Mistery Circle

2017-11

Mistery Circle Vol. 45 - 2012.09.29 Sat

第45回 Mistery Circle 目次

※お手数ですが、タイトル横のURLをクリックしてお読み下さい。



∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ 

●知っている人間はあまりいないだろうし、存在を知っていても意識する者は少ないと思うが――この通りには一軒の古本屋がある。

《 温かい本棚 》 http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-69.html
 著者:すずはらなずな

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

●人の手を渡った古い本には、中身だけではなく本そのものにも物語がある。

《 藪影庵の彩見さん ~哲学家たちとの夏~ 》 http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-70.html
 著者:すぅ

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

●ベッドの周りには古い本が何列も積み上がり、まるで小さなビル街のようだった。

《 REМOVER 》 http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-71.html
 著者:ココット固いの助

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

●本の虫は同類を好きになるもんだ。

《 図書恋愛 》 http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-72.html
 著者:ひとみん

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

●「一番好きな小説に出て来た名前らしいわよ」

《 隣人はすれ違う 》 http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-73.html
 著者:辻マリ

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

●本を読むのが苦手な本屋なんて聞いたことがない。

 rudoさん(味噌)

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

●「今まで読んだ小説を全部暗記してるんですか?」

《 Moratorium 》 http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-74.html
 著者:知

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

●年齢も性別も境遇もまったく違うが、同じ本を好きになる人間は似たような感性を持つのかもしれない。

《 オレが読むから 》 (一作目)
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-75.html
《 喫茶“猫足”~とある午後の風景~ 》 (二作目)
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-76.html
 著者:松永夏馬

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

●「あたしが読めばいいじゃない。声に出して」

《 屋根裏書庫の朗読師 》 http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-77.html
 著者:鎖衝

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

●「僕は本を傷つけないが、人間には容赦しないよ」

《 黒魔法ブックマーク 》
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-80.html
 著者:Clown

゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

●信頼する証に、自分の一番大事な本を預ける。

《 鴛鴦の戯れ 》
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-78.html
 著者:氷桜夕雅

∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ 


●知っている人間はあまりいないだろうし、存在を知っていても意識する者は少ないと思うが――この通りには一軒の古本屋がある。





お題当てクイズ正解発表
《 『 ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち 』メディアワークス文庫  著:三上延 》


51gLuGWoTaL__SS500_1.jpg


正解者 :すずはらなずなさん / すぅさん / 氷桜夕雅さん / 鎖衝さん

次回出題者指名 : 松永夏馬さん ⇒ すぅさん



● COMMENT ●

感想~感想はいらんかね~

我が心のマスターことメガトロン様が朝っぱらからやらかしてくだすった土曜日、気の置けぬ(と私は思いこんでいる)友と一日丸ごと遊び倒した後に皆さんの新作を堪能する。贅沢な休暇でございました。

鎖衝さん、どうもありがとうございます。申し出を頂いた時はどんなお話になるのかな、と思ってわくわくしておりました。主人公の心に留まる物語として使っていただけて光栄です。
すずはらさんのお話は、古本屋めぐりが好きな自分としても心のじんわり暖かくなるお話でした。が、此処に懺悔しますが中学生の頃一度だけ、或るライトノベルの本文を蛍光ペンで印まみれにしたことがあります。作者や本屋さんには非常に申し訳ないことをした自覚が有ります。表現が凄く気になったんだ・・・。
でも自分のオリジナルで小説を書きたいと思うようになったのはその辺りからだと記憶している。
すぅさんのお話もシリーズ化ですかね~。お母さん自由で素敵です。喋る本が家に有ったら、私も非常に煩い日常が手に入りそうです・・・家が本まみれなので。
松永さんのお話二作、どちらもニコニコしながら読ませていただきました。
黛さんシリーズ、今回は今までと少し毛色の違う感じで(文中に登場する固有名詞にニヤリとしながら)楽しませていただきました。私も黛さんとメアド交換してぇやヒロインめギリィ(嫉妬)
ココットさんは今回は邦画をのんびり見ているような感じで楽しませていただきました。
若さって良いなあと思いつつ。藤池くんは良いキャラをしてるなあと思いつつ。



それはそうと大半の皆様が本を題材に物語にも本を組み込んでるっつーのに相変わらず空気を読まない筋書きになってしまい申し訳なく(土下座)
11月締め切りのバトルロイヤルも頑張らせていただきます!

偶然かはたまたカボチャの呪いか、読んだ時にやはり印象にのこった文が「それ」で、なずなさんに届けられたことにも満足しているお題提供者です。逆に使いづらかったんじゃないかと今思いましたが。

すぅさんの、再び藪影庵を見れて感激です。彩見ママ最強説を推してます。B古書堂まで・・・。たしかに栞子さんあたりは何か「見えないもの」も見えそうな人ですけど(笑)
知さんの、いつもと違う? と思いながら読んでたらやはりこれもあの壮大な世界のひとつで、知さんの中の世界はどこまで広く深いのかと。

などなど、今回もステキな物語を堪能させていただきましたが。

個人的なイチオシは鎖衝さんの『屋根裏書庫の朗読師』を。

登場人物の心の繋がり。じわりと揺らぐ世界。その世界をひっくり返す謎解き。そしてハッピーエンド。鎖衝さんの作品には「悔しい! こういうの書きたい!」というものが多いのですが、これはまた衝撃的でした。泣けるよ。物語の感動でも、創作者の悔しさでも泣けるよ!

イチオシ。いや、もうイチオシどころじゃないです。

イマサラですが望月さんの前作『 名前も知らないお二方へ 』を勝手な妄想で弄ってもうしわけございませんです。パラレルワールドな世界のお話ということでなにとぞなにとぞ。

ようやっと完成させて掲載させて頂きました……○∠\_
今から各個読ませて頂きまする-。

makiartt@yahoo.co.jp

全作品読みました。皆さん楽しい時間をありがとうございます。

なずなさんの作品は、すうっと作品の中に入って行けて最後まで気持ちよく読めました。

東京にいる時は古本屋巡りをよくしてましたが今田舎暮らしなんで…忘れていた懐かしい感覚を思い出させてくれる素敵な作品でした。

知さんの作品は大人の恋愛話と思いきや、満天の星や青空が広がるような壮大な展開に驚かされて…読後感も好きでした。


なずなさんの作品もですが辻マリさんの文章は冒頭から惹き付けられてしまいます。いつも、なんですが今回は特に「カッケ-!」と思ってしまいました。

確かに格好いい死神さんたちは登場しますが特に格好いい言葉や仕草をする分けではなないのに、この方の文章は男前やと思います。

前作の文章も好きでしたが。

日頃よく目にしたり感じている事や雑事を非日常的な死神さんたちに演じさせる手腕も見事だし僕は好きです。

他の方の作品もそうなのですが普段頭の中にあるんだけど…みたいな感覚を形に出来たら創作って半分以上成功なんじゃないかと…でもそれって容易ではない事だけど。

この作品はそれが出来てると思います。

なずなさんの作品同様忘れていた感覚。

「中学入学の時みんな変な顔して見えたな」とか「毎年来る新人宇宙人みたいで」

みたいな感覚思い出しました。

最後に心温まる作品の感想ありがとうございます。藤池には幸せになってもらいたいものだと(*^^*)

もっと色々書いた方がいいかなと思った作品でしたが「若いっていいな」という感想頂き「これで良かったんだ」と思いました。

ありがとうございます。

夏馬さんの作品はラブコメとか少女漫画とか読む気持ち悪いオッサンの私には、楽しめる作品でした(ニヤニヤ)。「オレが読むから」という台詞でウルウルきたのは年齢のせい?

いや夏馬さんの手腕です。

こちらの路線も是非。次回からも2作品お願いしたいです。

やはり今回も一気に読んでしまいました。

鎖衛さんの作品は夏馬さんの言葉通り圧巻でした。

【暗くなるまで待って】という名作映画がありますが人物描写とかお話は僕はこちらの方が断然好きだと思いました。色々すごい作品です。

にこんなの書けない…って素直に思いました。こんな素敵な作品に自分の拙作を・・ありがとうございます。

氷桜夕雅さんの作品贔屓の引き倒しの僕ですが。

ご本人は否定的なコメントされてましたが僕は好きです。楽しかった(*^^*)

清次郎さんたちが変装をとる場面とか個人的にはツボでしたが(*^^*)

早く次の作品読みたいんですが…お願いします。

すぅさんのお蕎麦屋さん再び読めて幸せです(*^^*)多分僕が喋る本とか書いたら最初から鎖かなんかで縛られてて悪い事するんだろうなあ…とか思いながら読みました。

ひとみんさんの「恋愛図書」かえって色々書きすぎてないところが想像力を喚起されて「もう少しよみたいなぁ」という気になりました。

本のソムリエと恋愛話というのは「金脈を掘り当てたのでは?」と個人的にはおもうのですが・・うらやましいです。

Clownさんの作品はライトノベルといより格好いい魔法使いノア-ル・・緩急のつけ方も上手いし以前僕が書いたシスコン魔法使い話と比べたら・・読みながら「こここうすれば魔法っぽいんだなあ・・メモメモ」大変参考になりました。

魔法が出てくる話って魔法という目に見えない題材を扱うのでゴチャゴチャ色々書いてしまいがちですが簡潔で読みやすかったです。

今回はなずなさんがМC俳優として華々しい活躍をされていました。

ぜひ僕も・・と一瞬思いましたが僕の作品ではエロい事や酷い目に合わせてしまいそうなので自重しときます。

↑ なずなさんは女性ですよぉ~。(こっそり

寸評頑張ってますので、もうちょい待っててね☆

訂正

女優でしたね。

初めに、夏馬さん、お題指名ありがとうございますー。
どんな本にしよっかなー、と楽しい本屋さん巡りになりましたっ。
そしたら今回の作品を思い付いちゃった感じで、重ねてありがとうございます(ぇ

皆さんのお誉めのコメントを見て、嬉しくて今小躍りしてました(笑
個人的には、彩見さんは将来お母様を超える女性になるんじゃないかと思います。
それこそ、世の男性(妖怪さん達含め)や周囲を巻き込む女傑に(笑

皆さんの作品、読んでいて思ったのが、「文章に力があるなぁ」と。
特に鎖衛さんの作品の登場人物達の、とにかく魅力が凄いと思いますっ。
「真似したいなぁ、でも凄いなぁ」って、呟きながら読む私はきっと変な子として、近くに居た母上の目に映った事でしょう(ぇ

もう一度皆さんの作品、読ませて頂きますっ。
また感想を添えて良いですかっ?いえ、添えさせて頂きます!

ココット固いの助先生、いつもご贔屓に(?)してくださりありがとうございます。
私はいつもあんな感じなんであまりお気にせずに楽しんでくださいませ、次も頑張ります。
あ、あとココット固いの助先生のは真っ先に読んでます!お話に引き込まれてゾクゾクしました他のパートもどんな感じなのか私、気になります!

氷桜夕雅様

身あまるお言葉ありがとうございます(T-T)氷桜夕雅さんの作品はテンポとか台詞まわしとか自分には読んでいてすごい気持ちがよいのです(*^^*)

お話もですが。別の二人視点のお話も書いてはいるので、発表出来たらいいなと思います。

とても励みになるお言葉ありがとうございます(*^^*)

名前は1文字2文字違っても大違い・・。
大活躍女優気分を頂けました すずはらです。鎖衛さん、夏馬さんありがとうございます。

今回は一気に全部読まず 一作品も栞を入れてまた続きを読むように ゆっくり読んでおりました。
味わい深い作品群でした。
すぅさんや夏馬さんみたいに出て来るだけでぐぐっと魅かれる キャラがいるのは良いですね。
お題 難しかったです。貰った時は全く書ける気がしませんでした。
ココットさんの言って下さったように 本好きの皆様に それぞれ何かを思い出すきっかけとなってもらえれば 作品書いて良かったと、そんな感じです。
いくつかのエピソードは実話を元にしたフィクションでした。どれかは教えない。

当直を利用して一気読み。つか、ボリュームもレベルも凄いんだけど……おじさん、どんどん辛くなってきましたよ('Д';)

すずはらなずなさんの作品はタイトル通りでした。読んでて温かい気持ちになる感じ。旅をしてきた本には、その本自身の物語も刷り込まれている……良いな、と思う。俺にはそんな本合ったかな……。

すぅさんの作品は思わず笑ってしまいました。いや、しゃべる本の話って色々ありますけど、だいたいやかましいよね、と思いながらも、最後にそれが大量に出てきたのを見て「うわこれうるせぇ」と(笑)。あと、なにげに母が酷い(笑)。

ココット固いの助さんの作品は毎度渋くて好きなんですが、今回女子高生が渋い台詞回しで口論してたのを見て「これが女の戦い……」とガクブルしてしまいました……。小物の使い方とか、心情の描き方とか、ことあるたびに「すげぇ」と口を開ける始末でした。終わり方もなんか切なくて好きです。

ひとみんさんの作品は短い中に凄い可能性のあるネタを仕込んでるなぁと。ココットさんと同様の感想ですが、本のソムリエ。これだけで短編エピソードいっぱい出来そう。書きましょう。是非。是非ッ(必死)

辻マリさんの作品はファンタジーに落とし込んではいるけど、多分現実にもこういうことって起こりえて、例えば臓器移植コーディネーターとか、自分の心情を表に出してしまうと成り立たない仕事の悲哀というか、そういうのを感じました。描写もうまい。うぐぐ……。

知氏の作品は、安定のほっこり感。出てくる人達が皆何かしら心優しいので、読んでて安心させられます。終盤付近の老夫とミリィのエピソードが今回のお気に入り。こういうのに弱いのよ……。

夏馬氏の一作目、王道かつ純粋なラブ(?)コメで本当におなかいっぱいです。つか、「何度教頭を刺そうかと」の前後の下りだけでニヤニヤしてしまうほどには夏馬氏フリークです。こういう掛け合い大好物。
二作目は新聞の切り抜きの話でドキドキしてしまいました。あれ、確かに悪意でもってやるならものすごい執念だよな、と。

鎖衝さんの作品は……これ、市販レベルじゃないの!?  文庫本とかで出てても違和感全くなさそう……。表現の一つ一つの緻密さと心情の揺らぎの描き方、最後の結末がまさかの二段構えとか、これまでの最長記録1時間をかけて読んだ以上の感動がありました。いや、もう、すげぇとしか。あと、拙作を使っていただき誠にありがとうございました(深々)。

氷桜夕雅さんの作品は、純粋に面白いと思いました。お題の「信頼する証に、自分の一番大事な本を預ける」を伏線に使って最後にひっくり返すのを見て「やられた」と。あと、俺もあのマスク剥がすのがお気に入り(笑)。あれって実用化されないかなぁ……。

以上、簡単な感想でした……。いやぁ、本当に満腹じゃよ……。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/tb.php/79-6393fe02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Mistery Circle Vol. 45 寸評 «  | BLOG TOP |  » 11/24 締め切りお題(バトルロイヤルルール(共通お題))

プロフィール

MC運営委員会

Author:MC運営委員会
このブログの八割は、カボチャで構成されております。

カテゴリ

Mistery Circle(メインカテゴリ) (40)
寸評 (30)
MCルール説明 (1)
お知らせ (36)
参加受付 (24)
出題 (35)
メールフォーム (3)
★カボチャでも書ける小説講座 (5)
内藤クンのおもちゃの部屋 (9)
天野さんの秘密の部屋 (8)
Ms.伍長の黙示録の部屋 (0)
伊闇かなでの開かずの部屋 (4)
未分類 (28)
亞季 (2)
いつき (1)
伊闇かなで (3)
空蝉八尋 (4)
黒猫ルドラ (13)
ココット固いの助 (22)
桜井 (1)
桜朔夜 (1)
鎖衝 (11)
知 (21)
しどー (13)
瞬 (3)
白乙 (12)
すぅ (13)
すずはらなずな (30)
田川ミメイ (2)
辻マリ (14)
夏海 (3)
七穂 (1)
氷桜夕雅 (32)
ひとみん (4)
松永夏馬 (12)
望月 (8)
幸坂かゆり (21)
李九龍 (13)
りん (3)
ろく (1)
Clown (12)
MOJO (1)
pink sand (9)
rudo (8)
×丸 (4)
MC参加者に聞け (7)
Mistery Circle ヒストリー (2)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム