Mistery Circle

2017-08

Mistery Circle Vol. 67 寸評 - 2017.06.18 Sun

Mistery Circle Vol. 67 はこちらから
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-508.html

7月22日(土)締め切りお題はこちらから
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-509.html



yami.jpg





゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

《 魂の消滅 》 黒猫ルドラさん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-502.html
●そろそろ気が付いた感があるんだけど、これってもしかして実体験談?
なんかとても生活感あふれる展開でとても良かったわ。なんか理想そのままの結婚式の描写であっても良かった筈なのに、敢えてリアリティを出したのは正解かも知れないわね。
ところで、もしかしたらルドラさんも旦那さんにGPS付けてるのかしら?
まぁ、そこまで突っ込んで聞くつもりもないけれどね。
お疲れ様です。素敵な作品だったわ。(伍長)
●おっと、今回はなんだか華やかなりし展開なんだね?
敢えて結婚式の回にしたのは、何か理由あっての事だったのかな?
なんだかいつものドタバタ感も少な目で、どことなく大人し目な感じだったね。
なんかあとがきで嫌な事があったとか書いているけど、もう大丈夫なのかな?
今回もお疲れ様だよ。また次回もよろしくね。(内藤)
●鳥肌立ちました!最初の一行から最後の一行まで、ルドラさんの作品の中で今までにない世界を作り出していると思います。いつものようにテンポ良く進む会話劇ですがファンタジックでありながらどうしようもなく不安な現実を内包していてすごくリアリティがありました。結婚式というひとつのイベントがあり、それ以上は何も心理を描かず淡々と描写に徹する。けれどその少ない描写が逆に登場人物の深層心理を浮き彫りにしていると思います。素晴らしかった。イチオシです!(リュカ)

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

《 劇場版・終焉の騎士 DEAD END LINE 》 氷桜夕雅さん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-503.html

●おっと、なんだか日曜日の朝の番組枠みたいな感じですね。
相変わらず……と言っていいものかどうかは分かりませんが、話の始まりから盛り上げ方まで、とても良く考えられている上に、物凄く読みやすいです。特に、読者をどうすれば惹き付けられるかが良く分かった構成である事。ここが素晴らしいですね。
冒頭から散らばって行く伏線を、ラストまでに全て回収している部分もとてもグッド。特撮ヒーロー的な展開な上に、最後は更にパワーアップしている所なんか、個人的は凄く嬉しかったですね。
イチオシ、お送りさせて頂きます。素晴らしかったです。お疲れ様でした。(天野)
●読了後、最後に書かれた氷桜さんの言葉を読みましたが…そんなに自虐的なこと言わないでくださいよ。こちらは楽しく読ませていただいたのですから。珍しくシリアスでせつなさビーム満開来た!と思って心配になるくらいだったのにあとがきでまさかの姫乃お嬢様登場でこちらは深夜のテンションで拍手喝采だったのですわですわ(移った)青春小説眩しいじゃないですか。場違い感大いに結構じゃないですか。すべてが同じ世界なんて小説世界に一番似合わないことです。そして書きたい世界を自分でわかっていてそれを表現できるというのは重要なことだと思います。僕はこの小説エンタメ性抜群で最高だと思いました。イチオシ!(リュカ)
●結城ちゃんが好きです。(挨拶)
「変身」って、言わせちゃうんだ!? もうここ、ツボですよ。ツボ。w 何故かあたしの脳内では、デジモン進化なテーマソングが流れてました。w
とりあえずあたし的には、結城ちゃんが良いです! 素敵です!
作品の内容としては、なんつーかもうもう、ウケるであろうセオリーを踏襲した上で、更に自分らしい作品に仕上げている所。ここが素敵ですね。
主人公の新堂少年がなんとなく嫌な奴から始まり、次第に自分を取り戻して行く辺りも素晴らしいです。
そしてなんと言っても、結城ちゃんがいい!w かあいい!w
お疲れ様です! また次回もよろしくお願いしますね!(伊闇)

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

《 埋み火(うずみび) 》 幸坂かゆりさん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-504.html

●えろーーーい!!!(歓喜)
いえ、上手いですよ! とても上手いし、とても描写力に優れていて、とても面白く読めました!
でもでもやっぱり、エロ描写ぐっじょぶです! 乙女なあたしにはイマイチ良く分からない単語ばっかでしたが、すんげぇ生々しい部分も余す所なく描き込まれていて、とても興奮……いえ、感動しました!
でも、やはりと言いますか、常にアダルティックなお話しを書いているおねーさまだけありますね。生々しいのに全然嫌味が無い。物語の盛り上げの一要素として描かれているだけであって、とても素直に読み進められました。
主人公が作家で、ラストがそこに集約するような締め方も素敵です。
イチオシ贈呈です! またこう言うの書いて下さい!!!(伊闇)
●ご参加ありがとうございます。埋み火という言葉は初めて知りました。結構そのままズバリな性描写なので逆に色っぽさはないように感じました(すいません!)色っぽさより官能的かな?謎のままの彼女について主人公の「僕」が持論を展開していき、自分なりの解決を見出すのがとても幸坂さんらしいと思いました。重い話かと思いきや意外なユーモア展開で、とてもおもしろかったです!イチオシ!(リュカ)
●なんか性描写の事ばかりについて突っ込みが多いので、私は敢えてそこを除いて感想を。w
まず最初に、これはもしかしたらホラー要素の強い作品なのかしらと思ったのですが、あまりそう言う方向では無かった事に驚きでした。
なんかとてもノスタルジーな感覚でもあり、そして文学要素も強いこの作品。とても簡素でありつつ、その展開早さもさる事ながら、きっちりと集約されて詰め込まれている感が物凄く、さすがは幸坂先生だなと思った次第です。
とにかく一番大きな評価点は、いきなり、「穴埋め原稿お願い」と頼んで、その短期間でここまでの作品を仕上げたその才能。素晴らしいとしか言いようがありません。
他の二人がイチオシ出しているので、そこも敢えて私は避けておきますね。w
でも、個人的にはとても高評価でした。ありがとうございます。お疲れ様。(天野)

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

《 あにーといもーと 》 しどーさん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-505.html

●なんて意外性のあるラストでしょう!最初は読み進めるのが辛かった。サラリーのお仕事の怖さがこの「あにー」という名前のない主人公を壊してしまうのでは、と思っていたから。やられた!座布団さんm(違 読者側で「おい!良かったな!あにー!」と頭をグシャグシャッとしたくなりました。あとがきでに書かれている「不細工」という言葉の多さはここでは良い味を出していると思います。この物語にはとても似合っていて人間味を感じられる好きなシーンです。(リュカ)
●なんか冒頭の重たい描写から始まるの、凄いよね。ボク的にはこう言う始まり方はとても大好きなんだけどね。
あとがきにもあるけど、なんかボクは個人的に、今までで一番クトゥルーな雰囲気出ていたとか思ったよ。もちろん内容のほのぼのさは置いておいてね。
書き方、そしてこの展開。なんだかいつもとちょっと違っていて、凄く読みやすかったなぁとか思ったよ。今回は非現実的な部分を徹底的に削ぎ落しているせいかな? ボクと、他の管理人達も、この辺りが高評価だったね。
準イチオシ贈呈です。お疲れ様だよ。また次回もよろしくね!(内藤)
●おっと、今回のMC作品の中では、一番の読みやすさだったわね。
まず、冒頭に惹かれたわ。こう言う書き方から始まると、これからの展開に期待が持てる上に、どう進めても面白くなりそうな感じがするわね。
兄弟のお話し自体も良かったのだけれど、なんだかラスト一文に全てが込められていたような気がして、もうそこだけで拍手ものだったわね。
イチオシ贈呈よ。またこう言う、素敵な作品お待ちしてるわ。(伍長)

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

《 終点の氷細工屋 》 すずはらなずなさん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-506.html

●なんて優しい物語なのでしょう。物語の全編を通して、この作者の心が反映されているかのように感じます。
最初はなんだかちょっぴり胸が痛むシーンが所々にあったのですが、次第にその棘もまた気の利いたスパイスのような優しさに変化して行くようでした。
全体的にどこかレトロチックな雰囲気が漂っていて、なんだか一昔前の静かな洋画でも観ているような感覚。素敵でした。
かつてのなずなさんは登場人物と物語は全て一本の道で繋がっているかのようなストレートさがあったのに、なんだか最近はとても複雑で、そして登場人物も多く描かれている。なんだか進歩してますねぇ~って思いながら読んでおりました。w
準イチオシです。お疲れ様でした。(天野)
●なんとも不思議で、そしてどこか懐かしい感じのする作品でしたね。
なんだかいつかどこかで乗った事があったかのようなバス。そしてその終点。氷細工屋さん。更には登場人物達のほろりと来るような優しさ。なんとも全てがないまぜになって、素敵な作品に仕上がっておりました。
今回は締め切り前のなずなさんのパニック振りから、「今回は落とすかな?」なんて心配もしていたのですが、なんとか原稿が上がって良かったです。
あとがきにもちょびっと書いておりますが、もしかしたら今回の作品はなずなさんの幼き頃のワンシーンなんかもあったのでしょうかね。
お疲れ様でした。また次回もよろしくお願い致します。(伊闇)
●爽やかな読後感でした。鼻っ柱の強い主人公とめげない家政婦のやりとりで始まる序盤に、いいぞ!もっとやれ!と思いました(笑)大人のような少女というのはせつない存在ですよね。少女のままでしかいられなかった彼女と脆くて繊細な氷細工は化身のようで印象的でした。強弱の少ない独特のなずなさんの筆致と、大人の口調で話す少女の台詞が美しくてこれぞ声に出して読みたい日本語、もとい、お話だと思いました。初夏に似合う素敵な物語でした。そしてあとがきにてなずなさんの動揺している姿が目に浮かび、そこもまたいとおしさを感じました(大変だったというのになんかすいません!)(リュカ)

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

《 Nonetheless,dear my sister. 》 ×丸さん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-507.html

●こーゆーの、待ってたよ!!!(興奮
エロいね、エロいねっ! もう本当に興奮モノだねっ! いやいや、興奮するのはエロ描写じゃなくて、今までこのMCでは誰も書かなかったであろう程にどっぷりと性的描写に迫っている。もうここに僕は感動を覚えたねっ!
しかもこの作品、百合とかエロとかに特化したものじゃなく、ラストなんか読者が眉を顰めそうなぐらいの嫌悪的終わり方。ボクはもうこれに参ったね。こう言う教育上よろしくない作品を提出してくれた事、とても感謝しているよっ!
あとがきでは、「好き放題に書けた」とか言ってるけど、なるほどねとボクは思ったね。
読者によっては嫌な印象しか残らない作品になるかもだけど、それでもその人の心にはずっと残り続ける。こう言う部分がとても大事だよね。
ある意味、とても野心的な作品でした。もちろんボクは、この作品に“イチオシ”贈呈だよっ!
お疲れ様だねっ! また次回もよろしくねっ!(内藤)
●いやぁ~~~ん、またえろいのが来た! かなで、困っちゃう~☆
いや、この作品とてもいいですよっ! 内容はとても流動的で、一転二転しながらどんどん違うストーリーが紡がれて行く。で、ありながら、どこか共通する“倒錯”と、“狂気”めいた空気がなんとも素晴らしい。
特にラストで犯人の書き残した手記で締められている所。ここはもう、垂涎な描写力でした。
とてもとても、良かったです! イチオシ贈呈です!
また次回も、こんな力作お願いしますね! お疲れ様でしたー!(伊闇)
●最初の一行から既に「危うさ」に満ちていてこれはどんなふうに進行して行くのだろうと不安なまま読みました。小説の文面と言うよりは研究者の論文のようで冷静さが光っていたと思います。なのに湿度がある。怖かったです。絶頂と死は紙一重だと言うのをひしひしと感じました。この「妹」の存在の不穏さと「姉」の明るさの対比がもろに光と闇でしたが…まさかの展開。絶句。あとがきに書かれているようにストーカーの加害者に性別は関係ないと僕も思います。誰でも好きな人は独占したい気持ちを少なくとも持っていてどこからその想いが溢れてしまうかなんて誰にもわからない。加害者の近所へのインタビューなどで「そんな人に見えなかった」という意味のなさ。とてもメッセージ性を感じました。すごい作品でした。(リュカ)

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜



あ、どうもどうも~。管理人零号機、伊闇かなでです。
色々とバタバタしておりまして、寸評の方、かなり遅れてしまって申し訳ありません。

さて次回のお題は、ココットさん指名ですずはらなずなさん。
なんでも、素敵な言葉を用意してくれそうなのでと言う理由でのバトンでした。

残す所、次の締め切りも後一カ月程ですが、皆さん進んでおりますでしょうか?
それではまた次回、お逢い致しましょう。
伊闇でした~☆


● COMMENT ●

管理人の皆さま、寸評お疲れさまでした。
もったいない言葉をいただき、洵に感謝しております。精進します。読まれてなんぼの世界ですから!私もすべての作品を読ませていただきました~。個性がありすぎて(笑)おひとりおひとりの感想が書けないです~( д )でも何だか文学雑誌を読んでるみたいで嬉しいです。では次回のお題でお会いしましょうー♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/tb.php/511-d101743d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

締め切り延期はいかがですか «  | BLOG TOP |  » 7月22日(土)締め切りお題

プロフィール

MC運営委員会

Author:MC運営委員会
このブログの八割は、カボチャで構成されております。

カテゴリ

Mistery Circle(メインカテゴリ) (39)
寸評 (29)
MCルール説明 (1)
お知らせ (35)
参加受付 (23)
出題 (34)
メールフォーム (3)
内藤クンのおもちゃの部屋 (9)
天野さんの秘密の部屋 (8)
Ms.伍長の黙示録の部屋 (0)
伊闇かなでの開かずの部屋 (4)
未分類 (27)
亞季 (2)
いつき (1)
伊闇かなで (2)
空蝉八尋 (4)
黒猫ルドラ (12)
ココット固いの助 (21)
桜井 (1)
桜朔夜 (1)
鎖衝 (11)
知 (21)
しどー (12)
瞬 (3)
白乙 (12)
すぅ (13)
すずはらなずな (29)
田川ミメイ (2)
辻マリ (14)
夏海 (3)
七穂 (1)
氷桜夕雅 (30)
ひとみん (4)
松永夏馬 (12)
望月 (8)
幸坂かゆり (21)
李九龍 (13)
りん (3)
ろく (1)
Clown (12)
MOJO (1)
pink sand (9)
rudo (8)
×丸 (4)
MC参加者に聞け (7)
Mistery Circle ヒストリー (1)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム