Mistery Circle

2017-10

Mistery Circle Vol. 57 - 2015.06.03 Wed

第57回 Mistery Circle 目次

※お手数ですが、タイトル下のURLをクリックしてお読み下さい。






∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ 

◎ああ、さっきから獣の雄叫びのような声が聞こえるのはそれか。
《 むくどりのゆめ 》 著者:pink sand
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-365.html

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

◎その"簡単な診断"を誰も下せなかったからこそ、あの親子は数ヶ月も苦しんできた。
《 ひまわりたべたよ 》 著者:白乙
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-366.html

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

◎屋上にある四畳半ほどの大きさのプレハブ小屋に入ると、僕は大きく伸びをする。
《 Promise her the moon 》 著者:ココット固いの助
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-367.html

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

◎睡眠不足で脳の処理速度が著しく落ちている。
《 天使の降りる場所 》 著者:すずはらなずな
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-368.html

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

◎「何言っているんだ。あの母親の話だと、娘は男と接触していないのに妊娠したことになるんだぞ」
《 Researcher 》 著者:知
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-369.html

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

◎その言葉に嘘はなかった。
《 君と話がしたいだけさ 》 著者:しどー
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-370.html

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

◎「なんで私が謝るんだ?」
 著者:くろミソ


∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ 

◎ああ、さっきから獣の雄叫びのような声が聞こえるのはそれか。




お題当てクイズ正解発表
《 「天久鷹央の推理カルテ」 新潮文庫 著:知念実希人 》



51CbsiP2bzL.jpg



正解者 :無し

次回出題者指名 : アンヂェラ伍長さん ⇒ pink sandさん



● COMMENT ●

こんにちは。今回は欠席の幸坂かゆりです。みなさま、管理人さま、お疲れさまでした。全作品読ませていただいたのでみなさまの作品にそれぞれ「拍手」をさせていただきました。今回はミステリアスな物語が多いですね。「え!続きは?ない!?うおおお!」という形の作品も多々…。自分のが入っていない回を無責任に読むのもまたおつだなという体験をしました。また今度よろしくお願いします。おもしろかった!

全話読了しました(*^^*)
pink sandさんの作品タイトルみて「うわ懐かしい」と思いました。僕も子供の頃好きでしたね【むくどりの夢】いつまで忘れられないお話です。pink sandさんの筆の力もあってすんなり作品の世界に入り込み鳥になったような感覚を味わえました。町の描写も結末も素敵でした。子供の頃に一度心停止を経験した事があり病院に搬送される自分の後をついて歩いた…そんな夢現の経験がある自分に一番シンクロ率の高い作品で引き込まれました。一つの死を描く上でもそれを取り巻く登場人物すべてに作者の眼差しが行き届いて本当に素敵な作品でした(*^^*)

白乙さんの作品は怪異怪談好きの自分にはすごく楽しめる作品でした。というか毎回読むのが楽しみです(*^^*)落語の高座に上がるような古典的な起承転結がはっきりした怪談や実話系怪談や現代の創作怪談と…世の中には様々な怪談話が溢れていますが、この作品はそれらのいいとこ取りで読んでいて楽しかったです。創作怪談にありがちなあざとさや妙に説明的だったりするあざとさや最近の実話怪談にありがちな通り魔的な怪異、所謂投げっぱなしで話が終わる…というのではなく一つ一つの情景描写にしても巧みで主人公の視点に引き込まれてしまいます。主人公の女の子の目線で読んでしまうので怖さも申し分なくて最後の描写もよかったなあと。タイトルと主人公の女の子が着ている洋服の柄で最初からものすごく不穏で嫌な予感がしましたが…安堵と怖さが同居するラストまで作者の掌の上と実感する作品でありました(*^^*)




ゲド戦記の作者のルグインさんは「物語は紙とペンによって書かれていなくても常に進行している」と自作を語る際にそんな話をされていました。なずなさんの作品を読む度にいつもそんな事を思います。1人1人丁寧に描かれた人物の台詞や描写が過去と今目にしているお話とそこには登場しない人の思いが息づいている気がして。また新しい物語を積むいでいるのだろうなと読みながら勝手に思ってしまいました。物語の種明かしをすべてしなくても主人公にス-パ-ヒ-ロ-みたいな大活躍をさせなくても「よかったなあ」という読後感を今回もいただきました。世の人々が思い描くような幸福という場所に登場人物たちが必ずしもいるわけではないのに。長い作品でも短い作品でもいつも大切な気づきをくれる書き手さんです。なずなさんの作品今回も素敵でした(*^^*)

「ちょっとこの穴除いてごらん」と言われて覗き見る小さな穴。漆喰の古い崩れそうな壁であったり或は石垣や神社の大木に穿たれた穴ぼこだったりね。知さんの作品を読む時はそんなかんじ。そして覗いた先には思いもよらない世界が広がっています。見える視界が限られてて「もう少しもう少し」と目を凝らして身を乗り出してるうちに闇。「今日はここまでかなあ」少しずつでも垣間見える世界がかえって壮大な世界をを感じさせたり。偽雨という設定だけでもぞくぞくします。期待感が募る知さんの作品…次を待ちます。スランプというのは面白い話や文章が書けないとかなので筆が進まないのは作品の純度が増してるからなんだろうなあ…と勝手に思ったりしています(*^^*)




…。ええええ(゜□゜;イワン君どんな人なんだろう…自分の身近に絶対いないイワン君をイメージしつつ…舞台は学園生活へ。そしてこの台詞ですか…確かに一回くらい男前になって言ってみたい!しど-さんの作品は予想がつかない展開で最後にこの台詞…次作品も是非読んでみたいです(*^^*)


書き込み制限なのか最後のしど-さんの感想も実は長めの文章だったのが何回も不正の文字が出てはじかれ短くなってしまい(+_+)イワンとかロシアとかの引用がいけないのかと一瞬思ってしまった私です…


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/tb.php/371-45ad32c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Mistery Circle Vol. 57 寸評 «  | BLOG TOP |  » 締め切りましたが……

プロフィール

MC運営委員会

Author:MC運営委員会
このブログの八割は、カボチャで構成されております。

カテゴリ

Mistery Circle(メインカテゴリ) (40)
寸評 (30)
MCルール説明 (1)
お知らせ (36)
参加受付 (24)
出題 (35)
メールフォーム (3)
内藤クンのおもちゃの部屋 (9)
天野さんの秘密の部屋 (8)
Ms.伍長の黙示録の部屋 (0)
伊闇かなでの開かずの部屋 (4)
未分類 (28)
亞季 (2)
いつき (1)
伊闇かなで (3)
空蝉八尋 (4)
黒猫ルドラ (13)
ココット固いの助 (22)
桜井 (1)
桜朔夜 (1)
鎖衝 (11)
知 (21)
しどー (13)
瞬 (3)
白乙 (12)
すぅ (13)
すずはらなずな (30)
田川ミメイ (2)
辻マリ (14)
夏海 (3)
七穂 (1)
氷桜夕雅 (32)
ひとみん (4)
松永夏馬 (12)
望月 (8)
幸坂かゆり (21)
李九龍 (13)
りん (3)
ろく (1)
Clown (12)
MOJO (1)
pink sand (9)
rudo (8)
×丸 (4)
MC参加者に聞け (7)
Mistery Circle ヒストリー (2)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム