Mistery Circle

2017-10

Mistery Circle Vol. 60 寸評 - 2015.12.14 Mon

Mistery Circle Vol. 60 はこちらから
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-409.html



ね……ねんま~つ!
しんこ……げふっ!(吐血


初号機






やぁやぁやぁ。年末だね、年末だね。
師匠が走れば、弟子はコタツで丸くなる。

そんな季節だね! そんな季節だねっ!
がっ、頑張ってクリスマスまでに間に合わせるよっ!!!(血の涙)

そんなこんなでやっちゃうよっ!
Vol.60 Anniversary Mistery Circle す~んぴょ~~~っ!!!

今回の寸評はボク一人だよ~。



《 その夏(けっして忘れないこと) 》 すずはらなずなさん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-398.html
●『いつも見るのは足音が聞こえてきそうな夢だ』
いやもう、僅かこの冒頭の一行にド肝抜かされました。一瞬でバッと惹き込まされる。渾身の一行って感じだったね。
そうして惹き込まさせておいてからその舞台となる情景の説明に入る。こう言うの上手いなぁ~。勉強になるなぁ~。
とにかく、ストーリーの運びがいいよね。全くダレされる要素が無い。どう言う登場人物がどんな経緯で今に至ってどうなのかが、実にシンプルに描かれている。そうしてその文脈から読者が勝手に世界を読み取り、さんざ切なくなった所でぶっつりと、「その後」に移る。
さすがだね! さすがだねっ! もうホントに、冒頭からラストに掛けてのその流れには脱帽だったよっ!
なずなさん自身は、「小説にもなってない」とか言ってるけど、全くそんな事はないと思うなぁ。まぁ、内容としては……その、ねぇ。なずなさん自身の事も色々あっての事だと思うけど。それすらも寛容してのこの作品。ボクは感動したよ。
テクニックと、度胸と。そしてこの冒頭の技を評価して、“イチオシ”贈呈だよ。
今年も一年、お疲れ様だったね! また来年もよろしくねっ!


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

《 私はギムレットに毒薬なんて入れたりはしない 》 ココット固いの助さん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-399.html
●へぇ~、今回はなんだか随分と、しっとりした感じの作品なんだね。冒頭部分での情景描写で、なんだか想像までもがセピア色って感じだったね!
最初は料亭の話なのかなと思っていたんだけど、意外にそうでもなかったね。カメラの話題が出て来たのは、なんかボク個人としてもちょっとだけ嬉しかったかな。(2pss)
この主人公の親子関係はなんかものすごぉく良い感じだよね。会話部分でのやり取りがなかなか印象深くて楽しかったよ。
いつもながら色んな分野に長けていると言うか、造詣が深いと言うか。博学な部分が垣間見れて、凄いなぁとか思ったよ。ただ全体的にちょっとだけ間延びした感があって、もう少しだけ詰めて行けばもっと良くなるんじゃないかなぁとか思ったりね。
ただ今回はココットさん的にも随分と楽しんで書いたんだろうなぁってのが判るから、それは凄く微笑ましいねっ! やっぱり自分が好きなように書くのは大切だと思うよっ!
お疲れ様だねっ! また来年もよろしくねっ!


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

《 抹茶寺とムギレット 》 黒猫ルドラさん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-400.html
●おぉ……いや、想像していた以上に上手いね。
前回に引き続き、お題直後の書き上げ&手書き原稿、お疲れ様だよっ!(3pss)
しかも今回は二作品! もっとも一つはBL(?)なもんで、未発表って感じだったけどね!
でもこちらの本作品は、な~かなかだと思うよ! まず、簡素で読みやすい。そしてメリハリが効いている。オマケにしっかりとオチまであって面白い。結論、非常に秀作な作品だと思いましただよ。
ジャンルとしては携帯小説っぽいんだけど、まだこのMCが出来上がった当時はみ~んなこんな感じの作品ばっかりだったなぁと、昔を振り返りながらしみじみ。(苦笑)
え~と、お世辞言う訳じゃないけど、ルドラさんはこっからもんのすごく伸びる人だと思うよ。
まず、書くと言う熱意がある。そしてツボは押さえてる。しかも早いし、上手い。多分その内、誰もが溜め息を吐くであろう凄い作品を書き上げるだろうなぁと、そんな予測をしています。
なんで、今後も是非にお願いしますね! センスのある、素晴らしい作品、お待ちしてます!
“イチオシ”贈呈! 次回もまたよろしくねぇ~!!!


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

《 レクイエム 》 幸坂かゆりさん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-403.html
●おおおおおうああああああおお……たまんないなぁ……。(嘆き)
なんかまたいつもとは違う作風で来たねぇ。かゆりさんは、自分の中にどれだけ引き出しが多いのか、いつも驚かされるばかりだねぇ。
今回はかなりわざと難しいお題を割り振ってみたんだけれど、そんなの物ともしてない感じ(実際は苦労しなんだろうけどね)で出来上がったこの作品。インパクト、あるよねぇ~。毎回毎回、よくぞここまで秀逸な問題作、書き上げるよねぇ~。
とにかく、かゆりさんの描くエロスは上品かつ退廃的。美しいのに物悲しい。なんなんだろう、この独特な倦怠感。狙って書けるものじゃないよねぇ。
作中では全くと言っていいほど接点の無い二人が、ラストで物凄く密接に絡み合う辺りも素晴らしい。そして倫理観なんぞどうでもいいよとばかりに繰り広げられるアングラ臭たっぷりな世界観も◎! 年内最後に相応しい、熱意のある作品をどうもありがとうだよっ!
お疲れ様っ! また来年もよろしくねっ!


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

《 ビスクドールの情動 》 白乙さん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-404.html
●上手い! なんかもう、“お手本”と呼びたくなるぐらいに上手いね!
まず、キャラクターの設定が上手い。たった三人しか登場しないのに、どの人物も、「ただ単に登場させました」みたいな非凡さが無い。しっかりとした個性があると言うのに、その説明は全て地の文を避けて自然に会話や行動の中で表している。とにかく、この辺りが非常に上手いね。
そしてもう一つが、このストーリー展開。急テンポとも感じられるようなぐらいに話はスピーディなんだけど、最後まで読んで初めて判るこのほんわかとした恋愛話。ついでに、きっと白乙さんが好きなんだろうホラー的要素も加わり、かなりの緊張感も持たせているよね。
日暮と深月ちゃん二人が持つ悩みに対し、軽く触れている部分もなかなかのスパイスでいいよね。ボクと個人としてはやはり、日暮さんと言うキャラクターが持つ魅力に、拍手を贈りたいなぁ。
今年最後に、面白いお話し読ませていただいたよっ!
お疲れ様だねっ! また来年もよろしくねっ!


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

《 戯言とめくらまし 》 辻マリ
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-405.html
●いや、もう……ね。待ってた。こう言うの。
まず、冒頭でやられたね。生まれた子供が女だったら娼館。男だったら犬や鳥の餌。こんな事をオブラートに包む事もせずにサラリと書いちゃってる。……やぁ、本当にこう言うの待ってた。
とにかく最初から最後までタブーの連続。内容的にはBLなんだけど、もはやそんなカテゴライズなんかどうでもいいってぐらいに素晴らしい。ボクに言わせればこれは、天才的なセンスで描かれた極上の官能小説だね。
生々しさを極限まで書き切れば、逆に嫌悪なんかどこにも感じなくなる。読んでいてまるでそこに自分自身が生きているような感覚さえあった。それだけ読者に倒錯と錯覚を与える作品は珍しいよね。
ただ難を一つだけ言わせてもらえれば、物語自体が“短い”事。普通に考えたら結構な長さはあると思うんだけど、読み終わっての率直な感想は、「読み足りない」だったしね。
とりあえず、この主人公二人がお互いに寝るなりなんなりともう少しだけ進展して、「あぁ」と溜め息吐くような決着さえ付けてくれてたら、“殿堂入り”は間違いありませんでした。
でもホントにそれぐらいに惜しかったから、オススメMCではボク個人で最高票を入れさせてもらうね!
“イチオシ”×2!!! 傑作でした!!!
お疲れ様だよっ! また来年もよろしくねっ!


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

《 粋がるチンピラ 》 しどーさん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-406.html
●おぉ、粋だね! 粋だねっ!
普通ならまず題材とはしない暴力団。しかもその資金源の一つたるテキ屋さん師弟に焦点を当てて来たってのもまたそれ自体、粋だねぇ!
短いながらもしどーさんの言いたい事、表現したかったテーマと言うものは充分に判る気がするよっ! この作品の中における兄弟分の“空回り”的な部分がまた、表現したかった粋に拍車を掛けてる感じだね!
しどーさん自身はあまりこの作品に対して満足感を持ってない感じがするけど、多分読者はそうは思ってないからね。ぶっちゃけ、短い中に言いたい事を凝縮して盛り込んだ作品の方が評価高いからね。それで言うと、多分読み手はサクッと読めて感想も持ちやすい作品だったと思うなぁ。
ただちょっと、冒頭でもう少しだけ季節を感じられる描写が欲しかったかなぁ。ただ“祭り”とだけあっても、やはりそれだけじゃ“夏だ”ってのが良く判らないからね。なんか読者がじんわりと肌に熱気を感じるような一文、欲しかったような気がするなぁ~。
上手な作品でしたっ! お疲れ様でした! また来年もよろしくねっ!


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

《 愛路 》 空蝉八尋さん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-408.html
●せつなーーー!!!(泣
なんかBL率の高い今回のMC。なんかもうラストでこの作品ってのはなんか逆に大正解って感じもするね!
いやぁ~、最初は、「あ、お母さんになった立場からの新境地か?」なんて勘ぐりながら読んだ訳なんだけど、実際はなんか高校生時代とそんなに変わってない感性でちょっと安心したかな?(3pss)
作品としての完成度は物凄く高いね。自分と、そして愛する人の気持ち。その駆け引きと言うか探り合いと言うか、その辺りの心情描写は凄く上手に描けているよね。ついでに言うと、敵役(?)のお母さんのキャラクター設定もまた充分に上手い。なんか三人三様、皆が臆病で、そして救われていない。でもなんだかほんのちょっとだけ優しい未来が垣間見られるような……ね。
何かパチさんは昔から、パチさん自分のキャラクターと描く作風のギャップに萌えさえて頂く系のモノカキさんだったんだけど(そんな目で見てたのか)、なんかその辺りはますますパワーアップしているような? そんな切なくて心に刺さる素敵な作品でした。
文句無しで、“イチオシ”贈呈で~す! お疲れ様だよっ! また来年もよろしくねっ!


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


さてさて、今年も無事に終了しましたMistery Circle。
まだ最後の最後に大きなイベントが待っているけど、皆さん、投票はお済みですか~? ちゃんと参加して下さいねぇ~~~!!!

それでは皆さん、間に合ったらクリスマスの晩にまたお逢いしましょうねぇ~。

内藤でした。ぷすすのす♪


● COMMENT ●

寸評ありがとうございました(*^^*)管理人の皆様今年一年本当にお世話になりました。参加者の皆様の作品も堪能し投票も済ませたので僕は今回投稿したお話の続きをこつこつ書いてしめて年の暮れかなと。

寸評有難うございます。60回記念とはつゆ知らず・・・。どの作品も面白く、大好きなテイストで美味しく頂きました。
拙作を小説として評価して頂いたこと 本当にありがたく思います。はずみをつけて来年も物語を紡ぎたいと思います。
皆さま お疲れ様でした~。

寸評ありがとうございます。
ひえええええいイチオシまで頂きまして、嬉しいです〜〜!
皆様の作品の完成度に、襖の奥に隠れつつやっぱり小説っていいな…としみじみ。
今回の話、もっと長く続きを書きたくなりました。創作意欲というのは気持ち良いものでふね……今日から私の長所にギャップ萌え 追加したいと思います。

寸評ありがとうございました。
進展させて良いのか尻を開発するべきか迷いました…
アンモラルな世界にも人は生きている。そんな話を書いて見たかった今回でした

お疲れさまです。寸評どうもありがとうございます。今年もここまで来ましたか。何だか早く感じます。皆様の作品も喜怒哀楽を爆発させながら堪能しました。しかし…本当に今回のお題難しかったです…しくしく。書けて良かった。それでは、オススメMC、楽しみにしております。

いつもありがとうございます
そして、お疲れ様です

次回に生きるように心がけておきますね


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/tb.php/410-960afc58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第七回 オススメMC & MerryChristmas «  | BLOG TOP |  » Mistery Circle Vol. 60

プロフィール

MC運営委員会

Author:MC運営委員会
このブログの八割は、カボチャで構成されております。

カテゴリ

Mistery Circle(メインカテゴリ) (40)
寸評 (30)
MCルール説明 (1)
お知らせ (36)
参加受付 (24)
出題 (35)
メールフォーム (3)
内藤クンのおもちゃの部屋 (9)
天野さんの秘密の部屋 (8)
Ms.伍長の黙示録の部屋 (0)
伊闇かなでの開かずの部屋 (4)
未分類 (28)
亞季 (2)
いつき (1)
伊闇かなで (3)
空蝉八尋 (4)
黒猫ルドラ (13)
ココット固いの助 (22)
桜井 (1)
桜朔夜 (1)
鎖衝 (11)
知 (21)
しどー (13)
瞬 (3)
白乙 (12)
すぅ (13)
すずはらなずな (30)
田川ミメイ (2)
辻マリ (14)
夏海 (3)
七穂 (1)
氷桜夕雅 (32)
ひとみん (4)
松永夏馬 (12)
望月 (8)
幸坂かゆり (21)
李九龍 (13)
りん (3)
ろく (1)
Clown (12)
MOJO (1)
pink sand (9)
rudo (8)
×丸 (4)
MC参加者に聞け (7)
Mistery Circle ヒストリー (2)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム