Mistery Circle

2017-10

Mistery Circle Vol. 52 寸評 - 2014.03.09 Sun

Mistery Circle Vol. 52 はこちらから
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-276.html




初号機






スゴイ~ スゴイと~ 謳われる~ (とぉーーーっ!)
ゴッドの~ 力を~ 自主規制~♪

やぁやぁやぁ、お久し振りだよ。内藤クンだよ。
いやぁ、この前の全国的な大雪。すごかったよねぇ~。
ボクの住む地域でもようやく雪がとけ始めて来てね。全くどこの雪国かって感じで、残った雪を道路に撒く作業してたりするんだけどね。
面白かったのが、駐輪場で雪掻きしてた時の事。とけ始めた雪の中から、女性用のシャンプー(詰め替え用)が出て来てね。
ついでならリンスも出て来ないかなぁ~って思いながら掘ってたら、残念、出て来たのはゴマ油だったよ。
東北では雪の下から“ふきのとう”が出て来るけど、関東では食品や生活用品が出てきます。
まぁ、そんなこんなで寸評行ってみようねっ!

Mistery Circle Vol. 52 す~~~んぴょ~~~~~っ!!!





《 M@STERPIECE 》 知さん
いいね、いいねっ! まずこのキャラクターの設定がいいねっ!
奇跡のようにして生まれ出た人工生命体。もう二度と同じものは作れないって辺りで、「じゃあ失敗作とかどんな感じで出来てたんだろう」とか思わせたり、そこについて触れてなかったりする辺りがまた、めっちゃ想像力を掻き立てるよねっ!
そして不老不死に近いマスター。その不死性もまた、「おぉっ」ってなる細かい設定があって面白いね。特にマスターの哲学的な発言が良くて、病気と毒の因果関係の下りなんか、すげぇって思いながら読んでたよぉ。
そしてこの話はどこに行きつくのか。思っていたら、前作の続き。時間にしたら過去へと飛んで、そしてまた前作の後へと続く。面白い手法取ってるなぁ~って、感心したよ。
あとがきで半分程度って書いてるの、納得したよ。多分これ、書きたい事の何割かしか無いんだろうなぁ~って。
いつかその欠けている部分、書いてくれるのかなっ? ちょと期待。
お疲れ様だよっ! また次回もよろしくねっ!



《 花咲く庭 鳥啼く森 》 すずはらなずなさん
上手いよね、これ。なにかの見本かって言うぐらいの見事な短編だよね。
読ませたいって部分をぎゅっと絞って、この長さにまとめてる。まずここが凄いね!
三人しか出て来ないこの世界の中で、ゆっくりと、のんびりと話が進んで行くのかと思いきや、その空気のまま二転、三転する辺りがまた凄い! 牧歌的な雰囲気のままメリハリ付けて物語を進めるなんての、どんな芸当なのって感じで読んでたよっ!
文中に出て来るナイチンゲールの物語もまた、「へええええ」ってなったし。そしてボクが一番凄いなって思ったのが、サヨが出て行ったきり戻って来なかったって部分。
これ、誰が読んでもハッピーエンドなんだよね。どんな穿った読み方しても、ハッピーエンドなんだよね。……なのに、何この清々しい物悲しさ。もうこれどこかの小説講座のお手本ですか?
もしボクが、「すずはらさんってどんなの書く人?」って聞かれたら、迷いもなくこの作品を挙げるねぇ。それほどまで、凄い作品だと思いました。
イチオシ進呈です。お疲れ様でした。また次回もよろしくねぇ~!



《 埋葬 》 幸坂かゆりさん
これ、ボクが小学生の頃に読んだ~! ……って、思わず言っちゃいそうな雰囲気の、そんな作品だねっ!(2pss
凄いよ! この空気、本当に凄いよ! まんま、昔読んだ海外文学の翻訳物の空気だよっ! 内容は新鮮なのに、何かを思い出させるような。そんな空気にまず拍手だねっ!
作品自体は、かゆりさん得意なちょっとドロドロした系。病んだ母親の趣味が、なかなかスパイスになってていいよねぇ。
小鳥の死から始まって、言葉で綴られる二人が死ぬ。なんて詩的で、退廃的な物語なんだろうねぇ。事故の直後の、二人の行動もまた、衝撃的で切なくていいよねぇ。
そして何より、何より、やっぱこの存在だよねぇ。
http://remember-the-kiss.dreamlog.jp/archives/8276688.html
実はボク、この作品よりも先にこっちの画像見ちゃっててね。なので多分、他の読者さんよりはちょっと別のイメージで読んだんじゃないかなぁって。
多分この作品、この写真群があって初めて完成される作品だったのかなぁ~なんて。なので勝手にリンク貼っちゃったよぉ~。
素晴らしい作品でした。是非いつかまた、こんな感じの世界、書いて下さいね。
お疲れ様だよっ! また次回もよろしくねぇ~!



《 私のつばさ 》《 魔法少女は振り向かない・DAYS 》 ココット固いの助さん
いやいや、一作目のこの暗い事、暗い事。全編通して、ネガティブとはまたちょっと違った方向性の負の空気だったねっ!
いやでも、暗いのもさる事ながら、この巧みな演出と描写には驚かされるねっ! ちゃんとこの怠惰な世界の中で言葉を活かしているって部分がまた凄い。これを外のベンチで書いたって所がまた妙で可笑しいけどね。(3pss
そしてラスト一行での、「そして少しだけど微笑んだ」が、やたらといい感じだねっ! なんかこの一行の為に頑張ったんだって説明されても、納得行きそうな気がするし。
二作目は、編集しながら「あれれっ? 二次創作?」って思ったけど、実際はそうでもなかったんだねっ! コミカルで、ちょっとばかりシリアスで、一作目とはまるで違う世界なんだけど……う~ん、誰かがコメントで書いた通りだね。
そしてこの二本(三本かな?)の作品から感じられる、「書きたい衝動」って言うのかな? その意気込みで書かれた作品群、やはりパワーが違うね。とにかく、書きたい。楽しみたいって気持ちで書かれているの、良く判るよぉ。
そしていつもいつも、みなさんの作品にコメントどうもだよぉ。読んでくれる人がいるって言うのは、書き手の励みになるからね。
今回は心よりの、「奮闘賞」を差し上げるよ。
お疲れ様だねっ! また次回もよろしくだよぉ~!



《 ツンデレ武将がやってきてラブコメになるとおもいきや俺が征夷大将軍になっていた3 》 氷桜夕雅さん
え~~~と……特に褒める箇所が無いです。(3pss
なんて言うかもうこのシリーズ、ボクなんかが評価していいものだとも思えないしね。つまり何と言いましょうか、褒める箇所が無いって言うより、単純に一読者以外の視点なんか持てないよと。そんな感じかなぁ。
敢えてなにか言うとしたら、単なるギャグだけではなく、毎回ストーリーの核となる事件やら何やらを混ぜ込んで、ちゃんと読者を楽しませる工夫をしている所。そしてほんのちょっとだけ進展している主人公と北条政子の仲とかね。一度出て来ている前作のキャラだって、単なる脇役だけじゃないし。政子の新しい口癖(?)も含め、毎回毎回キャラを新鮮なものにしている。なんかもう感心させられるって言うか、勉強なります。(ぉぃ
ホント、いつも言うけど、ギャグをここまで完成度良く書けるって時点でどれだけのハイスペックなセンスなのかと。とにかく読んでいてつまづかない。途中で放って、「後で読もう」とか思わせない。中だるみが無いし、スピードが切れない。説明的文章を徹底して省いて、キャラに言わせている。なんかもうどっかの先生ですか、あなたは。
でも、イチオシはあげないよぉ~♪ だってひょーちゃん、もうこのレベルが標準って気がするしね。本来ならイチオシの二つぐらいあってもおかしくない作品だったけど、敢えて頑張ったね、ぷすすで終わらせてもらうよっ!
ではでは、また次号もよろしくねっ! あ、信玄登場ありがとうだよ!



《 World ruler 》 Clownさん
狂わせて頂いたよ。もうこれ、まじめ~に狂わせてもらったよ。
なにこれ、なにこれ。今までのClownさんの作品じゃないよね、これ。
あ~あ、もう呆れた。あ~、悔しい。正直、嫉妬だらけで読ませてもらったよぉ~。叶うならもう、「こりゃ駄作だねっ!」って敢えて言いたいぐらいの大嫉妬。あ~、悔しい。
冒頭のやたらとナイスな語りから始まって~の、全く何が起こっているのかが判らない展開から、ひたすらスピーディなラストへの描写まで。……あぁ、悔しい。マジ悔しい。(うるさい
これはなんて言うか、ちょっとカテゴリからは外れるだろうけど、粋なミステリーって感じだね。謎なんてのはただもう、「何が起こってるの?」って部分にしかないんだろうけど、それでもここまで読者を魅了する謎は、まさに上質のミステリー。脱帽です。
そしてラストで判る、ホスト役の二人の素性。……出木過ぎでしょう。
う~~~ん……。相当迷ったけど、やっぱこれはイチオシじゃないなぁ。
なので、“殿堂入り”って事で。年末のオススメMCの際には、ボクからも必ず投票させてもらうよっ!
お疲れ様だねっ! また次回……は、いないのかな?





と言う訳で、一作だけ順番入れ替えて寸評させてもらったよ~。
あー、疲れた。なんかもうぐったりだねぇ。

では次は……50回記念かなぁ?
だといいんだけどなぁ。(意味深
また数カ月後にお逢いしましょう。

管理人初号機、内藤カボチャの助でした。
ぷすすのす♪



● COMMENT ●

勇気が出る寸評と編集ありがとうございます(*^^*)励みになりまくりです…が鬱なアレとおバカなアレで奮闘賞ってなんか不思議な気がしますフトコロフカスギ(^_^;)何か頂ける作品ではないと思ってたので。個人的には、なずなさんの作品も殿堂入りで今回殿堂入りは2…他の方の作品は全部イチオシと思ってました。いつの間にこんな、おっかない作品が集まる場所に(+_+) 次なに書いたらいいのか…「こっちの世界も怖いよデイジ-バズ(;_;)」気がつけば【怖れ】の子犬101匹と暮らす毎日であります。





管理人さま、寸評、お疲れ様でした。そしてありがとうございます。
お題元の文章が文章なだけに、今回は一層重厚な感じの作品が多いような気がしました。

私のは軽いです!もっとドロドロした現実感のある、でもこれ非現実だよね?と、目がくらむようなものが書けるよう、日々精進していきたいと思います。
そして私も、もうもう皆さんの作品、イチオシです!素晴らしかった!

寸評お疲れ様ですっ!!毎度のことながら寸評がでるとやる気が戻ります、ええ思いっきりにね!!
もうね、納得の評価ですよ!古くからの常連様に与えられるハードル上げに入れたってだけでもまんまん満足、一本満足ですよ!
やっぱりハードルは高くないとね!あれだね、最近ドラゴンボールを読んだことなかったので最初っから読んでるんですけど天下一武道会に優勝したら驕り高ぶるだろうってんで武天老師様が悟空に勝っちゃうみたいな?みたいな?世の中にはもっと面白い小説を書く奴がいるぞぉ!!!ってのを知らしめた感を勝手に受け取りました!!
もっぱら酒飲みながらスマフォポチポチしながら適当に書いてる小説なんでそんな計算だとか小細工はまぁーったくわかんないです、適当に書いてこれなんです・・・・小説の書き方なんて我流なんで!
ただその自己流を評価してくれる方がいるだけでも励みになります、ありがとうございます!

ん、あと北条政子の口癖は一話からでてるのよー!でてるのよったらでてるのよー!っと一応ここでも言っておくんだからね!

寸評、お疲れ~
書ききれなかった部分はいつか書きたいなぁ
最近は時間取れなくてきつい……

お疲れ様でした。
過分な評価に恐悦至極……というか、他でも書いたけど、ここまで書いてた方向性は間違ってなかったんだなと思ったり。そういう場を与えてくれたMCには本当に感謝の気持ちで一杯です。
しばらくお休みしますが、また帰ってきます。それまでは、しばしお別れ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/tb.php/277-cfcdfca9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

《 出店案内 》 «  | BLOG TOP |  » Mistery Circle Vol. 52

プロフィール

MC運営委員会

Author:MC運営委員会
このブログの八割は、カボチャで構成されております。

カテゴリ

Mistery Circle(メインカテゴリ) (40)
寸評 (30)
MCルール説明 (1)
お知らせ (36)
参加受付 (24)
出題 (35)
メールフォーム (3)
内藤クンのおもちゃの部屋 (9)
天野さんの秘密の部屋 (8)
Ms.伍長の黙示録の部屋 (0)
伊闇かなでの開かずの部屋 (4)
未分類 (28)
亞季 (2)
いつき (1)
伊闇かなで (3)
空蝉八尋 (4)
黒猫ルドラ (13)
ココット固いの助 (22)
桜井 (1)
桜朔夜 (1)
鎖衝 (11)
知 (21)
しどー (13)
瞬 (3)
白乙 (12)
すぅ (13)
すずはらなずな (30)
田川ミメイ (2)
辻マリ (14)
夏海 (3)
七穂 (1)
氷桜夕雅 (32)
ひとみん (4)
松永夏馬 (12)
望月 (8)
幸坂かゆり (21)
李九龍 (13)
りん (3)
ろく (1)
Clown (12)
MOJO (1)
pink sand (9)
rudo (8)
×丸 (4)
MC参加者に聞け (7)
Mistery Circle ヒストリー (1)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム