Mistery Circle

2018-11

Mistery Circle Vol. 72 寸評 - 2018.06.16 Sat

Mistery Circle Vol. 72 はこちらから
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-611.html

7月25日(水)締め切りお題はこちらから
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-612.html



初号機






ひっさびさの内藤小噺。

先日のメディアの影響受けて、ボクもカボチャダイエット始めようとか思って近所のスーパーに買い物行ったんだよね。
でも、野菜コーナーのカボチャの棚はすっからかん。
それ見て分かっていながらも、「カボチャ下さい」って言っちゃうボク。

すると不機嫌なスーパーの店員さん。
ゴボウを振り振り、こう言うんだよね。

「無いって、知っての事ですか?」

……。

……。

……。



無いって、知っての、ことですか?


ないって、しってぇの、ことぅえすか?


ないってすいってのことすかぁ???



ハイハイハイっ! 呼ばれて抜け出てほにょにょにょ~~~ん!

そ~~~んなこんなの、なぁ~~~いとすっとぉかぁ~~~~~!

きょ~~~ほほほほほほほ!(巨乳ハンター風)



さて、寸評行こうね。(素)



《 きみは美しい瞳 》 pink sandさん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-606.html
●いやぁ、もうこれ、他の方が提出したんだったら問答無用で“殿堂入り”に推薦してたんですが、pink sandさんが書いたってんなら話は別で、編集長からの「三割減で評価してね」と言われた通り、無難に“イチオシ”贈呈って事でお願いします。w
いやもう何が凄いかって、この世界の構築の緻密さ。ここね、ここ。
しっかりと世界観が出来上がっているにも関わらず、それをくどく説明する事もなく何の違和感も無しに読ませる。とりあえずあたしの一番の評価はそこかなぁ。
後、残酷描写も性的描写も相変わらず躊躇なく書き込んでいる所がすっごく高評価! しかもそこだけ露骨にしている訳でもなく、ちゃんと自然に読ませている辺りが素晴らしいです。最高でした!(伊闇)
●僅か十数行で傑作だと分かってしまう、そんな作品ですね。
この世界観の濃厚さもさることながら、終始物語の流れに重点を置き、主人公とその母が持つ特殊能力について派手さを求めず、無敵性も排除している。こう言う部分がなんとも憎らしいほどに上手いと感じさせてくれます。
個人的イメージとしては、レ・ミゼラブルを連想させてくれるかのような空気感。静かながらもバイオレンスな緊張感が常に付きまとう。そんな感じでした。
クオリティ的にはもう、“傑作SF短編集”みたいな雑誌や単行本に挿絵付きで載っていても全くおかしくないだろうクラス。本当、溜め息しか出ません。
但し、編集長からの「ハードル上げとけ指令」により、pink sandさんにとっては「え?」であろう、“イチオシ”です。(天野)
●ジブリのサイシンサクカヨーーー!!!(ジェイコブ終日)

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

《 仁の転職 》 黒猫ルドラさん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-607.html
●はてさて、今回もまたリアルでの話なのか、それともフィクションなのか、色々と悩ませてくれる作品だね。
別にお題は当てつけてないけど、あらためて見てみるとなんかまさにそんな感じだったね。(2pss)
今回は地の文も多かったけど、なんか逆に以前よりもずっと読みやすくなってる。どんどん向上しているなぁって思ったよ。
ルドラさんの作品の魅力はやっぱり、集中を必要とせずに読めるって所かな?
是非これからも、気負いの要らない作品創りをお願いしたいよっ!
お疲れ様でしたっ! また次回もよろしくねっ!(内藤)
●またしても、やたらと日常茶飯事なストーリーね。ルドラさんは相変わらず生活の一コマを切り取ったかのような作品を創るのが上手いわね。
無難に読み進められるのもルドラさんの持ち味よね。素晴らしいわ。
毎回続きものとして書かれているけど、特に前作を知らずとも読めると言う所もいいわね。
今回も蕀がどうして猫に変身出来るのかについては説明されていないけど、これはこれでも面白いわ。
ところで転職の方はちゃんと上手く行ったのかしら?
今回もお疲れ様ね。また次回も傑作をお待ちしてるわ。(伍長)
●ムショクはコワイーネー!(ジェイコブ終日)

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

《 いぬのきもち 》 辻マリさん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-608.html
●知ってる知ってる知ってる! なんかボクが大好きだったあの傑作の番外編じゃない?
あの、ニンニク大好きっ子の吸血鬼少女と、ベジタリアンな狼男との無理のあるラブストーリー! 違う? 違う!? 読んだのはかなぁり昔だったから、記憶もあやふやだったけど、ボク的に大好きな設定だったのでそこだけ覚えてるよっ!
今回もまた妙な設定だねぇ。一番妙なのはやはりこの狼男クンの上司かなぁ? 一体どんな繋がり方しているのか、知りたいよねぇ。
つーさんの上手い所は、こう言うコメディ系でもマイペースに淡々とした書き方を崩さない所。今回もとても面白かったね。
お疲れ様だよっ! また次回もよろしくねっ!(内藤)
●あ、なんか私もその前作(?)ぼんやりと覚えています。私的にはやはり吸血鬼少女の方が好みで、これでクリスチャンだったり、夜はしっかりと寝て早起きとかだったら面白いのにとか思っておりました。ついでに健康志向でむっちゃおしゃべりなフランケンとかも出してくれたらもっと面白いのにとか。w
作品途中で主人公が本来の顔を出すシーンがありますが、これってどんな感じだったのでしょうねぇ。周囲にバレても平気だったのかなぁとか、妄想は次々と浮かびます。
でもタンパク質はちゃんと取らないといけませんよと、作者さんの方から伝えておいて下さいませ。
大変面白く読ませていただきました。ありがとうございます。(天野)
●カルビやいても、カボチャはやくなー!(ジェイコブ終日)

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

《 狂愛悲愴歌 》 氷桜夕雅さん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-609.html
●タイトルからしてなにか不穏な雰囲気を感じていて、でも始まってみると仲の良い姉弟の話かな? って思ったらまさかこんなサスペンスな話だったとは……驚かされました。(コピペ)
正直言うと、これとても良い作品だと思います。特にMCで求めているのはこう言うインパクト&予想外の展開重視的作品です。内藤さんが時々口にする、「タブー度外視な作品」と言うのはまさにこんな作品の事ではないでしょうか。
私個人の感想を述べさせていただければ、主人公である姉の性癖はもっと極端であっても良かったような気がします。例えばめちゃめちゃ潔癖症で、他人とは肌が触れる事すら嫌がるのに、弟に対しては全くその逆であったり。生活臭が嫌いで何にでも消臭剤を振り撒くのに、弟が着た体操服は顔を埋めて匂いを嗅いでみたり……とか。
この作品のキモはやはり姉の持つ異常性なので、“愛憎”と言うその二面性をもっと際立たせてみても良かったかと思います。
なんにしろ、今までにないジャンルに挑戦した事にはとても好感が持てます。
“イチオシ”贈呈で。(伊闇)
●ちょっと辛口評価で申し訳ないわね。
私的にはこの作品、ラストまではとても興奮して読ませていただいたわ。もちろんこのラストシーンも驚きがあって良かったのだけれど、叶うならば更にこの上を行く読者の裏切り方をして欲しかったように思うのね。
ラストはかつて殺されかかった少女が復讐を果たすと言う感じで終わる訳なのだけれど、出来ればこの少女は主人公の女の子よりも遥かに大きなトラウマを持っているぞと言った感じで、もっと狂った殺し方で終わらせて欲しかった。もしくは自ら手を汚さず、計画的に、法的に訴えて抹殺するぞと言った感じですかね。ここでもっと大きな“狂気”があれば、これはもう類を見ない完成形を持った作品に仕上がったんじゃないかなと。
まぁ感想だけ言えば、それだけ悔しさを感じさせる野心作であったと、そう言う結論に達するのですけどね。
“準イチオシ”です。お世辞抜きで良い作品でした。(伍長)
●シラヌイ・マイがイネーヨー!(ジェイコブ終日)

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

《 さよなら さくら 》 すずはらなずなさん
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-610.html
●うぅん……なんかこれに感想とは書評入れるのは気がひけるなぁ。w
正直、とても上手いです。なんか本当に美味しいものを食べた時の感想そのもの。ただただ、「上手い」としか言いようがない気がします。
まるで盛り上がりを設けずに静かに読ませる現代純文学のモデルであるかのような作品。
今回のMCの中であたし的にはこれが一番の好みですね。
なずなさんの作品は時々、場面の移り変わりで、「あれ? どこのシーンに飛んだの?」って考えさせられちゃう事があるのだけれど、今回のこの作品はどれも違和感無く、まるで短編のドラマを観ているかのようなナチュラルさがありました。
とても淡く、パステル調の絵までもが脳内再生される程の秀作。“イチオシ”贈らせて頂きます。(伊闇)
●まずこれ、ボクが今まで読んで来たなずな作品の中で、トップ一位か二位を争う程に良い出来の作品だったと思ってるよ。
内容的にはとても単純で、ただこの物語を説明するだけなら僅か数行で事足りる。でもその内容をここまで完成させてしまったのはまさしくなずなさんの持つセンスとその技量。説明書に感動は生まれないけど、物語には人の感情を揺り動かす力があるのだなと再認識した次第だよ。
そして物語の出来の良さもさることながら、私信の欄の一文でこの作品の完成度が更に増したかのような印象を受けたね。この裏のテーマは、まさにこの物語に大きなスパイスを与えているなと思ったよ。
もう文句無しの“イチオシ”だね。
お疲れ様でした。また次回もよろしくね。(内藤)
●トッテモあまずっぱいダーヨー!(ジェイコブ終日)



さてさて。
かなり遅れちゃったけど、MC Vol.72の寸評お贈りしましただよ。
皆さん知っての通り寸評書いてくれる人が一名減っちゃったので、ウチのペットのジェイコブ君を投入してみた訳なんだけど、どうかな? どうかなっ!?
鬱陶しかったら言ってね!
とりあえず当分続くから!(意見する意味あるのか?)

ではでは皆さん。
良き執筆の週末を。

管理人初号機、内藤クンでした。


● COMMENT ●

寸評、お疲れ様でございます。僕の就職活動も落ち着きましたので次回は何とか管理人補佐としての仕事に復帰できそうです。またどうぞよろしくお願い申し上げます。

リュカさん帰ってきた!

まずはリュカさんのご期間に大拍手です。お待ちしておりましたっ!

でね、わたし自身の簡単な感想は前回すでに書いたとして……
只今「お前の席ねえから」みたいな寂寥感を、間違って味わってます……ええ、間違ってます。でも。
「イチオシ?けっ、その程度かよ」なんてっ!不遜な天狗っ鼻、持ち合わせてなどおりません、この桃砂風情が、決して!
どんなお褒めの言葉も駄目だしの言葉もありがたく頂く所存です!
それでも、駅前のスーパーでゴボウしか陳列されていない棚で
「あのう、かぼちゃありませんか」ときいたところ
「ああ?かぼちゃ?みればないってのわかるよね?わかった、メキシコの冷凍カボチャの皺皺なのが残ってるけど、お客さんなら特別、三割増しで売ったげるよ。
店長から言われてんの。あんたの場合三割増しにしろって」
とか言われたような寂寥感が漂うのは何故でしょう。
カボチャがなければゴボウのささがきで我慢しますけど、ゴボウも三割増しですよね?しわしわでも。
わかりました。今夜はゴボウのささがきにします。贅沢は申しません。

追加

あっ、だいじなことわすれておりました。
スタッフの方々、いつもいつもお忙しい中寸評お疲れ様&ありがとうざいますです。作家の皆様も、本当に書けば書くほどそれぞれの世界が充実していっているのがわかりますね。読んでいてワクワクします。
そして、いつもスクエアなリュカさんの次回MCでの寸評も、楽しみにしています。
何かといじけたこと書いて、すみませんでした。
誤解なきように、「殿堂入りよこせオラ」なんて凶気走ったことじゃなく、3?
てなに?
という、ただそれだけのこととカボチャネタで遊んでみただけですんで。

pinksandさん、
盛大に復帰をお祝いして下さってありがとうございます。いつもの印象と違う弾けたpinksandさんもおもしろいですね…(動揺)「イチオシ?けっ その程度かよ」も「殿堂入りよこせよオラ」も全然言って大丈夫だと思います。むしろその野心がMCには必要かと存じます。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

リュカさ~ん。そんな不遜な野心持ち合わせてませんから~.
わたしの文章が下手なもんで、それはそれは有り難いイチオシがゴボウのささがきだみたいな誤解を与える印象になってたらすみません。とにかく、誰かが読んでくれて感想かいてくれる、あるいはここはこうしたらと言ってくれる、そのことが書き手にとって本当に一番有り難いんです。今回はゴボウしかないところでカボチャくれと言って店員に毒づかれているないとーすとーかーさんの光景があまりに面白かったのでいじくってみただけです。くどくてまことにすみません。

管理人の皆様 寸評お疲れ様です。有難うございます。
リュカさんお帰りなさい。誠実で生真面目な人柄を感じさせる寸評がまた読めるのはうれしいです。忙しい中 無理のないように続けてくださいね。
さて 今回頂いた評価に少々驚いております。嬉しいのはもちろんですが。
地味だし盛り上がりも無いし、うん、まあなんとなく平和な話でそこそこ良かった、またよろしくねー。はい おしまい、みたいな感想だろうなぁと思っていたので。次回は平和な話じゃ終わらなそうなお題だし 頑張って苦手な別世界書いてみるかとひるみつつ考えていたのですが、ますます書けなさそうな気になってしまいました。(でも書く気はある)。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/tb.php/613-c95bf0ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

締め切り延期してあげても良くってよ?(追記あり) «  | BLOG TOP |  » 7月25日(水)締め切りお題

プロフィール

MC運営委員会

Author:MC運営委員会
このブログの八割は、カボチャで構成されております。

カテゴリ

Mistery Circle(メインカテゴリ) (47)
寸評 (35)
MCルール説明 (1)
お知らせ (44)
参加受付 (28)
出題 (41)
メールフォーム (3)
★カボチャでも書ける小説講座 (14)
内藤クンのおもちゃの部屋 (9)
天野さんの秘密の部屋 (8)
Ms.伍長の黙示録の部屋 (0)
伊闇かなでの開かずの部屋 (4)
未分類 (30)
亞季 (2)
いつき (1)
伊闇かなで (4)
空蝉八尋 (4)
黒猫ルドラ (18)
ココット固いの助 (23)
桜井 (1)
桜朔夜 (1)
鎖衝 (11)
知 (21)
しどー (13)
瞬 (4)
白乙 (12)
すぅ (13)
すずはらなずな (37)
田川ミメイ (3)
辻マリ (19)
夏海 (3)
七穂 (1)
氷桜夕雅 (41)
ひとみん (4)
松永夏馬 (12)
望月 (8)
幸坂かゆり (25)
李九龍 (18)
りん (3)
ろく (1)
Clown (12)
MOJO (1)
pink sand (17)
rudo (9)
×丸 (5)
MC参加者に聞け (7)
Mistery Circle ヒストリー (2)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム