Mistery Circle

2017-04

第八回 オススメMC & MerryChristmas - 2016.12.25 Sun

第八回 オススメMC & MerryChristmas


2016.jpg






え~~~、今年もとうとうこの時期がやってまいりました。
毎年恒例の風物詩。第八回 オススメMC & MerryChristmas

あの人にもこの力作を読んで欲しい。
みんなにもこの作品を知って欲しい。
そんな願いから生まれましたこの企画。
司会は私、MCアイドル担当、管理人零号機の伊闇かなでです。



yami.jpg



なんかいつもと雰囲気違うな~って感じかもですが、そこはそれ。
管理人達のドタバタ劇がウザい!
ってなクレームもちらほらと? ある感じなので、除夜の鐘と同様ちょっぴり自粛ムードで行ってみたいと思います。
それ哀しい~って方。是非にコメント欄に投書してね☆
ではでは、司会進行表。



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

《《 2016 オススメMC 司会進行表 》》

(1) メンバーさん達挨拶
(2) 管理人一同挨拶
(3) ナイスタイトル賞発表
(4) ナイスキャラクター賞発表
(5) ナイス名台詞賞発表
(6) 管理人特別賞発表
(7) 総合オススメ賞発表


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



【 メンバーさん達挨拶 】



黒猫ルドラ

今年は入院したり、退院したり、大変だったけど、何とか原稿書けました。
よいお年を(*´ω`*)



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜




今年は仕事の都合上一回しか参加できなかったし、久しぶりに原稿を書いたら思うように書けなく詰まるところが多かったしで……
やはり、定期的に何かは書かないとダメだなと改めて実感した一年でした。
来年はもっと作品が書けるかは来年になってみないと分からない……
来年もよろしくお願いします。



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


鎖衝

今年も参加させていただき、誠に感謝でございます。
また来年も書けるように頑張りたいなと思っております。
どうもありがとうございました。



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


幸坂かゆり

こんにちは。幸坂かゆりです。
作家の皆様、
たくさんの素敵な言葉が行き交った一年でしたね。
また、今年は新たに参加された方の素晴らしい物語に、
笑顔をもらい、時折落涙したりしながら読ませていただきました。
様々なジャンルの作品を読めることが何よりも楽しみです。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

管理人の皆様、
個性溢れる管理人の皆様の寸評含め、
この場を作り、維持してくださっていることに感謝しております。
来年もこの場が賑わうことを願っております。

私も皆様も、生きて行くと先々に色々なことがあると思います。
その度に、自分には書く場所がありその先に仲間がいるというのは、
幸せなことだと、その幸運に感謝の想いで一杯になります。
私自身は2016年でMCに参加させていただいてから10年目になります。
それまでは遅筆でしたが昨年辺りから自覚と責任が芽生えたのか(笑)
勝手ではありますが感想など目に見える参加をさせていただいております。
もちろんそこは個人の自由なので鬱陶しいと思われない程度に抑制し、
少しでもMistery Circleの力になれたら幸甚に思います。
今年もどうもありがとうございました。



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


pink sand

どうも、pink sandです。今年は二作品しかアップできませんでした。2016最初と最後のMCのみ。
本当は書くより読む方を充実させて、自分の内部を豊かにしたいとかなんとか偉そうなことを考えていたんですが、現実のごちゃくちゃに気持ちをかき乱されがちで、落ち着いて自分と向き合う、創作する、ということがなかなかできませんでした。そんなわたしにとにもかくにも二編ひりだす機会をくださったMCさんには感謝です。
なかなか書き出さない癖に書きだすと長い。というパターンで、大抵書き出すと構想の三倍ぐらいに尺が伸びるんですが、来年はピリッとした短編をさくさくかければ、と思ってます。
皆さまの豊かなインナースペースを味わわせていただくのはとてもいい刺激でした。来年もどうぞよろしくお願いします!



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


しどー

今年は一度、締め切りに間に合いませんでした。しかし、みなさんの物語に触れ少しずつ携帯小説の書き方から離れていけた気がします。まだ少し年末も残ってますが、来年もよろしくお願いします。



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


白乙

今年一年ありがとうございました!
小説でも私生活でも色々とドタバタしてた一年でした。
特に私生活では引っ越ししたり、環境ががらっと変わったりとなかなかに忙しかったです。
来年は私生活が多忙になるため参加が難しくなりますが、その分充電期間と思って、また面白いお話が書けるように頑張りたいです。
とりあえず最初のMCには頑張って参加しますので……!><
また、今年は(今年もですね!)素敵な作品がたくさん読めて楽しかったです。
感想は書けたり書けなかったりですが、いつも楽しく拝読させて頂いてます!
来年はどんな大作が登場するか、今からわくわくしますね!
それでは、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
良いお年を!



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


×丸

思い切って参加したMCですが、皆さんから温かいコメントをいただくことができ、より一層励みになりました。来年はさらに精進した上で作品をお届けできたらなと思います。ありがとうございました!



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


望月

皆様こんにちは、MCの幽霊部員のような存在、望月です。確か去年のここの欄で、MCとも10年くらいのお付き合いと書かせていただいたような気がするのですが、今年はとうとう10年を超えてしまいました。学生もあっという間の社会人でびっくりです……
今年はアウトプットよりインプットの方が多い年でした。時間があれば貧乏旅行のバックパッカースタイルで各地をふらふらしているのですが、旅先では色々なネタが降りてくるなぁと思います。
最近行った旅先ではベトナムのホイアンという街がとても素敵なところでした。
街全体が世界遺産で、街の至る所にランタンがつるされ、アオザイとノンラー(三角形のベトナム帽子)が似合うような、そんな街です。すごくゆっくりした時間が流れている街ですので、もし興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、ぜひ、とおすすめしたいです。
来年もインプットが多そうな、と思いつつ、温めたネタを出せたら良いなと思います。
長くなってしまいましたが、こんな私にも今でも声をかけて下さる某氏、管理人の皆様、MCご参加の皆様、ありがとうございます。
みなさま良いお年を!



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


すずはらなずな

最近特にMCは長編で格調高く 練られた作品が目白押しですよね。
読み応えたっぷり。今年も良い作品にたくさん出会えて幸せでした。

父が肺炎で入院していてまたまたバタバタです。回復しそう(願望含)です。
ねこ2匹はあいかわらずですが それなりにバトル(おじーちゃんねこ相手にけんかごっこ)もあり、仲良くないけど チビの存在は認められつつあり。

来年もよろしくおねがいします。



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


メンバーさん達のご挨拶でした~。
どうもありがとうございました~。

では引き続き、管理人の方々の挨拶ですね。
内藤さんより宜しくです!


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


管理人初号機 night_stalker(内藤)

う~~~ん。オススメMCもとうとう七回目なんだねぇ。感慨深いねぇ。
これって比較的最近になって始めた企画って気がするんだけど、七年も続いてるって事は、MC自体はその倍ぐらい? 続いてるんだろうねぇ。
いつからやってるのかは、もう既に覚えてないんだけどね。ぷすすっ♪
来年はもうちょっとだけ充実した内容にしたいよね。頑張ろうねぇ。
ではでは皆さん、良いお年を。



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


管理人弐号機 天野真理

どうも、管理人弐号機の天野真理です。
今年は(も?)フォームの更新ぐらいしかしていないような気がするのですが、気のせいではないですね、はい。
去年も言いましたが私が表立って動くというのはよくない状況になっている事がままあるので、これでいいのではないかと
Merry Christmas and A Happy New Year



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


管理人伍号機 アンヂェラ伍長

ノイズ担当、管理人伍号機のアンヂェラ伍長よ。
今年も一年、お疲れ様ね。
来年も、思わず「SUGEEEEEEEE!!!」って叫んじゃうような作品をお待ちしているわ。



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


管理人零号機 伊闇かなで

今年のMCは、一番最初の回が、神回。W
もちろん他の回も素敵でしたよ~。
また来年も、物凄い作品期待してま~す!
尚、MCメンバーは随時募集中です。どなたでもお気軽にご参加下さいませ~。



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


派遣管理人 リュカ

こんにちは!聖なる夜ですね。
最後の最後にて参加させてもらった瘋癲の管理人(仮)リュカです。
たくさんの短篇作品を読ませていただく貴重な経験となりました。
来期もいいお話、たくさん読ませてくださいね!



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


ハ~イ、ではでは挨拶は以上にしておいて。
続きまして、いよいよ! 各賞の発表へと移らさせていただきま~す!

まずは“ナイスタイトル賞”!
マイク代わりまして、アンヂェラ伍長さんの司会にて進めさせて頂きまーす!


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


伍長「C'mon everybody!!! いきなりのシャウト、アンヂェラ伍長よ!!!
まずは“ナイスタイトル賞”ね! この賞はその名の通り、ナイスセンスな作品タイトルに与えられる賞よ。タイトルは作品の顔とも言うべき重要な部分。そのセンスの良さを堪能すると良いわっ!」




【 ナイスタイトル賞 】

2016年度掲載作品の中で、印象の深かったナイスな作品タイトルに贈られる賞。


【 一位 】 該当一作品  ☆☆☆☆☆(星五つ)

Mistery Circle Vol. 63 《 涅槃の子 》 著者:幸坂かゆり
【 読者コメント 】

●はっと目を引くタイトルで、想像をかきたてられます……!
●続編は、“涅槃デルタ流人”でお願いします。
●仏教的な内容かと思えば、全くそうでもなかったのが逆に面白い。w
【 作者コメント 】
●「涅槃の子」に票を入れていただきありがとうございます。
物語を書き終えたあともずっと「無題」のままでしたがこのタイトルをつけた瞬間、物語にも変化が生じました。今年書いた中で一番好きな物語であり、タイトルです。嬉しいです。どうもありがとうございます。



【 二位 】 該当二作品  ☆☆☆☆(星四つ)

Mistery Circle Vol. 62 《 山田久美子は実在しない 》 著者:白乙
【 読者コメント 】

●こう言う味のあるタイトル好きです。
●もうこのタイトルだけで惹かされる。作戦勝ちって感が大きいな。
●同姓同名のサイコパスな女性を知っているので尚更楽しかった。W
【 作者コメント 】
●このタイトルがきっかけで今回のお話になりました。
作者本人もお気に入りなので、好きといっていただけてうれしいです!

Mistery Circle Vol. 64 《 海の花の夜の 》 著者:rudo
【 読者コメント 】

●このタイトルで読むのと別のタイトルで読むのと多分読後感が相当違うと思う。美しく、力のあるタイトル。
●文学だねぇ。哲学だねぇ。
【 作者コメント 】
●ありがとうございます。
中途半端なものを書いてしまいましたがナイスタイトルを頂けたなんて光栄です。このタイトルは私の女子高生のイメージをそのままつけました。 mcに向けて→今度こそ真面目にやるぞと決意したにもかかわらず、年内最後なのにミソになってしまいました。来年こそは皆勤目指して頑張りたいと思います!



【 三位 】 該当一作品  ☆☆☆(星三つ)

Mistery Circle Vol. 62 《 咲き乱れる 》 著者:幸坂かゆり
【 読者コメント 】

●もう題だけでぷわーっと世界が広がります。
【 作者コメント 】
●「咲き乱れる」に票を入れていただきありがとうございます。
物語の内容、登場人物の気持ち、すべてそのものを表したつもりです。
どこか中途半端な気がしましたが完成してからはとても気に入っているのでとても嬉しいです。



【 四位 】 該当一作品  ☆☆(星二つ)

Mistery Circle Vol. 64 《 砂時計の住人 》 著者:幸坂かゆり
【 読者コメント 】

●砂時計の使い方が上手いなと思いました。



【 五位 】 該当八作品  ☆(星一つ)

Mistery Circle Vol. 61 《 Mind Dance 》 著者:幸坂かゆり

Mistery Circle Vol. 61 《 世界が始まる五秒前 》 著者:鎖衝

Mistery Circle Vol. 61 《 常世の長鳴き鳥 》 著者:pink sand

Mistery Circle Vol. 63 《 ちぎれた蜘蛛糸を抱いて 》 著者:白乙

Mistery Circle Vol. 63 《 お母さんは、猫。 》 著者:黒猫ルドラ

Mistery Circle Vol. 64 《 左手の記憶 》 著者:すずはらなずな

Mistery Circle Vol. 64 《 或る救世主、あるいは大罪人の独白 》 著者:×丸

Mistery Circle Vol. 65 《 ローレライの憂鬱 》 著者:李九龍



伍長「以上で今年のナイスタイトル賞はおしまいよっ! 来年度は、タイトル名で爆笑させてくれるような作品を期待するわっ!!!」



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


ハイ。ナイスタイトル賞でした~。
伍長さん、お疲れ様です。

それでは続きまして、“ナイスキャラクター賞”の発表です。
天野せ~んぱい。よっろしっくねぇ~~~☆


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


天野「あ、どうもどうも。ご指名に預かりました、雑学担当の天野です。
この賞は、作品中において読者の皆さんの心に残ったであろう生き生きとしたキャラクターに対して贈られる賞です。
さてさて、皆様の生み出しました登場人物、ノミネートされておりますかね?」




【 ナイスキャラクター賞 】

2016年度掲載作品の中で、印象の深かったナイスなキャラクターに贈られる賞。


【 一位 】 該当一作品  ☆☆☆☆☆☆(星六つ)

Mistery Circle Vol. 65 《 ローレライの憂鬱 》 著者:李九龍
“リュート・D・クロフォード”
【 読者コメント 】
●リュートのシリーズが大好きです! 様々な怪異と出会いながらも、素人コンテストに参加しようとしたり試作ケーキを作ったり妙に人間味のあるところが好きですね。
●とにかく男前でかっこいい。この人がいればどんなことが起きても大丈夫と無条件に思わされる。作者に愛されているぶん、そのかっこよさがリアル。
【 作者コメント 】
●あ、ど、どうも。ありがとうございます。(おどおど)



【 二位 】 該当二作品  ☆☆☆☆(星四つ)

Mistery Circle Vol. 61 《 人・体の万有エレキテル紀行 》 著者:白乙
“アポストロフ”
【 読者コメント 】
●やはりこのキャラクターあっての名作だったのではないでしょうか。最高でした。
●読み返す度にハマります。良いキャラクターです。
【 作者コメント 】
●意外なキャラでした!
台詞の言い回しが本当に書きやすく、締切的にすごく助かりました(笑)

Mistery Circle Vol. 65 《 ~蕀の逆襲~ 》 著者:黒猫ルドラ
“蕀さんとその家族”
【 読者コメント 】
●全作通し、すばらしい
●どんなジャンルにも属さない蕀シリーズのもつ、ひたすら前向きで明るいパワーを支える稀有なご一家はとても魅力的です!
【 作者コメント 】
●蕀がとったの?Σ(゜Д゜)
うーん、統合失調症患者にオカルト要素たしてみたら、凄いことになったなwww(。>д<)
でも、易怒性統合失調症って、あんなもん。たぶん。



【 三位 】 該当三作品  ☆☆(星二つ)

Mistery Circle Vol. 61 《 Mind Dance 》 著者:幸坂かゆり
“あなた(名前が無い)”

Mistery Circle Vol. 62 《 山田久美子は実在しない 》  著者:白乙
“山田久美子”

Mistery Circle Vol. 65 《 いきたい世界 》 著者:望月
“マーリン”
【 読者コメント 】
●まさかの有名人登場で驚いた。w



【 四位 】 該当七作品  ☆(星一つ)

Mistery Circle Vol. 62 《 あなたと私のファースト・ステップ 》 著者:×丸
“美緒せんせい”

Mistery Circle Vol. 63 《 ちぎれた蜘蛛糸を抱いて 》 著者:白乙
“アヤメ”

Mistery Circle Vol. 63 《 お母さんは、猫。 》 著者:黒猫ルドラ
“猫になった蕀さん”

Mistery Circle Vol. 64 《 密室0922からの脱出 》 著者:白乙
“スー”
【 読者コメント 】
●ミステリアスでいいですね。

Mistery Circle Vol. 64 《 密室0922からの脱出 》 著者:白乙
“レオン・ウォーカー”

Mistery Circle Vol. 64 《 海の花の夜の 》 著者:rudo
“木村佳也子”

Mistery Circle Vol. 65 《 クリスマスパレード2016 》 著者:すずはらなずな 
“橋村良太”
【 読者コメント 】
●不憫な顔の「橋村良太」に一票。



天野「ナイスキャラクター賞でした~。次回は管理人達の名前で、誰か作品書いて下さいませw」



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


ハ~~~イ、ナイスキャラクター賞でした。
私としましては個人的に、“スー”と、“アポストロフ”推しですね。
白乙さんの生み出すキャラクターは最高です。

さてそれでは、“ナイス名台詞賞”の発表です。
司会はそのまま。伊闇が担当しま~す☆


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


伊闇「この賞は、この作品のこの台詞! ここだよ、ここ! 粋だねぇ! ってな感じの江戸っ子風味なイメージのそんな賞。発表させて頂きま~す」



【 ナイス名台詞賞 】

2016年度掲載作品の中で、印象の深かったナイスな名台詞に贈られる賞。



【 一位 】 該当一作品  ☆☆☆☆(星四つ)

Mistery Circle Vol. 61 《 常世の長鳴き鳥 》 著者:Pink sand
『まことの幸せはどこにある。まことの幸せは砂の上に、川の中に、砂漠の楼閣のあの方の心の中に』
【 読者コメント 】
●もうこの作品はどれを取っても名台詞でしたけど、敢えてこの台詞で。
【 作者コメント 】
●正直このセリフでいただけるとは思っていませんでした。
厳密に言って「セリフ」というより歌みたいなものなので。ただ、運命に翻弄される主人公の祈りを載せた言葉でもあるので、小説の核となるこの言葉が受賞したのは素直に嬉しいです。ありがとうございました。



【 二位 】 該当七作品  ☆☆(星二つ)

Mistery Circle Vol. 61 《 Mind Dance 》 著者:幸坂かゆり
『狭いアパートの重いドアを開き、行儀悪く靴を脱ぎ捨てて部屋に入ると、ゆらめくように夜がやってきて部屋全体を闇が吞みこんでしまっていた』
【 読者コメント 】
●台詞ではないけれど、この冒頭の一文には痺れた。
●この出だし、とても綺麗です。

Mistery Circle Vol. 64 《 砂時計の住人 》 著者:幸坂かゆり
『それ、きれいでしょう。魔法にかかってしまったのね』
【 読者コメント 】
●こんな事言われたら買わずにおれなくないですか? 素敵な一文です。

Mistery Circle Vol. 64 《 軌跡 》 著者:幸坂かゆり
『寂しさの真正面に立っちゃだめ。どうにかごまかして。そして生きて。生きてないと会えない』
【 読者コメント 】
●つらい毎日を生き抜く極意を鮮やかな筆致でさらりと。お見事です。

Mistery Circle Vol. 64 《 左手の記憶 》 著者:すずはらなずな
『出て行くのなら 出て行けよ。でも その左手だけ、置いて行って』
【 読者コメント 】
●ハルさんの口からとっさに出た、複雑な感情が入りまじった台詞だなと思いました。

Mistery Circle Vol. 65 《 クリスマスパレード2016 》 著者:すずはらなずな
『自信もちなよ、あなたの声 凄くいいと思う』
【 読者コメント 】
●白坂さんが自分の声に自信の持てない響子さんに投げかけてくれた学生時代のエピソード。そっけないくらいさりげなくてやさしい。

Mistery Circle Vol. 65 《 ローレライの憂鬱 》 著者:李九龍
『死は誰にでも平等に訪れるし、そして誰に対しても一度だけだ。人生の最後の楽しみぐらい、他人に聞かずに心待ちにしておきなさい』
【 読者コメント 】
●ラスト近く、レオポルトとリュートが最後に会う場面でレオポルトが言うセリフ。
これ、わたしがこの世界に見切りを付けたくなった時のおまじないとほとんど同じです!大好きな作品で聞かせていただけて、感激。

Mistery Circle Vol. 65 《 つばめ さる 》 著者:pinksand
『「街は光、海は真っ暗」外を見ながら、雀は歌うように言った。
「でも、海の中のほうが、命は多い。もし命のすべてに夜光虫みたいに光が宿っていたら、この街なんか比べ物にならない」瑞希が答えた。
「よくできました。ロマンチック」少女は無邪気に手を叩いた』

【 読者コメント 】
●普段は明るい雀ちゃんの陰の部分、逆に陰が全面的に出ている瑞希くんの希望の部分が心ならずも露呈した会話。相反する感情の機微がとても伝わります。



【 四位 】 該当一作品  ☆(星一つ)

Mistery Circle Vol. 65 《 ~蕀の逆襲~ 》 著者:黒猫ルドラ
ラスト、りゅうとかよの会話。(長い部分なので割愛)



伊闇「ハイハ~イ! ナイス名台詞賞でした!
次回のオススメMCでは、『江戸っ子だね? 寿司食いねぇ!』って台詞入れてくれた作品に対して、個人的に超ヨイショしますのでよろしくねぇ~~~☆」




・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


おお~~~、とうとう残す所、二つの賞の発表で終わりとなります。
とりあえず、総合オススメ賞の前に、私達管理人でお贈りします“管理人特別賞”の発表です。

今回は新人のリュカさん入れて、五つの特別賞をご用意しました。
それではどうぞ~☆


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


【 管理人特別賞 】

2016年度掲載作品の中で、管理人達が個人的に強く推したい作品に贈られる賞。



【 天野真理賞 】

Mistery Circle Vol. 65 《 いきたい世界 》 著者:望月

【 管理人コメント 】
●どうも、管理人弐号機の天野真理です。
知っている人には名前で「おや?」と思わせて、中盤でにやりとさせてからの最後の一文……お見事としかいいようがありません。
読み終わった瞬間、上手い、と拍手しました。
タイトルの「いきたい」がひらがななのもGood。
いいですよね、アーサー王伝説に魔術師マーリン……ただ某ゲームのせいでアーサー王と聞くと(謎)
こういうコメントを書くのは苦手なので短いですがこのへんで。
今後も素晴らしい作品を期待しています。

【 作者コメント 】
●管理人特別賞ということでご連絡いただきまして……ありがとうございます!
思えば管理人特別賞というものをいただいたのは初めて……? だったような……? 光栄です。
どなたかの心に残るようなものが書けたら幸せだなぁと思いますし、これからもそういう文章が書けたら良いなぁと思います。
選んでくださって、ありがとうございました。


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


【 アンヂェラ伍長賞 】

Mistery Circle Vol. 64 《 左手の記憶 》 著者:すずはらなずな

【 管理人コメント 】
●いつもながらのほんわかとしていながら、どこか一滴の毒が入り混じった感のあるなずな作品。素晴らしかったわ。
この意地悪なお題に対してごまかしもせずに真っ向作品に向き合っていた所も高評価だったわ。なずなさんの良い部分はまさにここ。どんなタブーな話であっても、全く自分のペースを乱さずに描き切れる。ここが素敵よね。
淡々としていながらも、ちゃんと盛り上がりもオチもある。初めてなずなさんの作品を読ん以来、全く変わらない作風がここにあるわね。
素晴らしかったわ。また来年も素敵な作品、お待ちしているわね。

【 作者コメント 】
●管理人様 いつもお世話になります!!いつも全ての作品をきっちり読んで、温かくも素晴らしい励みになるコメントを寄せて頂くことに感謝感激しています。
自分でも思い入れの深い作品となったものなので 気に入って頂けて 本当にうれしいです。ありがとうございました。


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


【 伊闇かなで賞 】

Mistery Circle Vol. 62 《 あなたと私のファースト・ステップ 》 著者:×丸

【 管理人コメント 】
●百合!!! 百合ですよ、百合!!!
かつてボーイズラブ作品ばかりでやったMCの回もあったけど、百合は初めて!!! 素晴らしい!!!(そこ?)
もうもう、作品の内容も素敵ですよね! なんてアダルトで、なんて情熱こもってるんでしょうか。好きだからこそのこのジャンル。×丸さんの本気、見せていただきました。
もし叶うならば、性描写もアリな百合作品、読んでみたいですね~。(こら)

【 作者コメント 】
●初参加の作品に対して賞をいただけたこと、とても光栄に思います。今後はさらにご期待に添えるような、もっともっと素敵な百合を描きたいですね!


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


【 瘋癲の管理人(仮)リュカ賞 】

Mistery Circle Vol. 61 《 人・体の万有エレキテル紀行 》 著者:白乙

【 管理人コメント 】
●初めての管理人特別賞の選出係です。
僕が選んだ作品は、「第61回 Mistery Circle バトルロイヤルルール(共通お題)」より、《 人・体の万有エレキテル紀行 》白乙さんです。
理由…理由なんて読めばわかる(あ、すいません)
この世の終わりでありサイバー的であり、
反対に登場人物のすれてない言葉使いなどから、
クラシックな印象も受け、さらに物語はぎゅっと切ない。
本命の賞に入ってる可能性100%だけど、
リュカから管理人特別賞を贈呈させていただきます。

【 作者コメント 】
●素敵な賞をありがとうございました!
たくさんの方に愛していただけた作品ですね……当時は必死に書いていただけなので、本当にびっくりです。
読んでくださってありがとうございました!


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


【 night_stalker賞 】

Mistery Circle Vol. 62 《 山田久美子は実在しない 》 著者:白乙

【 管理人コメント 】
●何とも言えず、全体に漂う不安定な謎や、女性同士の駆け引きめいた描写が素晴らしく良かった作品だったね!
冒頭から、「こっからどうなるの?」と凄く先行き不安だったものを、ラストでやたら切なく終わらせている辺りも超グッド!
ミステリー好きのボクとしては、最高の作品だったなと思ったよ!
実はここの賞、同じ白乙作品の《 密室0922からの脱出 》とどっちにしようかと悩んだんだけど、両方読み直してみてやはりこっちだなと決まった次第。
素敵な作品ありがとうだよっ! また来年もよろしくねっ!

【 作者コメント 】
●素敵な賞をありがとうございました!
タイトルのインスピレーションだけで書き上げた作品ですが、楽しんでいただけたら幸いです。ちなみに、この作品中お気に入りの台詞は山田さんの「あら、鈴木さん」です(笑)
読んでくださってありがとうございました!


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


うおお、白乙さん、管理人さん達に愛されてますね~。(笑
私も彼女の作品は大好きなのですが……えっ? あらためて見てみると、白乙さんって26歳!?
若いのに良くこんな作品ばっか書けるなぁ。素晴らしいです。

さてさて、いよいよ最後。
オススメMCのメインイベント、“総合オススメ賞”の発表です。
面倒だけど……内藤さん。よろしくで~す。(←嫌々


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


night_stalker「ボクだよ! ボクだよっ! ようやくここに来てボクの出番だよっ!
いやぁ~、最近なんかめっきりボクの需要が減ったような気が……あ、話要らないから進めろって?
ではでは、“第八回 オススメMC & MerryChristmas”、2016年度の総合オススメ賞の発表だよ~~~っ!
ここだけはいつもの如く、順番は逆になってて、票の多い作品の方が後になるからね。
ではでは、よっろしく~♪」




【 総合オススメ賞 】

2015年度掲載作品の中で、「これはオススメ! 読んで欲しい!」と思える、超ステッキーな素晴らしい作品に贈られる賞。



《《 ☆ 星一つ作品 》》 該当三作品

Mistery Circle Vol. 62 《 遠い昔の事 》 著者:黒猫ルドラ

Mistery Circle Vol. 64 《 砂時計の住人 》 著者:幸坂かゆり

Mistery Circle Vol. 65 《 I Love You 》 著者:幸坂かゆり



《《 ☆☆ 星二つ作品 》》 該当四作品

Mistery Circle Vol. 62 《 山田久美子は実在しない 》 著者:白乙
【 読者コメント 】

●良いミステリー作品だと思いました。もしこれの発表が二十年も前だったら、普通に雑誌に掲載されていてもおかしくないレベルだなと。
●タイトルが良いですね。もうここから読ませている感満載。

Mistery Circle Vol. 62 《 あなたと私のファースト・ステップ 》 著者:×丸
【 読者コメント 】

●MCにおいては異色? いえいえとんでもない。これぞ純愛。ラブストーリーでしょう。

Mistery Circle Vol. 62 《 灰燼の街 》 著者:李九龍

Mistery Circle Vol. 64 《 密室0922からの脱出 》 著者:白乙



《《 ☆☆☆ 星三つ作品 》》 該当四作品

Mistery Circle Vol. 62 《 咲き乱れる 》 著者:幸坂かゆり
【 読者コメント 】

●せつなさにやられました。こう言う愛もあるのでしょうね。
●文学ですね。不思議な感情に突き動かされる気がします。

Mistery Circle Vol. 63 《 ちぎれた蜘蛛糸を抱いて 》 著者:白乙
【 読者コメント 】

●主人公達の未成熟な精神構造や、脆そうな関係も含め、良く出来てる作品だと思いました。無いかもだけど、続編に期待。

Mistery Circle Vol. 64 《 海の花の夜の 》 著者:rudo
【 読者コメント 】

●おいおいおいおいおーーーい!!! うららんこんだけの書けるんだから、もっと頑張れー!!! もっと書けーーー!!!(←エールのつもり)
いや、素敵な作品だと思った。次回も期待。

Mistery Circle Vol. 65 《 クリスマスパレード2016 》 著者:すずはらなずな
【 読者コメント 】

●今年最後の素敵な作品、ありがとうございました。
なずなさんのいつもながらな作品、いつも楽しみにしています。



《《 ☆☆☆☆ 星四つ作品 》》 該当五作品

Mistery Circle Vol. 61 《 Mind Dance 》 著者:幸坂かゆり
【 読者コメント 】

●虚しさと優しさがたまらく感情を波立たせる。この作品は素晴らしい。
●なんなんだろう、この綺麗過ぎるバッドエンド感は。この作品だけは書く人を選ぶね。彼女だからこそ書けた作品なんだろうと思える。
●読み返して、そしてまたもう一度泣きました。心を込めての一票を贈らせていただきます。
【 作者コメント 】
●票を入れていただき、どうもありがとうございます。こちらは故・デヴィッド・ボウイ氏が亡くなったときどこか存在そのものがこの世のひとではないような不思議さを感じ、モデルにさせていただいて書いたものです。あのときのあの瞬間にしか書けなかったものだと思うので幸甚に思います。


Mistery Circle Vol. 64 《 左手の記憶 》 著者:すずはらなずな
【 読者コメント 】

●普通の人ならば避けて通るだろう題材も、なずなさんの手に掛かればこんなに素敵な作品に。良い作品でした。
●芯のぶれない作家さんですね。左手の記憶に一票。
【 作者コメント 】
●今回は参加が2回だけとなりミソも頂けましたが復帰できて嬉しかったです。
「義手」というイメージの強い言葉のお題を頂き、却って物語が勝手に進んでくれました。パラリンピックの時期でもあったので、あれでいいのか これは違うのではないか イメージの膨らまし方には慎重になりました。
票を頂き、登場人物ともども喜んでおります。有難うございました!!

Mistery Circle Vol. 64 《 パラッツォ・ヌオーヴォの幽霊 》 著者:李九龍
【 読者コメント 】

●本当に好きで書いてるなって思えるシリーズですね。リュートの全能感が素晴らしい。

Mistery Circle Vol. 65 《 いきたい世界 》 著者:望月
【 読者コメント 】

●二次創作ではないかもだけど、もっちーがこう言う題材で書くのを見るのは初めてかなぁ。素晴らしかった。
●久し振りの参加ですね。お名前を見た時、とても嬉しかったです。なんか作風が学生時代の頃とそんなに変わってなくて、とても安心します。
【 作者コメント 】
●こんにちは、望月です。まさかオススメ賞をいただけるとは思わず、戸惑いが少々、それでもしみじみと嬉しさを噛み締めております。
該当記事のコメントにも書いたのですが、最近小説を書くことから少々遠ざかっておりました。小説を書くことがすごく久しぶりで、文章のパズルを当てはめて行くのが難しい。
15000字の文章を書くのにもすごく時間が掛かってしまって、若干悔いが残るところがあり、なかなか読み返せませんでした。
それでもやっぱり、難産なりに愛着も想いもあり、書けて良かったと思いました。
改めて、好いていただけることは幸せだなぁと思います。これ毎年言っている気がしますが、毎年そう思うんです……
読んでくださって、ありがとうございます。気に入ってくださって、幸せです。
ありがとうございました!

Mistery Circle Vol. 65 《 あいくるしい/エヴリデイドリーム 》 著者:知
【 読者コメント 】

●お久し振りにお名前を拝見しました。以前と変わらない作風で嬉しく思います。
●バトルシーンがナイス。
【 作者コメント 】
●コメントが必要になるほど票がもらえるとは思っていなかった。ありがとうございます(2年連続同じ出だし)
MCに参加していない間に色々練っていた話があって、今回のお題でその一つが使えると分かってより深く話を練って……
いざ書くぞとなってからそれを急遽、ポイと放り投げてできたこの話、毎度の事ながら書きたいのに書けなかったことが結構あります。
特に先輩と後輩関係のは削除に削除したので……その内に書きたいなぁ(そんなことばかり言っている気がする)



《《 ☆☆☆☆☆ 星五つ作品 》》 該当一作品

Mistery Circle Vol. 65 《 ~蕀の逆襲~ 》 著者:黒猫ルドラ
【 読者コメント 】

●だんだんこなれて来た感あるよね。いい感じ、いい感じ。
●もうこのシリーズ大好きです。今回最高。おかーさんが猫になっても戻っても病気でも、この家族は大丈夫。素敵です
【 作者コメント 】
●マジかwww
おう!ウチ、受賞してるwww
この作品は、ウチがコンディション悪い時に書いた作品なんで、文章が錯乱しています。
でも、受賞してうれしいです。



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


さてさて、残す所票の多い作品ばかりとなりました。
以降の作品の著者コメントは、リンクの先の“あとがき欄”にありますので、ちゃんと飛んで下さいねー。

……と? またしても内藤さんがいなくなりましたが、まぁいつもの事なのでほっときましょう。
ではでは、残り三作品、どうぞー!!!


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


《《 ☆☆☆☆☆☆☆ 星七つ作品 》》 該当三作品

Mistery Circle Vol. 61 《 世界が始まる五秒前 》 著者:鎖衝
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-477.html
【 読者コメント 】
●今年の中で一番好きな作品です! 架空世界の終末がにぎやかで楽しそうで、少し物悲しさが残る印象的なお話でした。
●カフェ○タみたいで面白かった。
●コミカルなのにどこか哀愁。素敵なラブストーリー(?)でした。


Mistery Circle Vol. 63 《 涅槃の子 》 著者:幸坂かゆり
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-478.html
【 読者コメント 】
●罪の意識も何も持たない彼女の存在は憧れ。彼女の本来の棲み家は涅槃。この世の決まりごとなど知る術もない。美とグロテスクを意識しました。お気に入りです。掌編よりも短い物語なのでぜひ読んで欲しいです。オススメ!
●性と死。そんなイメージのこの作品。綺麗なのにグロ。禁忌なのに惹かれる。こう言う脆さが実に素敵。秀作です。
●とても落ち着いた筆致でありえない世界をしっとりと描きあげてくれる筆さばきがすばらしい。美は残酷さを内包してこそ輝く、そしてその輝きを閉じ込める尺の短さがいつもとてもぴりっとしていていい。

Mistery Circle Vol. 65 《 ローレライの憂鬱 》 著者:李九龍
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-479.html
【 読者コメント 】
●こちらが、魂をとりこまれてしまうような幻想的な世界が全体を包んでいました。文章も神秘的で哀しい少女の存在もクライマックスもラストも完璧でした。九龍さんの新しい世界を見つけたような気がします。SF色が少なくとてもロマンチックで素敵でした。オススメです!
●このMCにおいてはまさに異端。主人公のリュート共々異端な作品だなと思います。
でもどこか一本芯の通る骨太な作品。作者が好きだからこそ続けていけるのだろうなと感じさせるそんなシリーズです。おすすめ。
●作者の力の入れかたの濃密さが圧倒的。そしてこの作品が抱えるロマンチシズムがまるで極上の絵画のように心に沁みました。どの登場人物にも血が通っていて、輪郭も骨格もしっかりしていて、描きたいことの真ん中をきちんと描けていると思う。ラスト、危うく魂を持っていかれそうになりました



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


伊闇「以上をもちまして、今年のオススメMCは終了でーす! 皆様お疲れ様でしたー! 乾杯ーーーっ☆」

天野「今年も一年お疲れ様でした。また来年、ここでお逢い致しましょう。尚、次回の参加受け付けは一月早々です。あんまり休めなさそうですね。w」

伍長「もちろん次回も、バトルロイヤルルールからね! 来年は更にグレードアップした作品を期待するわ! メリークリスマス!」

伊闇「それでは皆さん、私達はここでお別れです。メリークリスマス&良いお年を!」

一同「また来年もMCをよろしくねぇ~~~☆」















……ぷすすすすすっ♪

いると思った? いると思った?
もちろんいるよ。そんなこんなの、な~いとすとおかぁ~~~♪ きょほほっ♪

毎年言う事なんだけど、このオススメMC。
「この作品に一票」と、そんな心を込めて一票だけ入れてくれる方も多いんだよね。
なので、「たった一票?」とか言わずに、そんな一票を入れてくれているどこかの誰かに、「読んでくれてありがとう」と、「お勧めしてくれてありがとう」な感謝で見て欲しいよ。

ではでは行こうかな。
今年の最多票。大勢の方がオススメしたそんな作品。
良かったら、もう一回読んでみて欲しいね。
きっと素敵なクリスマスになると思うから。



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



《《 ☆☆☆☆☆☆☆☆ 星八つ作品 》》 該当一作品

Mistery Circle Vol. 65 《 つばめ さる 》 著者:pinksand
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-480.html
【 読者コメント 】
●夢中で読みました。漫画のコマのようにひとつひとつ思い浮かぶシーン。目鼻立ちや立ち姿まで映像化してしまう具体性と全体的に散りばめられた暗く蒸し暑い空気。序盤ではどこか自暴自棄な瑞希くん、必死に越えようとする健気な雀ちゃん、ずっと判っていた運命を否定したくて心をひた隠しにしていた瑞希くんの母親。それぞれが今にも張り裂けそうな感情の緊張感と不安を伴いながら、それでも潤いのある植物や自然の描写が希望の象徴に思えました。人間は軽く死ねるけど本当に力を出せばちょっとやそっとじゃ死なせないよ、そんなふうに不気味な現代の世の中にそっと投げかけてくれる静かな生命の奥深さ。とても素敵な物語でした。書いてくださってどうもありがとう!たくさんの方にオススメしたい!
●冒頭で傑作だと思った。そしてラストで唸った。さすが、畑違いとは言えども元プロ。技も熱意も全然違う。最高でした。
●今年大絶賛のアニメ映画と 内容は違えど 相手の運命を必死で受け止め変えようとする話で繋がる気がします。惹きつけ続ける勢いとか疾走感とか 外さないキャラの魅力とか満載です。拍手。



《《 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 星九つ作品 》》 該当一作品

Mistery Circle Vol. 61 《 人・体の万有エレキテル紀行 》 著者:白乙
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-481.html
【 読者コメント 】
●なんと言う世界観か。この設定とこの描写力には驚いた。完全にアイディア勝ち。
●アポストロフの実に適当(?)な台詞が奇妙な不安とユーモアを醸し出し、ラストに繋がるそのドラマ性を際立たせている。これは秀作。傑作。
●絶望しかない世界の中で、どうしてこんなに優しい物語を生み出せるのか。作者さんの心が垣間見れたような気がします。
●時々、「もうこれは続編が書けないだろう」と言う作品に出逢う事があるけれど、これはまさにそんな作品。これで完成形。素敵過ぎました。
●眠りと目覚めの繰り返しから入っていく世界の静けさとやさしさが、忘れられません。その繰り返しの間から見えてくるほころびと、ケーキとイチゴという記号がまた見事。世界の終末と永遠なる恋のはじまりを美しく描いた名作だと思います。





《《 グランプリ ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 星十四作品 》》 該当一作品

Mistery Circle Vol. 61 《 常世の長鳴き鳥 》 著者:pink sand
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-482.html
【 読者コメント 】
●これにはやられました。息つく暇もないぐらいに没頭して読み耽った。
●これぞまさしく大作! 素晴らしい作品でした、もうそれしかいえない。
●なんと言いますか、これはうかつにコメント出来ないクラスの傑作です。これはこのままどこかの公募に送ってもかなり良い所まで行けそう。むしろそうして欲しいぐらい。
主人公が途中で死んでしまうシーンなんか、まさに有り得ない展開じゃないですか。もうこれで物語進まないんじゃないのって思わせておいてからのあんな展開。素晴らし過ぎます。
●この原稿のおかげで編集が滞ったよ! 滞ったよっ! ここは匿名だから言えるんだけど、もはや編集とかしている場合じゃないなって感じで読み耽って、皆に迷惑掛けちゃった感じだよっ! だからあの時の遅れはボクのせいじゃないからね! ボクのせいじゃないからねってば!(敢えて匿名と言い張る)
●まんま一篇の美しい歌か詩のようです。映画を見ていたかのような錯覚を感じました。
●これ、物凄くコメントしづらいんだよね。批評とか出来るレベルじゃなく、敢えて言えるとしたら単なる読書感想文。なので俺はあえて一言。「最高だった」とだけ伝えておこう。
まぁ、本音で言うと、「覚えとけ」みたいな陳腐な捨て台詞になっちゃうので、敢えて大人な対応で黙っておく事にする。うふふふ。(←
●MC Vol. 61の、 常世の長鳴き鳥に一票です。タイトルを見ただけで、ぶわーっと情景がよみがえります。なんかむしろ、どこか海外の有名映画をまんまパクりましたって言われた方がかえって納得出来るような気がw








読者の皆様方にも、心からのMerryChristmas!
また来年のオススメMCをお楽しみに!

2016.12.25 MCスタッフ一同





● COMMENT ●

やはり、こうなりましたか。
いい物語ですし、よかったです。
なんて、後だしジャンケンみたく書いておきます

よいお年を

あ、しどーさんだ!良いお年をー!

編集作業、お疲れさまでした。2016年もとても素晴らしい作品を読ませていただけてありがとうございました。来年は少しお休み期間をいただくと思いますが、参加する際はまたよろしくお願いします。今年もお世話になりました。管理人様、作家の皆様、良いお年をお過ごし下さいませ。

一年間、編集に寸評にオススメMCと大変な作業をまことにありがとうございました。そしてステキな賞をありがとうございました。とてもありがたくもったいなく、一年の最後に大きなご褒美をもらえた気分です。読ませていただいた皆様の力作一つ一つ、とても勉強になりました。
年のせいか、世界で起きている人災天災のひとつひとつが心のひび割れに沁みこんでいつもどこかが痛くてたまらず、そんな自分を励ますために文章を書いていたような気がします。来年こそは皆々様にとって世界にとって自分にとっても、少しでもいい年になりますように!

pink sandさん、良いお年をお過ごしくださいませ。作者さまがこうして感想の感想を(?)コメントしていただけるのは管理人として(派遣だけどなw)洵に嬉しいことでございます。来年もよろしくお願い申し上げます。

管理人の皆さま 作家の皆さま 今年一年有難うございました。
今年はお題を頂きながら出だししか書けないという苦しい年でした。自分が何を書きたいのか解らない、どういう風に展開させていいのか解らない。でも参加できた2作については やっぱり書いていて楽しかったし 完結した時の嬉しさはひとしおでした。参加できなかった回はみなさんのを読んで何て凄いメンバーさんたちなんだろうと思い、ますます書けないや、と思ったものです。
それでも寸評やここで頂いた票に励まされ また参加できそうな気がしています。参加したいです。来年もよろしくお願いします。

なずなさん、
こんにちは!いつもすごい力強いのに力の抜けた(どないやねん)作品を読ませて下さってありがとうございます!僕があなたの評価まで書く立場になるとは思わなかったです。光栄です。らいねんも又よろしくお願いします!どうぞ良いお年をお過ごし下さいませ。

管理人の皆さま、作家の皆さま。
今年一年お疲れさまでした。そして、拙い自分の作品を読んでくださりありがとうございました。

管理人特別賞のみならず、様々な点で取り上げてくださったこと、本当に感激です。
同時に来年へ向けての意欲が沸々と湧いてきました。
期待に応えられるよう、さらに言えばそれ以上のものが作れるよう、これからも精進していきます。

皆さま良いお年を。来年もよろしくお願いします。

管理人の皆さま、作家の皆さま、こんばんは。
昨日仕事を収め、やっとゆっくり記事を読ませていただいております。
記事の編集、お疲れ様でした。

読んでいてつくづく、ここは何年経っても変わらず温かい雰囲気があるなぁと思い、無性に嬉しくなりました。
拙作にコメントをくださった方々、コメントからして学生時代の自分の文章を覚えていてくださったのでしょうかと、読んでいてなにやら恥ずかしく、同時にとても嬉しかったです。
それから、皆さまの作品も少しずつ読ませて頂いているのですが、直近でpink sandさんの常世の長鳴き鳥を読み終わった時、駅のホームでしばらく呆然としておりました……
のめり込んで、一気に読んでしまいました。こんな作品を書いてみたい。本当に、すごい作品をご馳走様でした……

今年最後のMCに参加させていただいて、楽しかったです。本当にありがとうございました!

今年も残り数時間ですが、皆さまどうぞ良いお年を。
来年もどうぞよろしくお願いします!^^


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/tb.php/483-9af4a894
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

3月18日(土)締め切りお題 «  | BLOG TOP |  » Mistery Circle Vol. 65 寸評

プロフィール

MC運営委員会

Author:MC運営委員会
このブログの八割は、カボチャで構成されております。

カテゴリ

Mistery Circle(メインカテゴリ) (37)
寸評 (27)
MCルール説明 (1)
お知らせ (33)
参加受付 (21)
出題 (32)
メールフォーム (3)
内藤クンのおもちゃの部屋 (8)
天野さんの秘密の部屋 (8)
Ms.伍長の黙示録の部屋 (0)
伊闇かなでの開かずの部屋 (4)
未分類 (26)
亞季 (2)
いつき (1)
伊闇かなで (2)
空蝉八尋 (4)
黒猫ルドラ (10)
ココット固いの助 (20)
桜井 (1)
桜朔夜 (1)
鎖衝 (11)
知 (21)
しどー (10)
瞬 (3)
白乙 (12)
すぅ (13)
すずはらなずな (27)
田川ミメイ (2)
辻マリ (14)
夏海 (3)
七穂 (1)
氷桜夕雅 (28)
ひとみん (4)
松永夏馬 (12)
望月 (8)
幸坂かゆり (19)
李九龍 (12)
りん (3)
ろく (1)
Clown (12)
MOJO (1)
pink sand (9)
rudo (8)
×丸 (3)
MC参加者に聞け (7)
Mistery Circle ヒストリー (1)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム