Mistery Circle

2017-09

第七回 オススメMC & MerryChristmas - 2015.12.24 Thu

MCrogo.jpg



やぁやぁやぁ! 今年も始まったよ!
第七回、オススメMC!
そ~んなこんなの、なぁ~~~いとすとぉかぁ~~~~~っ♪
管理人初号機、内藤クンだよっ! ぷすすのす♪



初号機



Angel of deaaaaaath!!!
そして今年も間もなく終わるわ!
ちょっぴりご無沙汰、管理人伍号機、アンヂェラ伍長よ!



伍号機



え~、始まりあれば終わりもあるものでして。
徹頭徹尾。始め良ければ終わり良し。今年も無事に終れそうです。
管理人弐号機、天野真理です。



弐号機



追われるものは久しからず。ただクリスマスの夜の夢の如し。
大丈夫です。そんなあなたを応援します。
管理人零号機、伊闇かなでです。



yami.jpg




内藤「いやぁ~、早いね! 早いねっ! 去年のクリスマスからちょうど一年が経ったんだねっ!」

伍長「しかもこのオススメMC企画自体、既に七回目よ。怖ろしいぐらい長くやってる感があるわね」

天野「光陰矢の如し。超古参のメンバーさん達は、一体何年やってるのかしらね」

伊闇「え~、あたしは平成生まれなんで良くわからないですぅ~♪」

一同「……(無言&ジト目)」

内藤「と、とりあえず早速、司会進行表だよぉ~!」

天野「一部、前後する可能性がありますが、ご了承下さい」


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

《《 2015 オススメMC 司会進行表 》》

(1) メンバーさん達挨拶
(2) 管理人一同挨拶
(3) ナイスタイトル賞発表
(4) ナイス名台詞賞発表
(5) ナイスキャラクター賞発表
(6) 管理人特別賞発表
(7) 総合オススメ賞発表


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


伍長「それではメンバーさん達のコメントからね!」

伊闇「並びは提出順で~す」


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

幸坂かゆり

こんにちは。幸坂かゆりです。今年も参加させていただき、どうもありがとうございました。
それと同時にたくさんの作家様の作品に触れ、一読者としても楽しませていただきました。
これからも切磋琢磨しながら精進していけたらと思います。読むの大好き。書くのは多分運命(ナンチャッテー!)
来年もどうぞよろしくお願いいたします☆

PS / 幸坂かゆり著「哀しみのための夜想曲」(デザインエッグ社)もよろしくです!(宣伝タイム)


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

ココット固いの助

今年1年ありがとうございました!個人的には作品に関しては反省と後悔しかない全然ダメだ(>_<)そう思う事が多かった。思い描いた結末まで全然辿り着けないで悶々とする日々…こちらで原稿書かせてもらうようになって3年?でもまだ自分はこんなところをうろうろしてます(^_^;)昨年は成熟したいなんて言ってた自分が恥ずかしいわん。来年は書いた本人も読んで頂いた方にも良くも悪くもすっきりした結末の物語を書けたらよいな…と思いつつ。
素晴らしい書き手の皆様。管理人様方々今年も一年間本当にありがとうございました。来年も皆様の一年が良い一年であります事を。いつも素晴らしい物語が共にあります事を。創作という茨の荷がいつまでもその肩にありますように。知らぬ間に茨の蕾が綻んで痛みや重さが歓喜に変わりますように。切にお祈り致します。目標:来年は充電


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

黒猫ルドラ

今年から参戦しました、ルドラです。
お題がある小説を書くのは初めてですが、なかなか楽しい物ですね~(*´ω`*)
なんか、内藤さんが期待してるみたいですが、まぁ、私の辞書には竜頭蛇尾と言う言葉も乗ってますので、あまり期待しないで下さいね(滝汗)
今年は参加させて貰ってありがとうございました~(*´ω`*)
楽しかったです~(*´ω`*)
では、よいお年を~(*´ω`*)


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜



こ、今年は何とか3/5は提出できたぞ(一応、ネタにも走らなかったはずだ)
相変わらずネタは浮かぶけれどそれが形にできない状態が続いていて辛い
特にvol.60のがね。一回落としているネタを使おうとして又落としたorz
色々ネタは蓄えているのでそれが使えるお題がきたら使いたいなぁ、とか考えていたり
来年もよろしくお願いします。


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

すずはらなずな

長いようなあっという間のような一年でした。今年は初ミソも体験しました。
親のこと 家族のこと 生きること老いること失くすこと、たくさんのことを経験しながら みんな生きていくんだな、としみじみ思い まだまだ私、未熟ものだなと感じた一年でもありました。少しでも経験したことが書き物に深みを加えてくれるなら 有難いと思います。
ここに居られて良かった。mcがあってよかった。
読み手としても 素晴らしい時間を頂きました。 有難うございます。
来年もよろしくおねがい致します。


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

白乙

今年度も参加させていただき、ありがとうございました!
皆様の作品、いつも楽しく読ませていただいてます。(いつも感想書けなくてすみません…; ちゃんと全部読ませていただいてます><)
いつも『小説の参考にじっくり読んで勉強しよう!』という気持ちで読んでいたのに、いつのまにかすっかり忘れてふつうに楽しんでしまったり(笑)
やはりこういったいろんな方の作品が読めると本当に勉強になります。

皆さんの作品クオリティに圧巻されながらも『提出だけは必ずする!』をモットーに今年は頑張ってみました。
来年度はもう少しクオリティを上げられるように精進していきたいです。
それと、締切も、ですね…←今年度ほとんど締切ぶっちしたマン
ではでは、来年もよろしくお願いいたします。


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

鎖衝

今年は一本しか提出出来ませんでしたが、来年こそはもうちょっと……。
良い年でした。また来年もよろしくお願い致します。


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

李九龍

あ~、まぁとりあえず……って。あっ!(バンッ!)←シャッター音


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


内藤「スイートポテト、うまうま♪」

一同『。oO(もはや毎年恒例になったな)』

伊闇「そ、それでは管理人コメントですっ!」


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

管理人伍号機 アンヂェラ伍長

今年もどうやら終わりのようね。
それにしても、今年は裏方で少し動いた程度で、あんまり動く機会が無かったわね……。
来年度は少しは余裕があるから、またその時にでもお会いしましょう。
今日は楽しんでいくのよ。
後、去年の私のコメントと比較しない事ね。


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

管理人弐号機 天野真理

どうも、管理人弐号機の天野真理です。
今年もあまり動かなかったような……
まぁ、私が表立って動くというのはよくない状況になっている事がままあるので、平和っていいですよね、ということで。
Merry Christmas and a happy New Year


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

管理人零号機 伊闇かなで

寒い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
コタツなんか無くたって大丈夫です。管理人零号機、伊闇かなでです。
来年こそは一本、あたし名義で書きたいなぁ~って。そんな野望の一年にしようかと思っております。
今年一年、どうもでした~☆


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

管理人初号機 night_stalker(内藤)

♪サハラ砂漠のラクダなど~ 水も飲まずに旅をする~♪
いいよね! いいよねっ! 飲み水が無いのなら、朝からビールでも飲んでいればいいじゃない!
そ~んなこんなの、なぁぁぁぁぁいとすとぉかぁぁぁぁぁ~~~!(出来上がりver.)


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


伍長「え~、これまた毎年恒例、少々お見苦しい場面が続いておりますが、皆様お気になさらずに」

天野「進行は予定通りに進めさせていただきまーす」

伊闇「まずは最初は、“ナイスタイトル賞”ですね。伍長さん、よろしくお願いしま~す!」


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


伍長「OK! OK! MCのノイズ担当、アンジェラ伍長降臨よっ!
まずは“ナイスタイトル賞”ね! この賞はその名の通り、ナイスセンスな作品タイトルに与えられる賞よ。タイトルは作品の顔とも言うべき重要な部分。そのセンスの良さを堪能すると良いわっ!」



【 ナイスタイトル賞 】

2015年度掲載作品の中で、印象の深かったナイスな作品タイトルに贈られる賞。


【 一位 】 該当二作品  ☆☆☆☆☆(星五つ)

Mistery Circle Vol. 56
《 繭と蝶 》 著者:李九龍
【 読者コメント 】

●見た瞬間ぞっとするような静けさに期待感をかき立てられました。
●イメージそのものが美しい。蝶々って、この世を離れた魂の権化のような存在だと思っていたので、この深い深いファンタジーにこのタイトル、あまりにぴったりでした。
●文中にタイトルの二文字が含まれている所がまたいいですね。

Mistery Circle Vol. 56
《 灰色の町のピエタ 》 著者:幸坂かゆり
【 読者コメント 】

●もうタイトルからしてセンスありますよね。
作品を読んでからまたタイトルを見ると更に。
●良い作品とはまず、タイトルで読ませる。まさにその典型のような感じです。
【 作者コメント 】
●ピエタ嬉しい!絶対タイトルに「ピエタ」は入れたかったのです。


【 二位 】 該当二作品  ☆☆☆☆(星四つ)

Mistery Circle Vol. 56
《 春のスイッチ 》 著者:pink sand
【 読者コメント 】

●シンプルなタイトルに思われますが読み終えた後に確かに看板に偽りなしと気がつくはず。読んでみて下さい…じんわり春のスイッチが入ります。
【 作者コメント 】
●春のスイッチは、寒々とした主人公の心象風景から入って、最後に花が咲くようなイメージで終わらせたいと思って付けました。こういうほのぼのタイプの作品はかかない方なのですが、「自分には向いていないモノ」を書くのもなかなか楽しかったですね。

Mistery Circle Vol. 58
《 空八・おぼえていますか? 》 著者:空蝉八尋
【 読者コメント 】

●パチ、降臨っ!!!(大歓喜)
●復帰第一弾、嬉しいです! なんとなく……ですがこの作品、こっそり管理人さんにメール送ったら、作品として勝手に載せられてしまった感があるのですけど。
【 作者コメント 】
●ないす たいとる 賞…!!?
こちらはわたし 頂いちゃっていいんでしょうか(滝汗)この賞は管理人さんに捧げます…!突然の来襲にも関わらず、覚えていて下さってありがとうございました。あなたの脳裏に、空八です。


【 三位 】 該当二作品  ☆☆☆(星三つ)

Mistery Circle Vol. 57
《 むくどりのゆめ 》 著者:pink sand
【 読者コメント 】

●タイトルのひらがなが、やわらかで優しい作風のお話と合っていて素敵でした。
【 作者コメント 】
●「むくどりのゆめ」は、まんま童話のタイトルなんですが、あの淡い透明感のあるイメージの通りに、悲惨な話をファンタジーにくるみたいという思いで選んだものです。
自分としては、悲惨な話でもハッピーに終わらせる、というのがいつものパターンなのですが、その中では一番厳しい終わり方になっていると思います。でも個人的に好きな作品です。

Mistery Circle Vol. 59
《 戦慄!!見つからない鉛筆 》 著者:黒猫ルドラ
【 作者コメント 】

●ナイスタイトル賞頂き、ありがとうございます。
これは、夏休みの宿題やる時に鉛筆が万年筆にすり変わってたら戦慄しますよね?
そんな焦りをタイトルにしてみました。
万年筆で宿題は提出しませんからね(汗)


【 四位 】 該当十六作品  ☆☆(星二つ)

Mistery Circle Vol. 56
《 サクラメント 》 著者:Clown
【 読者コメント 】

●なんかしっくり来る感じのタイトルでいいですね。

Mistery Circle Vol. 56
《 ツンデレ武将がやってきてラブコメになるとおもいきや俺が征夷大将軍になっていた 》 著者:氷桜夕雅


Mistery Circle Vol. 56
《 幽霊 》 著者:ろく
【 読者コメント 】

●幽霊という題名で話を書いて作者が原稿落として幽霊化するという高度なジョ-クを誰が理解出来たでしょう…幽霊にならんとまた書いてね(*^^*)という願いを込めて…

Mistery Circle Vol. 56
《 笑う門には謎来たる 》 著者:白乙


Mistery Circle Vol. 56
《 物語の続きを始めよう。 》 著者:すずはらなずな


Mistery Circle Vol. 57
《 ひまわりたべたよ 》 著者:白乙
【 読者コメント 】

●一言で言って不穏。タイトルを見た時心がざわざわして嫌な予感しかしませんでしたが同時にファンタジックでもあります。白乙さんはどちらにも行ける降り幅がある作者さんで内容も想像を軽く越えるものでした。

Mistery Circle Vol. 57
《 天使の降りる場所 》 著者:すずはらなずな


Mistery Circle Vol. 57
《 君と話がしたいだけさ 》 著者:しどー
【 読者コメント 】

●ハードボイルドでかっこいい。

Mistery Circle Vol. 58
《 離郷 》 著者:辻マリ


Mistery Circle Vol. 58
《 シベリア鉄道のビッグ・バンド 》 著者:白乙


Mistery Circle Vol. 59
《 乾涸びたバスの中で 》 著者:白乙
【 読者コメント 】

●読み終わってからタイトルの意味を考えると……。

Mistery Circle Vol. 59
《 涙は心を潤わせるための雨 》 著者:しどー


Mistery Circle Vol. 59
《 扬羽 - a ge ha - 》 著者:瞬


Anniversary Mistery Circle Vol. 60
《 レクイエム 》 著者:幸坂かゆり


Anniversary Mistery Circle Vol. 60
《 ビスクドールの情動 》 著者:白乙
【 読者コメント 】

●このタイトル、いいですね!

Anniversary Mistery Circle Vol. 60
《 愛路 》 著者:空蝉八尋
【 読者コメント 】

●ちょっと想像していた内容とは違いましたが、まずはこのタイトルに惹かれました。


【 五位 】 該当八作品  ☆(星一つ)

Mistery Circle Vol. 56
《 妣ヶ島(ははがしま) 》 著者:鎖衝


Mistery Circle Vol. 56
《 空っぽの鳥籠 》 著者:氷桜夕雅


Mistery Circle Vol. 57
《 Researcher 》 著者:知


Mistery Circle Vol. 58
《 出発点にて ~ ひまわりの庭5 》 著者:すずはらなずな


Anniversary Mistery Circle Vol. 60
《 その夏(けっして忘れないこと) 》 著者:すずはらなずな


Anniversary Mistery Circle Vol. 60
《 私はギムレットに毒薬なんて入れたりはしない 》 著者:ココット固いの助


Anniversary Mistery Circle Vol. 60
《 戯言とめくらまし 》 著者:辻マリ


Anniversary Mistery Circle Vol. 60
《 The Moon Wall 》 著者:李九龍




伍長「以上で本年度のナイスタイトル賞は終了よっ! 皆も惜しみない拍手を贈り付けてやるがいいわっ!!!」


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


天野「おや、今年は結構バラけましたね。票の塊があまり多くないし」

伊闇「でも多くの作品が載っていると言うのは良い事かもです」

内藤「ですです」

伍長「それでは次は、“ナイス名台詞賞”ですね。天野さん、よろしくっ!」


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


天野「ハイハイ、どうも。MCの雑学担当、天野です。
この賞は、『あっ、この台詞は粋っ!』ってな感じの、そんな名台詞に対して贈られる賞です。
どうぞ粋な台詞の数々、ご堪能下さいませ」



【 ナイス名台詞賞 】

2015年度掲載作品の中で、印象の深かったナイスな名台詞に贈られる賞。


【 一位 】 該当一作品  ☆☆☆☆☆(星五つ)

Mistery Circle Vol. 56
《 灰色の町のピエタ 》 著者:幸坂かゆり

『「すべて燃えてしまった…すまない…。何もかも失くしてしまったよ」
「燃えたのは…」男はミナの顔を見る。
「あなたの絶望だけよ」』

【 読者コメント 】
●なんだか モノクロの 活動写真のような 切なくて たまらない。。。
心に残る そんなワンシーン
●あぁ~、衝撃だったなぁ、これ。感動したけど、正直、悔しかったなぁ。
逆立ちしたってこんなの書けない。
【 作者コメント 】
●こ、これも意外です。ちょっと大喜利っぽいので…(しかも小遊三さんが言いそう)
こうして細かな部分に気づかせてもらえるの、嬉しいです。


【 二位 】 該当一作品  ☆☆☆☆(星四つ)

Anniversary Mistery Circle Vol. 60
《 抹茶寺とムギレット 》 著者:黒猫ルドラ

『「スタバ行こう。」
「スタバって何?」
「かき氷屋さんよ。」
「セックス?それ、何?」
「変態な事よ。」』

【 読者コメント 】
●(;゚;ж;゚; )
●楽しいお母さんLoveです。息子を持つ身としてはこの『親子愛』はツボ (セクハラは致しません)
【 作者コメント 】
●抹茶寺とムギレットからナイスセリフが出ましたね。
これは、私が小さい子どもにわかりやすく説明する時に、こんな感じで説明する事が多々あるので、ナイスセリフに選ばれてびっくりです。
かき氷屋さんじゃないですか?スタバ。
主力商品はフラペチーノだし。


【 三位 】 該当一作品  ☆☆☆(星三つ)

Anniversary Mistery Circle Vol. 60
《 ビスクドールの情動 》 著者:白乙

『「だから今度は、日暮さんの夢をかなえてあげる」
 そういって少女は日暮の左ほほに顔を近づけた。柔らかい何かが当たる感触。
「え?」
「日暮さん、結婚しよう」』

【 読者コメント 】
●ここ、いいなぁ~w
【 作者コメント 】
名台詞賞、投票ありがとうございます。
個人的にもお気に入りの台詞なので、まさかこの台詞を選んで頂けるとは! と嬉しくなりました♪
もともとこの作品を書くきっかけになったのも、『年上のお兄さん(オネエ)にプロポーズする女の子』が書きたかったので、このシーンを執筆しているときにはすごくうきうきしていたのを覚えています。いくら小学生といえど、人形みたいに可愛い女の子に『結婚しよう(イケボ)』っていわれたら思わず『はい、喜んで…!』って言いたくなりますよね?←
とにもかくにも、投票ありがとうございました!


【 四位 】 該当八作品  ☆☆(星二つ)

Mistery Circle Vol. 56
《 サクラメント 》 著者:Clown

『僕がそれ以上何も言えずにいると、彼女は再び僕に背を向けた。歩き出そうとした足が、不意に止まる。そして、微かに聞こえる声で、彼女は言った。
「……その時は、お願いを聞いてね」』

【 読者コメント 】
●その一言に、どれだけ大きな意味があったか。これが名台詞と言わずに何と言おうか。

Mistery Circle Vol. 56
《 春のスイッチ 》 著者:pink sand

『「こんにちは。鳥越です。鳥越、聡志です」
 驚いた蕾ちゃんの顔が、ぱあっとほころんだ。』

【 読者コメント 】
●このシーンに、物凄く感動した記憶があります。

Mistery Circle Vol. 56
《 微睡 飢えた月  そしてパラソルの下 》 著者:ココット固いの助
 
『「自転車は貴方が乗っていなければ単なる自転車、乗り物に過ぎないが、貴方が一度乗れば、それは貴方自身だ」』
【 読者コメント 】
●生物の肉体は皆遺伝子の乗り物に過ぎない。命の目的はただ遺伝子を次の世代に伝えることだけ、という話を聞いて、なんかひどくむなしいなと思ったんですが、これはそれに対する「魂レベルのアンサー」という気がしました。

Mistery Circle Vol. 57
《 ひまわりたべたよ 》 著者:白乙

『「お゛に゛く゛! み゛つ゛け゛た゛あ゛!」』
【 読者コメント 】
●見付かったああああああああ!!!

Mistery Circle Vol. 57
《 天使の降りる場所 》 著者:すずはらなずな

『「貴女がお幸せならそれで良いのです。今日はわざわざ来て下さって有難うございます。私もとても幸せです。」』
【 読者コメント 】
●戦争で亡くなった手紙主の振りをしながら老婦人へ伝えたこの言葉、きっと手紙主が伝えたかったことそのもののセリフだと思いました。

Mistery Circle Vol. 58
《 シベリア鉄道のビッグ・バンド 》 著者:白乙

『「ねえキタミ、僕たちはどうして、自分の好きなものを『好き』ということができないのかな?」』
【 読者コメント 】
●残虐なものを知ってしまった後に見せるミーシャくんの幼さがせつない。

Anniversary Mistery Circle Vol. 60
《 戯言とめくらまし 》 著者:辻マリ

『「俺は、用心棒なんだよ!こんな、こんな女の代わりみたいな事は、普通はしないし、第一客なんて取ってたら、用心棒の意味が無い!」』
【 読者コメント 】
●「こんなハリウッドみたい場所にも真の友情と呼べるものがあると知ったよ」
初めて共演を果たした時にロバ-ト・デニーロがアルパシ-ノに送った言葉であります。この二人の物語もっと読みたい。 

Anniversary Mistery Circle Vol. 60
《 愛路 》 著者:空蝉八尋

『「…………ミサオには、僕だけなの?」
「うん?……そう、かな」
 がっくりと、肩の力が抜けて、膝まで崩れ落ちそうになったのを堪えた。』

【 読者コメント 】
●初々しくてたまりませんw


【 五位 】 該当一作品  ☆(星一つ)

Mistery Circle Vol. 56
《 妣ヶ島(ははがしま) 》 著者:鎖衝

『「先生が姐さまを選んだからの事おすえ。――だから、恨みを言うつもりはありあへんが、あまり嫌わんで下さいあせ。女の嫉妬言うもんは、こんだけ業の深いものなんであすから」』
【 読者コメント 】
●何とも言えず、切ないワンシーンでした。



天野「ナイス名台詞賞、ここまでで~す! 皆様、どうもお疲れ様でしたっ!」


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


内藤「お゛に゛く゛! み゛つ゛け゛た゛あ゛!」

伍長「うるせぇ!!!」

伊闇「黙って食ってろ!!!」

天野「さぁ、どんどん参りましょう。次は、“ナイスキャラクター賞”です」


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


伊闇「呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃんっ☆ MCのアイドル担当、伊闇かなででいっす!
ここからは、キャラクター立ちっぱなしのあたしが担当します、“ナイスキャラクター賞”の発表でいっす!
どうぞーーーっ!!!!!」



【 ナイスキャラクター賞 】

2015年度掲載作品の中で、印象の深かったナイスなキャラクターに贈られる賞。



【 一位 】 該当一作品  ☆☆☆☆☆(星五つ)

Mistery Circle Vol. 56
《 灰色の町のピエタ 》 著者:幸坂かゆり

“ミナ”
【 読者コメント 】
●本当は登場人物の全員に一票ずつ入れたいのですが、やはりここは強烈な印象のミナに。
優しさと厳しさとエロスと、様々な魅力を備えた素晴らしいキャラクターだと思います。
●ラストのワンシーンに惚れました。
●悪女の才能ありますよね。なんて言うか、この子がいたからこその傑作だったと思います。
【 作者コメント 】
●わ、意外です。反感買うかなとか思っていました。
自分でも好きなタイプの奔放な女の子なので嬉しいです。


【 二位 】 該当二作品  ☆☆☆☆(星四つ)

Mistery Circle Vol. 56
《 ツンデレ武将がやってきてラブコメになるとおもいきや俺が征夷大将軍になっていた 》 著者:氷桜夕雅

“北条政子”
【 読者コメント 】
北条政子(本当は全キャラ)理由初出から本作まですべて面白く最後までキャラが魅力が褪せる事はなく楽しませて頂きました。
【 作者コメント 】
※別枠になります http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-412.html


Anniversary Mistery Circle Vol. 60
《 The Moon Wall 》 著者:李九龍

“リュート・D・クロフォード”
【 読者コメント 】
●この作品は他のリュ-ト作品に比べるとややシンプルな印象もありましたが、それ故リュ-トという主人公の持つ魅力を顕著に感じる事が出来ました。けしてキャラ盛りがされているわけではないリュ-トですが一読して印象深く。このシリーズに通しての黄金律・普段私たちが踏み入れる事がないような異国の風景や人物との出会い、そこから生じる謎、一捻り二捻りもある結末…彼は読者にその世界を垣間見せてくれる視点や窓の役割を担いながらけしてそれだけに止まらない改めて良い主人公だなあと思いました。


【 三位 】 該当六作品  ☆☆☆(星三つ)

Mistery Circle Vol. 56
《 笑う門には謎来たる 》 著者:白乙

“守屋“
【 読者コメント 】
●この人絶対ハンサムボーイだと思います。いやもう勝手に決定。
【 作者コメント 】
●今回は素敵な賞を頂きありがとうございました。
私の作品からは3人のキャラにご投票いただきました。殺し屋、怪異(?)、オネエとそれぞれ濃いメンツですが(笑)、皆さんの心に残るキャラとなれたことを嬉しく思います。これからも親しみやすいキャラクターを作っていけるようがんばっていきたいです。

Mistery Circle Vol. 56
《 物語の続きを始めよう。 》 著者:すずはらなずな

“亜理紗“
【 読者コメント 】
●哀しくて、素敵で、そして優しくて。印象深いキャラクターです。
【 作者コメント 】
●ありがとうございます。いつも書くのはわりと地味でううしろ向きな女の子のキャラが多いのですが この娘を書くのも面白かったです。
気にいっていただけたら嬉しいです。

Mistery Circle Vol. 57
《 ひまわりたべたよ 》 著者:白乙

“Kくん“
【 読者コメント 】
●インパクトありすぎでしょ!w
●怖いしグロいんだけど、それだけ印象深かったって事で一票。

Mistery Circle Vol. 58
《 離郷 》 著者:辻マリ

“俺“
【 読者コメント 】
●これ! 名前さえもないこの登場人物が物凄く心に残ってました!
【 作者コメント 】
●ナイスキャラ賞ありがとうございます。
一方は名前もはっきりしない謎多き主人公でしたが、読んで下さった方の記憶に残る存在を描けた事を嬉しく思います。

Mistery Circle Vol. 58
《 空八・おぼえていますか? 》 著者:空蝉八尋

“空八“
【 読者コメント 】
●最高だね! 最高だねっ! パチちゃんが登場するなんて最高だよねっ! ぷすすっ♪
●笑ったwww 最高のカムバックですね!
【 作者コメント 】
●まさかの!!!(爆)むしろ票を入れて下さったお方がナイスなのでは!!ナイスです!(勝手に私から贈呈します)
ふさわしいかどうかは分かりませんが、私のキャラクターは「暗くてうるさい」(迷惑なやつだコレ)だと思ってますので これからもこんな感じですが宜しくお願いします(スライディング土下座)

Anniversary Mistery Circle Vol. 60
《 戯言とめくらまし 》 著者:辻マリ

“シオン“
【 読者コメント 】
●ヤバい! このキャラはヤバい!w
●ツボ、押さえてますねー。たまりません♪
【 作者コメント 】
●コンセプトは「個人的な性癖詰め合わせキャラ」でした。票を頂けて光栄です。もう少し男性から見てセクシャルな人物にしてもよかったかなと思った次第です。


【 四位 】 該当十作品  ☆☆(星二つ)

Mistery Circle Vol. 56
《 妣ヶ島(ははがしま) 》 著者:鎖衝

“枝垂”

Mistery Circle Vol. 56
《 空っぽの鳥籠 》(三本目) 著者:氷桜夕雅

“セルリアン“

Mistery Circle Vol. 58
《 離郷 》 著者:辻マリ

“生贄の女”
【 読者コメント 】
●古い神話伝説が生きていた時代に出てくる生贄というテーマは自分も時々題材とするのですが、この女の土性骨の座った明るさとひょうひょうとした生命力はとても興味深く、面白かった。

Mistery Circle Vol. 58
《 出発点にて ~ ひまわりの庭5 》 著者:すずはらなずな

“のりさん&義人“
【 読者コメント 】
●拍手。ただただ拍手でした。良かった~。

Mistery Circle Vol. 59
《 乾涸びたバスの中で 》 著者:白乙

“セーラー服姿の少女“
【 読者コメント 】
●不気味で良いですw

Mistery Circle Vol. 59
《 戦慄!!見つからない鉛筆 》 著者:黒猫ルドラ

“登場人物三人“
【 読者コメント 】
●慌てるお母さん、自分の宿題なのに飄々としている娘、第3のお酒を楽しむ呑気な父親、すべての登場人物に味と個性があってナイスでした!

Anniversary Mistery Circle Vol. 60
《 その夏(けっして忘れないこと) 》 著者:すずはらなずな

“主人公の母“
【 読者コメント 】
●死んだ祖父もこのお母さんのように入退院を繰り返していたので、なんだか懐かしい気持ちになりました。少しずつ終わりに近づきながらも毎日を懸命に生きたお母さんの姿を、きっと主人公は一生忘れないんだろうなと思います。

Anniversary Mistery Circle Vol. 60
《 粋がるチンピラ 》 著者:しどー

“主役のおふたり“

Anniversary Mistery Circle Vol. 60
《 The Moon Wall 》 著者:李九龍

“アドレアナ・ダール“
【 読者コメント 】
●個人的にではあるのですが、もうこの名前からして見えない触角がぴん、と。ブルネット、気品溢れる物腰、神官長にぴったりの神秘的なキャラクターでした。

Anniversary Mistery Circle Vol. 60
《 愛路 》 著者:空蝉八尋

“佐伯君&ミサオ“
【 読者コメント 】
●綺麗で哀しくて、そして愛くるしい。素晴らしいキャラクターだと思いました。



【 五位 】 該当七作品  ☆(星一つ)

Mistery Circle Vol. 56
《 繭と蝶 》 著者:李九龍

“小野美千代“

Mistery Circle Vol. 56
《 春のスイッチ 》 著者:pink sand

“蕾(つぼみ)ちゃん“
【 読者コメント 】
●素敵なキャラクターです! もし本当にいたら……付き合いたい、かな?w

Mistery Circle Vol. 56
《 Shape of heart 》 著者:知

“美咲”
【 読者コメント 】
●作中で三対六枚の翼が出て来たシーンでは、思わずぶわーっとした感じのイメージが浮かび上がりました。

Mistery Circle Vol. 56
《 Shape of heart 》 著者:知

“朱音ちゃん“
【 読者コメント 】
●まだまだ幼いのに(幼いゆえ?)痛みにすら屈しない暴走する彼女の恋心に狂気とキャラクターとしての魅力を感じました。

Mistery Circle Vol. 56
《 笑う門には謎来たる 》  著者:白乙

“里山千代子ちゃん“
【 読者コメント 】
●まさに漫画から飛び出してきたようなハイカラ娘かわいい。なのに悲しい過去を持ってて、ぽちゃ系美人だなんて反則過ぎるかわいい(語尾)

Mistery Circle Vol. 57
《 むくどりのゆめ 》 著者:pink sand

“猫のミウミウ“

Mistery Circle Vol. 57
《 君と話がしたいだけさ 》 著者:しどー

“イワン=モフロフ“
【 読者コメント 】
●良いキャラクターだと思います。寡黙の中に優しさ、二重丸。



伊闇「以上をもちまして、本年度のナイスキャラクター賞は終了で~す!
うぅん……あたしを超えるナイスキャラはこの中にいたかなぁ……?」


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


伍長「なんか、ここだけ凄く投票多くない?」

天野「なんか今回はキャラに走った作品が多かったせいですかね?」

内藤「お゛に゛く゛! み゛つ゛け゛た゛あ゛!」

一同「うるせえっ!!!!!!!!」

伊闇「さて……と。次は管理人達の個人的な投票枠、“管理人特別賞”ですね!」

伍長「いやいや、これがまた楽しいのよね。私達にしてみれば」

天野「それじゃあ行ってみましょうか。私達の選んだスペシャル賞!」

内藤「お゛に゛く゛……」(撲殺)


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


【 管理人特別賞 】

2015年度掲載作品の中で、管理人達が個人的に強く推したい作品に贈られる賞。



【 天野真理賞 】
Mistery Circle Vol. 60 掲載 《 愛路 》 空蝉八尋さん

【 管理人コメント 】
●どうも、管理人弐号機の天野真理です
受賞作品ですが、上手い、その一言につきます。心理描写が上手い。それだけに切ない。
(切ない、と叫びたかったのですが、内藤さんが寸評でそれをしているのでやめておきますね)
こういう探り合い、好きです、書くのも読むのも。
そして、切ないだけでなく、話の終わりの先に何か優しい未来が感じられるようなところもいいですね。好きです(ry
こういうコメントを書くのは苦手なので短いですがこのへんで。
今後も素晴らしい作品を期待しています。

【 作者コメント 】
この度は、素敵な賞をありがとうございます。
頂けると思っていなかったので、すごく嬉しいです!ところで、このタイトルは「愛路」ですが「あいろ」と読みます。ironyからとった造語です。irony=皮肉 または、二重性という意味ですが、私は皮肉が含まれた話が、読むのも書くのも結構好きです。本人達が必死に物語の中で生き、それが皮肉っぽかったり結果的に皮肉にも報われなかったり…… も……萌えーーーー!!どこか物悲しく、知らないうちに依存し合って、それでも明るく生きようとする「愛」というよりも「あいつらできてる」という関係が、たまらなく好きなのでありました。私が。
イエイ!ギャップ萌え!
特別賞、本当にありがとうございました。


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


【 アンヂェラ伍長賞 】
Mistery Circle Vol. 58掲載 《 出発点にて ~ ひまわりの庭5 》 すずはらなずなさん

【 管理人コメント 】
●時々、思い出したかのように連載されるこの作品。とうとう五作目にして完結したのよね。なんともめでたいと言いますか、切ないと言いますか。
やはりここはなずなさんらしく、静かなハッピーエンドと言う辺りがなんとも言えずいい感じね。
最終行での一文。
『お母さんとお祖母ちゃんの思い出の詰まった家を振り向いて 心の中で声を掛ける。――行ってきます。私 ずっと幸せだよ。有難う』
ここにはさすがの私もグッと来たわね。素晴らしい終わり方だと思うわよ。
いつかこの二人のその後も、どこかでチラっと書いて欲しいわ。

【 作者コメント 】
ありがとうございますっ。内向的後ろ向きな「のりさん」とのほほんとして明るい「義人」の組み合わせは 私の理想で願望です。
よそでお題を頂いての短編から始まり きっかけを見つけては繰り返し「その後」を描いてきました。さかのぼって読んで頂ければ、私の書き方の変遷もほの見えて笑える(?)かもしれません。(こちらのリンクでどうぞ↓)

http://nazunashortstories.blog12.fc2.com/category24-1.html
http://nazunashortstories.blog12.fc2.com/blog-category-24.html

完結したといいつつ、時間戻したり その後を描いたりするかもしれません。
結婚は「終り」じゃなく 新たな「始まり」ですので、ね。


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


【 伊闇かなで賞 】
Mistery Circle Vol. 56掲載 《 Hello to Kurt Cobain 》 しどーさん

【 管理人コメント 】
●なんと表現していいものやら困りますが、簡単に言うならばこの“乾いた空気感”がとても素敵な作品でした。
この登場人物二人のアングラ的な台詞と生活習慣も素敵なのですが、そこにちらりと垣間見られるポリシーと言いますか、目標と言いますか。その辺りを無理に強調せずに描き上げている所が素晴らしいです。
所々にとんでもない爆弾発言的な台詞や描写が出て来ますが、その辺りもすっごくグッド! 簡素で読みやすいながらも、こう言う部分が読み手を喜ばせてくれます。
そんな訳で、私的オススメ! 素晴らしい作品だったと思いま~す!

【 作者コメント 】
ありがとうございます
元々携帯小説ばかりしか書いていなかったので、携帯小説形式以外で評価を受けられるとは思っていませんでした
推してくれた方、本当にありがとうございます


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


【 night_stalker賞 】
Mistery Circle Vol. 56掲載 《 笑う門には謎来たる 》 白乙さん

【 管理人コメント 】
●もうボク、こう言う完成度の高い作品が大好きなんだよねっ!
とにかくもう色々と、“上手い”セオリーを踏んでいる。冒頭ではまず強烈な一文で読者を惹き付け、徐々に世界観を語って行く。しかもそれが全然説明的ではなく、自然な流れの中で語られて行く辺りがなんとも言えず素晴らしい。
全体的に血の匂いがする訳なんだけど、作品は決してバイオレンスでもなくグロでもなく、むしろ淡々としたラブストーリーか何かかなと思っちゃう程に静かで安心感がある。
そしてやはり注目すべきはこの登場人物達の色の濃さ。それを台詞と行動で全てを表現しちゃっているんだから尚更凄い。
物語がこれから始まるぞ~ってな辺りで終わっちゃってる辺りも、なんかズルいよなぁ~って感じで上手。もちろんそれ以上にモヤモヤして、残念なんだけどね!
そんな訳でボクはこれを推すよっ! 大拍手~!!!

【 作者コメント 】
特別賞、選んでいただきありがとうございます!
自分としてもお気に入りの作品なので、とてもうれしいです。
守屋と千代子、二人の掛け合いは書いていて楽しかったのを覚えています。元々考えていた千代子の性格がすごくおとなしく、話も今よりずっと鬱々しく暗いものだったので、変更してよかったな~と改めて感じました。
今後もなにかの機会に二人のお話を書ければとは思っていますがどうなることやら…。気長にのんびりとお待ちいただければと思います。
それではあらためて、特別賞ありがとうございました。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


伊闇「さて……残す所、後二つの賞で終わりですねぇ~」

内藤「総合オススメと、もう一つ。くすくす♪」

天野「別にもったいぶる必要無いじゃないですか。要するに、アレでしょう?」

内藤「そうそう、あれアレ。“なずなさんが初めて味噌ったで賞“だねっ♪」

伍長「こう言う晴れの日にそう言うジョークはやめておきなさい(汗)」

伊闇「グランドスラム賞ですね?」

天野「そうそう。それそれ」

伍長「じゃあ早速、該当作品の紹介ねっ!」


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


【 グランドスラム賞 】

2015年度掲載作品の中で、全部門において好評価された作品に贈られる賞。


該当作品

Mistery Circle Vol. 56掲載 《 灰色の町のピエタ 》 著者:幸坂かゆり



本作品は、2015年度オススメMCの全部門において、めちゃめちゃ好成績で独走だった事を、皆のジェラシーと共に表彰します。
おめでとうございます!!!



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


伍長「な……なんかちょっと毒の入った表彰ね(汗)」

内藤「毒を食らわば猿までも」

伊闇「おめでたい事はおめでたいのでしょうけど、投票している方々のほぼ全員は、書き手でもありますからねぇ」

内藤「おめでた腫れたは迎車の時にいう言葉」

天野「要は、“来年はこの作品を越えてやる”と言う、皆の意気込みまで含まれている賞って事ですね」

内藤「追われる者は爪隠す」

伊闇「そう言われると、ますます凄味が増しますね」

内藤「醤油チャーシュー、野菜ましまし」

伍長「それではいよいよ最後ね! 2015年度オススメMC、総合オススメ賞!

天野「ちょっと不安ですが、ラストの司会はこのカボチャ!」

伊闇「内藤さん、よろしくお願いしま~す!!!」

内藤「山のあなたにセルゲイ・ブブカ」

ゴスッ! ボクッ! ベコッ! バンッ! ドンッ!(←殴打音)


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


【 総合オススメ賞 】

2015年度掲載作品の中で、「これはオススメ! 読んで欲しい!」と思える、超ステッキーな素晴らしい作品に贈られる賞。



《《 ☆ 星一つ作品 》》 該当六作品

Mistery Circle Vol. 56
《 春のスイッチ 》 著者:pink sand


Mistery Circle Vol. 56
《 不揃いの木彫り人形 》 著者:氷桜夕雅


Mistery Circle Vol. 56
《 空っぽの鳥籠 》 著者:氷桜夕雅


Mistery Circle Vol. 57
《 天使の降りる場所 》 著者:すずはらなずな


Mistery Circle Vol. 57
《 君と話がしたいだけさ 》 著者:しどー


Mistery Circle Vol. 58
《 空八・おぼえていますか? 》 著者:空蝉八尋
【 読者コメント 】

●元気そうで良かったw



《《 ☆☆ 星二つ作品 》》 該当四作品

Mistery Circle Vol. 56
《 ツンデレ武将がやってきてラブコメになるとおもいきや俺が征夷大将軍になっていた 》 著者:氷桜夕雅


Mistery Circle Vol. 56
《 笑う門には謎来たる 》 著者:白乙


Mistery Circle Vol. 57
《 ひまわりたべたよ 》 著者:白乙
【 読者コメント 】

●こう言うホラー好きです。

Mistery Circle Vol. 59
《 Vault that borderline 》 著者:知




《《 ☆☆☆ 星三つ作品 》》 該当四作品

Mistery Circle Vol. 56
《 繭と蝶 》 著者:李九龍 
【 読者コメント 】

●この長さと密度の濃さ。どうしてもこれが書きたい、妥協なく完結させたい、という作者の熱意が伝わってくる作品でした。「なんとなくイメージで書く」という姿勢ではなく、何度も自分に問いかけ推敲を重ねて、そのたび深度を深めたのでしょう。魂が何度も何度も帰っていく家、夢を現実と魂の結びつき、母子の愛、いのちの業。様々なことをどん欲に取り込んで破たんさせていない力量は凄いです。酔わせていただきました。

Mistery Circle Vol. 58
《 出発点にて ~ ひまわりの庭5 》 著者:すずはらなずな
【 読者コメント 】

●なずなさんの作品で、完結したものを読むのは初めてでした。

Mistery Circle Vol. 59
《 扬羽 - a ge ha - 》 著者:瞬
【 読者コメント 】

●途中だったのが大変残念です。残虐なドラマだけど複雑な立場の「猫ちゃん=鳩」や「鳩」を長くやっている女、謎の残るスナコ、雇われているバーなどこれから面白くなりそうで期待度が高いです。スナコの片割れのようになろうとしている思わせぶりな冒頭も好きでした。いつか続きとラストを読ませていただけると嬉しいです。

Anniversary Mistery Circle Vol. 60
《 抹茶寺とムギレット 》 著者:黒猫ルドラ
【 読者コメント 】

●困った母に一票w
●はまりました(笑)お母さん、無敵過ぎます。ピアノの旋律のようにタララランと滑らかに進行していくのにジャマをしない圧倒的な個性があってすごいです。造語のセンスが大好き。59回の作品共にオススメです。こんな短編集読みたいです。本で。500ページくらいで。



《《 ☆☆☆☆ 星四つ作品 》》 該当四作品

Mistery Circle Vol. 56
《 妣ヶ島(ははがしま) 》 著者:鎖衝
【 読者コメント 】

●この長尺にして骨太な傑作をまず推さずして何があるという気持ちで一票。暗鬱な主人公の日常描写から陰惨淫靡残忍な風景へと舞台は移り変わりますがなんとその描写の細やかで美しい事。初めて読むのにどこか懐かしささえおぼえるのは黄泉比良坂越えた先にあると思われたものは案外身近な自身の中にある原風景的なものであると思いました。物を書く人ならば必ず一読は書いてみたくなる題材ですが生半可な力量では書けないそんな作品です。未読の方があれば是非御堪能しやす。多分作家さんが死後に暮らす場所なんだろうな…羨ましいでありんすな…牛とは言いませんが将来馬くらいでバイトに雇って欲しいな。子供の時正月にこっそり意味もわからず見ていた寺山修司や鈴木清順監督の映画をふと思い出したりましました。それよりもずっと親切でサ-ビス精神のある作家さんです。至福の読者体験でした。

Mistery Circle Vol. 59
《 乾涸びたバスの中で 》 著者:白乙
【 読者コメント 】

●好きなキャラは弟かな?可愛い~(*´ω`*)←ショタコン

Anniversary Mistery Circle Vol. 60
《 その夏(けっして忘れないこと) 》 著者:すずはらなずな
【 読者コメント 】

●この作者さんの他作品でも登場人物一人一人に向けられる眼差しがとても好きです。技巧や発想も勿論小説を書く上で重要な要素ですがそれ以上に大切な事があるのを教えてもらえた気がします。勿論巧みで美しい筆も使いこなす方でもあります。そうした作品は今回もありました。けれど一人の人の命を見つめて見送るというこの作品にこの書き手さんの本質というか素晴らしさがある気がして…この作品を選びました。フィクション?ノンフィクションに関係なく大切な人の想いに触れる事が出来る作品だと思います。

Anniversary Mistery Circle Vol. 60
《 愛路 》 著者:空蝉八尋
【 読者コメント 】

●良いですね~。またこう言うの読んでみたいです。



《《 ☆☆☆☆☆ 星五つ作品 》》 該当六作品

Mistery Circle Vol. 56
《 物語の続きを始めよう。 》 著者:すずはらなずな
【 読者コメント 】

●まさに作中出てくる戯曲を読んでいるかのようにレトロな雰囲気が漂っていて引き込まれました。目蓋の奥に浮かぶ文章、素敵です。超オススメです。
【 作者コメント 】
●珍しい話が出来そうなお題を頂いて 無理やりひねり出した物語でした。
いつも思うんだけど お題をもらうことで、自分ひとりでは書けないものが書ける。書くときはひとりきりだけど、この場所があり他のメンバーさんがいて 管理人さんたちがいることで 書きあげられる物語がある。そういうのって とてもありがたいことだと思います。感謝です。

Mistery Circle Vol. 57
《 Researcher 》 著者:知
【 読者コメント 】

●不思議で奇抜な物語なんだけど、なんかサクっとすんなり読めました。
●妖精さん、可愛い~w
【 作者コメント 】
●コメントが必要になるほど票がもらえるとは思っていなかった。ありがとうございます。
この話もだけれど、ネタを詰めるだけ詰めて~な感じの話が多いな、今年の俺の作品……
『偽雨』には元ネタがあるのだけれど、正直、形を変えすぎてもはや原形をとどめていなかったりする。
(そのネタ元の作品名はその作品のかなり重要なネタバレになるので言えなかったり)
ふと、思ったのだけれど、皆は新作か今まで書いた話の続編か、どちらが読みたいのだろう?
んーもし、「この話の続きが読みたい」というのがあればお題次第だけれど書きますよ、と書いて去る

Mistery Circle Vol. 58
《 離郷 》 著者:辻マリ
【 読者コメント 】

●今までに無かったような作品ですね。ハッキリと輪郭が見えてこない主人公に惹かれます。
●神秘的な設定に興味持ってたら、あっという間に話にぐいぐい引き込まれた。
オチで実は息子の話ってのも、物語の後日談がわかって良いね~(*´ω`*)

Anniversary Mistery Circle Vol. 60
《 レクイエム 》 著者:幸坂かゆり
【 読者コメント 】

●またも作風壊して来ましたね。すごいです。
●かゆりさんのはどの作品もですが 名監督の映画でも観たような読後感。暗い家の中とか窓の外の街のざわめきとか灯りとか。
【 作者コメント 】
●読んでくださってどうもありがとうございます!
物書き冥利に尽きます。これからもがんばります。時折(アマチュアですが)辛いなと思うけれど、
それでも書くことが最高に好きなんだと思います。糧であり戒めであります。
下りてくる霊性に、書きたいと思う気持ちに、現実的な言葉たちに。
何よりも読者さまに。深く感謝の想いを捧げます。

Anniversary Mistery Circle Vol. 60
《 ビスクドールの情動 》 著者:白乙
【 読者コメント 】

●読みやすくて面白くて、読んでいて一瞬も飽きない密度と上手い勢いが素晴らしかったです。
人形師の日暮さん、序盤に「あ、この人、女性なんだ?」と逆に疑問というか、ある意味での違和感が。
これって、文章が読み手の私の脳内で映像として浮かんでいたということかと……だから、逆の違和感があったのか!と(説明下手すぎ…スミマセン)
凄いなぁ、私も読んで下さる方の中に、登場人物やその情景が鮮明に映し出されるような文章が書きたいです。
vol60の作品の中で、一番のお気に入りのこちらに一票入れさせて頂きます。
【 作者コメント 】
●総合オススメ賞、ありがとうございました!
自分ではまだまだ至らないところの多い作品ですが、皆様に楽しんでいただけたようでよかったです。なにしろ青年(オネエ)×幼女という自分の趣向をめいっぱいつめこんだ作品で『自分ばかり楽しんでるけど、これで本当に大丈夫なのか…?』と頭を悩ませながら書いていたので(笑)
来年も皆さんに楽しんでもらえるような作品が書けるよう頑張ります。
投票ありがとうございました!

Anniversary Mistery Circle Vol. 60
《 The Moon Wall 》 著者:李九龍

●素晴らしい作品でした。すらすらと読めるのに読み応えたっぷり。魅力的なキャラクターとそれに負けないくらい相変わらず飄々としたリュート氏も良かった。考える時、唇に触れるという仕草にどきっ。彼が歩く世界に神秘あり。また読ませてください。ハイパーオススメです。



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


天野「さぁて、いよいよ大詰め。星の多かった優秀作品の発表を残すのみとなりました」

内藤「ムネムネするね! ムネムネするねっ!」

伍長「え~、今回はフェイント無しで、残すは五本です」

伊闇「ではでは、行ってみましょう! 星六つ作品から!」


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

※作者コメントは、リンク先の”あとがき”部分にあります。



《《 ☆☆☆☆☆☆ 星六つ作品 》》 該当二作品

Mistery Circle Vol. 56
《 サクラメント 》 著者:Clown

http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-413.html
【 読者コメント 】
●前作を引き合いに出すのは反則ですが…あの作品の後にこれ出しますか?というのが正直な感想です。ファンタジーやSF的な設定の作品であっても海外の翻訳物の作品にはない情感が溢れるような場面描写は多々ありましたが今回の作品はよりそれが全面に出た作品だなあと思いました。背景描写も美しくて悲しい物語であるの爽やかさや希望もありクライマックスの桜の色が心に染みる素晴らしい作品だと思います。

Mistery Circle Vol. 57
《 むくどりのゆめ 》 著者:pink sand

http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-414.html
【 読者コメント 】
●完成されているな、とまず思いました。すとんと作品世界に入ることのできる言葉選びと文章の進め方に感心しながら読みつつ、物語や登場人物が絵本のように画として浮かび上がって来ました。燃え尽きてしまいそうな母親がやりきれなかったけれど素晴らしい偶然が物語を際立てていました。素敵な作品を読ませていただいてありがとうございます。心地良かった。
●切なくて優しくて、まるで幼いころ影絵で見た名作童話のような「思い出の作品」になりました。



《《 ☆☆☆☆☆☆☆ 星七つ作品 》》 該当二作品

Mistery Circle Vol. 59
《 戦慄!!見つからない鉛筆 》 著者:黒猫ルドラ

http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-415.html
【 読者コメント 】
●ザ・サスペンス!本当にあったら怖い話…。でも途中何度も噴き出させていただきました。最後の一行の後に「世にも奇妙な物語」のテーマソングが流れても違和感なし!鉛筆と万年筆以外の小物もネタが豊富で楽しかったです。しかしなぜそうなったのだろう…。流れるように読ませて最後まで惹きつけたまま進む、クセになるお話でした。おもしろかった~。おもしろいって大事。
●タイトルがバカ(笑)


Anniversary Mistery Circle Vol. 60
《 戯言とめくらまし 》 著者:辻マリ

http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-416.html
【 読者コメント 】
●私的にはこれがこの回の一番のイチオシ。
●この関係性、どストライクです。悲惨な状況の描写に うわっとなりましたが。どう先に繋がるのかと惹きつけて離さない 物語の組み立てもいいですね



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


伊闇「ドンドン! ぴゅーぴゅー! ぱふぱふー♪ 残り一作品を除き、今年のオススメMCは終了~っ☆」

天野「いやぁ、もしかしたら今年はクリスマスに間に合わないかと思ってちょっと焦りましたねぇ」

伍長「毎度の事ながら集計でつまづきまくったからねぇ」

伊闇「ちゃんと投票ルール守ってよね! 約一名っ!!!」

天野「内藤さんも何か一言ないの?」

内藤「フライドチキン、うまうま♪」

伍長「まぁどうせ、最後に締める役だから良いでしょう。それでは皆さん、今年もお疲れ様ねっ! また来年もMCをよろしく頼むわっ!!! 管理人伍号機、アンジェラ伍長でした!」

天野「次回のお題はテーマ有りで、バトルロイヤルから始めますね! 一月の十日前後にMC見て下さいね~! 管理人弐号機、天野真理でした~!」

伊闇「それでは皆さん! メリークリスマス&、良いお年をっ! 管理人零号機、伊闇かなででしたっ☆」

一同「また来年もMCをよろしくねぇ~~~☆」













ぷすすっ♪

さてさて、いよいよ最後の一作品を掲載して、本当に終了だよぉ~。

いやぁ、なんかもう予測ついてるよね? 予測ついてるよねっ!?
なんかもう、「どれだろう~?」なんて考えるまでも無く、あの作品だよねっ!

もうダントツぶっちぎりの超余裕なオススメナンバーワン作品でした。
そりゃあもう、感心するレベル? みたいな? ぷすすっ♪

そんな訳で、行ってみたいよ! 星十六作品っ!
二位との差は何票だろうね? 何票だろうねっ!?(5pss)



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


《《 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 星十六作品 》》 該当一作品

Mistery Circle Vol. 56
《 灰色の町のピエタ 》 著者:幸坂かゆり

http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-417.html
【 読者コメント 】
●何をどうコメントしたら良いものか。とにかく最高。
●敢えてノーコメント。ここまで凄い作品は褒めるべきじゃないのかも知れない。
●問答無用のオススメ作品です。情景描写が目に浮かぶだけでなく、お話の流れも自然であっという間に読み込んでしまいました。
●抑制のきいた筆致、独自の筆遣いで描かれた一服の絵のような完成度。唸りました。ただただ、美しいです。額に入れて飾っておきたいような小説ですね。
●無駄のない簡潔な文章なのに華がある…。全てが美しいです。
●まるで何かが乗り移ったとしか考えられない。奇跡のような、神憑りのような作品でした。なんかもう歴代のMC作品の枠を超えてる。とんでもない力作だったと思います。
●内藤さんがめちゃくちゃ興奮したコメントしているのを見て、「大袈裟だよ」とか思いながら何気に読んだのですが、想像をかるーく越えてましたね。確かにこれは唸らざるを得ない。なんかもう、海外のどっかの有名文学作家が書き残した遺作かよとか思っちゃうレベルで凄かったです。












投票して下さった多くの読者様! そしてメンバーの皆さん!
心からのMerryChristmas!

また来年のオススメMCをお楽しみに!



2015.12.24 MCスタッフ一同


● COMMENT ●

みなさん、お疲れ様でした
2016年もよろしくお願いします

管理人の皆様、お勧め乙でございました! 新参者としては色々と勉強になった一年でした。まだ未読の小説も多いので、ぼちぼち読んでは学ばせていただきます。参加者の皆々様も良いお年を!

管理人さま、作家の皆さま、お疲れさまでした。わたくし、今変な汗をかいておりスクロールしていってビールを噴くという漫画のようなことを本当にやってしまいました。本当に…感謝の想いを伝えたいです。どうしたらいいでしょうか。弱いですこういうの(;;)私のピークがここだったら怖いと思いつつ読んで下さり票を入れてくださった皆々様に私から拍手を送らせてください。ごめんなさい。動揺しております。いつも私のコメント後ぱったり途切れているので、あ、私ここでやばい奴(ヒソヒソされる的な)なんだろうかと気にしておりました。…もう感謝です。とにかく感謝です。ありがとうございます。私もたくさん皆様の作品読みます。今年もお世話になりました。また来年もよろしくお願い致します。長文失礼致しました。良いお年を…の前にメリークリスマス!v-25(個人的にアンヂェラさまと家吞みしてみたい幸坂かゆりでした)

管理人の皆様今年一年本当にありがとうございます(*^^*)作家の皆様方参加せずとも毎回しっかり楽しませて頂いてます。まあ今年は諦めてた【闇のバイブル】も観れたし…ドライブも後半は盛り上がったし良かったかなと。来年はまた締め切りにくちゃくちゃになって書くいつもの年か少し時間作ってじっくり作品書いてみようか。いずれにしろ何か書いてるんだろうなと思います。皆様に来年が良い年でありますように(*^^*)

管理人の皆様、作家の皆様、お疲れさまでした。
コメントは送ったのに一年の締めくくりは書かなかった事をこれを読んで思い出しました…。
出没したりしなかったりで来年は多分出てこれない年になってしまうんですが、またどこかでお会いできましたら、よろしくお願いいたします

2015年もあと2日になってしまいました。管理人の皆さまメンバー様関係者、読み手の方など皆皆さま 今年もお世話になりました。
色んなことを経験した1年でした。書くことに助けられたこともありました。
温かい寸評や感想、オススメMCでの有難い一票など 感謝に見合う言葉もありません。来年もイメージを枯渇させないよう発想とか言葉を磨いていきたいと思います。

皆さまに良い2016年が来ますように!!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/tb.php/411-6cd08d2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2月20日(土)締め切りお題 «  | BLOG TOP |  » Mistery Circle Vol. 60 寸評

プロフィール

MC運営委員会

Author:MC運営委員会
このブログの八割は、カボチャで構成されております。

カテゴリ

Mistery Circle(メインカテゴリ) (39)
寸評 (29)
MCルール説明 (1)
お知らせ (36)
参加受付 (24)
出題 (35)
メールフォーム (3)
内藤クンのおもちゃの部屋 (9)
天野さんの秘密の部屋 (8)
Ms.伍長の黙示録の部屋 (0)
伊闇かなでの開かずの部屋 (4)
未分類 (27)
亞季 (2)
いつき (1)
伊闇かなで (2)
空蝉八尋 (4)
黒猫ルドラ (12)
ココット固いの助 (21)
桜井 (1)
桜朔夜 (1)
鎖衝 (11)
知 (21)
しどー (12)
瞬 (3)
白乙 (12)
すぅ (13)
すずはらなずな (29)
田川ミメイ (2)
辻マリ (14)
夏海 (3)
七穂 (1)
氷桜夕雅 (30)
ひとみん (4)
松永夏馬 (12)
望月 (8)
幸坂かゆり (21)
李九龍 (13)
りん (3)
ろく (1)
Clown (12)
MOJO (1)
pink sand (9)
rudo (8)
×丸 (4)
MC参加者に聞け (7)
Mistery Circle ヒストリー (1)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム