Mistery Circle

2018-11

第九回 オススメMC & MerryChristmas - 2017.12.25 Mon

第九回 オススメMC & MerryChristmas



オススメMC2017






寒い朝、白い息を吐き出しながら、気分は放射火炎なゴジラのそんなあなた。

大丈夫です。
そんなあなたを応援します。

”オススメMistery Circle 2017”



yami.jpg



と言う訳で、とうとう今年もこんな時期になってしまいましたね。

あの人にもこの力作を読んで欲しい。
みんなにもこの作品を知って欲しい。
そんな願いから生まれましたこの企画。
総合司会は私、MCアイドル担当、管理人零号機の伊闇かなでです。
でも特に歌いません。

♪リメンバー


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

《《 2017 オススメMC 司会進行表 》》

(1) メンバーさん挨拶
(2) 管理人一同挨拶
(3) ナイスタイトル賞発表
(4) ナイスキャラクター賞発表
(5) ナイス名台詞賞発表
(6) 管理人特別賞発表
(7) 総合オススメ賞発表


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


と、まぁ、ざっとこんな感じで司会進行っ!
そんな年々、大雑把!w

ではでは、行ってみましょうっ!
まずは恒例になりました、今年一年MCを支えてくれましたメンバーさん達の挨拶からっ!



【 メンバーさん挨拶 】



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


すずはらなずな

2017年 今年もお世話になりました!!
この居場所があって締め切りがあって、書いたものを読んでいただける、それだけで どんなに日々が豊かになることでしょう。書いていない間 PCを開けても、何をしているかというと無益なゲームだけの気がします。

MCに、管理人様に、仲間の皆さまに 心より感謝して、今年を見送り、来年を迎えたいと思います。今後ともよろしくお願いいたしますね。



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜




今年は一回も提出できなかった……
ネタは思い浮かぶのだけど筆が進まない。今年はスランプにはまってしまいました。
来年は何とか提出したい……



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


氷桜夕雅

はぁーい、颯爽と現れるクールビューティー、氷桜夕雅だよ☆
えー今、「でも、おじさんじゃん!」と言ったリュカ君、廊下に立ってなさい!!
さておき、よくよく思えば二年ほどMCから離れていて今年復帰したわけですが気がつけばなんかいつも通りな感じに
落ち着いてしまっている辺り、居心地の良い場所だと思いますMCってのは。
締め切り前になると血反吐吐きそうになるんですけどねーなんかこう締め切りがないと一切書かないですからねー
来年も好きあらば大好きなメイドさんがでる作品を書こうかなぁーどうかなー書けるかなー?な感じで
皆々様よろしくお願いしますですわですわ♪



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


黒猫ルドラ

今日は。黒猫ルドラです。このMCも二年目かな?ボチボチ書いて行きますわ。



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


pink sand

わたくしpink sandは2017年は自分のカウントに間違いがなければ二作しか送れませんでした。入力出力、ともに足りなかった年です。言い訳をするならば、「猫四匹は多すぎる」「片っ端からケガや病気をされると生命力とお財布ごと持ってかれる」いやいや、たあくさんの動物たちを世話してなおかつ想像力旺盛な人はいますよね。今年はまず、書くより読むから始めよう!と思ってます。特にMC作品。まだコンプリートしてません。ときどき脳みそがストップする病がまた頭をもたげてきているんです。地道に、地道に。一歩一歩を大切に。しているうちに眠ってしまったならば、蝶々の囁きに耳を止める聴力が残っていますように……



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


幸坂かゆり

今年もあっという間の一年でした。
昨年は確か自分にしては書き過ぎてエネルギー0になったんでした。
しかし、新たな物語が生まれたのを思うと、人間って休むと復活するんだな、と言う、
非常にシンプルで最も大切なことを思い知ったようでした。
2017年は新しいメンバーの方も入り、私はかなり古株になったのだな、と、
今でも新人面しそうな自分に喝を入れなければなりません(笑)



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜




一作しか提出出来なかった……。
来年はもっと頑張ります。どうもありがとうございました。



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


辻マリ

はじめまして、もしくはお久しぶりです。
たまに通りすがる白衣の天使的な何かです。2018年はより一層の職務的研鑽と、猫を我が家にお迎えする事を目標に頑張っていこうと思っています。
猫は良いです。心がふんわりします。そんな若干腐った白衣の何かです。よろしくお願いします。



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


しどー

今年は一度、締め切りに間に合いませんでした。しかし、みなさんの物語に触れ少しずつ携帯小説の書き方から離れていけた気がします。まだ少し年末も残ってますが、来年もよろしくお願いします。



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


×丸

管理人さま、そして参加者の皆さま、2017年も大変お疲れさまでした。
というか見返すと自分は今年1作品しか出展していませんでしたね……来年は頂いたお題にきちんと応えられるよう精進していきますので、どうかお付き合いいただけると幸いです。
良いお年をお迎えくださいm(_ _)m



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


雨降るシン・カイチ少尉

皆さんお久しぶりです、皆様の作品、非番の時に読むのが日課となりつつある雨降るシン・カイチ少尉です(`・ω・´)ゞ
今年は一作品しか投稿できませんでしたが来年はもうちょっと書けたらいいかなぁ、と思う次第であります!!(`・ω・´)ゞ



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


はーーーい! メンバーさん挨拶でしたー!
どうもありがとうございますっ!

それでは続きまして、MCのカボチャさん達……じゃなくて、管理人さん達からのご挨拶で~す!
あたしにもちゃんとマイク回してねっ!


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


管理人初号機 night_stalker(内藤)

やぁやぁやぁ、とうとうこの季節になっちゃったね!
またこうして皆さんとクリスマスを迎えた事、嬉しく思うよっ!
来年の目標は、もっと多くの新規参加者さん募集って感じかな。
頑張ろうね、頑張ろうねっ!



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


管理人弐号機 天野真理

どうも、管理人弐号機の天野真理です。
最早、メールフォームの更新しかやらないのが当たり前になった気がする今日この頃。気のせいではないね。
裏では色々あったみたいですが私の出番はなかったので気にしない事にしておきます(意外かもしれませんが基本的に私は面倒くさがりです)
さて、来年はどんな一年になるのでしょうか。何はともあれ、来年もよろしくお願いします。



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


管理人伍号機 アンヂェラ伍長

ノイズ担当、管理人伍号機のアンヂェラ伍長よ。
今年も一年、お疲れ様ね。
来年も、思わず「SUGEEEEEEEE!!!」って叫んじゃうような作品をお待ちしているわ。(コピペ)



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


管理人零号機 伊闇かなで

今年はあたしも寄稿したんですよ~っ! ほめて、ほめてっ☆
来年も一本ぐらい書けたらいいなぁ~なんてね。
ではでは皆さん、来年もよろしくお願いしますね~♪



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


派遣管理人 リュカ

こんにちは。
この度、管理人補佐となりましたリュカと申します。MCでは寸評、ツイッターアカウントにてMCの報告、情報などを発信しております。今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。ツイッターアカウントはこちらです。 →
https://twitter.com/lucascahier


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


ハ~イ、管理人挨拶でしたっ!
ではでは続きまして、いよいよ! 各賞の発表へと移らさせていただきま~す!

まずは“ナイスタイトル賞”
マイク代わりまして、アンヂェラ伍長さんの司会にて進めさせて頂きまーす!


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


伍長「Everybody say HOOOOOOOOOOOOOO!!!
次第にシャウトの方向性が変わって来た気がするけどまぁいいわ。
まずはナイスタイトル賞からよ。思う存分、自身の作品名を探しなさいっ!」




【 ナイスタイトル賞 】

2017年度掲載作品の中で、印象の深かったナイスな作品タイトルに贈られる賞。



【 一位 】 該当一作品  ☆☆☆☆☆☆(星六つ)

Mistery Circle Vol. 69 《 灰狼の自鳴琴 》 著者:氷桜夕雅
【 読者コメント 】

●文句なしに素敵なタイトルです。氷桜さんのタイトルはどれもセンスが光っていて読む前から期待感大。
●オルゴールって漢字にするだけでちょっと格好いいなぁと、思いました。
困ったらなんでもかんでも漢字にしてみよう、そうしよう。と、著者本人の感想です。
●自鳴琴いいねぇ。今度、自分の作品でも使ってみようかなとか思った。
【 作者コメント 】※リンク先あとがき欄にてコメント掲載しております。
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-568.html



【 二位 】 該当四作品  ☆☆☆☆☆(星五つ)

Mistery Circle Vol. 66 《 ラプンツェルの帰還 》 著者:すずはらなずな
【 読者コメント 】

●いつも素敵なタイトルをつけられる作家さんですが「今回はこのタイトルでこの書き手さんだから」という読者の先入観で物語を読むといい意味で裏切られます。いい物語は題名から既に始まっているというお手本のようなタイトル。秀逸すぎます。
●内容とのギャップがまた良い。

Mistery Circle Vol. 67 《 埋み火(うずみび) 》 著者:幸坂かゆり
【 読者コメント 】

●意味は知ってはいたけれど、こうして良質な小説のタイトルに使われると、灰の下の赤く燃えるチロチロした色彩までが目に見えるようです。
【 作者コメント 】
●どうもありがとうございます。水の物語に火は変かなと思いましたがずっと心の中に燻っていた言葉だったのでとても嬉しいです!

Mistery Circle Vol. 67 《 終点の氷細工屋 》 著者: すずはらなずな
【 読者コメント 】

●きれいだな、と。
●オススメMC開催のお知らせにまんま同じこと書いてあるんですけどタイトルのセンスが素晴らしい。なずな先生の作品はどれもタイトルでグッとくるのが多くて素敵です。
●「終点」ってのがまた、想像を掻きたてます。

Mistery Circle Vol. 70 《 十三夜の人魚 》 著者:幸坂かゆり
【 読者コメント 】

●センスの良いタイトルは、もうそれだけでドキドキしますね。
●読む前から色んな想像を掻き立ててくれる。素晴らしい。
【 作者コメント 】
●十五夜ではなく十三夜にしたのがミソです(すいません)どうもありがとうございます。すりガラスのような月に乾杯!



【 三位 】 該当二作品  ☆☆☆☆(星四つ)

Mistery Circle Vol. 69 《 棺 》 著者:雨降るシン・カイチ少尉
【 読者コメント 】

●絶対にホラーだと想定してからのこの裏切りっぷり!(笑
●長かったり凝ったタイトルが多い中、潔いのがまた良いです。止まったエレベータの中での二人、しりとりがカギ。「地下に埋まったエレベーターという名の鉄の棺にいるようなものです」このセリフと併せて タイトルが効いてきます。(「ナイス台詞賞」かなと思いつつ、こっちで一票)

Mistery Circle Vol. 70 《 forget me not 》 著者:pink sand
【 読者コメント 】

●読み手に冒頭から様々な物語を期待させるタイトルです。しかも話の終盤に重要な意味を持ち再びこの言葉を読者が目にする時驚きは深い感銘と満足感に変わり心に刻まれます。素晴らしすぎる。良いタイトルのお手本ではないでしょうか。
●物語を読んでもう一度見た時の鳥肌加減のすごさ。



【 四位 】 該当二作品  ☆☆☆(星三つ)

Mistery Circle Vol. 66 《 忘れ雪の知らせ 》 著者:×丸
【 読者コメント 】

●センスがいいですね。タイトルに季語(?)が入っているだけで、冒頭の描写がいくらかカット出来るもんなんだなって思いました。

Mistery Circle Vol. 66 《 さよなら、私の夏時雨 》 著者:白乙
【 読者コメント 】

●叙情的で景色が目に浮かびます。



【 五位 】 該当四作品  ☆☆(星二つ)

Mistery Circle Vol. 67 《 魂の消滅 》 著者: 黒猫ルドラ

Mistery Circle Vol. 68 《 巻き戻しは走馬灯のように 》 著者:李九龍

Mistery Circle Vol. 69 《 トーキョー・仲之町プロパンガス行進曲 》 著者:伊闇かなで

Mistery Circle Vol. 70 《 my dear friend 》  著者:氷桜夕雅



伍長「以上でナイスタイトル賞の発表は終わりよっ!
やはり毎年の事ながら、この賞でノミネートされるのはなずなさん作品が多いわね!
来年は、タイトルのみでイチオシを取る程のインパクト作品をお待ちするわねっ!」



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


ハイ、ナイスタイトル賞の発表でした~!
伍長さん、お疲れ様っ!
ちなみにあたしは、《 埋み火(うずみび) 》、《 終点の氷細工屋 》、《 忘れ雪の知らせ 》に一票投じさせていただきました。

それでは続きまして、“ナイスキャラクター賞”の発表です。
天野せ~んぱい。よっろしっくねぇ~~~☆


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


天野「キャビアが取れる事で有名なチョウザメですが、実はあの魚、サメではなくて淡水の古代魚なのですね。
皆さんこんにちは。MCの雑学担当、天野です。
それでは早速、発表に移らさせて頂きます。
ナイスキャラクター賞、どうぞーっ!」




【 ナイスキャラクター賞 】

2017年度掲載作品の中で、印象の深かったナイスなキャラクターに贈られる賞。



【 一位 】 該当二作品  ☆☆☆☆☆☆(星六つ)

Mistery Circle Vol. 68 《 夏のワルツ~サティさんの話をしよう 》 著者:すずはらなずな
“サティさん”
【 読者コメント 】
●キャラクターといっていいのかどうか、まさにこの小説の主人公であり、軸であるので。でもこのサティーさんがとても好きです。泣きそうになるくらい好きになりました。この小説、中編~長編にしてほしい。1冊の本として読みたいです。
●いつか私が描きたかったような、そんなキャラ。軽く嫉妬を覚えました。
【 作者コメント 】※リンク先あとがき欄にてコメント掲載しております。
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-569.html


Mistery Circle Vol. 69 《 ツンデレ武将がやってきてラブコメになるとおもいきや俺が征夷大将軍になっていた 番外編その3 》 著者:氷桜夕雅
“北条政子”
【 読者コメント 】
●今年はあとがきのみの登場なのですね。
●出て来てないけど、名前だけあったので一票w
●今回の暴れっぷりも凄かった!(笑
【 作者コメント 】※リンク先あとがき欄にてコメント掲載しております。
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-570.html



【 二位 】 該当三作品  ☆☆☆☆☆(星五つ)

Mistery Circle Vol. 68 《 メイド服とおまじない 》 著者:氷桜夕雅
“音瀬四葉”
【 読者コメント 】
●妹よりも小さいお姉さんで面倒見が良くてお酒も付き合ってくれるこういうメイドさんが欲しかった。
●小っちゃくてエロいおねーさんは男の憧れですね。べろちゅーシーンに一票w
【 作者コメント 】
●年上の面倒見のよいお姉ちゃんで見た目合法ロリとかたまらんよね?ね?
この作品自体何年も前からブログで連載していまして、でも殆ど更新してなかったんですよ。
にも関わらず今年、ひょんなことから四葉ちゃん他を気に入ってくれてイラストまで描いてくれた方がいたおかげで凄いモチベーションが上がってついにMCにまで登場することになるとは思ってもみませんでした。
お・に・い・さん的にはこういうお酒を一緒に付き合ってくれるおなごは好きですね、大体今まで付き合ってた子は酒が弱くてなんか知らないけど名探偵コナンが好きで全員10月30日生まれという(以下愚痴なので略

Mistery Circle Vol. 69 《 トーキョー・仲之町プロパンガス行進曲 》 著者:伊闇かなで
“タイジュ”
【 読者コメント 】
●読み人によるんだろうけど個人的に一番感情移入してしまうのはタイジュ。
作品を成功させるためにどんどん自分の出番を減らしていくという自己犠牲の精神が凄く良い。
●今の世の中に、こう言うひとが欲しい。そんな感じの素敵な経営者さん。でも本編では賃金未払い。
【 作者コメント 】
●モデルはスマートブレイン社の社長です。そうそう、映画では首しか出て来なかったあの人です。w
皆が皆、とても個性的で好き勝手する物語を書きたかったので、そのまとめ役ってな感じで出したのですが、不思議と一番ウケが良かったみたいですね。
タイジュと言う名前はそのまんま、大きな樹って感じです。
もう続編を書くつもりは一切無いのですが、いつかまた機会があれば、こんなキャラクターを創造してみたいですね。今回はタイジュを推してくれてありがとうございました。

Mistery Circle Vol. 70 《 forget me not 》 著者:pink sand
“ラスティ”
【 読者コメント 】
●むっちゃ恰好いいです。
●好きじゃ!
●指を鳴らしただけで目標物が火を吹いたり、剣を振り上げるだけで稲妻がとどろいたりする昨今の創作事情の中で、やはり読み手がすんなりと受け入れてくれるであろう特別なキャラクターは、こんな感じの特別さなんだと言う事を実感。日常の中の非日常が入り込んだだけで、物語は凄くリアリティを持つものなのですね。
それが大成功しちゃってるのがこの作品のラスティさん。敢えてこの名前の不自然さについて言及していない所も素敵です。
【 作者コメント 】
●性別や能力見ると異世界ものとかヒーローものとかに出てきそうな特殊な造形だけど、現代劇でこんなの受け入れていただいて嬉しいです。正直、この人の決断と動きをキーにして難儀な話を進めたので作者からも頑張りに感謝。



【 三位 】 該当一作品  ☆☆☆☆(星四つ)

Mistery Circle Vol. 70 《 蛇孔の杭 -香港島の長い雨- 》 著者:李九龍
“リュート・D・クロフォード”
“李九龍”

【 読者コメント 】
●ルール違反だか何だか知らないけどわたしのあこがれの幻の城でこの名前で八面六臂の活躍をする図々しい主役兼著者を推さぬわけにはいくまい!
●リュート作品で初めてのキャラ推し作品。遊んでる感が満載で笑えました。



【 四位 】 該当四作品  ☆☆☆(星三つ)

Mistery Circle Vol. 66 《 さよなら、私の夏時雨 》 著者:白乙
“八尺様”

Mistery Circle Vol. 67 《 劇場版・終焉の騎士 DEAD END LINE 》 著者: 氷桜夕雅
“結城紗希”

Mistery Circle Vol. 69 《 棺 》 著者:雨降るシン・カイチ少尉
“渚”

Mistery Circle Vol. 70 《 蛇孔の杭 -香港島の長い雨- 》 著者:李九龍
“深静”



【 五位 】 該当十二作品  ☆☆(星二つ)

Mistery Circle Vol. 66 《 銀蠅 》 著者:pink sand
“彩芽とタカちゃん”
【 読者コメント 】
●むっちゃキュンとする
“ぎんぎら大将”
【 読者コメント 】
●名前が良いですね。

Mistery Circle Vol. 66 《 忘れ雪の知らせ 》 著者:×丸
“里桜”

Mistery Circle Vol. 66 《 Bell Micha – ベル・ミカ - 》 著者:瞬☆ザ・アフロモヒカーナ(スーパーDQN)
“ベル&ミカ”
“カホ”

【 読者コメント 】
●なんかカッコイイ女の子で。

Mistery Circle Vol. 67 《 埋み火(うずみび) 》 著者:幸坂かゆり
“少女”

Mistery Circle Vol. 68 《 迷宮 》 著者:幸坂かゆり
“葵さん”
【 読者コメント 】
●私にとって作者のかゆりさんのイメージです。ふわっとしてるのに凛としてて。はかなげで。

Mistery Circle Vol. 68 《 メイド服とおまじない 》 著者:氷桜夕雅
“羽田ミサ”
【 読者コメント? 】
●誰?と言われそうだけどいつも小説のイラストを描いてくださる方のオリジナルキャラクターを勝手に出したんですね、はい。
本編には一切書いてないけどやたらセクシーな格好しているのにものすごく真面目で良い子なんですよ。これを文章で伝えれない著者はダメダメですね、私のことですけど。

Mistery Circle Vol. 69 《 茉莉花の家 (さかなの目6) 》 著者:すずはらなずな
“とおるさん”
【 読者コメント 】
●本作だけでなく、なずなさんの作品に登場する、ちょっとこまったお父さん。本作でも存在感を発揮してくれています。こまった人だけどけして憎めない人。まさにナイスキャラクター!

Mistery Circle Vol. 69 《 元バス王子と止まらない欲望の電車(完) 》 著者:ココット固いの助
“柴崎薫ちゃん”
【 読者コメント 】
●シリーズものなので どの回とかじゃなく投票したいです。いいキャラだと思います。

Mistery Circle Vol. 69 《 トーキョー・仲之町プロパンガス行進曲 》 著者:伊闇かなで
“ノゾム”
“ユウキ”


Mistery Circle Vol. 70 《 十三夜の人魚 》 著者:幸坂かゆり
“私”

Mistery Circle Vol. 70 《 forget me not 》 著者:pink sand
“柴山小鉄”

Mistery Circle Vol. 70 《 no body 》 著者:黒猫ルドラ
“創造神ルドラ”
“和葉・聡・光博・景太”

【 読者コメント 】
●蕀の周りの人たち(猫たち)が皆 大好きです。チームワークが素敵



【 六位 】 該当四作品  ☆(星一つ)

Mistery Circle Vol. 67 《 十二方姫の奴隷騎士 》 著者:氷桜夕雅
“姫乃さん”
【 読者コメント 】
●かわいいかわいい

Mistery Circle Vol. 68 《 メイド服とおまじない 》 著者:氷桜夕雅
“リチェルカーレ”
【 読者コメント 】
●色んな作品に登場していて嬉しいです。w

Mistery Circle Vol. 67 《 埋み火(うずみび) 》 著者:幸坂かゆり
“お手伝いの千代子さん”
【 読者コメント 】
●このように年を重ねたい。

Mistery Circle Vol. 69 《 トーキョー・仲之町プロパンガス行進曲 》 著者:伊闇かなで
“コウ”
【 読者コメント 】
●本当は登場人物全員に☆をあげたいんだけど、あえて自分に似ている(と、思ってる)コウ君に一票。
あのちょっと捻くれた、でも夢を理性で抑えようとしているけれど……心の隙間から少しづつこぼれてきてる感じがとてもいいですね。



天野「なんかちょっとだけ想像した通りに、北条政子さんノミネートでしたね。w
来年はこれを越えて行くキャラクターの到来、お待ちしております」



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


ハイ、ナイスキャラクター賞でしたっ! 天野先輩、お疲れ様ですっ!
ちなみにあたしは、サティさんと、四葉ちゃんに一票入れました。w
どうでもいいんですが、あたし的には毎年、総合オススメよりはこちらの賞が楽しみなのです。皆さんはいかがでしょうか?

続きましては、ナイス名台詞賞!
マイクはそのままっ! 伊闇が担当しま~す!


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


伊闇「この賞は、なぁんとなく心に留まってたり、感銘受けたりしたナイスな台詞にぱしーんと一票叩き付けちゃうと言うそんな賞。
ではでは発表させていただきま~す☆」




【 ナイス名台詞賞 】

2017年度掲載作品の中で、印象の深かったナイスな名台詞に贈られる賞。



【 一位 】 該当一作品  ☆☆☆☆(星四つ)

Mistery Circle Vol. 70 《 no body 》 著者:黒猫ルドラ
「私は創造神ルドラ。」
【 読者コメント 】
●こんな台詞書けない。誰が勝てますか?
●単刀直入過ぎる台詞に大拍手!w
【 作者コメント 】※リンク先あとがき欄にてコメント掲載しております。
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-571.html



【 二位 】 該当二作品  ☆☆☆(星三つ)

Mistery Circle Vol. 66 《 銀蠅 》 著者:pink sand
「おまえには渡さん! 誰が渡すか、この子はわしの子じゃ。帰れ、おまえのいたところへ帰れえっ!」
【 読者コメント 】
●この台詞の中にどれだけのことが凝縮されていることでしょう。多くの説明をせず、これでキメる、卓越した表現力にほれぼれします。
【 作者コメント 】
●このおばちゃんの一番の見せ所で、少年が救われる一場面でもありました。選んでくれてありがとうございます。

Mistery Circle Vol. 70 《 蛇孔の杭 -香港島の長い雨- 》 著者:李九龍
「多分、どの時代に生まれても人生は楽しい。そこに人類の過去がある限り、人の想像は果てしない」
【 読者コメント 】
●哲学台詞はリュートの醍醐味!
【 作者コメント 】
●いや、俺の本音を書いただけなんで。特に。別に。(ツンデレ?)



【 三位 】 該当四作品  ☆☆(星二つ)

Mistery Circle Vol. 67 《 埋み火(うずみび) 》 著者:幸坂かゆり
肉体を持たなければ生きていないと言うのか? 僕は決してそうは思わない。記憶こそが生命そのものだ。
【 読者コメント 】
●そう思いたい日もある……(ウィスキーを片手に)

Mistery Circle Vol. 67 《 Nonetheless,dear my sister. 》 著者: ×丸
「ああ、泣いている間だけは私は救われる」
【 読者コメント 】
●多少と言えないレベルで病んでる今の自分にはあまりに心の形にピタリとはまる言葉でした。

Mistery Circle Vol. 68 《 迷宮 》 著者:幸坂かゆり
「でも土葬ってタイムカプセルみたいでいいじゃない」
「あばく気ですか」

【 読者コメント 】
●この男女の会話を読んでどんな物語を連想するか。恋愛?ホラー?サスペンス?すべての予想は覆されます。台詞や冒頭の書き出し、文章の一つ一つが素敵な作家さん。勿論この作品も読んで後悔しない素晴らしい作品です。

Mistery Circle Vol. 69 《 ツンデレ武将がやってきてラブコメになるとおもいきや俺が征夷大将軍になっていた 番外編その3 》 著者:氷桜夕雅
「べっ、べつにワクワクしてなんかないんだからねっ!」
【 読者コメント 】
●アトス・ポルトス・アラミスの三銃士相手に大立ち回りをしながらも、単身余裕でなぎ倒しつつ、頬を赤らめながら恍惚の表情でツンデレしている北条政子さんの台詞に一票をあげたいねっ!



【 四位 】 該当四作品  ☆(星一つ)

Mistery Circle Vol. 66 《 色読のタマ 》 著者:黒猫ルドラ
タマの身は滅びているが、この魂は猫達と共に色読に留まる。
【 読者コメント 】
●基本はお題の改変ですが、物語自体をふんわり読ませておいて、最後のこの一行。怪談風味が堪りません。

Mistery Circle Vol. 66 《 忘れ雪の知らせ 》 著者:×丸
大事なものを失う無念さがどうにもならないことを私は、知っている。

Mistery Circle Vol. 66 《 さよなら、私の夏時雨 》 著者:白乙
「ママ、どうしたの?」
「なにが?」
「おめめ泣いてる」

【 読者コメント 】
●不思議で静かな世界から 苦しい記憶へと物語が展開し全て解った後の 目覚めのラストシーンの一連の、会話が好きです。現実って温かいなぁとほっこりしました。

Mistery Circle Vol. 68 《 夏のワルツ~サティさんの話をしよう 》 著者:すずはらなずな
「アスファルトの上で死んだカマキリは、花の傍にそっと移した。鳥は羽を一枚風の中に飛ばし、飛んでいくのを見送った後、銀杏の木の下に埋めた。」
【 読者コメント 】
●子どものころからずっと幻視してきた、そんな既視感のある風景に心震えました



伊闇「やぁ、個人的にもpink sandさんの《 銀蠅 》には色々と感動しました。
やはり話にドラマ性を持たせられる作家さんは強いですね。
ナイス名台詞賞でした~!」



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


さてさて、残す部門もあと二つっ!
皆さんお待ちかねの総合オススメ賞の前に、ここいらでちょいとばかし、管理人特別賞でもいいじゃな~い?

こちらはヒヨっこ管理人、リュカ君にお願いしてみますねっ!
噛んだらデコピン☆


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


リュカ「え……えと、えと……なんの打ち合わせもなく僕が司会ですかぁ?(泣)
か、噛んだらデコピンって……えと、あの……(指折り数え数え)」




【 管理人特別賞 】

2017年度掲載作品の中で、管理人達が個人的に強く推したい作品に贈られる賞。



【 天野真理賞 】

Mistery Circle Vol. 69 《 茉莉花の家 (さかなの目6) 》 著者:すずはらなずな

【 管理人コメント 】
●どうも、管理人弐号機の天野真理です。
管理人特別賞を決めるにあたり候補の何作品かを改めて読んだのですが、これしかないかな、となりました。
私ってこういう単純で凹凸の少ない話が好きなんだよなあ、と改めて感じさせてくれました。
凹凸の少ないといっても何も変化がないわけではなく、特に女の子二人が打ち解けていっている描写が素晴らしくお気に入りです。
久し振りに引き込まれる作品に出会えました。
そして、久し振りに創作意欲が湧き上がりましたが、この創作意欲を生かして何かしらを書き上げられるかは不明……
今後も素晴らしい作品を期待しています。

【 作者コメント 】
●ありがとうございます!!人間関係や性格が確定しているので書いていて楽しい物語です。1作目では小学生だった主人公のちなみも もう大学生らしい。作者自身も、気持ちはすでに親戚のオバチャンです。


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


【 アンヂェラ伍長賞 】

Mistery Circle Vol. 69 《 ツンデレ武将がやってきてラブコメになるとおもいきや俺が征夷大将軍になっていた 番外編その3 》 著者:氷桜夕雅

【 管理人コメント 】
●おっと、久し振りの作品だわ。きっとまた今回も某ゴスロリ女子が痛快に暴れまくる作品なのねと思いながら読み進めても、出て来ない……全然出て来ない。そして最後まで出て来ないと言うこの衝撃の人物トリック! 犯人がヤスだった以降の驚きだったわ!
冗談はさて置いて、相変わらずの頼友君の受難続きが見事ね。彼視点の一人称の物語なのだけど、これ本当に主人公なのと言わんばかりのストーリーの怒涛さが見事だわ。
とりあえず次回作はウチの編集長と打ち合わせの上、三銃士と戦う話にまとまりつつあるみたいだけど、舞台は高校のままなのかしら? それとも大学に進学しているのかしら? どっちにしろとても楽しみにしているわ。
でも、当たった作品の続編って、コケるか大当たりするかのどちらかなのよね。ふふ。
何はともあれ、久し振りの秀逸な娯楽作品でした。素晴らしかったです。

【 作者コメント 】
●管理人特別賞をいただきまして、それはもう感謝感謝の雨あられ、右向いて左向いてバイチャバイチャですよ(おじさん言われる案件
ツブメたは一応その、本編エンディングを迎えたわけでそれでまたあの超絶美少女がしゃしゃり出てくると、ほらあれよ!
「続編に前作キャラでてきて萎えるわー」という事態になりそうなんで、回避してあえて出さなかったんですけどもやっぱり作者でも抑えきれない魅力があるんですね。
ソシャゲのチュートリアルというもうやってないとわかんないネタ等が一杯なのでなかなか人を選ぶ作品だとは思いましたがこうして選ばれたのは嬉しいです、ありがとうございます!


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


【 伊闇かなで賞 】

Mistery Circle Vol. 70 《 no body 》 著者:黒猫ルドラ

【 管理人コメント 】
●いやぁ、してやられました感満載の回でした。w
創造神まで出て来るんだもん。そりゃあもう、「神回」と言わんばかりの物凄さ。w
ルドラさんの作品はほとんどが台詞のみで構成されている作品なのだけど、なるほど、こう言う書き方も突き詰めて行けばとても有効的なのねと考えさせられる今日この頃です。
ルドラさんの作風として、漫画で言えば背景のない四コマ的な印象もあるのだけれど、逆に地の文だけで構成されている物語よりもずっと効果的な感じはしますね。
特にこの回に関してだけ言うと、あまりにも唐突な神のお出ましに、管理人スタッフ達も大ウケでした。
回を追う毎に面白さを増してますルドラさん作品。来年もまたよろしくお願いしますと言う願いを込めて、特別賞に選ばせて頂きました。

【 作者コメント 】
●え、えー、この度は管理人特別賞に選んで頂き、誠に恐縮です(以下略)


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


【 駆け出し管理人 リュカ賞 】

Mistery Circle Vol. 68 《 迷宮 》 著者:幸坂かゆり

【 管理人コメント 】
●登場人物間の間柄や年齢など設定上わかりにくさはありますが、抑圧の効いた筆致はさすがMCのベテランという印象を受けました。初期の頃もよく読ませてもらっていたのですが、その頃と比較すると随分文章も内容も変化していますね。特にこの作品を読んでいて思いました。地味なテーマではありますし(ごめんなさい)暗さが圧倒していますけれどそれでもラストに向けて徐々に膨らんでいく葵の秘密への描写は目が離せませんでした。人を愛することはやるせないです。感情のどこかから必ずはみ出してしまう熱を感じさせてくれたこの作品にリュカ賞を贈呈します。

【 作者コメント 】
●コメント:管理人特別賞、とても嬉しく思います。どうもありがとうございます。
この作品は、皆様からの評をいただいた時に灰汁が強くてなかなか飲み込めない食べ物なのかな、というような印象を受けました。少し意地の悪い作品かな……。しかし賞をいただけて自信に置き換えることができたように思い、とても幸いに存じます。


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


【 night_stalker賞 】

Mistery Circle Vol. 67 《 Nonetheless,dear my sister. 》 著者:×丸

【 管理人コメント 】
●今年の作品で、心に残るどれか一つを選べと言われたら、やはりこれかな。
冒頭はシスコンの女性の倒錯した百合物語だと思ったのだけど、それが次第に熱を帯び出し、とある一点から世界が変わると言うその手法がとても素晴らしい。
そして特筆したいのがそのエロチズムの描写の数々。もう、このボーダーラインを越したらエロスではなく単なる俗な官能小説。そんなラインの上をすれすれに渡りながら、上品さを保ったままで描き切った事に拍手だよね。ついでに言うと、ここまで強烈に性的描写を書いたMC作品は初めてだったからね。
これはとても野心的で、ボクとしては大歓迎したい程の作品。
今年は二度程(?)原稿落としてしまったみたいだけど、もしかして少し力み過ぎちゃったのかな? 来年は是非、もっとリラックスして臨んで欲しいよ。
ともあれ、night_stalker賞贈呈でーす! 今年も一年、お疲れ様でした!

【 作者コメント 】
●昨年に引き続き、本当に嬉しいです。
やっぱり作品を書く以上は読んでいただける方の心に留まるものをと思っていたので、このような賞は今後へ向けての大きな励みになります。
ありがとうございました。来年もまた、どなたかの胸に残りますように。



リュカ「と、と言う訳で、あいたっ!(デコピン)
か、管理人特別賞って事で、あいたっ!(デコピン)
ら、来年も……あいたっ!(デコピン)」



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


おぉ、ちょっくら手が痛いぜ。(←鬼
と言う訳で、司会が下手な新人リュカ君による管理人特別賞でした~☆
リュカ君、お話しがあるので後で楽屋に来るように❤

さてさて、いよいよ大詰め!
残すは本年度の総合オススメ賞を残すのみ!
こちらの司会はもちろん、大御所内藤氏! そしてあたし達管理人一同は、パーティ準備してきま~す!
ではではのちほどっ!!!


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


night_stalker「やっと出た! やっと出た! 待ちに待ってた、やっと出た♪
そ~んなこんなの、なぁぁぁいとすとぉかぁぁぁぁぁ!!!
総合オススメやっちゃうよ? ぷすっ♪

で、毎回の事なんだけど、ここでノミネートされた作品について、票の数のみで優劣付けたりするのはとても哀しい行為なのでやめておこうねっ!
裏方やれば分かるんだけど、「この人のこの作品に一票」って、想いを込めた一票を投じてくれる方もいるんだからね!
一票一票が、「読みましたよ」って言う証だと思って、受け止めて欲しいよ!
ではでは、総合オススメ賞、行ってみようっ!!!」




【 総合オススメ賞 】

2017年度掲載作品の中で、「これはオススメ! 読んで欲しい!」と思える、超ステッキーな素晴らしい作品に贈られる賞。



《《 ☆ 星一つ作品 》》 該当八作品

Mistery Circle Vol. 66 《 Bell Micha – ベル・ミカ - 》 著者:瞬

Mistery Circle Vol. 66 《 十二方姫の奴隷騎士 》 著者:氷桜夕雅

Mistery Circle Vol. 67 《 魂の消滅 》 著者: 黒猫ルドラ

Mistery Circle Vol. 67 《 劇場版・終焉の騎士 DEAD END LINE 》 著者: 氷桜夕雅

Mistery Circle Vol. 68 《 メイド服とおまじない 》 著者:氷桜夕雅

Mistery Circle Vol. 68 《 巻き戻しは走馬灯のように 》 著者:李九龍


Mistery Circle Vol. 69 《 イベントという異世界 》 著者:しどー
【 読者コメント 】

●大作や連作が並ぶ最近のMCの中で、自分のスタイルを貫くしどーさんの作品に一票です。書きたいことが凝縮され、鮮やかにまとめるような作品も評価されていいと思います。

Mistery Circle Vol. 70 《 星の言葉 》 著者:ココット固いの助



《《 ☆☆ 星二つ作品 》》 該当四作品

Mistery Circle Vol. 66 《 さよなら、私の夏時雨 》 著者:白乙

Mistery Circle Vol. 66 《 女郎蜘蛛 》 著者:しどー

Mistery Circle Vol. 70 《 オブザデッド・マイヒーロー 》 著者:辻マリ

Mistery Circle Vol. 70 《 no body 》 著者:黒猫ルドラ




《《 ☆☆☆ 星三つ作品 》》 該当五作品

Mistery Circle Vol. 66 《 ラプンツェルの帰還 》 著者:すずはらなずな

Mistery Circle Vol. 66 《 忘れ雪の知らせ 》 著者:×丸
【 読者コメント 】

●つづきっ! つづきが読みてーっ! てか女郎蜘蛛の化身色っぺーっす!

Mistery Circle Vol. 69 《 ツンデレ武将がやってきてラブコメになるとおもいきや俺が征夷大将軍になっていた 番外編その3 》 著者:氷桜夕雅

Mistery Circle Vol. 69 《 茉莉花の家 (さかなの目6) 》 著者:すずはらなずな
【 読者コメント 】

●この家族の会話のやりとりに半ば胃が痛みつつ、どうなるのか。千波の、ナツの、押し込めた感情は爆発するのか…様々な心の動きがありました。穏やかな景色の中に渦に巻かれるような息苦しさからラストに向けて一気に拓けていくのが読んでいて爽快でした。

Mistery Circle Vol. 69 《 夢 》 著者:黒猫ルドラ
【 読者コメント 】

●淡々としているけれど、ぎょっとする展開でした。ルドラさん独特の寂寞感と大らかさが短い物語の中に集約されていて心が柔らかくなる読後感でした。



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


内藤「ここからは票が多かった作品になるよっ!
作者コメントも付くのでよろしくねぇ~♪」



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



《《 ☆☆☆☆ 星四つ作品 》》 該当三作品

Mistery Circle Vol. 66 《 銀蠅 》 著者:pink sand
【 読者コメント 】

●昭和の時代を色濃く感じさせてくれる、そんなノスタルジアたっぷりな作品。
空気感も素晴らしいのですが、ストーリー性も最高。大将の掛け声もまた、良い味出してます。
【 作者コメント 】
●実は、年末の「自分自身がどこかに出てくる作品」というテーマにはこっちの方がふさわしかったかもしれないんですよね。記憶に残る故郷の情景に色づけして描いた絵画、みたいな作品なんです。それだけに個人的に愛しさを感じる作品です。長い作品を最後まで読んでオススメに票を入れてくださった方々、ありがとうございます。

Mistery Circle Vol. 67 《 終点の氷細工屋 》 著者: すずはらなずな
【 読者コメント 】

●なんでこうも人が普段目にする事が出来ないものを見てしまっている作家さんなのでしょうか。感性は目からとでも言えば良いのでしょうか。
最初から最後まで素敵な作品でした。
【 作者コメント 】
●言いたいことが上手く描き切れず、書きながらずっともどかしい感じの作品でした。少しは伝えることができたのでしょうか。有難うございます。

Mistery Circle Vol. 67 《 Nonetheless,dear my sister. 》 著者: ×丸
【 読者コメント 】

●ややこしいことが頭に入らない読書困難状態の最中にはらわたに沁みわたるエロさでした。エロは正しく美しく、人の生きる原動力だと再確認いたしました。どうもありがとうございます。
●再読み直しで、これは秀作だと思った次第。今までMCで読んだ記憶が無いジャンル。素晴らしいです。是非にこの路線、持続して頂きたいです。
【 作者コメント 】
●身に余る光栄です。
今年一年様々な百合に触れて、世の中には一言で分類できない色々な愛のカタチがあるのだなと実感しました。
今後も自分なりに、明暗区別なく多くの『愛』を描けたらなと思います。
本当にありがとうございました。
あ、そうそう姫野夕月の容態ですがーーーー

Mistery Circle Vol. 68 《 迷宮 》 著者:幸坂かゆり
【 読者コメント 】

●勝手な想像ばかりが膨らむ、そんな問題作だと思いました。一票。
●そこに書かれてはいない官能性が素晴らしい。エロさの粋が分かっている作家さんですね。
【 作者コメント 】
●ヤマなしオチなしくらいなだらかな文章でおもしろく書いていけないだろうか、とここ数年考えておりました。この作品はまだまだ物語がきちんとしていますが、それでもかなり地味なのでMC作品として送るのはどうだろう、と考えました。故にオススメ賞をいただけて嬉しい限りです。心の広い読者さまに感謝いたします。

Mistery Circle Vol. 69 《 灰狼の自鳴琴 》 著者:氷桜夕雅
【 読者コメント 】

●このシリーズ(?)良いですね。とても面白いです。
●最初、タイトルが読めなくて、「ハイローのポチョムキン」とか勝手に変換してた。読み直したらやはり同じ変換だった。内容はとても素晴らしいのに、申し訳ない事である。(土下座)
●切なくて○! こう言う路線はとても好きです。
【 作者コメント 】
●投票してくれた皆ありがとうございます☆
投票してくれた皆にはセルリアンちゃんから金平糖もどきが配られる、もとい投げつけられるぞ☆
えーさておき、この話は実はあのですわですわ教の第三話があまりにつまらなくてボツにして、その尻拭い的な感じで以前に書いてMCには出してなかったセルリアンの話を出したのですが、こういう作品に限って評判が良いのは嬉しいやら哀しいやら、実のところ滅茶苦茶嬉しいです!
ありがとうございます(∩´∀`)∩ワーイ

Mistery Circle Vol. 69 《 棺 》 著者:雨降るシン・カイチ少尉
【 読者コメント 】

●初めての投稿とは思えないまとまりがありました。小物やエピソードの使い方も良かったです。
●タイトルを見てオカルト物だと思い。読み始めて、狭い密室の中で行われるエロい話だと感じ。読み進めて行ってコメディかと錯覚し。結末でミステリーだったと言うこの驚愕の事実。素晴らしい。
【 作者コメント 】
●敬礼!!(`・ω・´)ゞ
皆様、お久しぶりです!! 雨降るシン・カイチ少尉です!!
日々トレーニングと国土の防衛に勤しんでいながら、夜中に同室のイケメンが寝てる間、コソコソと本文を打っている次第でありますが
私のような新参者の作品に投票してくれた方々、本当にありがとうございます!!!
機会こそあれば再び参戦したいしだいであります(`・ω・´)ゞ

Mistery Circle Vol. 70 《 日々のこと、少し。(決して忘れないこと4) 》  著者:すずはらなずな
【 読者コメント 】

●美希さんの心象風景を覗かせてもらったかのような作品。素晴らしかったです。
●寸評でも書かれておりましたが、ラスト一行を読み終わった瞬間に聞こえた声が、まさに「ただいま」でした。
とても切なくなります。多分これ、そのまんまなずなさんの事なんでしょうけど、彼女がどうしてあんな素敵な作品ばかりを生み出すのか。その原点を垣間見れたかのような気がしました。
【 作者コメント 】
●何か、お題の意図(MC全体の空気)を読めてない作品だったかな、と他の方の作品を読みつつ ゴメンナサイって思っていました。票を頂けるなんて、感謝です。



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


リュカ「こっ、こ、こ……あいたっ!(デコピン)」

伊闇「ここからは、作者コメントがリンク先のあとがき欄に掲載されてます! せっかくなのでリンク先の作品をご一読の上、あとがき読んでくれたら嬉しいなぁ」

リュカ「そっ、それ、それ……あいたっ!(デコピン)」

天野「それでは皆さん、そろそろグラスを持って乾杯の合図をお待ち下さいね。(にっこり)」

リュカ「で、では……あいたっ!(デコピン)」

伍長「ではでは皆さん、良いお年を! 来年もよろしく頼むわね!」

内藤「末永きMCの発展を願って、かんぱーい♪」

伊闇「乾杯! メリークリスマス! また来年お逢いしましょう!」

天野「乾杯! でも締め切りはすぐなのでご注意下さいねw」

伍長「乾杯! 新人さんの御寄稿お待ちしてるわ!」

リュカ「乾杯っ! 来年こそは下剋上! べ、べつに泣いてないんだからねっ!(半べそ)」

一同「また来年もMCをよろしくねぇ~~~☆」



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



《《 ☆☆☆☆☆ 星五つ作品 》》 該当二作品

Mistery Circle Vol. 68 《 夏のワルツ~サティさんの話をしよう 》 著者:すずはらなずな
【 読者コメント 】

●サティさんは一言も喋らないわけだけど、周りの描写、彼の仕草や行動で物語に引き込まれるそんな素晴らしい作品でした。
●テーマそのものが気高く美しい。そしてその美しさが現世にありつづけることの困難さを歌った一編の詩のようです。
●まるで15分ぐらいで終わってしまう自主制作の映画のようでした。なんとも言えず、哀愁漂う作品。
【 作者コメント 】※リンク先あとがき欄にてコメント掲載しております。
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-569.html


Mistery Circle Vol. 70 《 十三夜の人魚 》 著者:幸坂かゆり
【 読者コメント 】

●かゆりさんの文章からは艶があっていい香りがします。お題の性格上、そういう展開の物語ではないだろうと思いながらもどきどきしました。
●ねーちゃんは何書いても「やらしい」んだよなぁ。文章からフェロモン発するとか何事なんだろうかと。
●勝手な想像で申しますが、なんだかこれは幸坂さん自身が体験した二度目の初恋(て言っていいのか?)なんて思って読んだわけなのですけど。なぜかそのままのストーリーで読み進める事が敵いませんでした。素敵です。
【 作者コメント 】※リンク先あとがき欄にてコメント掲載しております。
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-572.html



《《 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 星九つ作品 》》 該当二作品

Mistery Circle Vol. 70 《 my dear friend 》  著者:氷桜夕雅
【 読者コメント 】

●未読の方は是非この作家さんの過去作品もあわせてお読み頂きたい。超斬新な設定のコメデイから麗しいファンタジーまで達者な作家さんです。この作品は御本人が主役ですがたとえそうでなくても誰の心の中にもあるけど言葉に出来ないような思いを書くという領域に踏み込んだ作品として僕は高く評価しています。元々ファンなのでよけい思い入れが強いのです。
●実を言うと、氷桜さんの書くメイド物の作品はジャンル的に少々苦手なのです。(ごめんなさい)
でもやはり読み出すと、「上手い」ってなる訳なのですが、今回のこの作品はもっとそれ以上。コメディ以外もやはり素晴らしいのだと痛感いたしました。二票。
【 作者コメント 】※リンク先あとがき欄にてコメント掲載しております。
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-573.html


Mistery Circle Vol. 69 《 トーキョー・仲之町プロパンガス行進曲 》 著者:伊闇かなで
【 読者コメント 】

●一旦諦めかけた夢や壊れた人間関係が 取り戻されていくお話が大好きです。イケメン揃いだというのもツボ。
●特撮ネタだけでもイチオシなのにこの青春をもう一度追いかけるみたいな缶詰工場でサバカレー作ってエンディングで田園が流れるような月曜九時な群像劇がグッとくる。(ただしコーチは放送木曜十時)
勝手にライバル視しているから票なんてやらねー!とか思ってるくせにやっぱ読み返すとムカつくくらいに面白い。
登場人物全員がなんだかんだでみんなイイヤツで次から次へと問題がでてくるんだけど最終的には全部良い方向へ向かっていく、誰一人登場人物が切り捨てられること無く、できすぎだろと思ってしまうけど「こいつらならいいか」と思わせてしまう素晴らしい作品だと思いました、まる。
●かなでさんの作品は前作同様、青春感が凄いですよね。キャラクターも皆、かぶる事なく個性的で、しかも全員が全員、最後までちゃんと描き切れているって所を評価したいですね。二票。
【 作者コメント 】※リンク先あとがき欄にてコメント掲載しております。
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-574.html



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆










きょほ?

きょほ?

きょほほほほっ?


そ~~~んなこんなの、なぁ~~~いとすとぉかぁ~~~っ!(小声バージョン)


もちろんあるよ、もちろんあるよっ!
今年もとっておきの最多票獲得作品がまだ残ってるよっ!

そんなこんなのクリスマスプレゼント。
ではでは、皆さんが選んでくれた残り三作品。
ボクもオススメするから、是非に読んでみてねっ!

後、読者として投票してくれたNさん、Kさん、Hさん、そして田川ミメイさん!
どうもありがとうだよ~~~っ♪

来年も、このMCをよろしくねっ!!!



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



《《 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 星十作品 》》 該当一作品

Mistery Circle Vol. 67 《 埋み火(うずみび) 》 著者:幸坂かゆり
【 読者コメント 】

●この作品の世界観が好きです。川の匂い、雨の匂い、濡れた肌の匂い。鮮やかな躑躅の花の色、くっきりとした濃い緑、あいまいな夢と現実の境、妙に確かな感触。そういうものが次々に立ち上がってきて、まさに夢を見ているかのようでした。
●彼岸も此岸も瞬きひとつの差でしかない。どんなふうにでも飛ぶことができる。生と死の間すら。好きな作品です。推したい。是が非でも推したい!
●全くいやらしさを感じさせないエロスが素晴らしい。
【 作者コメント 】※リンク先あとがき欄にてコメント掲載しております。
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-575.html



《《 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 星十四作品 》》 該当二作品

Mistery Circle Vol. 70 《 蛇孔の杭 -香港島の長い雨- 》 著者:李九龍
【 読者コメント 】

●いやもうダントツ。ってか、九龍、あんたナニモノ?!どうしてこんな色んなこと知ってるの。まるで見てきたみたいに。あー、かっこいいったらありゃしない。実は最近なぜか「金城一紀」のドラマや小説にはまっていて、どうしたらこういう世界が描けるんだろう、などと思っていたのですが。この「蛇孔の杭」は、まさにそれ。すごいなぁ。やられました、しびれました。
●この匂いと言い、音と言い、文字の中の臨場感が素晴らしい。しかもちゃんといつものリュート作品に仕上がってる。面白い。
●読者として読めば勿論イチオシ中のイチオシ!いつまでも読み手には喜びを書き手に高い壁であり続けていて欲しい作品です。しかも今回は九龍城。もう既に壁どころかすでに要塞と化しています。
●長い物語をネットで読むのが苦手なので、何度にも分けて読ませていただきました。読めてよかったです。一緒に九龍城に迷い込んだような気持ちになりました。
●基本的に自分自身の体験したことをもとに書け。というルールに反してるとかなんとか存じたうえで☆二つ。なんでって、とにかく全部読んだ中で一番自分にとって魅力的で濃く深くマニアックで、その複雑構造をきちんと成功させてるんだから仕方ない。書きたくてたまらないものを書いてる喜びと読む喜びが握手しちゃったんだもん。ルールにより評価外なら、著者はいい加減お約束守ってまともに評価されてください。
【 作者コメント 】※リンク先あとがき欄にてコメント掲載しております。
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-576.html


Mistery Circle Vol. 70 《 forget me not 》 著者:pink sand
【 読者コメント 】

●素晴らしい怪談でありながら高い文学性を感じさせるPINKSANDさんの【銀蝿】はあらゆる怪談好きのみならず小説好きの方に超オススメしたい作品であります。しかしあえてこちらの作品をオシたいのは底辺物書きの私から見てこの作品は「人を惹きつける面白い小説とは如何なるものか?」という垂涎のヒントの宝箱のような作品だからです。良い作品を書くためのヒントは確かにこの作品の中に沢山隠されているのだけれど容易にそれが手に入るほど甘くはない。だって続きが気になって考えたり吟味している暇なんて与えてくれない素敵作品なのであります。
●この回はノンフィクションという大きなお題だったにも関わらずスリリングな展開、魅力的なキャラクター、虚実入り混じり、真実がどこなのかすらわからない。なのにおもしろい。猟奇的なエピソードもあるのに読後感が爽やか。推します。
●がっつり、「やられました」。これはもう、脳天にタライ落とされた程の衝撃。商業誌でもないのにこの完成度、このクオリティー。驚きを隠せません。
●何だかまるで、上質のミステリーを読んだような気分だった。この読者の裏切り様は見事。一転、二転させる描写力も素晴らしい。後、「(文中の)この犬が桃姐本人だ」と言う裏読みすらも外れていて、流石の作家だなと。(おいこら
【 作者コメント 】※リンク先あとがき欄にてコメント掲載しております。
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-577.html





読者の皆様方にも、心からのMerryChristmas!
また来年のオススメMCをお楽しみに!

2017.12.25 MCスタッフ一同



● COMMENT ●

とりあえず氷のおっちゃん!!!
四葉のイラスト載せろや!!!(めっちゃ酔っ払い)

おっちゃん言うなや!!!!!!!!!!!!!!!
あと四葉さんって言え!!年上なんだぞ!!ロールプレイしろ!!!いつもTwitterでは浅見先輩浅見先輩言ってるだろ、あれは後輩をロールプレイしとるんじゃい!!( ゚д゚)、ペッ
画像はTwitterで描いてくれる度にリツイートしとるわ!!!ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

それに色々言いたい、言いたいけど一番言いたいのは
投票してくれた方、ありがとうございます(素直
自分自身、小説が上手いとかどうとかはわかりません。
特になにか勉強したわけでもないし、どっちかといえば文系じゃないし
ただずっと自分が満足できればいいやで書いてきた作品がこうした機会で評価されるのはひねくれ者の私でもちょっと嬉しいです。
ちょっとだけな。
あ、エクスクラメーションマークちょっと多すぎました(∀`*ゞ)エヘヘ

管理人の皆さん、作家さんの皆さん、
大変お疲れ様でした。読み応えたっぷりでした!
そしてたくさん色々な賞をいただけてとても嬉しいです!
今真っ白状態だけど来年もがんばるー。
皆さま、よろしくお願いいたしますにゃーv-283

2017年から加わらせていただきました、管理人補佐、リュカです。
はてどなたでしょうか。今回の文章の中に僕のゴーストライターがいるようですね。僕は滅多に言葉を噛んだりなんてしまい、しなi……おでこが痛いです。新人にはもう少しお手柔らかにお願いします。
さて、今年一年大変勉強になりました。管理人補佐としてわたくしにできうる仕事はしていきたいと思いますので今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

管理人の皆さま 集計、記事UP お疲れ様でした。今年一年お世話になりました。
メンバー様 投票のため読んで下さった皆様 有難うございます。

実は先週からインフルエンザになり、薬で高熱からは逃れたものの 微熱が続き、もう歳かなぁと情けない思いで、ただただ父に伝染させないようにだけ気を配って部屋に引きこもっていました。去年 父が肺炎で入院中にインフルを持ち込んだのは 私ではないかとの反省もあり。。。(←予防注射を受けましょう)

今回 一言もしゃべらない謎の人がナイスキャラクターで名誉を頂いているかとおもえば 喋り続けて墓穴を掘るタイプの「さかなの目」の「おとーさん(とおるさん)」にまで貴重な一票を頂いて なによりそれらが嬉しかったです。

 しっかり練られた作品 たくさんの下調べに時間を費やされた長編 体や心の不調や苦しみの中 向き合われて紡ぎ出された作品には 力がありますね。心に残る作品を紡げるよう来年も自分の内容を磨いて深めていきたいと思います。

来年も皆さまにとって良い年となりますように。作品沢山読ませてくださいね。

管理人の皆様、書き手の皆様、本当に年末までお疲れ様でございました。
いつも真摯な読者でいて下さり、寸評に心血を注ぎ、年末のお勧めの集計、まとめまで。改めてそのすべてに、ありがとうございます。
今年も身に余る評価を頂き、ちゃんと書こう、とにかく表現するという趣味からは逃げないでいよう、という新たな励みになりました。
私生活を振り返れば、四匹の猫が次々ケガや病気をして振り回され、娘の渡英(移住)前のドタバタで家にマリー・ド・サンソンみたいな圧倒的存在感の女主人が一人増え、部屋にいけないマンガをたくさん置いて行かれ、更に自身のケガと鬱。でもとにかく全部無事に追っ払えたので、清々しく新年が迎えられそうです。

ここという場がなければふれることのなかった作品の数々にも、励まされ癒され、鼓舞されました。
来年はせめて、頑張って、三作…… あくまで、目標です。
来年も引き続きよろしくお願いいたします。

改めて管理人、作者、そして読者の皆々様方。
2017年も大変お疲れさまでした。

コメントで1作品しかと言いながら、実は2作品だった×丸です。
とにかく、オススメとして選んでいただけたあの作品以外はとにかく原稿を落としまくったことが大きく心に残ってしまった1年でした。

確かに良いものを書こうと意気込みすぎるあまり、書いては消し書いては消しを繰り返した挙句何も書けないということが何度もありました。
反省と同時に、それでもなお自分の作品を良いと言っていただける方に恵まれたことは本当に幸せだったと思います。

来年は重く考えすぎず、それでいて自分の考えるいろいろな世界を形にできるよう精進していきたいと思います。
重ねて、本当にありがとうございました。それではよいお年を。


追伸。
生死の境を彷徨っている姫野夕月に関しては、今後何らかの形で描きたいと思う今日この頃。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/tb.php/567-9a3d79c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

《 カボチャでも書ける小説講座 》 【 閑話休題 】 «  | BLOG TOP |  » Mistery Circle Vol. 70 寸評

プロフィール

MC運営委員会

Author:MC運営委員会
このブログの八割は、カボチャで構成されております。

カテゴリ

Mistery Circle(メインカテゴリ) (47)
寸評 (35)
MCルール説明 (1)
お知らせ (44)
参加受付 (28)
出題 (41)
メールフォーム (3)
★カボチャでも書ける小説講座 (14)
内藤クンのおもちゃの部屋 (9)
天野さんの秘密の部屋 (8)
Ms.伍長の黙示録の部屋 (0)
伊闇かなでの開かずの部屋 (4)
未分類 (30)
亞季 (2)
いつき (1)
伊闇かなで (4)
空蝉八尋 (4)
黒猫ルドラ (18)
ココット固いの助 (23)
桜井 (1)
桜朔夜 (1)
鎖衝 (11)
知 (21)
しどー (13)
瞬 (4)
白乙 (12)
すぅ (13)
すずはらなずな (37)
田川ミメイ (3)
辻マリ (19)
夏海 (3)
七穂 (1)
氷桜夕雅 (41)
ひとみん (4)
松永夏馬 (12)
望月 (8)
幸坂かゆり (25)
李九龍 (18)
りん (3)
ろく (1)
Clown (12)
MOJO (1)
pink sand (17)
rudo (9)
×丸 (5)
MC参加者に聞け (7)
Mistery Circle ヒストリー (2)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム