Mistery Circle

2017-07

《 Mind Dance 》 - 2012.07.23 Mon


 著者:幸坂かゆり







 狭いアパートの重いドアを開き、行儀悪く靴を脱ぎ捨てて部屋に入ると、ゆらめくように夜がやってきて部屋全体を闇が吞みこんでしまっていた。外を歩いているときはそれほど暗さを感じなかったのに。ため息をつき私がいない間とどまっていた空気を換気するために奥の窓に向かう。ガラス戸を開け、ベランダに出て周辺を見回した。幾世帯もの家の窓に、ぽっとそこだけ浮かび上がるような灯りがいくつかともっていた。透明な風がしのび込みレースカーテンが揺れる。部屋が薄ぼんやりとした生き物に見えるのは月明かりが照らすので。窓を開け放してベッドの脇にいつも置いてある非常用の懐中電灯を手に取り、部屋の灯りはともさず冷たい板張りの床に座り込む。そうしたい日なのだ。
「おかえり」
「ただいま」
「疲れた顔をしてる」
 部屋の隅っこを懐中電灯で照らすと、そこにあなたが座っていた。
「隣に行っていい?」
「もちろん」
 あなたは私の隣に移動して同じように腰を下ろし、膝を抱える。あなたの瞳と月明かりがあれば懐中電灯は必要がないだろうか。一部分を極端に照らし出す明るさは眩しすぎて目が痛い。迷っているとあなたは私にこっそり耳打ちして片付け忘れていたクリスマスの飾りの存在を思い出させた。私はそのアイディアに乗って懐中電灯から小さな電飾の灯りにシフトする。

 それはいくつもの星だった。今宵の闇は光を美しく見せるためにある…。あなたは電飾を体に巻きつける。光があなたの顔の輪郭を映し出す。煙草に火をつけている。おぼろげな光を頼りにあなたの瞳を覗くように見つめる。黒いシャツと黒いズボンを着ているあなたは暗闇に紛れてしまってよく見えない。見えるのは、顔、首、腕、素足、肌が露出したその部分だけ。不安になってあなたの手に触れる。あなたは私の手を撫でる。そして俯きながら言うのだ。
「悲劇なんかじゃないんだよ」
 私の手はびくりと反応する。動悸は既にあなたに伝わっているだろう。私はあなたの手をそのまま自分の頬にあてる。あなたの匂い。あなたの温度。不意にほろほろと涙が頬を伝う。
「淋しい」
「君が淋しいのは僕も辛い」
「…哀しさだってこれからやってくる。怖いわ」
「君はまだ完全な形を見出していない…。完全な円環というものを。円環は守護してくれる。まろやかに歩き、そこを曲がったらすぐそばに死が見えるようになる。こんにちはと言えるようになる」
「無理よ」
「隣り合わせなんだよ」
「なぜ私を残していったの?あなたの存在を無としか思えなくなるなんて胸が潰れそうになる。こんなのいけないわ」
「これでいいんだ。無が辛いものだと思うのはそれを遠くに感じているせいだよ。僕も気持ちだけが取り残されたような経験はたくさんある。多分年齢上、君よりも多いだろう。だから判る。大切なものがなくなった空虚のこと――だから円環が必要で、それは人を安寧へと導いてくれる。時々こうして暗闇に空間を作ってみるといい。恐れないで。孤独は悪じゃない…」
「あなたは円環を持っていたのね?」
 あなたはこくりと頷き、電飾の星たちも寄り添うように一緒に揺らぐ。
透けるように輝くあなたは闇を流動的に照らし、何もかも見据える星を散りばめた瞳で私を見つめる。誰よりも私を理解し、心を受け止め、たった今解放してくれている。
「あなたの葬儀で疲れたわ」
「ごめん」
「責めているんじゃないのよ。ただあまりにも素直にあなたの死を受け止める人が多すぎて参ったの」
「そうか…。斬新な意見だ。事実だけどね」
  事実。その言葉に私はしばし無言になる。あなたは気づいて言葉を追加する。
「花が素晴らしかった。君も知っていると思うけど花は大好きだ。香りも良かった。とても懐かしくて嬉しかったよ。真っ白なカラー、カサブランカ、真紅のバラ…」
「痛いところはない?」
「ないよ。大丈夫だ」
「あんなに血が…」
「今はもう本当にどこも痛みはないし、安らいでいるよ」
「悔やんでいることはない?ちいさなことでも。あるのなら私にできることは」
最後の言葉を言い終わらぬうちにあなたは軽く私の頬をぶつ。
「それが君のいけない癖だ」
  私は突然の雷に頭を竦める。
「君には君のやる使命があるじゃないか。僕よりも君自身のことを考えて。君は素晴らしい人だよ…。その感性も抑揚も君自身と同じようにどうしようもない不在感を抱えている人を救うものだ。だから君を完成させてごらん。そして部屋を出て仕事に行く前にいつも通るあの曲がり角を曲がって僕にこんにちはと言って。楽しみに待っているから」
「楽しみに?本当に?」
「本当に。心から」
 あなたは体に巻きつけた電飾を揺らす。光がとどまってしまうからと。電飾を体ごと揺らして動くあなたは美しくてどこかユーモラスで私に哀しみを混合した微笑みを植えつける。揺れる光はどんな暗闇をも淡く照らし、前衛芸術のようであり無国籍だった。あなたは私に手を差し出す。巻き込まれるように私も動く。向かい合い、互いの腰と首に腕を回し、星を散らし、踊る。唇から甘い花の香りの吐息。ああ、このまま時がとまってしまえばいい。突然、外から強い風が入って来た。レースカーテンが舞い上がり電飾の光を思いがけない方向に散らし、私たちはよろめいてしまう。私は向かい風に抗うように窓に走り、ガラス戸を閉めた。

 たちまち風は消え失せ、私の体はガラス戸とレースカーテンの間に挟まれる格好になり、部屋の中は静寂に満ちた。風の翼をなくしたレースカーテンは力尽きたように私の背中に舞い降りてきた。私は部屋に向き直り、レースカーテンを体全体に受け止めた。レースカーテン越しにあなたの大きな手のひらが私の両頬を包んだ。ざらざらした生地の感触。私は目蓋を閉じてあなたからのくちづけを受ける。おやすみ、とあなたは優しい声で言う。感触がそっと消えた。目を開くとレースカーテンの網目から見える部屋の中の電飾はくったりと床に落ちていた。月明かりというスポットライトに照らされて。それを見てあなたらしいと思い、笑った瞬間、涙が溢れてとまらなくなる。

 しばらくその場に佇んだあと、窓辺から離れた。あなたから受け取った私自身へのメッセージは次にあなたに会ったら進捗状況を知らせよう。ただあなたはああ言っていたけれど私はやはりしばらく泣くでしょう。ベッドに座って窓から空を見る。月は先ほどより輝きが増している。周りにいるどの星よりも一層輝く大きな彗星のように尾を引く星が月に向かっているからだ。あなたは月の中に住む。あなたの煙草の煙は霧となり、ときおり月を隠す。おやすみなさい。私はカーテンを閉める。霧は星が月に吸い込まれたあと、消えた。




《 Mind Dance 了 》





【 あとがき 】
 今回のテーマは「死」ということですが、これまで書いて来た自分の小説を読み返すと登場人物の8割は死んでいました…

 今もって死とは何かと考え込んでは深みにはまり目眩を起こします。
 魂の存在があるのか否かは判らないけれど。気配を感じるときもあれば、とてつもない不在感に淋しさが胸を占めることもある。ではどこに行ったのか。実は裏を返せばすぐそこにいるのではとも思う。もしかしたら年齢を重ねて死が近くなってくる自分への、そして入院している家族、あと何年一緒にいられるか判らない愛猫に対しての、時折泣きたくなるような切なさから無意識のエールが届き、この断片的な物語を私に書かせたのかも知れません。

【 その他私信 】
 質問です!
 作家のみなさま、管理人のみなさま、小説を書き終えたあとブログを更新したあと、無性に食べたくなる、飲みたくなるものってありますか?


Kayuri Yukisaka Website 幸坂かゆり総合案内所  幸坂かゆり
http://kayuri39.strikingly.com/

● COMMENT ●

感想は苦手なので、最後の質問だけを。

私は基本的には
書いているときはポテチやポップコーンやコーラなんて少しジャンクフードドラッガーなものをほしくなり

書き終えると
ドーナツやシュークリームなどをコーヒーや紅茶と一緒にいただきたくなります

味わうという考えが有無が、物語を書いている書いていないの差ですかね
^^

素晴らしい作品をありがとうございました。内容への感想と食べたくなるもの、寸評のほうに書きましたがこちらにも。

太りやすい体質なので三食以外おやつは口にしませんが、脳みそが疲れると甘いものがほしくなるので、そんなときのために金平糖を買ってあります。ここでブレイク、ってときにかりかり。(実は見た目と色が気に入ってます)飴と違って常温でも溶けたりくっついたりしませんが、どこでも買えるものでもないのがちょっと不便かな。

わ!こちらにコメント下さりありがとうございます!

>しどーさん
ジャンクフード…(・q ・)あ、今欲しくなってます。書いている最中はガリボリ!ガリボリ!というイメージを膨らませてしまいました(笑)書き終えた後の「味わい方」優雅ですね。どうもありがとうございます!

>pink sandさん、
金平糖☆新鮮ですね。見た目と色。むっちゃ可愛いですよね。あまり食べたことがないので判らなかったのですが常温でも溶けないんですか!なんか非常食という言葉が浮かびました。そして踏んだら痛そうですね(すいません。ロマンもへったくれもなく…)どうもありがとうございます!

時折、低血糖発作を起こしてしまうので、皆様書いている時何か口にされてるのかな、と気になって質問しました。ありがとうございました!参考にさせてくださいねー♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/tb.php/424-8fac890f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

《 デザート 》 «  | BLOG TOP |  » 《 蕀の家 》

プロフィール

MC運営委員会

Author:MC運営委員会
このブログの八割は、カボチャで構成されております。

カテゴリ

Mistery Circle(メインカテゴリ) (38)
寸評 (28)
MCルール説明 (1)
お知らせ (35)
参加受付 (22)
出題 (33)
メールフォーム (3)
内藤クンのおもちゃの部屋 (8)
天野さんの秘密の部屋 (8)
Ms.伍長の黙示録の部屋 (0)
伊闇かなでの開かずの部屋 (4)
未分類 (26)
亞季 (2)
いつき (1)
伊闇かなで (2)
空蝉八尋 (4)
黒猫ルドラ (11)
ココット固いの助 (20)
桜井 (1)
桜朔夜 (1)
鎖衝 (11)
知 (21)
しどー (11)
瞬 (3)
白乙 (12)
すぅ (13)
すずはらなずな (28)
田川ミメイ (2)
辻マリ (14)
夏海 (3)
七穂 (1)
氷桜夕雅 (29)
ひとみん (4)
松永夏馬 (12)
望月 (8)
幸坂かゆり (20)
李九龍 (12)
りん (3)
ろく (1)
Clown (12)
MOJO (1)
pink sand (9)
rudo (8)
×丸 (4)
MC参加者に聞け (7)
Mistery Circle ヒストリー (1)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム