Mistery Circle

2017-10

Mistery Circle Vol. 65 寸評 - 2016.12.11 Sun

Mistery Circle Vol. 65 はこちらから
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-474.html

“オススメMC作品企画2016“ 開催のお知らせ
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-466.html




初号機





ピニャコラーダの、コラーダの方はともかく。
ピニャって何だろうね? ピニャってなんだろうねっ!?
いやぁ、コラーダも良く知らないんだけどね。ぷすすっ♪



やぁやぁやぁ、呼ばれて飛び出て豆板醤。
内藤カボチャの助、ただいま登場だよっ!

とうとう今年最後のMCも終わって、後はもうひたすらケーキとおせちの準備だねっ!
いやいや、嘘ウソ。オススメMCの投票結果だよねっ!
もちろん今年も、クリスマスの晩に掲載予定だよっ!
みんなちゃんと投票お願いねっ!!!

そ~んなこんなで行ってみようねっ!
Mistery Circle Vol. 65 す~~~んぴょ~~~っ!!!

あ、今回から、お手伝い的派遣社員スタッフ、“リュカ”さんの寸評も同時掲載だよっ!





゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

《 いきたい世界 》 望月さん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-475.html
●今回の最初の作品は、いきなり西洋文学からなのですかとちょっと驚きました。
最初から酷い仕打ちの連続。不幸な身の上話からどう言う方向へと話を持って行くのだろうかと内心わくわくしていたのですが、最後でまさかの有名人!? なんてサプライズに思わず拍手ものでした。
こう言う系のお話しはただ「好き」と言うだけで書いてしまうと単なる自己満足な物語で終わってしまう事が多い訳なのですが、これはもうしっかりと練り込んだストーリー性が感じられてとても素晴らしかったです。
私個人としてはこの作品がとても好みですね。イチオシ贈呈です。また来年、お逢い出来る事を楽しみにしております。(天野)
●うええ、うなったよぉ~~~! 凄かったよぉ~~~!
なんなんだろうね、このエピソードセロ的な感動。これから先にどう言った数奇な運命を辿ってアーサー王まで辿り着くのかはまた、読者の想像にお任せしますな感じもまたグッド。
伝説の中のマーリンと大きく掛け離れ過ぎずに書かれている辺りも素晴らしいよね。
果たしてこの「行きたい世界」と言うのは、主人公の未来の事なのか、それとも著者の心情なのか。興味深い所だよね。ぷすすっ♪
お疲れ様だよ~。また来年もよろしくね~!(内藤)
●読み始め、マーリンを少女だと思いこんでいて慌てて脳内美少女映像キャンセル!修正!未来は開かれていても現状でここまで酷な仕打ちを受けて思い悩む14歳、めっちゃかわいそうでした…。せっかくの美貌(ですよね、母親そっくりだし)をお持ちなのに。実際でも児童虐待ってレディ・エレクトラのような言葉や視線みたいなんを繰り返してすりこまれて生きてっちゃうんでしょうね。ラストはそのエレクトラにもしや復讐か!と思いましたが望月さんは僕ほど残酷ではなかったようです(笑)序盤、マーリンの痛々しい掃除をする場面とラストの玄関を駆け出す場面が対となっているようでとても清らかで印象的でした。志方あきこさんの曲聴きました。良い曲ですね。真夏の灼熱と真冬の乾きはどこか共通点を感じます。(リュカ)

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

《 クリスマスパレード2016 》 すずはらなずなさん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-467.html
●おお、いつもの錚々たる(?)メンバーの物語ですね。
今回はいつもとはちょっと違って、かなり深刻な描写や言葉が並んでいる辺りが真剣さを感じさせてくれます。
と言いますか、いつもの事なんですけど、本当に人間関係のややこしい問題ばかり拾って来るメンバーさん達で面白いですよね。そして誰もが大真面目にその問題に取り組む。人ありき、で描くのが得意ななずなさんの優しさが垣間見れます。
リアルな季節感で描いている辺りもさすがです。ちょうどこの作品の寸評が終わり、オススメMCが始まろうと言う辺りの時期を押さえている所もなかなか粋ですよね。
楽しく読ませて頂きました。お疲れ様。また来年もよろしくお願い致します。(伊闇)
●大好きな『人材派遣』シリーズ!特殊な業種の彼らにぼちぼち仕事が来るようになって良かった!(そこ?)今回は大地くんが担当のおはなしですね。白坂さんの偶然の悲劇と自傷がかなしい…。人間ってむかついた方が相手を罵倒できたり気持ちがはっきりヤダヤダ!ってわかるのにやさしい人間に対してはどうしていいのかわからなくなったりしますよね。愛情の受け取り方が人間は多分霊長類史上むっちゃヘタ。それでもラストはあったかい。ラストの素敵な企画は絶対赤字覚悟だと思いますが本望ですよね!今年最後のMC、最初は胸が痛かったけど希望のラストに拍手!さすがなずなさんや!他の面子にもこれから仕事が訪れるんですよね。今から楽しみにしてます!ノーベル文学賞ノミネート作品(独断)(リュカ)
●あらあら。年末最後に凄い作品が来たわね。流石は第六回オススメMCの覇者ね。ハンパじゃないわ。
物語はいつもの通り(?)の、スローテンポでいながらもドタバタなイメージの皆さん方。そして内容はいつも通りな深くて暖かい人間模様。やはりこれがクィーンなずなの実力って感じよね。
いつも思うのだけれど、なずなさんの素晴らしい所は芯ばぶれないと言うか、自らの基準を忠実に守ると言うか、とにかく安定した作品を生み出す所が素晴らしいのよね。
今回の作品も実に美しく、そして優しい。これは私もオススメMCの投票に一票入れたくなるわ。
お疲れ様ね。また来年もお願いね。(伍長)

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

《 強い敗者と弱い敗者 》 しどーさん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-468.html
●あとがきでの次回への希望に戦慄。じゅーぶん痛いし鉄と血の臭いが文章から充満してるしオーネストの死の場面が痛くて痛くてたぶん一回死にました(僕が)はじめの方でサキュバス?へへへ夢魔じゃん、へへへ、とかゲスな気持ちだったのが一転、すいません!許してください!と平謝りしました。英雄ってすごいや。そしてこういうストーリー展開ができるしどーさんの見聞の広さもすごい。どうも僕は以前マツコの番組でやってた『共感性羞恥』ってヤツだと思うんですが怖さが分かっちゃうとなかなか見れないんですよ。そのくせ好奇心は強いもんで一回は最後まで見る。とか言うとなんか失礼なんですがしどーさんの痛みの描写はえらく胸の奥のひ弱な部分にグサッ!と刺さるほど強烈で映画のようでした。指の隙間から見る感じだけどやっぱり次回も読んでしまうのでしょう。ハリウッド映画化決定(独断)(リュカ)
●イワン君、好きですね?(笑)
今回は異次元ワールドな世界ですか? いつもの感じのイワン君が見れなかったのは残念ですが、これはこれで!
いやぁ、なんかシビアな世界ですねぇ。常に死と隣り合わせて生きて行くって言う世界もまた、残酷かつ一生懸命で素敵な感じがします。
私的にはサキュバスと言う存在をもっと掘り下げて書いて欲しかったのですが、そこがちょっと残念。もし次回があるのならば、ばばーんと全面に出して来て欲しいですね。(笑)
とりあえずしどーさん本人に課題が増えたとの件が、ちょびっと興味? 次回に生かして頂けたら嬉しいですね。
お疲れ様でした。また来年もよろしくお願い致します。(伊闇)
●うあ~~~。ここ欲しいね、ここ欲しいね。
ボク個人の事になっちゃうんだけど、「朝になり18人の犠牲者くる」って言う下り。もうここにハンパじゃなく惹かれちゃって困ってたよっ! パクリと罵られようと構わないから、いつかどこかでこの設定使わせて欲しいよっ!
作品の内容は、実にクールで素晴らしい。戦いと妖怪とのダブルな脅威の中で生きているって言う辺りがまたなんとも興奮させられる感じだよね。
ただちょっとだけ、この世界のイワン君の存在が際立っている部分があまりなかった所が心残りかな? 次回作で活躍してくれる事を祈ってるよっ!
今年も一年お疲れ様だよっ! また来年もよろしくねっ!(内藤)

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

《 ~蕀の逆襲~ 》 黒猫ルドラさん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-469.html
●おっとっと。これはまたとんでもない問題作が来たわね。
これはもうこの問題作に対して真っ向ぶつかった感想でもいいのかしら?
まず、今までのルドラさんの作品と比べて明らかに違う点がいくつかあって、その中の大きな一つが、「とても読みやすく」なっていると言う所。
今まではどこか勢いに任せた書き方だったかしらと思う部分があったのだけれど、今回の作品についてはちゃんと読者を意識して、説明すべき部分にしっかりと踏み込んでいるなと言う辺りがとても高く評価出来るわ。
他にも指摘したい部分はるのだけれど、まぁ総合的に言うと、「腕上げたわね」って感じかしら。とても素敵な作品に感じられたわ。
今年もお疲れ様ね。また来年もよろしくお願いするわね。(伍長)
●もう何とも言えなく、精一杯書いたでしょうねと思わせてくれる作品でした。
私個人としては冒頭の数行目、「ウチの気持ちは誰も知らない」から続く三行。ここにとても強く心を揺さぶられました。
そして統合失調症と言うものはこう言う視覚で世界が広がっているのかと言う部分が、文章のそこここから読み取れる所。素晴らしいです。
私は敢えて言わせて頂きます。ルドラさんは、MC初のノンフィクション作家であると。
“イチオシ”、贈呈です。また来年もよろしくお願いいたします。(天野)
●MC界のほのぼのびっくり箱こと、黒猫ルドラさん!(独断)ルドラさんのお話はいつも少しお笑いぽいものが入るからホームコメディかと一見惑わされるんです。実際登場人物は家族ですけど。けども一筋縄ではいかない。心の痛みがひりひりします。今回はりゅうくんと花世さんのラストシーンで涙しました。すこしずつひとつずつ。あとがきにご入院されるとのこと。どうか無理せず私生活はチョッパヤではなくゆっくり休まれてください。またお話が読めるのをスローペースでお待ちしております!(リュカ)

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

《 ローレライの憂鬱 》 李九龍さん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-470.html
●すごい情報量にビビりました。リュートの万能感半端ねえ!速読もオッケーなのかよ!と若干ずっこけはしたものの九龍さんの見事なストーリーテラーっぷりに導かれました。今回のシリーズは幻想的なんだけど話の中にスッと違和感なく入っていけました。『ラ・アクラ』は謎だった頃の「亜書」みたいな魅力がある!実際にある書籍なら読みたい!(ない)今回の小悪魔キュートな相棒、リセ・オールセン嬢と天然リュートの相性も意外や意外、バッチリでしたね。とても完璧に丁寧にラストのさらにその先が書かれていて見事な小説でした。"白いドレスの少女"ハンナと青年のラストに九龍さんの優しさを感じました。素敵な物語でした。年末18時から年明けにかけて「ガキ使」の時間にぶつけて放送(独断)(リュカ)
●長いですねぇ。お疲れ様でした。(伊闇)
●ハイハ~イ。すっごいねぇ~。また来年ね。(内藤)

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

《 あいくるしい/エヴリデイドリーム 》 知さん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-471.html
●いやぁ、なんか恋愛なのか格闘なのか、ジャンル分けが難しい感じの作品ですね。
もう冒頭からの流れが一転、二転として変化して行く辺りは、流石MC初期メンって感じの貫録。(笑)しかも誤字や脱字も自力で直し……むにゃむにゃ。
短いけれど、バトルシーンはなんとなく情景が浮かびましたね。こう言うのって下手すると読んでる人が急にそこでだらけちゃうものですけど、そこを読ませられるってのはやはりテクニックかなぁと。
しかも今回のこの作品は余計な部分が徹底して省かれている。ここがなんと言っても私的に高評価かなぁ。勉強させられます。
って言うか、今年は一回しか参加してないんじゃないですか?
来年はもっと積極的に出て来て下さいね~。待ってますよ~。(伊闇)
●さてさて、今年最後の知さんの作品ですね。と言う訳で、ワタクシ天野がでしゃばって寸評しちゃいましょう。くすくす。
いやぁ~、流石は知さん。上手いです。貫録です。惚れちゃいそうです。あんまり言うとゲシュタルト崩壊しちゃうかもなのでそろそろ黙ります。w
『愛くるしい』ゆえに『I 狂し』くなり『哀 苦し』くなる。この辺りの言葉遊び的記述は好きですねぇ。
もはやこれは愛とか言うよりも呪いに近いものかも知れませんが、それゆえに物語も膨らむのでしょうね。素晴らしいです。
と言う訳で、ワタクシ天野が“イチオシ”贈呈~! 知さんの苦笑している顔が目に浮かびます。
今年も一年、お疲れ様でした。来年もよろしくお願いしますね~。(天野)
●哲学的なお話でした。スケールがでかい!封印された彼女の純粋さと秘められた優しさが苦しい。自殺幇助みたいな役割になってしまった先輩と後輩の心情もまたやるせない。ただただ問いかけてしまう。「どうして愛さなくてはいけないのか」先輩のこの言葉は人類に課せられた永遠の問いかけのようにも思えますよね。とても良かったです。テーマとなった2曲、聴きました。「あいくるしい」は思っていたよりポップな曲調だったので逆に知さんのこのお話の残酷さが見出せました。宮崎駿監督が熱烈にラブコール中(独断)(リュカ)

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

《 I Love You 》 幸坂かゆりさん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-472.html
●15歳は魔女なんですよねー(昭和のCM。分かる人いますかー!)思春期=成長期という過渡期に両親はなんつー場面を子供に見せんねん、と。マリママさんローちゃんがリリーちゃんの心の扉を開く鍵。困難が起こったとき、親の事情で子供は阻害されたりするんですよね。一種の拒食症になりかけであったリリーちゃんの幻かな?恋愛は毒にも薬にもなりますがリリーちゃんにはまだ必要ではないようです。途中悲惨な事件が起こるんではないかとドキドキしました!(リュカ)
●おぉ~~~! なんか……騙されたよ、騙されたよっ! かゆりおねーちゃんにまんまとやられた感じだよっ!
まさかの人物トリック入りなお話しだとは思いもしなかったよ! マリママは既に亡くなっている人だとか言う記述の所では、「うひゃ」と、なんか情けない声まで出ちゃったよ!
って言うか、案の定だけど、最後まで読んだ後にまたもう一回読み直すと、「あぁ、なるほど」って判る。いやぁ、まさかのミステリー作品。やられちゃったなぁ。
最初は両親の不仲に苛立ちを感じながら読んでいたんだけど、ラストでは色々と納得させられたり驚かされたりだったけど、なんか今回の作品は実に野心的で、その辺りがやはり高評価かなぁ。
これはもうボク的に“イチオシ”だねっ! 今年最後に素晴らしい作品をありがとうだよっ!
是非にまた来年もよろしくねっ!(内藤)
●あらららら、やられたわね。こう言う作品なんだとは知らずに読み切ってしまったので、驚きも一際大きなものだったわ。
途中で猫のローが家を出て行ってしまった辺りで、「あ、死亡フラグかな?」なんて思って読んでいた訳なんだけど、なんかそれすらも予測外れでとても面白かったわ。
結局マリママの存在って言うのは、リリーにしか判らないものなのか。それともリリーの脳内だけで作り上げられていたものなのかも良く判らなかったけれど、それでもその存在の大きさが感じられる、素敵な作品だったわ。
今年も一年お疲れ様ね。また来年もよろしくお願いするわ。(伍長)

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

《 つばめ さる 》 pinksandさん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-473.html
●あ~~~もう、ベタ惚れ。これ最高。
年内最後にしてトリの作品。や~られたわねぇ~。もうこれ最高。これ最高。こう言う評価しか出来ない程に完成度たっかいわぁ~~~。
冒頭部分の最後に出て来るこの一文。「ああ……。雷は煙突にではなく、いま、自分に落ちたのだ」って所。もうここでこの作品のクオリティわかっちゃうもんねぇ。
ねぇちょっと、MCメンの皆さん。これよこれ。秀作ってのはこう言う導入するものなのよ。ねぇ?
なんかもう上手く評価出来てないけど、私はこれに“イチオシ”です。
そんでオススメMCでも必ず投票しますので~。ステッキー作品、どうもでした~。(感心し過ぎてかなり投げやり)(伊闇)
●初参加寸評ですが個人的に決めていいですか先生!イチオシです!人物、会話、風景、空気、すべてが魅力的で目が離せなかったです。おもしろかった!数字に潜む病にも似た呪縛…。強引な出会いからすこしずつ恋を育んでいくのかと思いきや、どんどん不穏な気配に包み込まれ…。瑞希君、愛すべきちいさなウソつき雀ちゃん、そしてずっと感情を隠していた瑞希君の母親等登場人物すべてに感情移入しました。いとおしいキャラクター達全員が笑って終えるには一体どうしたらいいのか、ハラハラしてページを繰る手が(スクロールや)止まりませんでした。眼球飛び出しそうな勢いで一気に最後まで読みました。愛する人が死んでしまえばその人にとってはこの世の終わりですよね。必死につなぎとめようとする瑞希君が最後の最後に頼もしかった。クライマックスのスローモーションの描写は映像が再生されました。涙のとめられない名作でした。来春アニメ映画化決定(独断)(リュカ)
イチオシだよ、イチオシだよっ! もうそれ以外無いよっ!
そしてこれはボク如きが評価出来るような作品じゃないねっ! もうもう、かなり真剣に読了させていただいたよっ!
お疲れ様だよ! ありがとうだよっ! ボクも必ず一票入れるからねっ!(内藤)

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜



と言う訳で、今年最後のMCお届けしたよっ!
とりあえず今回からの新管理人、リュカさんより一言っ!



64249437_2237607680_30large.jpg


『初めまして。
リュカです。
小僧です。
悪童です』


との事。
目下の所、寸評で活躍してくれるみたいなので、皆さんどうかよろしくねっ!

さて今回のお題となった一冊、宮木あや子さん著作“あまいゆびさき”ですが、出題してくれました×丸さんより、本の紹介を頂きました。

「自分が百合にハマる決定打となった一冊です。
 過酷な幼少時代を送る少女たちが傷つきながらも懸命に生き、時に惹かれ合い、時にすれ違いながら結ばれていく姿に強く胸を打たれました。
 単なる女の子同士の絡み合いだけではない、同性愛というテーマを丁寧に描いた物語でもあります。
 人を好きになるのに性別は関係ない。愛しあうっていいなあ……」


との事です! お題、どうもありがとうございましたー!!!
さて次回は、一回分お休みして~の、一月中頃出題で、三月末締め切りのMC Vol.66
白乙さんお題からのスタートとなります。
参加受け付けはもうちょっとだけお待ち下さいね。

ではでは皆さん。
今年もお疲れ様でした……と言う挨拶は、オススメMCの方でしようねっ! ぷすすっ♪

管理人初号機、内藤こと、night_stalkerでした~。


● COMMENT ●

今年最後のMC寸評、管理人の皆さま、お疲れさまでした。そしてどうもありがとうございます。今回の寸評、賑わっていてたくさん読めて嬉しかったです。意外性に言及していただいたのが私自身意外でした…。いただいた言葉を消化させ、これからも精進していきたいと思います。

唯一、リュカちゃんが優しくて泣ける。
今年もありがとう~!!!

>李九龍さん あの、男です。すげー良かったですよ!どぞよろしくです!

ピニャはパイナップルでコラーダは裏漉しした、と言う意味ですね

今年は年明けと最後にしか参加できませんでした。断っても無理だと言っても全然無視して原稿催促してくれた某氏にお礼申し上げますv-17読むの遅いんですけどただいま頑張って皆さまの作品読み進めてます。原稿編集アップ、寸評、一年お世話になりました。とてもうれしく優しい評価ばかりで、あまりいいことがなかった一年の最後に心があったまりました。ありがとうございました!詳しい感想は…… 年内に書けるかな?

こんばんは。望月味噌ならぬ望月味です。
久しぶりのMC、ちょっと自分の書いたものに対して思うところが多かったのですが、管理人の皆様からの寸評が温かくて心に沁みました……。読んでくださったこと、寸評をくださったこと、心より御礼申し上げます。
ここ数年身辺がぱたぱたフラフラしていて、文章から遠ざかっていたこともあるのですが、久しぶりに書いた小説は苦しくて楽しく、大事なものだと思いました。
>天野さん イチオシ光栄です!好きと言って頂けて、とっても嬉しかったです……!
>内藤さん 序章があっても面白いのではと思いました。行きたくて生きたい世界です。
>リュカさん 初めまして、こんにちは。マーリンが美少女でなくて申し訳ないです……笑 真夏の灼熱と真冬の乾きがどこか似ているというお話し、とてもよく分かります。

時間は掛かってしまうのですが、年末にかけて皆様のお話しもゆっくり読ませて頂きます。
ありがとうございました!

p.sでございます

御挨拶が遅れました。初めましてのリュカ様、(女性だと最初思ってました)とても丁寧なご感想をありがとうございました。とてもとてもうれしくて何度も読み直しました!伊闇さま内藤さまも、イチオシありがとうございました。今回の感想は、うーん、お勧めMCのほうで同居させるかなあ。(ってまだ送ってない)

改めましてMCの皆さん、派遣社員のくせに生意気悪童のリュカです。挨拶が遅れました。

望月さん、初めまして。大丈夫です美少年も行けます!
Pink sandさん、初めまして。夜遅くに一人でぐすぐす鼻すすってました。

クビにならないようにがんばります!他のメンバーのみなさんもどうぞよろしくお願いします!リュカでした!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/tb.php/476-bc9628fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第八回 オススメMC & MerryChristmas «  | BLOG TOP |  » Mistery Circle Vol. 65

プロフィール

MC運営委員会

Author:MC運営委員会
このブログの八割は、カボチャで構成されております。

カテゴリ

Mistery Circle(メインカテゴリ) (40)
寸評 (30)
MCルール説明 (1)
お知らせ (36)
参加受付 (24)
出題 (35)
メールフォーム (3)
内藤クンのおもちゃの部屋 (9)
天野さんの秘密の部屋 (8)
Ms.伍長の黙示録の部屋 (0)
伊闇かなでの開かずの部屋 (4)
未分類 (28)
亞季 (2)
いつき (1)
伊闇かなで (3)
空蝉八尋 (4)
黒猫ルドラ (13)
ココット固いの助 (22)
桜井 (1)
桜朔夜 (1)
鎖衝 (11)
知 (21)
しどー (13)
瞬 (3)
白乙 (12)
すぅ (13)
すずはらなずな (30)
田川ミメイ (2)
辻マリ (14)
夏海 (3)
七穂 (1)
氷桜夕雅 (32)
ひとみん (4)
松永夏馬 (12)
望月 (8)
幸坂かゆり (21)
李九龍 (13)
りん (3)
ろく (1)
Clown (12)
MOJO (1)
pink sand (9)
rudo (8)
×丸 (4)
MC参加者に聞け (7)
Mistery Circle ヒストリー (1)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム