの作品はのぞかせて頂きますのでっ
ええ、お邪魔にならぬようあちらの柱の陰から……ちょくちょくと言わずひんぱんに……

寸評ありがとうございました

初めましてです宜しくお願い致します。ど素人で・・なんとか掲載出来ただけでもホッとしています。最後まで読んで感想頂いた方そして温かい寸評まで頂きまして感謝の気持ちでいっぱいです。   他の方の作品が素晴らしくて・・次もぜひ参加したいです。ありがとうございました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/tb.php/24-bdd591c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

1/31締め切りお題 «  | BLOG TOP |  » Mistery Circle Vol. 40

プロフィール

MC運営委員会

Author:MC運営委員会
このブログの八割は、カボチャで構成されております。

カテゴリ

Mistery Circle(メインカテゴリ) (38)
寸評 (28)
MCルール説明 (1)
お知らせ (35)
参加受付 (22)
出題 (33)
メールフォーム (3)
内藤クンのおもちゃの部屋 (8)
天野さんの秘密の部屋 (8)
Ms.伍長の黙示録の部屋 (0)
伊闇かなでの開かずの部屋 (4)
未分類 (26)
亞季 (2)
いつき (1)
伊闇かなで (2)
空蝉八尋 (4)
黒猫ルドラ (11)
ココット固いの助 (20)
桜井 (1)
桜朔夜 (1)
鎖衝 (11)
知 (21)
しどー (11)
瞬 (3)
白乙 (12)
すぅ (13)
すずはらなずな (28)
田川ミメイ (2)
辻マリ (14)
夏海 (3)
七穂 (1)
氷桜夕雅 (29)
ひとみん (4)
松永夏馬 (12)
望月 (8)
幸坂かゆり (20)
李九龍 (12)
りん (3)
ろく (1)
Clown (12)
MOJO (1)
pink sand (9)
rudo (8)
×丸 (4)
MC参加者に聞け (7)
Mistery Circle ヒストリー (1)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム