Mistery Circle

2017-08

Mistery Circle Vol. 55 寸評 - 2014.12.14 Sun

♪園長先生ほっこり抜けて~ トウダイ先生なんのその~♪
♪昭和生まれ~ タガメの鬼~ その半導体で見殺して~♪
(←こうしか聞こえないらしい)

やぁやぁやぁ。
他人の聴いてるボカロを小耳に挟む度に、その横で妙な曲を勝手に生成して嫌われてる僕参上っ! ぷすすすっ♪



初号機







そう言えば最近さぁ、近所のあちこちでクリスマスの飾り付けとかしてるじゃん?
でね。とある家の庭先にあるツリーにね。絵馬が一つだけ下げられてるんだよね。
へぇ~、風流(?)だなぁってその絵馬をね。こっそり覗いて見てみたらね。
書いてあった文字がね。

「巨人になりたい」


それじゃあ行ってみようかっ!
Mistery Circle Vol. 55 す~~~んぴょ~~~っ!!!



《 探偵に推理はいらない2 》 氷桜夕雅さん
とりあえず最初に、「あ~、惜しい!」ってな部分から述べさせてもらうよっ!
それは終盤。ラストの余韻って言うか、雰囲気って言うか。とにかくもう言いたい事は一つだけで、「どうしてお題を無視しなかったの!?」って所だけ!
あ~、惜しい! そこだけが惜しい! すんごく面白いゲームだったのに、エンディングのスタッフロールに、「りり」って二文字が流れて来ちゃってなんだこれ~ってぐらいに惜しかったよっ!
ハイ、ひょーちゃん指導~。今度面白い作品書いたら、お題は最初から外す事~。(←管理人の自覚無し)
で、それ以外はもう面白いの一言に尽きるね。キャラの立て方と言い、ストーリーの運びと言い、本業じゃなけりゃ判らないだろう専門的な描写の数々と言い、これはもうひょーちゃんにしか書けないだろう秀作だよね。
読んでいて面白いだけじゃなく、「へぇ~」ってタメになる話がてんこ盛りな所も凄い。そしてもちろん、七年坂さんの天然さも超グッド!
と言う訳で、ラストの惜しさに、“準イチオシ”ねっ! でもでも、その後の【あとがき】を読んで、なんかちょっと、「うるっ」と来たのはナイショだよっ!
やっぱり何事に関しても、ストイックな人なんだなぁ~って改めて思った感じだねっ!
お疲れ様だよっ! また次回もよろしくねっ!


《 箱内生死未確定 》 氷桜夕雅さん
おぉ~、多分これ、二日か三日ぐらいで書いたんだよね?
それにしては凄いよね。ちゃんと読んで面白いレベルに仕上げてるんだもんねぇ。
死体と二人きりで閉じ込められているシチュエーション。こう言う系はボクとしてかなぁり好きなジャンルなんだよね。更にはその前後がまるで知らされていない。選択の余地が無い。こう言う状況下で苦悩する主人公視点の物語、いいところ狙ってるなぁ~と。
しかもそこにシュレーディンガーの猫の話題を持って来たのが更にいいね! これだよね、これ! こう言うワンポイントで読者の興味を惹くテクニック、ひょーちゃん上手いよねぇ~。
これはもっと時間を掛ければ、もっと膨らませる事が出来た作品だね。でもそれをこれだけ短く作るって事に対しての贅沢さ、そして読みやすさが感じられる。素晴らしいね。
まぁ可能ならば、これの焼き直しでもいいから、いつか中編辺りに挑戦してもらいたいね。それこそ主人公が追い詰まって、狂気の世界へと突入するレベルで。
ちなみに“ソウ”は、僕が大好きな作品の一つだよっ! 良かったら原作、読んでみてねっ!
お疲れ様だねっ! また次回もよろしくねっ!


《 Sanctus (サンクトゥス) 》 すずはらなずなさん
おぉ~、前作がやたらと人気だった、《 Pandora(パンドーラ) 》の続編だねっ!?
“ほっこりたいむ”も健在で嬉しいよっ! って、もしかしてこのシリーズがクリスマス限定!?(3pss)
読み始めは、今回も複雑な人物トリックで来るのかなぁ~って思ってたけど、意外にもシンプルな、ほっこり物語。でもいいよねぇ、こうやって「?」な謎から発展して行くストーリー。ボク的にも、読者に、「んんん?」って思わせて引っ張って行く系の話は大好きだからね。特にこの本作では、“亡くなった父からの電話”って辺りが妙にミステリアスで高得点だったねっ!
そしていつもの(?)メンバー達で賑やかにかつホンワカさせつつ進める展開も素敵だね。どの人達も個性的でキャラが立っていると言うのに、彼等オンリーで進めるのではなく、あくまでも物語の視点のみ。なんて辺りがまた上手いなぁって思ったよ。
ついでに、前回めっちゃ高評価だった、「ほっほほー」の台詞まで放り込んでいる辺りがおちゃめだねっ!
続編はもしかしたら、来年の今頃には読めるのかなっ? もちろんそれ以前でもいいから、是非にお願いねっ!
“準イチオシ”贈呈~♪
お疲れ様だよっ! また来年もよろしくねっ!


《 蛇ノ送火 》 白乙さん
うわ、やばいねぇ、これ! MCに新たなる刺客登場って感じの作品だねっ!
ま~たまた個人的な感想になっちゃうけど、ボクはこう言うホラーかミステリーに偏った作品が大好きなんだよねぇ。
最初は、「どんな話なの?」って思いながら読み進めていたんだけど、後半辺りから来る、「ゾクリ」に、うひゃひゃ、来た来たぁ~なんてワクワクしながら読ませてもらったよっ!
上手いなぁって思ったのが、問題の、「ほむらめ」の存在の登場させ方。その存在を知っていて、かつ、「いつか教える」って言う約束をそのまま反故してしまったかのように亡くなる佐々木老人。そして結局謎ばかりだった、「ほむらめ」も、知る事なく終わり……かと思いきや、後半辺りでなんの予告もなくポンと出しちゃう辺りが、「おおっ!」ってな感じで拍手喝采でした。
そしてその「ほむらめ」とやり合う主人公の女の子の描写もまた素晴らしいよね。物体化しちゃった魂をぺろりと食べちゃう所なんかも、いかにも物の怪っぽい感じで面白かったよ。
そして、「どうなっちゃうの、これ」とか思わせる展開から、最後にはほんわかと納得させてくれる辺りも上手いなあって。
これきっと、MCの古参メンバーも、「凄い人来たな」って思っているに違いないよっ!
新しい風をどうもありがとうだよっ! “イチオシ”贈呈っ!
お疲れ様だよっ! 次回もまたよろしくねっ!


《 傘男 》 ココット固いの助さん
ほぉ~、今回は小説サークルを舞台の作品なんだねっ!
冒頭では、「え、どうして?」って言う展開だったのに、突然に状況変化してわからなくなったけど、ちゃんとその冒頭部に向かって進んでいたのには驚きだったねっ!
また相変わらずの個性派キャラが満載で面白かったよっ! 単純な小説サークルなんかじゃなくて、童話を主体としたサークルってのも面白いねっ!
主にサークル内の仲間同士の会話で話が進む訳なんだけど、どうにも書き手さんの姿がそのサークルの中にちらほらと見受けられて、あぁこの人、書きながらも自分自身でそこにいるんだろうなぁって思いながらニヤニヤして読ませてもらったよっ!
ただちょっと展開を急ぎ過ぎちゃった感はあったかなぁ? 時間が作れない中で書いたんだろう雰囲気は判るので、その辺りだけが状況的に残念だったかもね。今後は部屋の中にマイベンチを購入する事をオススメするよっ!(出来るか!
これはもしかして次回に続く……なのかな? 期待してるねっ!
お疲れ様だよっ! 次回もまたよろしくねっ!


《 星々が尽きても僕らは 》 幸坂かゆりさん
エロいっ!!!(28erer
最初は、「微エロなので~」って言いながら提出して来たクセに、こんなにエロい話だと思わなかったよっ!
いやもちろん過激な描写なんかどこにも含まれてはいないんだけどさ。でも、その事に至る前までの描写の初々しさと、終わった後の会話の中からそのエロさが醸し出されているんだよねぇ。
でもでもボク的にいっちばん上手いと思ったのが、物語の最後の一文。
『僕は、本当にこの傷を一生治さないでいようと思った。この体の一部分だけ、永遠に雪乃にあげようと思ったのだ』
ここだよねぇ~。とにかくここが一番の感動の部分。この物語の中で一番のエロスな部分がここだと思うんだよね。
まぁなんと言うか、さすがはアダルト系(勝手にそのジャンル?)のモノカキさんだよね。ツボ、ちゃんと押さえているんだもんね。
余計な部分を徹底して削ぎ落して書き切っているそのショートさにも二重丸。
文句無しで“イチオシ”贈呈で~す! かゆりさんって、キャラクターが大人じゃなくても書ける人なんだなぁ~って再認識。
お疲れ様だよっ! 次回もまたよろしくねっ!



さてさて、実生活の方でめちゃ多忙なせいでこんなに評が遅れてしまった事、このカボチャ頭をテーブルにこすりつけながらの謝罪だよっ!
ご~りご~り♪(←謝ってる姿勢じゃない

そんで本日はなんとなんとの、オススメMCの最終投票日だからねっ!
なるべく早目に送ってくれると助かるな!

とりあえず今年のMCはこれで終了~♪
今年一年間、作家さん読者さん共にどうもありがとうだよっ!

次回のお題は、来年の一月半ば頃の予定だからねぇ~♪
ちなみに次回は、「ラブストーリー縛り」で書いてもらおうかなぁ~なんて思ってたりね。ぷすすっ♪

ではでは、次の“オススメMC 2014”でお逢いしましょうね。
管理人初号機、内藤クンでした~。

またねん☆


● COMMENT ●

「りり」とかそんなファミコン版ゴーストバスターズ(超絶クソゲー)のエンディングなんて誰が知ってるんですか!!!
ということで寸評お疲れ様です(スタンプ略
いやぁ、うん指導受けちゃった!チッ、反省してまーす(国母
まぁ事前に聞いて私も思ってたけどあのオチはないよね!!!書いてた当時の私もそう思った!でもでもお題がある以上お題で始まってお題で終わらないとなんか嫌だったんだよね。
次回は完全に無視してラブストーリー書きます、というかもう書いてます(ΦωΦ)じー

管理人様方編集お疲れ様でした。いつもながら寸評読む度励みになります。今回は反省しかない…と思いつつ出した作品には言い訳しないぞと(厚顔無恥 本来は冒頭+ラスト、そこから話を始めなきゃいけないのに。間に入る話が異様に長くなってしまいました。なかなか自分が自ら死ぬ事を選ぶような人間じゃないんで主人公が「死にたい」と思う理由探してたら、なんか楽しくなって来た…次回ラブストーリーですか…この話はラブストーリーなので( ̄ー ̄)次回は時間かけて良い作品にしたいです。

わぁん・゚・(つД`)・゚・
どうもありがとうございます!評価もイチオシもとても嬉しいです!
自分だけで机に向かって書いているとこれで良かったのか不安になるところを、
毎回、読んでるよ、と労ってくれて皆さんの評価も同時に読むと、
いつも深く理解した上で書かれているのがわかり、頭が下がります。
管理人一同さま、一緒にお題を書かれた作家さま、大きな感謝を捧げます。
お疲れさまでした。そして、今年もありがとうございました!

公園のベンチで書こうとしたら凍死しそうになった(+_+)(それが遅れた原因じゃない 本当にベンチ買おうかなとAmazon検索したら売ってやんの…検討中…

一度でもいいから内藤先生にイチオシもらいてぇなって思いながら今まで頑張って来たってぇのに、とうとう俺だけ評価無し!(号泣)

我輩李九龍先生にイチオシ!差し上げましたゾ。時に先生はラブクラフトがお好きなようで…我輩生誕から没後までそらで言える特技がございます。今度ゆっくりお話でも。カラオケは【蝋人形の館 ・MCバ-ジョン】をばご披露致します。御自宅にゲーム期は何台?娘様はお美しいとか…いやいやこちらで調べます。ではご機嫌よう。李九龍様イチオシ!の烙印(せっかくなのでおでこに

やかましいわ、ココの助! 俺は内藤にイチオシをもらいたいんだよっ!(←ツン
でもイチオシありがとう。(←ここがデレ

寸評お疲れ様です。「ちょっと ラストがねえ~、ホッホホー出してんじゃねぇよ」ってみなさんに怒られたらどうしようと気が気でなかったので、ほっといたしました。
有難うございますv-238


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/tb.php/326-9e06a223
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第六回 オススメMC & MerryChristmas  «  | BLOG TOP |  » Mistery Circle Vol. 55

プロフィール

MC運営委員会

Author:MC運営委員会
このブログの八割は、カボチャで構成されております。

カテゴリ

Mistery Circle(メインカテゴリ) (39)
寸評 (29)
MCルール説明 (1)
お知らせ (35)
参加受付 (23)
出題 (34)
メールフォーム (3)
内藤クンのおもちゃの部屋 (8)
天野さんの秘密の部屋 (8)
Ms.伍長の黙示録の部屋 (0)
伊闇かなでの開かずの部屋 (4)
未分類 (27)
亞季 (2)
いつき (1)
伊闇かなで (2)
空蝉八尋 (4)
黒猫ルドラ (12)
ココット固いの助 (21)
桜井 (1)
桜朔夜 (1)
鎖衝 (11)
知 (21)
しどー (12)
瞬 (3)
白乙 (12)
すぅ (13)
すずはらなずな (29)
田川ミメイ (2)
辻マリ (14)
夏海 (3)
七穂 (1)
氷桜夕雅 (30)
ひとみん (4)
松永夏馬 (12)
望月 (8)
幸坂かゆり (21)
李九龍 (13)
りん (3)
ろく (1)
Clown (12)
MOJO (1)
pink sand (9)
rudo (8)
×丸 (4)
MC参加者に聞け (7)
Mistery Circle ヒストリー (1)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム