Mistery Circle

2017-05

第四回 オススメMC & MerryChristmas - 2012.12.24 Mon

mc_b.jpg



♪ジンジン ジングルベール ジンジン ジングルベール メリクリスマース!

♪あなたっか~らメリクリスマース! 真っ赤なおはな~の~恋人がサンタクロース~のおじさんカミングトゥー……(ローリングソバット





伍長「Shut Up! 曲調と浮かれ度合いが外れ過ぎよっ!」

内藤「おおおっ!? 危ないよ、危ないよっ! もうちょっとでこのパンプキンヘッドがガッポリ陥没だったよっ!」

天野「調子に乗り過ぎてるからです。まぁ、今日はちょっと私達も浮かれ気味ではありますが……」

伊闇「おめでたい席ですからね。とりあえず無礼講って事で行ってみましょう」

内藤「ではではみなさんこんばんはだよぉ~! 管理人初号機、内藤クンことnight_stalkerでいっす! ぷすすのす♪」


初号機


伍長「Heil Lucifeeeeeeeeeeeer!!!!  管理人伍号機、アンヂェラ伍長よ!」


伍号機


天野「どうも。管理人弐号機、天野真理です」


弐号機



伊闇「どもー。年中下っ端、管理人零号機、伊闇かなでですー」


yami.jpg


内藤「いいね、いいねっ! これで全員揃ったねっ!? ……点呼っ! いち、にい、さんっ、おっけー! それでは行ってみたいよ! みんな準備はいいかいっ?」

伍長「No problem」
天野「大丈夫です」
伊闇「おっけー!」

内藤「では皆さん、ご唱和下さいだよっ! ハイ、いっせ~~~の~~~!」



2012年度 オススメMC & メリークリスマーーース!!!

ひゅ~~~ほほh(撲殺





内藤「危ないよ、危ないよっ! どうしてみんな、ボクの頭を真芯でクリーンヒットなんだいっ!?(泣)」

伊闇「先輩、先輩。こんなめでたい席で、(巨乳ハンター風)とか言うのやめましょうよぉ」

天野「そうそう。それに殴ったのは台尻の部分なので、さほど威力は無いのではないかと思いますけどね。――ジャコン(ボトルアクション音)」

伍長「M1903スプリングフィールド、狙撃用ライフル……業物(ワザモノ)ね」

内藤「と、とりあえず進めようねっ! みなさん今年もお疲れ様だよっ!(はみでた種を戻しながら)」

伍長「お疲れ様。今年も本当に色々あったわね」

天野「ありましたね。なんか物凄いハイセンスな新規参加者さん達も多かったですし」

内藤「どんどんレベル上がってるもんねぇ。中編の作品も多くなったしね」

伊闇「読者の目を考えて書いている人、多くなりましたもんね。これを無料で載せているってのもなんか贅沢って言うか……(電卓を叩く奴)」

伍長「個人的にもニュースは多くあるわね」

天野「ありますね。なんと言っても――」

内藤「あっ! あれだね、あれだねっ! 裸体にネクタイ締めた、馬のマスクの闇センセー!」

伊闇「ありましたねぇ。mixiにドヤ顔でポーズ決めて写真にうつってましたもんねぇ」

伍長「実際いつもあの恰好で執筆しているとか、どう言う趣味……って違うわよ」

天野「ただの飲み会の写真です! 勝手に付け足さない!」

内藤「え~、じゃあアレかな? 闇センセーの携帯電話がスマホになって、全然使いこなせていないって言う話題?」

伊闇「全然違うから。って言うか、松永さんをネタにしたい病、治しなさい!」

内藤「じゃあ、アレだ。氷桜さんがわざわざ静岡まで浜松餃子を食べに行ったって話」

伍長「ローカル過ぎないかしら?」

内藤「じゃあ、亜季さんが出産」

天野「それはおめでとうございます。でも違う」

内藤「ココットさんがホノルルマラソンで完走した」

伊闇「無理矢理なウソ吐かない!」

天野「あれですよ、あれ。ClownさんがMC作品の本を出したと言う話」

内藤「あぁ~、あったねぇ~。ボクもそれ、もらったよっ!(とか言いながら周囲を探す奴)」

伊闇「出店した所に、メンバーの辻さんが来てくれたんですよねぇ?」

伍長「あぁ~、来てたわね。その節はどうも……ごふッげふッ!」

天野「マニアックな特撮トーク面白かっ……むにゃむにゃ」

伊闇「どうかしたんですかぁ、先輩方?」

内藤「さぁて内輪話はこの辺にしておいて、行ってみようねオススメ企画。今年もたくさんの投票、どうもありがとうだよっ!

伍長「まず初めに言っておくわ! 自分の作品に☆が一つだけだったと言って、それを惨めに感じない事!」

天野「そうそう。結果だけ見ればそうかも知れないですが、こうして舞台裏で集計なんかすると良くわかります。その一票と言うものが、どれだけ重いものなのか」

伊闇「いっぺんに十五作品とかに入れてくれる人も多いけど、中には本当に一票だけって言って入れてくれる人もいますからね」

内藤「そうだよ、そうだよっ! 私はこの作品が好きなので一票入れさせていただきますって、投じてくれる人も結構多いんだよっ! どんな一票であれ、しっかりと気持ちのこもった一票だって事、ちゃんと理解してねっ!」

伍長「それでは今回は、色んな各賞も増えた事だし、こう言う順番で進行したいと思うわ」



(1) メンバーさん達の一言
(2) ナイスタイトル賞発表
(3) ナイス描写賞発表
(4) ナイス名台詞賞発表
(5) ナイスキャラクター賞発表
(6) 管理人特別賞発表
(7) 総合オススメ賞発表




天野「皆さん、慌てず飛ばさず、順番にご覧になって下さいね」

内藤「ではでは、行ってみたいよ! MCメンバーさん達の一言コーナー!!!」

(※提出順)



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

ココット固いの助さん

昨年MC参加させて頂いた事が自分には大きな出来事でした(*^^*)書くという行為は勿論ですが参加者の皆さんの作品に触れたりと…(*^^*)
誘って頂いた内藤さんと参加者の皆さんに感謝を
記念企画ですか?THE白紙 THEをつけてもダメだ-(+_+)書けねえよおおお(T_T)
とは言え最近参加者の方のコメントを読み「みんなプロットとか書いて作ってるんだ(^_^;)でも作り方分からないと思った自分なんで
まあなんとかなるさケセラセラ普通に自分書いてもダラダラ無駄に長いしさ
進歩なく悪い方にばっか傾く自分ですが…来年もよろしくお願いしますm(__)m


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

知さん

どうも、抜け殻状態の知ですー
今年最後の回にして漸く個人的に満足な作品を書き上げることができました。
今年だけではなくMCが新しくなってからはそうなのだけれど、お題を見て何を書くか悩んだことがないのは幸いな事。
来年もそうだったらいいな、と祈っています><
Merry Christmas and a happy New Year


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

氷桜夕雅さん

師走の候、今年もまさに暮れようとしております。皆様いかがお過ごしでしょうか。
MC38から参加させてもらい早一年半が経とうとしております
日々お寒いライトノベルもどきを書いておりますがそれでも少しは成長している
みたいです、継続は力なりとはまさにこのことですね
今年は常連古参様方のハードルが上がっていたためか結構イチオシをもらいましたがそれに慢心せずに精進したい所存でございます
さて、セイヨウカボチャモドキに「なんでもいいから一言くれプス!」と言われてもこれといって書くこともなく、こんな感じでヤマもなくオチもなく意味もなく終わらせていただきます
向寒の折柄、皆様ご健康にはくれぐれもお気をつけくださいませ


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

辻マリさん

今年は結構大変な一年でした…。
でも終わってみると、あっという間だったなあ。
久しぶりに沢山小説を書いた年だったし、小説を読んだ年だったし、黛刑事にも出会えたし、仮面ライダー面白いし、悪い事ばかりじゃなかったですね、この一年。
来年も出来る限り平和に生きていきたい辻でした~


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

Clownさん

今年の自分提出率、5割('Д`;)
なんだか色んな人の作品にふれ合って、凄い感じる物が沢山あったのに、気付けば提出した作品の全てがバトル物に終始していたというバトル莫迦です○∠\_
来年はそれ以外で何とか勝負したいなぁ。
といってるそばから、年末企画のプロットがガチバトル満載で頭を抱えておる次第です。
とは言え、皆様の作品から多大なるエネルギーと刺激を受けているのは事実。
来年も是非ともよろしくお願い申し上げます。


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

すずはらなずなさん

賞のタイトルをざくっと見た時 最近目が悪いせいか(他が悪いせいか)「ナイス 猫写賞(ねこしゃしょう)」というのが見え ええっ 最近猫出してないよ、この賞に参戦できないなんてそんなそんな・・・・と 絶対次の作品には猫を出そうと思った次第。 …違うことが解ったので vol46に猫は出しませんでした(汗)

再開して頂いて 本当にありがとうございます。MCが今なかったら 物語と登場人物たちは生まれていませんでした。締めきり前はいつもいっぱいいっぱいだけど やっぱり書くのって楽しい。
来年も宜しくお願いします。


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

望月さん

社会人になって早二年目となりましたが、今年は例年以上に忙殺されております…・・・
もっと上手く時間を捻出できるようになりたいです。
2013年は小説の年にしたい……
皆様もどうか良いお年を。
来年もどうぞよろしくお願い致します。


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

鎖衝さん

どうも。名前読めないメンバー代表、「鎖衝(さつき)」です。
時々、「鎖衛」とか書かれて、「さえ」さんとか呼ばれるんですけど、まぁそれはそれでいいんじゃないかなぁなんて。
もうホント、こんな事なら素直に「皐月」とかにしておけば良かったじゃないかと。。。えぇ、まぁ、こんな一言で今年も終わりです。激・土下座。


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

すぅさん

一年振り返って・・・楽しかったです(笑
色んなお話を書かせて頂いて、色んなお話を読ませて頂いて、色んな楽しい事が一杯一杯でした。
それこそ最初は、「こんな所で私なんかが書いちゃって良いの?」って思ってましたもん。
気付けば、余りの居心地の良さに時間を忘れてしまうくらい。
それぐらい、この場所は魅力があるとこの一年で私は感じました。
また、藪影庵の彩見さんを好きだと言って下さる皆さんの、その言葉が嬉しくって嬉しくって(笑)
さっきまで枕に顔を埋めてバタバタしてましたよ、えぇ(笑)

遅れましたが、一年間&賞をありがとーございましたっ!
また来年も、楽しいお話と会えたらなぁ~と思います!


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

りんさん

うぬぬ…今年は(今年も)のんべんだらりと過ぎた気がします。あ、夏からコアリズム始めました。継続は…体調と気分が良い時に(ダメじゃん)。
李兄さんにはお話済みな例の話も依然として払拭出来ないまま、年越しです。
来年は…多分またのんべんだらりと生きている気がします。
とりあえず、年末は夫の田舎の愛媛で山ほど蜜柑喰ってくる!!
皆様も、良いお年を~。


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

いつきさん

こんにちは。いつきです(*^▽^*)ゞ
私のコメントでは自分の一年を振り返ってみようと思います(。・w・。)

去年は一枚絵を描くごとにここをああしようこうしよう。
小説ではハンディカムを片手に街を実際に歩いて取材ごっこしてみたり(笑)
そういう年だったんです、が。

去年の秋には片思いが散り、ショックで創作が手につかなくなり、今年が始まりました。
GWにはアレルギーで入院。その後も今月まで通院が続くという、やっかいなアレルギーでした(ノД`ll)

今年は全然創作に縁の無い一年で終わるかと思いましたが、内藤さんのお誘いでMCに参加することになり、絵を描いたり、作品を描いたり。

終わりよければ全てよし。そんな感じです。
来年は、ゆっくりと絵も、文章も、集中してやれる環境にしていければいいなと思います。

皆さん、お疲れさまでした。
よいお年を~♪


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜

李九龍さん

え~、俺です。俺様です。ひさびさにMCに復帰し……え、もう終わり? みじk


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


内藤「メンバーの皆さんの一言でした~♪」

伍長「何故か皆、打ち合わせたかのように同じ長さね……」

天野「まぁ、約一名、問答無用でシャッター降りてましたけどね」

伊闇「では続いて、ナイスタイトル賞の発表に行ってみましょ~! ここからの司会進行は、アンヂェラ伍長さんですっ!」

内藤「モニター前のみなさん、賞の発表の前後で、拍手をお願いねっ!」


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


伍長「さぁ、まずはナイスタイトル賞の発表ね。
これは読んで字の如く、ナイスな作品タイトルに贈られる賞よ。
受賞した人は、明日から額に「ナイスタイトル」油性ペンで書いて外を出歩くといいわ
Enjoy!」



【 ナイスタイトル賞 】

2012年度掲載作品の中で、印象の深かったナイスな作品タイトルに贈られる賞。



【 一位 】 該当三作品  ☆☆☆(星三つ)

Vol. 41《 土星の家 木星の灯 》 (作者:すずはらなずなさん)
【 読者コメント 】

◎すべての作品、タイトルが素晴らしいと思います。作品は【さようならギターマン】が好きですがタイトルはこちらが好きです(*^^*)
【 作者コメント 】
◎ありがとうございます。
「さかなの目」というシリーズの1作としてお題を使って書かせてもらいました。
お題の始まりの文から引っ張り出された 「土星公園」で、その流れで出て来た木星です。
私もこのタイトル気に行っています。嬉しいです。

Vol. 42《 本音と建前友情論 》 (作者:ひとみんさん)
【 読者コメント 】

◎この方の言葉選びが好みなのです。

Vol. 45《 図書恋愛 》 (作者:ひとみんさん)
【 読者コメント 】

◎この一言だけでなんかもうステキじゃないですか。有川浩の作品にありそう。



【 二位 】 該当三作品  ☆☆(星二つ)

Vol. 43《 白昼夢 》 (作者:rudoさん)
【 読者コメント 】

◎さくっと読めるサイズのぐさっと突き刺さる物語。タイトルもそうですが中身もインパクトが凄かったです。

Vol. 44《 宝石たちの時間 》 (作者:すずはらなずなさん)
【 読者コメント 】

◎小説は背表紙のタイトルで手にとってもらえるか。これが読者とのファーストコンタクトだと思うと、私なら手にとります。タイトルだけで読んでみたくなりました。
【 作者コメント 】
◎票を入れて下さって 有難うございます。
題がついたのは作品出来あがってからだったと思います(たいていそうなんだけど)
毎度 題と登場人物の名前にはこだわります。といっても書いている内に二転三転しつつ名前が決まり
後付けでエピソードが膨らみ さもそれがテーマだったかのような文が入ったりします(爆)
一番 その手順で書かれた作品だったかと思います。



【 三位 】 該当十六作品  ☆(星一つ)

Vol. 41《 Mr. 》 (作者:すぅさん)

Vol. 41《 黄昏時の女神 》 (作者:鎖衝さん)

Vol. 42《 さよなら ギターマン 》 (作者:すずはらなずなさん)

Vol. 42《 白の旅路 》 (作者:夏海さん)

Vol. 42《 神様は返事をしない 》 (作者:rudoさん)

Vol. 42《 檻紙 》 (作者:すぅさん)


Vol. 42《 円環奇譚 鳥籠姫 》 (作者:ココット固いの助さん)
【 読者コメント 】

◎章のタイトルがいちいちカッコいいです。モロ好みです。

Vol. 43《 叶のことを考えていた 》 (作者:すずはらなずなさん)
【 読者コメント 】

◎一人のキャラクターを思い続けた、ただそれだけなのに深いタイトルだと思います。

Vol. 43《 夏の針 》 (作者:松永夏馬さん)

Vol. 43《 終わらぬ夢 》 (作者:すぅさん)

Vol. 44《 ダイナシのレストラン 》 (作者:松永夏馬さん)

Vol. 44《 眠り姫の睡眠不足 》 (作者:ひとみんさん)

Vol. 45《 温かい本棚 》 (作者:すずはらなずなさん)

Vol. 46《 Pandora(パンドーラ) 》 (作者:すずはらなずなさん)

Vol. 46《 Mystery circle 》 (作者:知さん)

Vol. 46《 君がいて、世界があるから。 》 (作者:いつきさん)






伍長「以上よ。受賞された方に、今一度大きな拍手をお願いするわ!

ここの受賞は、ひとみんさんの作品が目立っているわね。一位の三票に、二つも名前が載っているわ。
でも、数の上ではなずなさんの一人勝ちね。計六つ……って、それって全作品って事よね? さすがはMCクイーン。センスの良さは半端じゃないわ。

タイトルはその作品の顔であり、それを見ただけで作品の内容が垣間見えるような、そんなセンスが必要よね。
さすがは受賞作品群ね。素晴らしいわ。
また来年も、ナイスな作品の創作、期待しているわよ!」


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


内藤「……でね。うまい棒のサラダ味って、実はニンニクオイル味なんじゃないかなぁって、常々ボクは思ってたんだけどねぇ」

伍長「な・ん・の・は・な・し・を・し・て・い・る!!!(トゥーキック)」

伊闇「あら先輩さん。もう発表は終わったんですね」

伍長「そうね。貴方達がのんきにお茶している間にね」

天野「では、私の出番ですね。ナイス描写賞発表、行ってきます」

内藤「ぱちぱちぱちぱち(←拍手)」


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


天野「ハイ、それではここから、ナイス描写賞の発表です。進行役は私、今一つ毒が足りないと評判の天野真理がお送りします。
……というか、これ以上、毒成分が増えても仕方なくないですか? まぁ、その内に毒が増える瞬間が訪れるかもしれませんね。ふふふ。

閑話休題

この賞は、皆さんの心に残った、印象深い描写の入る作品に与えられる賞です。
さてさて、どんな作品が選ばれたのでしょうか。一位から順に発表させて頂きます」



【 ナイス描写賞 】

2012年度掲載作品の中で、印象の深かったナイスな描写の作品に贈られる賞。



【 一位 】 ☆☆☆☆(星四つ)

Vol. 44《 名前も知らないお二方へ 》 (作者:望月さん)
【 読者コメント 】

◎手の中でメモ帳がばらばらと捲れていく。
微笑ましい2人は、不恰好なダンスを踊っているようにも見えた。
位置的に一番最後のです、はい。
この「不恰好なダンス」なのに微笑ましいという一旦引いてから押すみたいなところが好きです。
◎最後に切り取られた絵がパラパラめくれていくシーンには、思わず息を飲みました。だってそのシーン、見えてないのに目の前で見えているかのように浮かび上がるんだもん。
素晴らしいです! 素敵としかいいようのない作品でした!
【 作者コメント 】
ナイス描写……!? うぼああありがとうございます……!!! 描写で票をいただけるとは……嬉しいです;▽;



【 二位 】 ☆☆☆(星三つ)

Vol. 44《 リトルコンプレックス 》 (作者:辻マリさん)
【 読者コメント 】

◎4章目?の1番最後
【心配性の家族に苦笑しながら、それでも姉はありがとう、と言った。】
この作品がどんな作品であるのか短い言葉の中に集約された言葉の描写!
僕はこの作品が大好きです(*^^*)
多彩な作品を書かれる辻さんではありますが「こういうのもありだよね」
ではなくて、「こういうの小説って言うんだよ」と読んでない方にオススメしたい作品です。
後半の故郷の描写も素敵で悩みました。総合オススメにしようか迷いました。
それくらい僕は彼女の作品の中でこの作品が好きです。
サスペンスではないのにドキドキした…そう以前感想を書きましたが、そのドキドキが、ふっと消えるこの瞬間の描写にも触れたかったので、この賞にしました(*^^*)
【 作者コメント 】
◎こんにちは、もしくは初めまして。主人公です。
ナイス描写賞で投票してくださり、ありがとうございます。
そう言えば僕の名前は作中一回も出て来ませんでした。
作者さんは、湯浅源三(ゆあさ げんぞう)と言う名前をちゃんと考えてたそうです。
見た目は「小川直也が学ラン着てる」そうです。
こんな喋り方だけど、普段は柔道部部長なんで、後輩に示しもつかないしびしっとしてます。
僕は多分平凡な人生になると思うけど、また何処かでお会いできたらその時はよろしくお願いします。



【 三位 】 該当七作品  ☆(星一つ)

Vol. 41《 ねがい 》 (作者:すぅさん)
【 読者コメント 】

◎たんたんと話しを進めていくだけに 最後の一文でのドンデン返しが効いています。オシャレです。 こういう話って 必ず読み返しますよね。1度読んでほっとけないというところがツボ。

Vol. 41《 Mr. 》 (作者:すぅさん)

Vol. 41《 セピア 》 (作者:辻マリさん)
【 読者コメント 】

◎御屋敷の雰囲気とか老夫婦の様子とか相対して絵を描いている時の空気が好き。描写がとても奇麗です。

Vol. 43《 ボニン島 》 (作者:鎖衝さん)

Vol. 44《 羽のもがれた蝶の行方 》 (作者:氷桜夕雅さん)
【 読者コメント 】

◎ラスト、秘密に気付いた主人公が実は・・・と言うシーン
じわじわ来る恐ろしさで、読み返すたびになんか怖いのです。
その「噛めば噛むほど」な作りが小説における「粋」だと感じました。

Vol. 45《 REМOVER 》 (作者:ココット固いの助さん)
【 読者コメント 】

◎夢から覚めた~声をあげて泣いた。(終盤の4行)

Vol. 45《 屋根裏書庫の朗読師 》 (作者:鎖衝さん)





天野「はい、ナイス描写賞はここまで。
もしかしたら少し選びにくい賞だったかも知れませんね。投票数もあまり多くはありませんでしたし……。

でも、選ばれた作品の内容とそれについたコメントを見る限り、どれもこれも納得出来るな、と思いましたよ。
皆さん、受賞された方々に温かい拍手をお願いしますね」


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


内藤「あっ、それダウトね! ぷすすっ♪」

伍長「くっ! 通らなかったわね……」

――ジャコン(ボトルアクション音)

内藤「や、やぁ、天野さん。お早いお帰りで……(声震え)」

天野「あらあら、みなさんこのめでたい席で一体なにをしているのでしょうか?(微笑)」

内藤「え~とこれはUNOって言うアメリカ生まれのカードゲームで、クリスマスの晩にサンタさんがどの方角からやって来るかって言うのを占う中国福建省の由緒正しきフースイの原理を取り入れたと言う……(汗(汗(大汗))

伍長「(隠せ、隠せ! 迅速かつ穏やかに!)」

伊闇「(は……はいっ!)」

天野「さて、それでは続いてナイス名台詞賞の発表です! 司会進行役は再び登場のアンヂェラ伍長さんです! ……あ、伍長さん、ポケットからボロボロとカード落ちてますよ?(微笑)」

伍長「!!!!」

内藤「それより……このこめかみの銃口どけて~~~(泣)」


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


伍長「さ、さぁ、気を取り直してガンガン行くわよ! 次はナイスな名台詞の、ナイス名台詞賞! ……誰? 二回言うなとか野暮なツッコミを入れるのは。

この賞は、これもまた読んで字の如くね。今年のMC作品の中で、ダイヤの如く光る粋な台詞を埋め込んだ作者を埋め……褒めてあげようという賞よ。

さぁ、一体どんな作品が選ばれたのか、早速発表にうつるわよ!」



【 ナイス名台詞賞 】

2012年度掲載作品の中で、印象の深かったナイスな名台詞に贈られる賞。



【 一位 】 該当三作品  ☆☆☆(星三つ)

Vol. 43《 深淵の人魚姫 》 (作者:氷桜夕雅さん)
★「マイケル、君は疲れ過ぎて変なものが見えるんだ。帰ってマイハニ-とハニート-ストでも食べようぜ」
【 読者コメント 】
◎こんな台詞が書けるのは氷桜夕雅さんしかいない!いるとすればワイルド・アット・ハートを撮った時のデビット・リンチだけ!!
名台詞弾幕マスターと言えばClownさんで僕は最初から、この方の作品の台詞の何れかに絞っていました(*^^*)しかし気がつくと胸を打ち抜かれ視界霞む彼方の高層ビル…白煙を上げていたのは彼女のスナイパ-ライフルであった…「なるほど、いい腕をしている」…死。 
★「成仏しちゃったらカナウに会えなくなっちゃうでしょ?」
【 読者コメント 】
◎萌える。コレ萌えるからいいけど、萌えないパターンだったら相当怖いですよね。
【 作者コメント 】
◎ナイス名台詞賞を頂きありがとうございます。え、えっとですね!このセリフはですね!『マイハニー』と『ハニートースト』の『ハニー』つながりの 高度なギャグなんですよぉ~凄いで・・・・ってわかるわ!!
もう一つはですねかなり悩んだ末の台詞だったので素直に嬉しいです。最後の最後まで人形姫を成仏させるかさせないか悩んでやっぱり死んだとしても幸せになってほしいなぁって思って書きました。投票して下さった皆さんありがとうございます(ぺこり

Vol. 43《 同級生観察日記 》 (作者:辻マリさん)
★「と言う訳で、明日から池谷の観察日記をつけることにしたんだ」
【 読者コメント 】
◎この台詞で笑い過ぎて、椅子から崩れ落ちた経験あり。かなりツボった。
◎このセリフがあったからこの企画が作られたんじゃないかって思う程。 (←正解です※内藤)
【 作者コメント 】
◎この度は投票下さり、誠にありがとうございます。
観察日記をつけられてた池谷翼です。
名台詞・・・いや、これ名台詞・・・か?
て言うか俺の観察日記つけてどうするつもりだったんだあの馬鹿。
そんな事やる暇あるなら進学でも目指したらどうなんだ。
高校三年生なんだぞ俺達は。

Vol. 46《 Pandora(パンドーラ) 》 (作者:すずはらなずなさん)
★「『メリー…クリスマス!ホッホホー』」
【 読者コメント 】
◎不安と戸惑いをおどけてみせたこの一言。気に入ってしまいました。自分の中で流行してます。
◎もちろん後書きの方の「ホッホホー」に一票。
【 作者コメント 】
◎名台詞賞 有難うございます。
書きながら でも何で サンタさんは 「ホッホホー?」、と思い 
検索して(律儀)ずらっと並んだホッホホーを見て やっぱ ホッホホーだと思い
・・・・・・
・・・・
皆様に愛を込め・・・・
・・・・・メリークリスマス ホッホホー♪



【 二位 】  ☆☆(星二つ)

Vol. 41《 The/Last/Command 》 (作者:Clownさん)
★「そう言えば、戦わずしてそこから飛び降りていった者達もいたのぅ。なにやら一様に疲れた顔をしておったが」
「お前の所為だ、お前の」

【 読者コメント 】
◎読んでて自分も飛び降り……いやいや、崩れ落ちました。

★「悪いが、茶番につきあってる暇は無いんだ」
「茶番……お主、上手いこと言う」
「掛けてねぇよッッッッ!!!!」

【 読者コメント 】
◎思わずここだけ朗読した。「掛けてねぇよっ!!!」
【 作者コメント 】 ※下記URLよりぶっ飛び下さい。(Clown氏の受賞コメントは、リンク先により全て共通となっております)
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-105.html



【 三位 】 該当六作品  ☆(星一つ)

Vol. 41《 作家のかくしごと 》 (作者:松永夏馬さん)
★「これは自首として認めてもらえるのかな」
「あとで本にサインください」
 隠し場所に驚いたそぶりも見せず、黛禄郎はそう言って静かに笑った。

【 読者コメント 】
◎この粋な台詞にニヤリとしました。

Vol. 42《 本音と建前友情論 》 (作者:ひとみんさん)
★納豆が水道から出てくる夢と投げ縄をクリアしないと国外逃亡できず、できなくて泣く夢を見ました。
【 読者コメント 】
◎ここに超ウケました!

Vol. 42《 冬の陽 》 (作者:氷桜夕雅さん)
【 読者コメント 】

◎あとがきと内容の温度差っていうのまで面白いですね。悪徳セールスの仕事で全然業績を上げられない主人公のキャラが 随所のセリフや心情の吐露 態度で表現されていて ピュアな恋愛物に いい味を与えていると思います。
「あ、あ、あ、ありがちょうごじゃいます」 の主人公と シュランプ(酒乱とスランプの合成語)だわ、申し訳ない。の作者さんに ナイス セリフ賞。

Vol. 43《 MEMORIES OF WATER 》 (作者:ココット固いの助さん)
★「お前ら仲良しだな。この間みたいに手を繋いで。 そして笑顔で。クラスのみんなに手を振って。そうだ。良い笑顔だ。そのまま1組から六組まで回って来い」
【 読者コメント 】
◎位置的に言うと第一部の夏休み前の授業でいちゃつくお二人に先生が言った一言
こんなこと言われても二人仲良く行っちゃうんだろうなぁと考えると実に微笑ましい台詞だと思いました、まる

Vol. 45《 屋根裏書庫の朗読師 》 (作者:鎖衝さん)
★「天麩羅・・・・・・食いに行くか?」
【 読者コメント 】
◎主人公が本を読んでもらった後
「天麩羅・・・・・・食いに行くか?」
とチヅ子に尋ねる一言。
何となく気まずそうに言うんだろうなとその空気が見えてくるようで、思わずにっこりした一場面と台 詞でした。

Vol. 46《 オブザデッド・メイキング 》 (作者:辻マリさん)
★「所長、俺逃げても良いっすか?」
「じゃあ、お前と一緒に俺も逃げる」
「・・・ですよねー」






伍長「以上、ナイス名台詞賞に受賞された方々に、もう一つ大きな拍手をお願いするわ!

案の定、受賞された作家さんの多くは、コメディの上手い方か抒情的な作品が上手い方が多いわね。
なんだか読者コメントを見ても、やけに盛り上がりを見せる不思議な賞だったわ。
是非、来年のMCも、この賞を目指して頑張って欲しいわね!」


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


内藤「………………」

伍長「……?」

内藤「うぅん……むにゃむにゃ、もう食べれn(フランケンシュタイナー)」

天野・伊闇「!!!!!」

内藤「なんか飛んだよ! なんか飛んだよっ! 地球が一回転とかしちゃってたよっ!!!」

伍長「当然の報いだ、このfxxkin'カボチャ! 受賞の最中に眠る奴が何処にいる!!(フィギュアフォー・レッグロック)」

内藤「あぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃ!!!(泣)」

天野「(見なかったことにしましょう)さて、それでは続いて、ナイスキャラクター賞の発表へと移らせてもらいますね! もちろん司会は私、天野が務めさせていただきます」


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


天野「さぁ、既に皆さんももう理解していますよね? これもまたタイトル通り、今年一年の中で、心に残った素敵なキャラクターに贈られる賞です。
さてさて、どんなキャラクターが出てくるでしょうか?
内容もかなり盛り上がっていますので、皆さんお楽しみください~」


【 ナイスキャラクター賞 】

2012年度掲載作品の中で、印象の深かったナイスなキャラクターに贈られる賞。



【 一位 】 ☆☆☆☆☆(星五つ)

◆黛禄郎 (作者:松永夏馬さん)
Vol. 41《 作家のかくしごと 》等、黛禄郎主人公のミステリーシリーズより。
【 読者コメント 】

◎【作家の隠し事】で出会った素敵な巡査。理知的なのに余り攻撃的な部分を感じないのが好きです。
◎(この辺は投票せんでも来るんだろうなぁ、天邪鬼な私はあえて外したいんだけどなぁ、でも入れちゃう・・・・あ、これひとりごとなんでコメントじゃないですよ) ←※載せました
◎やはり夏馬さんが生み出したMCきってのトップアクタ-である、あの方に票が集まる事を想定しつつ…こちらに一票。
【 作者コメント 】
◎そりゃまぁ一年を通して6本全部に登場してたら嫌でも目につくだろう黛禄郎巡査(笑)
自分の作ったキャラが支持されるのって不思議な感じですね。ありがとうございました。来年もどこかで顔を出せたらいいなと思っております。・・・ネタが(うーん)
年齢不詳、若白髪の混じったもっさりとした髪で度の強いメガネをかけた色白で痩せ型、どこかで見たことあるような顔で、どこにでもいそうな顔。勤務以外にも別荘地、田舎の集落、喫茶店と神出鬼没、どこで黛君が見ているかもしれませんので、皆様犯罪を犯す際には十分お気をつけを。



【 二位 】 該当四キャラクター  ☆☆☆☆(星四つ)

◆「魔王(フレイア・デア・ファスタラント)」 (作者:Clownさん)
Vol. 41《 The/Last/Command 》より三票。
Vol. 46《 【Vinushka】 》より一票。
【 読者コメント 】

◎なんか我儘に世界征服とかしてそうで可笑しい。
◎魔王で幼子で一人称が「妾」というのが私好みです。お父様の剣が折れてアタフタするのところとか可愛い! なのに考えがしっかりしているのがさらに可愛い!
◎コメディとシリアスの混在。この世界の根っこの部分は彼女の存在そのものではなかろうかと。

◆グラシャ=ラボラス (作者:Clownさん)
Vol. 45《 黒魔法ブックマーク 》より。
【 読者コメント 】

◎Clown先生の「黒魔法ブックマーク」のグラシャ=ラボラス、普通ああゆうポジションって強いはずなのに後半ボッロボロだったから(笑)
◎いつ大活躍のシーンが出て来るかって期待していたのに、ラストでは触れても貰えず。w この意外性がめーちゃ好きです!w
◎45回、Clownさんの黒魔法ブックマークからグラシャ=ラボラスさんを。悪魔なのに憎めない、あのトリッキーなキャラが好きです。
【 作者コメント 】 ※下記URLよりぶっ飛び下さい。(Clown氏の受賞コメントは、リンク先により全て共通となっております)
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-105.html

◆藪影彩見
◆彩見ママ
 (作者:すぅさん)
Vol. 44《 藪影庵の彩見さん 》等、彩見シリーズより。(各四票ずつ)
【 読者コメント 】

◎この賞って このシリーズのためにあるのでは?と思うほど キャラが立つ作品ですよね。 彩見さんに一票と お母さん最強説に一票
◎藪影庵の彩見さんのお母さん…最強です(*^^*)
◎彩見さんを差し置いて。完全にこれは彩見ママ最強です。そして渋い辰さんの存在感。



【 三位 】 該当三キャラクター  ☆☆☆(星三つ)

◆砥石 & 秋子 (作者:ココット固いの助さん)
Vol. 41《 主婦とナイフと金木犀 》より。
【 読者コメント 】
◎最初のガールズトーク、怒涛の展開で兵隊さん出て来てからの 会話のテンポの良さ。主婦キャラの可能性を広げましたね。最高の主婦です。
◎この二人はド真面目にやりとりしてんのに、テンポはいいしジェットコースターみたいにぐるんぐるん回って、たまらなく面白かった。
【 作者コメント 】
◎マジデスカ?(@_@)ホントニ?ホントニコイツラガ?
正直今年一番のビックリ!!!
カルロス・リベラのノ-モ-ションからの見えないパンチを初めてくらった矢吹丈の心境でありますよ(+_+)
いやいやいや…予想外だし、他の方のMCの作品には素晴らしいキャラクターが沢山おりますから
嘘偽りの無い気持ち…僕の作品はキャラクター弱いと常々思ってました(>_<)来年はそれが課題かなあと…
だから一番嬉しい賞です(T_T)ヤッター!!!!!\(^o^)/
えらいぞ秋子と研石(T_T)子供は産んでみないと先々分からないもんだ。
投票して頂いた方々ありがとうございます!!

◆北条政子 (作者:氷桜夕雅)
Vol. 46《 けみかるりあくしょん 》より。
【 読者コメント 】
◎ツンデレ武将、北条政子さんに一票! 並み居る敵をなぎ倒しながら、「べっ、べつに戦いたい訳じゃないんだからねっ!」と言う赤面しながらの彼女の台詞に萌えました!
【 作者コメント 】
◎いやぁセイヨウカボチャモドキから「ナイスキャラクター賞受賞だぷす!」と言われて喜んだと思ったら誰だよ北条政子って!!
ほ、他にもいるよねキャラクター、いるよね?ま・・・・まさこぉぉーーーー!?
いやねいやね、そりゃちょっとは思ったよ?「これ北条政子がナイスキャラクター賞入ったら面白くない?」とか思ったよ?でもなにマジで投票しちゃってるのぉ?
先生怒らないから素直に手をあげなさい!ありがとう言いますから!
あ、でも北条政子の活躍なんて書きませんからね!



【 四位 】 該当十キャラクター  ☆(星一つ)

◆光永ナツミ
◆水戸平仁美
 (作者:松永夏馬さん)
Vol. 42《 an idol in cry  ~彼女は流す涙を纏う~ 》より。
【 読者コメント 】

◎ナイスネーミング賞といいましょうか。キャラの名前が光永ナツミ 水戸平仁美 普通にありそうなのに 回文だなんて 凄いです。その上作者さんの名前が回文だったなんて今頃知って吃驚です。(今ごろかよって・・・)  もちろん回文じゃないけど 黛禄郎巡査 は ステキキャラ一番ですが。

◆ピーター・クロス (作者:ココット固いの助さん)
Vol. 44《 ピーターと友達 》より。
【 読者コメント 】

◎数年前死んだ大好きな俳優に、是非こんなキャラクターを演じて欲しかったなあと小説を読んでいて思 ったのです。

◆辰さん (作者:すぅさん)
Vol. 44《 藪影庵の彩見さん 》より。


◆小泉真 & 恭子 (作者:ひとみんさん)
Vol. 45《 図書恋愛 》より。
【 読者コメント 】

◎可愛い恋愛です。ポっとしちゃう。手紙をやりとりする二人にナイスキャラ賞。

◆砂原スズナ (作者:松永夏馬さん)
Vol. 45《 オレが読むから 》より。


◆志茂田チヅ子 (作者:鎖衝さん)
Vol. 45《 屋根裏書庫の朗読師 》より。


◆葛西一希
◆東條綾音
 (作者:氷桜夕雅さん)
Vol. 46《 けみかるりあくしょん 》より。
【 読者コメント 】

◎代打私!じゃなくて氷桜夕雅先生(自分で言うな)の「けみかるりあくしょん」の東條綾音ちゃんに一票  あ・・・・なんだったら北条政子にも入れてもいいのよあとがきにしかいない奴に投票が入るという謎の現象なんでスルー(・_・;)





天野「拍手~~~!!! ぱちぱちぱち!!!

いや、すごかったですね。これはもう私も予想した通り、松永さんの黛警部が来ましたね。既にそこそこファンも付いているようですし、これは強みです。
そしてやはりと言うか当然と言うか、Clownさんの創った「魔王」と、「悪魔」
そしてすぅさんの創った、「彩見さん」と、そのママ。

来ると思いましたよ。
実際、これが作品に投票される形式だったら、すぅさんのは合計で九票でダントツのトップとなっていましたし。(彩見さん四票、ママ四票、辰さん一票)

そして笑えたのが、氷桜さんの作品に出て来る(?)、北条政子
果たして今後もまた、政子さんの出番はあるのでしょうか? 私は個人的に、来年のこの賞を心待ちにしておきます。

ナイスキャラクター賞、以上です」


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


内藤「お疲れ様だよ! お疲れさ……あべしっ!(→↓↘ 強P)」

天野「あ……(まぁ、いいか内藤さんだし)」

伍長・伊闇「あ~~~、やっちゃった~~~」

内藤「ひ……ひどいよ、ひどいよっ! 今回はなぁんにもしてないのにっ!(泣)」

天野「てへへ♪ ちょっとクセで」

伍長・伊闇「(酷いとは思うけど、わかる気もする……)」

内藤「さ、さぁ……残す所も後、管理人特別賞と、総合オススメ賞だけとなりましたが~~~(ふらふら)」

天野「ここで一つ、特別コーナーです(にっこり)」

伊闇「え~、一体何事かと言いますと~」

伍長「コメントの締め切り過ぎてから届いた”一言コメント”を、ここでバッサリと晒し(特別掲載)てしまおうと言うコーナーね」

内藤「そ~して~、今回そのターゲットになってしまったのは、幸坂かゆりさんで~~~す! ぷすっ♪」

天野「では、かゆりさんの一言コメント、どうぞ~」



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



「Mistery Circle 2012に寄せて」


2012年は、私にとって、
とても大きな変化があった年でした。

個人的な事情ではあるが、
両手を差し出し心も差し出し、
もう差し出すものがない、というほど与え続けた一年で、
常に頭が混乱し、疲労困憊し、
このままこの世の中から消えてしまいたい、
と、何度も思いました。

その中で、一作だけ書けた小説が、
第42回 Mistery Circleでの「純粋な染色体」でした。
今の段階ではこれ以上書けない、と思いましたが、
掲載されたとき、他の書き手さんとの差に愕然としました。
私の作品には皆さんのような熱がない――― 。

とても口惜しく、恥ずかしかった。
書き手は、言い訳をしていては作品なんて書けない。
どんなに駄作であっても、全身全霊を傾けなければ、
言葉に対し失礼この上ない、と思い知った瞬間でもありました。
そして誰との闘いではないけれど、
誰にも注目されないものは書きたくない、
と、自己顕示欲の強い私は思います。
書くとき限定でその部分は長所だと思うので、
絶対に次に書くときは、誰かを振り向かせたい、
と、強く感じた苦い投稿になりました。

今でも、
力を奪われるような個人的事情は続いている。
けれど、私の人生は私の人生。
ここで流されていては私自身が後悔してしまう。
来年、既にMCさんに一作品提出が決定している。
まだ時間があるので、できる限り集中して、
人生の輪を途切れさせないようにしたいと思います。
また、いつもそんな私に、
容赦なくお題を出してくださるMCの皆さん(笑)に、
心から感謝の意を表して、締めたいと思います。
今年もありがとうございました!



※コメントここまで

以上でお願いします。
言い訳はしない(笑)色々ありますが、
書くことを諦めずにいたいです。来年も!
ではでは~。いつもありがとうです。



幸坂かゆり



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



内藤「ぱちぱちぱちぱち~☆」

伍長「やっぱりかゆりさんのこう言う主張は、相変わらず迫力あるわね」

天野「なんかこう、逆に元気もらってませんか、これ。こっちこそ負けられないって気分になっちゃいますけどねぇ」

伊闇「そこがかゆりねーさんの天然さ……あ~、うん!(咳払い) 良い所なんですねぇ♪」

内藤「そう言う訳で、かゆりさんのコメントだけ特別枠でお届けしましただよ~♪」

伍長「いつもそうだけど、かゆりさんのエッセイとかで影響出ちゃう人、結構いるからね」

天野「いい刺激になれば良いんじゃないでしょうか」

内藤「棚からぼたもち!」

伍長「(何が言いたかったのかわからないわね)――さて、ここからの管理人特別賞は、私達四人が個人的に推したいと思える作品を掲載するわ」

天野「個人の好みが混じるとは思いますが、それでも結局は、やはり印象深い作品が選ばれるみたいですね」

伊闇「なんか先輩方みなさん、選んだ作品がかぶりましたもんねぇ。思う部分は一緒です」

内藤「それでは行ってみたいよっ! 2012年度、管理人特別賞~♪」


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


【 管理人特別賞 】

2012年度掲載作品の中で、管理人達が個人的に強く推したい作品に贈られる賞。



【 天野真理賞 】
Vol. 46《 君がいて、世界があるから。 》 いつきさん


◎どうも、管理人弐号機の天野真理です。
今回の天野真理賞ですが……賞を決めるにあたり読み直ししましたが、やはりこの作品しか考えられませんでした。(他にも候補は2作品あったのは秘密です)

それは……

いつきさんの《 君がいて、世界があるから。 》です。

あー……えっと、少し素になっていいですか? 普通のコメントしようかと思ったけど無理っぽいです。

誤解を恐れずに言うなら、色々な意味で反則ですよ、この作品。

私が達したいと思っている内の一つの域に既に達していると感じさせる作品。正直、悔しいとしか言えませんよ。
読み終わったと凄いと思うと同時に、ふつふつと湧き上がってきた嫉妬に似た感情……
MC作品を読んで凄いと思った事や感心したことは多々あったけれど、ここまで悔しさや嫉妬心が湧き上がってきたのは初めてでした。
これ以上語っても蛇足になりそうなので、これ以上は何も言いません。天野真理賞を進呈です。

【 作者コメント 】
皆さん、初めまして(*^▽^*)ゞ
いつきです。

今回は初めてのMC参加でいきなり管理人特別賞を頂き……ビックリしました。
どれくらいかというと驚きのあまり脳溢血でも起こしてそうなこんな顔(.;゚;:益:;゚;.)!!になるくらいです(笑)

初参加でしたが、寸評で準オススメを頂けたことで頑張ったという手ごたえはつかめました。
皆さんからのコメントも頂けて、自信につながりました。
遅くなりましたがお返事を寸評記事の所に書き込みましたので、少しずつこちらのサークルになじんでいければと思います。

ですが、事前にオススメMC企画の記事を見ていたので、どの枠を見ても今回は入賞は厳しいと思っていたので……まさか「管理人特別賞」に選んでもらえるとは本当に驚きです!(しつこい)

せっかくの機会を頂いたので、作品のことなどに触れたいと思います。

私が創作において最も大切にしているものが「感情」です。
物語の中で生きる人たちの心。
それを細やかに、丁寧に作り込んでいくのが、私の生きがいというか。
大河ドラマみたいな波乱万丈の人間ドラマを描くのが一番好きな私です。

「君がいて、世界があるから」この作品に関しては、「あなたへ」というイラストを先に描いたのがきっかけでしたが、絵や文章を書くこと自体がおよそ一年ぶりでした。
リハビリも兼ねて、今回は短く、コンパクトにまとめようという課題を意識して書きました。

掘り下げれば掘り下げるほど人間関係やそこにある心の深部は密になって絡み合っていき、話も大きくなってしまうので、今回はさらっと読み流せてしまえるように、文体というか、表現そのものを重く感じないようにさせました。

けれども、感情の存在感という意味では、重みをバランスよく織り込めたものだと思います。

もともと私は「普段活字に触れない」「難しい表現は好きじゃない」そういう人にも読みやすい、伝わりやすい作品を作ろうと思っています。
読み応えを求める人に対しては、キャラクターたちの感情をリアルに感じてもらえるような存在感を通じて、そこに込められた思いを感じてもらえれば嬉しいです。

基本的にはゆっくりゆっくり書いていくので、今回のように1か月くらいしかない頃に描き始めて間に合うというのは色んな意味で奇跡でした。

もっと細部まで掘り下げて描きたかった。
描写で映像を見るように、言葉で映画を書きたい。
色々言い出すときりがないのですが……一番の軌跡は提出直前に推敲を手伝ってくれた相方の協力でした。

何せ一年ぶりなので、基本的な文法ミスが出るわ出るわ(笑)
繋がってなかった個所もあちこち見つけてくれました。
これらを訂正していなければ、準オススメもいただけない状態だったと思います。
この賞は相方の支えもあってのこと。これからもこれを励みに二人三脚で頑張ります。

今回は素敵な賞を頂き、作品の中でも伝えていきましたが努力は本当に結果になるんだと実感しました。

自分が微力でも誇りを持って今回のMC参加できたのは、自分の創作に対するスタンスや、周りからの協力、何よりも活動の場を提供してくださる方々がいること。
今後も参加できる限りは参加したいですし、来年はますますサークルが賑わい、発展していくことを願ってやみません。

みなさん、来年もよろしくお願いします。ありがとうございました!☆;.+*:゚+。.

◇*゚+*:;;:*◇*:;;:*+゚*ココからちょっと宣伝*゚+*:;;:*◇*゚+*:;;:*◇*゚+*:;;:*◇

創作は常に「感情表現」というテーマで活動しています。
小説は窓絵のミントの方に現在未完ですが長編作品とアレンジ版「君がいて、世界があるから」がアップしてあります。
イラストという形で視覚的にも感情を伝えていく作品を多く描いていますので、もしよかったらミクシィよりフォトページなどご覧になってください。

ミクシィキーワードは「まい いつき」です。
内藤さんのマイミクにもいつきの名前でおりますので、よかったら遊びに来てください。

◇*゚+*:;;:*◇*:;;:*+゚*ここまでありがとうございました*゚+*:;;:*◇*゚+*:;;:*◇



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


【 アンヂェラ伍長賞 】
Vol. 45《 REМOVER 》 ココット固いの助さん


◎私からは、この作品を推薦するわ。
続編を読めば納得なのだけれど、この作品には一見少女達の一人の男の子を軸にした対立や複雑な感情を、たっぷりの緻密な周辺描写を交えて描いた、ある種青春もののような作品なのだけれども、何処か妖しく揺らめく非日常的な何かがちりばめられ、或いは隠されていて、ずっと引き込まれる物があったのよ。
ただ、そう言ったある意味ファンタジー的な要素が世界観を支配すること無く、隠し味的な要素として添えられていたことを、私は不思議な魅力として捉えていたのだと思うわ。
勿論、作中の女の子達の、攻撃的・一部は破滅的とも言えそうな情感にも、とても心を動かされた物よ。
続編の星とほおずきも併せて、私はこの作品を推すわ。
素晴らしい作品を、ありがとう。

【 作者コメント 】
◎1970年代に入った頃劇画ブ-ムに押され手塚治虫さんは落ち目だったと聞きます。

連載しても読者の支持を得られず打ちきりばかり…

当時の少年チャンピオンの編集長が下した「手塚はこの連載で切れ、次は無しだ」

という判断は編集長として正しいものだったと僕は思います。

しかし当時の手塚治虫担当の編集の方は。

「あと一作だけ連載させて下さい。手塚の死に水は僕がとります」

この一言がなければ漫画家手塚治虫は終わっていたし名作ブラックジャックは誕生しなかった…

作家さんと編集の方の、僕の好きなエピソードです(*^^*)

少なくとも自分はMCに参加させて頂いた事もですが、そのつど頂くありがたいアドバイスや寸評がなければ今年も去年もノ-トにイタズラ書きみたいなものを時々書く程度…だったと思います。

今まで提出した作品の流れの中で書いた「ピ-タ-と友達」という作品が管理人さんや他のMCの参加者の方々に誉めて頂いて。

次に書いたこの作品は明らかに今までより強い想いで書いた作品でしたので、「管理人特別賞」というのは…めちゃくちゃ嬉しいです(*^^*)

少しだけど恩返し出来た気分であります。

管理人さんの言葉も時々別の方の姿の方の言葉も必ず自分の作品の中に生きています。

今回の作品は「写真や音楽は作品を書く上でインスピレーションになる」

そんな管理人さんの言葉から生まれた作品です(*^^*)

Blow Away(吹き飛ばされる)という意味のこの曲から死によって吹き飛ばされされた少年の物語は生まれました。

続編はその曲が収録されたアルバムのジャケットから…連想しました。

言葉よりも音楽や絵で感謝の気持ちを…
http://www.youtube.com/watch?v=GGrFWxClk40&sns=em

ありがとうございました(*^^*)ボケなしです…



゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


【 伊闇かなで賞 】
Vol. 42《 冬の陽 》 氷桜夕雅さん


◎私は、氷桜さんの《冬の陽》をオススメします。
この直球ストレートさの中にある複雑さ。私はここに魅力を感じました。
主人公の男性のよくある無駄なプライドも、この作品内においてはピリリと効いたナイスなスパイス。
しかも……終盤で彼女を殺してしまう辺り、そんじょそこいらにある作品とは全然違うだろう意気込みを感じさせてくれます。
ラストで主人公が店を継ぐと言うのも、ほんわかと感動させる素敵な描写で、私はやはりこの作品が大好きです。
是非またこう言う、「寂しげだけどハッピーエンド」な作品、お待ちしてます!

【 作者コメント 】
◎去年に引き続き管理人特別賞ありがとうございます。冬の陽はいつもの
軽い感じのお話とは違って寂しい話で書いた当初はあまり好きな話ではなかったのですが今回のオススメMCを決めるにあたり読みなおしたところ「あれ?意外にいいかも」なんて思ってたので凄く嬉しいです。
こう好きな人に良い風に見られようと無駄な努力をするあたり、まんま私なんで
恥ずかしいのは変わりないんですけどね


゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜


【 night_stalker賞 】
Vol. 41《 セピア 》 辻マリさん


◎これだよ、これだよっ! ボクのオススメはこの作品だよっ!
いやぁ~、なっつかしいなぁ~。この作品はVol. 41だから、今年の初めの作品だねっ! だから懐かしく感じるのかなぁ。それでもその時の衝撃ったら、ホントについ最近のように思えるよっ!
冒頭から「?」の連続な展開で、そしてますます謎な方向へと進み、最後にどかんと伏線が集結した時のあの衝撃! 「ホラ見た、辻さんの実力!」って、なんか関係の無いボクまでもが小躍りしてたもんねっ!
やはり辻さんは並な書き手じゃない。そんなパワーがひしひしと感じられる、そんな作品だったと思ったよ!
と言う訳で、内藤賞贈呈~。ハイハイそこ、嫌な顔しない~。ぷすすっ♪

【 作者コメント 】
…え、これ何かのドッキリですか…?
もしくはアレ?死亡フラグ?死ぬの?私死ぬの?
…ええと、こんな拙い実力の書き手ですが、選んでいただきましてありがとうございました!!
これからも頑張ります!!(土下座)


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


内藤「……とか思ったらね。どこからかこう聞こえて来るんだよね。ひゅうううう――ひゅうううううって……(稲川淳二風に)」

天野「いやああああああ!」
伍長「Oh fxxkin' shit!」

伊闇「……あれ? ……!!! ちょ……ちょっと先輩方!」

内藤「あれ? この音……さっきも聞いたなぁ。思いながらね、そ~っとね、見てみたんだよね。ドアノブを握って……んきいいいいいい……」

天野「やだやだ、怖い~!」
伍長「No more speakin', It's hard!」

伊闇「ちょっと~! もうマイクこっち戻ってますってば、先輩方っ!!!」

内藤「でね……そこにね。……いるんだよね。もう完全に人の形になっちゃってる何かがね……」

伊闇「オラァ! 真面目にやれよぉ、このウスラカボチャ~~~っ!!!(↓↘→↓↘→B)」

内藤「あわびゅっ!!!(浮き)」

伍長「Oh……通天砕(汗)」

天野「え~、それでは、内藤さんが浮いている間、私達が代わりに司会進行しておきますね」

伍長「いよいよ賞も大詰め。残す所は後一つ、この企画の目玉とも言うべき“総合オススメ賞発表”のみとなったわ」

伊闇「冒頭でもお伝えしましたが、裏方やってみて初めてわかるこの一票の重み」

天野「そうそう、そうなんです。ただ☆が並んでいるだけだったら何もわからない事かも知れませんが!」

伍長「少なくとも貴方方のその作品を読み、何かを感じた上での一票である事、忘れないでいて欲しいわ」

伊闇「それからもう一つ……」

内藤「来年からでもいいから、ちゃんと自分の作品であってもオススメして欲しいよっ!(着地10.00)」

伍長「(ちっ! もう落ちてきやがった)」

内藤「毎年言ってる事だけど、この賞は作品の優劣を付ける為の企画じゃないからねぇ! 一読者として、気に入った作品を他の方々に“オススメ”する為のものだからねっ! 自信を持って“オススメしたい”と思ったら、自分のであれ他人のであれ、そんなの全然関係無いからねぇ~~~!!!」

伊闇「中には本当に、自分のだけオススメしている方もおりますからね」

天野「ようやく今年になって、自分への票を入れてくれる方々も増えて来ましたしね。嬉しい事です」

伍長「そう言う訳で、来年はもっと投票数の増える事を願っているわ」

内藤「ではでは、そろそろ行こうね! 2012年度、総合オススメ賞!」

全員「はっぴょ~~~で~~~す!!!」


内藤「きょ~h(アルゼンチンバックブリーカー)」



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


【 総合オススメ賞 】

2012年度掲載作品の中で、「これはオススメ! 読んで欲しい!」と思える、超ステッキーな素晴らしい作品に贈られる賞。



《《 ☆ 星一つ作品 》》 該当九作品

Vol. 41《 土星の家 木星の灯 》 (作者:すずはらなずなさん)
【 読者コメント 】

◎静かながらに哀しさありドラマありで、しんみりと嬉しいそんな作品でした。

Vol. 41《 a shroud of darkness 》 (作者:りんさん)
【 読者コメント 】

◎「間の抜けた返事をした」が締めの文なのに この怖さ。主人公の女性の感情の動きがリアルです

Vol. 42《 本音と建前友情論 》 (作者:ひとみんさん)
【 読者コメント 】
◎女友達同士の良くありそうな場面を切り取ったショートに、激しく同感です。

Vol. 43《 Pioneer 》 (作者:知さん)

Vol. 43《 白昼夢 》 (作者:rudoさん)

Vol. 44《 宝石たちの時間 》 (作者:すずはらなずなさん)

Vol. 44《 眠り姫の睡眠不足 》 (作者:ひとみんさん)

Vol. 45《 図書恋愛 》 (作者:ひとみんさん)

Vol. 45《 隣人はすれ違う 》 (作者:辻マリさん)




・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



《《 ☆☆ 星二つ作品 》》 該当十四作品

Vol. 41《 Mr. 》 (作者:すぅさん)
【 読者コメント 】

◎「騙し」を巧く使った超短編。膝を叩いて「巧い!」ってなりました。この作品からすぅさんが気になって気になってしかたがありません。

Vol. 41《 黄昏時の女神 》 (作者:鎖衝さん)

Vol. 41《 セピア 》 (作者:辻マリさん)
【 読者コメント 】

◎どーんと感動。そして号泣。マリさんの感性、素晴らしい!
設定がいいですよね。こう言うなにげない設定でここまで盛り上げられるって凄い。

Vol. 42《 白の旅路 》 (作者:夏海さん)
【 読者コメント 】

◎やさしくて 寂しくて ほんのり温かくて いいです。とても好き。ご自分のペースでいいから 書き続けて欲しい書き手さんだと思います。

Vol. 42《 冬の陽 》 (作者:氷桜夕雅さん)
【 読者コメント 】

◎ピュアで良かったよ! 良かったよ! どんな顔してこれを書いたのか見たかったねっ! ぷすっ♪
◎知さんの作品を選んだ時「皆さん最近の作品の方が過去作品より素晴らしい」
みたいな事言ってなかったか?
これは氷桜夕雅さんの作品の中では古い方の作品です。
選んだ理由は…初めて掲載された時読み終わりに涙が出た事。
最近投票のために読み返してまた涙が出ました。
それが理由で選びました(*^^*)色んな方に読んで欲しい作品です。

Vol. 42《 an idol in cry  ~彼女は流す涙を纏う~ 》 (作者:松永夏馬さん)

Vol. 43《 同級生観察日記 》 (作者:辻マリさん)

Vol. 43《 青の夢、白の夢 》 (作者:望月さん)
【 読者コメント 】

◎まるで見たかのようにその場面場面が瞼に浮かぶような、そんなイメージを持つ作品でした。素敵です。

Vol. 44《 竜神詣り 》 (作者:鎖衝さん)
【 読者コメント 】

◎こういう雰囲気のもの、しかも予想と違う展開も混ぜてあるので、好きです。二票投了。

Vol. 45《 喫茶“猫足”~とある午後の風景~ 》 (作者:松永夏馬さん)
【 読者コメント 】

◎いつもの黛ではない安楽椅子探偵のような静けさがやたら良かった。ぜひにまたこう言う作品を!

Vol. 45《 黒魔法ブックマーク 》 (作者:Clownさん)
【 読者コメント 】

◎ゲーマーを感じさせます。

Vol. 46《 けみかるりあくしょん 》 (作者:氷桜夕雅さん)
【 読者コメント 】

◎良かったー! ナチュラルな(?)甘酸っぱさを感じさせてくれます!

Vol. 46《 絵に描いた犯罪 》 (作者:松永夏馬さん)

Vol. 46《 Night 》 (作者:すぅさん)
【 読者コメント 】

◎ヒトの話ではなさそうだよね、と読んでいましたが 上手くかわされてて、最後のにゃあ♪まで 引きずられました。可愛い恋愛の話に落ち付いて良かった。



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



《《 ☆☆☆ 星三つ作品 》》 該当六作品

Vol. 42《 さよなら ギターマン 》 (作者:すずはらなずなさん)

Vol. 42《 神様は返事をしない 》 (作者:rudoさん)
【 読者コメント 】

◎最初の喫茶店、思い出した少女との「機嫌のいい」主人公の安請け合い。男の子のお母さんの病室の雰囲気から感じ取った様子、逃げ腰になる主人公。全てがリアルで怖くて 主人公に自分を置き換えたら こうしか言いようのない状況で。
いい言葉をつらねてから ポイとたばこを捨てるあたり、上手い言い方でお母さんの「退院」について聞き出すところ その後ひとりで考えること、
人間ってこんなだよなぁと 彼女のこと悪くなんて言えない。さらさらとこんな話を読ませてしまうrudoさんは凄い。

Vol. 43《 夏の針 》 (作者:松永夏馬さん)

Vol. 44《 ダイナシのレストラン 》 (作者:松永夏馬さん)
【 読者コメント 】

◎やっぱり上げてしまいました黛刑事シリーズです。
こちらは犯人の事も好きなのです。
ラストシーンのゼリーを食べるシーンの彼の表情を妄想するのが大好きなのです。
◎だんだん黛シリーズが好きになってきました。

Vol. 45《 藪影庵の彩見さん ~哲学家たちとの夏~ 》 (作者:すぅさん)
【 読者コメント 】

◎シリーズ化おめでとう ありがとうという感じです。本たちのざわめきが聞こえてきそうでほんと、面白かったです。

Vol. 45《 REМOVER 》 (作者:ココット固いの助さん)
【 読者コメント 】

◎静かな作品なのですが、ついつい続きが気になってしまい、ずっと電車の中で読んでおりました。



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


伍長「ここまででもう、相当に内容の濃い作品ばかり並んでいるわね」

天野「どれもこれもタイトル見ただけで思い出せる作品ばかりですね」

内藤「たいやき、うまうま♪」

伊闇「さぁ、突っ込むのも面倒なので、次に参りましょう」

天野「いよいよ、星四つです!」


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



《《 ☆☆☆☆ 星四つ作品 》》 該当九作品

Vol. 41《 作家のかくしごと 》 (作者:松永夏馬さん)
【 読者コメント 】

◎犯人の心理描写と追い詰められ感がハンパなく、読者である自分自身もドキドキしてしまいました。最近こうゆうミステリって少なくなりましたよね。
◎素敵な事件起これ!と思ったら起こった!
素敵な刑事さんキター!
そんな衝撃をありがとうございました。
◎是非にこの作品の数十年前が舞台である「根古川ミステリーサークル部」の復活を願いたいですね。

Vol. 42《 恵理子の場合 》 (作者:MOJOさん)
【 読者コメント 】

◎今までのMCにはなかったセンスの書き手さんですね。新鮮でした。
◎上手いなあ…何か 記憶の中で 印刷された本で読んだ内容のようになっていました。会話だけで続くところが秀逸。女の子のセリフが凄くナチュラル。

Vol. 42《 純粋な染色体 》 (作者:幸坂かゆりさん)
【 読者コメント 】

◎姉弟であることで更に言葉と想いに深みが出ますね。最後の火のシーン、想像の映像なのに強烈なインパクトで、色が見えるようです。
文章がとても奇麗。堪能しました。読ませて頂き有難うございます。

Vol. 43《 深淵の人魚姫 》 (作者:氷桜夕雅さん)
【 読者コメント 】

◎軽いタッチがよいです
◎人魚姫”さんの勝手な独り言がとてもナイス。セリフ 描写 キャラクター賞と迷いましたが 結局全部なので 総合オススメで。

Vol. 43《 叶のことを考えていた 》 (作者:すずはらなずなさん)
【 読者コメント 】

◎登場人物ひとりひとりに深い愛情を持って書いているのがよくわかる作品だと思います。自分には逆立ちしてもこんなステキな物語をこんなステキに描くことはできないなと。

Vol. 43《 HAZY MOON -朧月夜- 》 (作者:李九龍さん)
【 読者コメント 】

◎不思議な雰囲気がいいです。2票投入w

Vol. 44《 ピーターと友達 》 (作者:ココット固いの助さん)
【 読者コメント 】

◎これは正直、度胆抜かれた。こんなに飛び抜けたセンスの人だとは思わなかった。

Vol. 46《 君がいて、世界があるから。 》 (作者:いつきさん)
【 読者コメント 】

◎絵が入ってる! とか、今までにないインパクトで驚きました!
◎ラストの一文に、ぐわっと泣かされた。

Vol. 46《 【Vinushka】 》 (作者:Clownさん)
【 読者コメント 】

◎続編(というか前編?)が読めてよかったです。
◎めっちゃ凄かったんだけど、知さんの作品とかぶってる部分だけが心残りです。
◎面白かったー! 続編の16選択お待ちしてます!www



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


伊闇「さすがは、かゆりねーさん! たった一作品しか書いてないのに、星四つ!」

伍長「新規で書いていただいたMOJOさんの作品もあるわね」

天野「松永さんの、"作家のかくしごと"がここって言うのも、なにか不思議な感じがしますね。もっと取って来るかと思ったのですが」

伊闇「それを言ったら、ココの助さんの“ピーターと友達”がここ止まりって言うのも、もっと不思議な気がします」

内藤「たこやき、うまうま♪」

天野「内藤さん、やる気あるのでしょうか?」

伍長「面倒だから放っとけばいいわ。ではいよいよ、お待ちかねの星五つで……」

内藤「星五つの発表で、今年のMCもおしまいだよ~~~っ! それでは張り切って、行ってみようっ!!!」

伊闇「肝心な所でこれだから……」

天野「星五つは、作者さんのコメント入りです(こっそり)」



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



《《 ☆☆☆☆☆ 星五つ作品 》》 該当四作品

Vol. 41《 The/Last/Command 》 (作者:Clownさん)
【 読者コメント 】

◎笑えるやりとりとまじめな展開が面白かったです。
◎選択肢を選ぶ小説を書くっていうのが ネットならではの効果を生んでいて、こういう形は考え付くには着くけど  なかなか実際には作るのは難しいと思います。なんかわくわくしますよね、お疲れ様~拍手!って感じです。
【 作者コメント 】 ※下記URLよりぶっ飛び下さい。(Clown氏の受賞コメントは、リンク先により全て共通となっております)
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-105.html

Vol. 43《 ボニン島 》 (作者:鎖衝さん)
【 読者コメント 】

◎関係ないですが、未だに作者様の名前の読み方が覚えられません。
◎ドキドキしました。島にいるような気持ちになりました。臨場感スピード感、引き込まれました。
◎雰囲気、設定、ストーリィ展開と、もう自分好みでございます。
【 作者コメント 】
◎この度は私の作品を推してくれてどうもありがとうございます!
この作品は、クローズド・サークル(嵐の山荘モノ)調なミステリーを書きたいなぁって。。。思っての暴挙がこうなりました~な、そんな感じ。(苦笑)
松永先生のようなしっかりとしたトリックなんて作れない私は、ひたすら人物トリックで誤魔化し誤魔化しです。でも、もうちょっと長めで書いてみたかったなぁって思った作品でもあります。

Vol. 44《 藪影庵の彩見さん 》 (作者:すぅさん)
【 読者コメント 】

◎素敵な世界です。なんかこのシリーズだけずっと読んでいたい気分。てな事で二票。
◎なんて言うか、新風です。MCの歴史の一つって感じの作品でした。
◎いいですねぇ。キャラでウケる作品の代表ではないでしょうか。
【 作者コメント 】
彩見さんは、いつだって明るい女性で、ある意味私の「なりたい女性」だったりします。
妖さんとお話出来るのは、ちょっと困りますけど(笑
彩見ママさんは、実はモデルが居るんですよー。
何を隠そう、私のママさんなんです。
天然です、ホワホワしてます、可愛い人です(笑
ちょっと脚色もありますが、素敵な女性ですよ。
藪影庵は、きっと皆さんの身近にあるはず。
妖さんが集うお店、不思議な事がちらほらと。
そんな日常をプレゼント。
それが「藪影庵の彩見さん」です。
受賞ありがとうございました!

Vol. 46《 オブザデッド・メイキング 》 (作者:辻マリさん)
【 読者コメント 】

◎発想もすごく面白いし、文章も明るく調子良いテンポなのであっという間に読めました。
◎今までにない設定と世界観。そこに拍手! いや、大拍手!!!
【 作者コメント 】
◎ども、作者から正面切って「お前の名前考えるのめんどい」って言われちゃった方、一条ミハルです。
いやしかし総合オススメ賞っすか。
・・・あれじゃね?
最近出たばっかりだから記憶に新しいだけなんじゃね?
そうでもなきゃオススメ賞なんて取れねーって、いや、マジで。
まあでも、結構うれしいっす。
ありがとうございました!
あ、あと作者が
「所長のモデルは俳優の榊英雄」
って言ってました。
どうでもいい?
・・・ですよねー。



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



内藤「いちご大福、うまうま♪」

伍長「クリスマスに相応しい食べ物じゃないでしょう、それ……」

天野「ずっと食べてばかりでしたね」

伊闇「さぁて、これで今年もMCは終了ですねぇ。ちなみに私は、星五つの“藪影庵の彩見さん”に一票入れました~!」

伍長「確かにいい作品だったわね。と言うか、もう既にここに揃った作品はどれも素晴らしいものだと思うわ」

天野「それではみなさん、今一度、この作品群に温かい拍手をお願いいたします」

――ぱちぱち ぱちぱち

伍長「では、今年一年、本当にお疲れ様でした!」

伊闇「また来年も、素晴らしい作品の創作をお願いしますねー!」

天野「かんぱーい! メリークリスマース! 天野真理でした!(年末か年始に他の管理人に内緒である企画(?)を始めるかもしれません、とここで言っておきますね)」

伍長「アンヂェラ伍長よ! 来年まで、英気をやしなっておく事ねっ! Good bye」

伊闇「それではみなさーん! 良いお年をー! 伊闇かなででしたー! ……あ、絵師さんイラストありがとう!(私信)」

内藤「栗ようかん、うまうま♪」


――ゴスッ! ――ベキッ! ――グチャッ!

























……。

……。

……。

……くすくす。


まぁさか、ここで終わりとか思ってないよね? ないよね?

ぷすすっ♪



さぁさ、行ってみようね!

こっから先は、禁断の星六つ作品以上のオンパレードだぁっ!!!


も~ちろん例年通りに作品も一緒に載せているから、タイトル下のURLから飛んでみてねっ!
作者さん達のコメントも、そのリンク先のあとがきに載せてあるからねっ!


そして、今年一年本当にどうもありがとうだよっ!!!

MCはこの先も、ずぅ~~~~~っと長く続けるからねっ!!!
参加者がゼロになって、だぁれも作品くれなくなるまでやるからねっ!!!

だから、いつもいつもみなさんの原稿、感謝感謝です!
口に出さないと感謝は伝わらないだろうから、ここで一気に全部言うねっ!

今年一年分の“ありがとう玉”スパーキンっ!!!
心の底から大感謝~~~っ!!!


ではまた来年、お逢いいたしましょう。

管理人初号機、内藤でした~。
ぷすすすすっ♪





・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



《《 ☆☆☆☆☆☆ 星六つ作品 》》 該当三作品

Vol. 45《 温かい本棚 》 (作者:すずはらなずなさん)
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-104.html
【 読者コメント 】
◎私の大事な本を思いださせてくれました!!  どこにおさめたか探さないといけません。
◎作者さんは本をとても大切にしているんだなと感じました。
◎勝手に推測しているんですが、なずなさんの若い頃のエピソードが中心になっているんじゃないかなぁって。

Vol. 45《 オレが読むから 》 (作者:松永夏馬さん)
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-103.html
【 読者コメント 】
◎殺人犯を見つけた当たりからの流れで思わず泣いてしまいました。文句なしにオススメです!!
◎こう言う感動モノ書かせてもすごいんだよなぁ、この馬マスク仮面さんは。
◎ぴゅあぴゅあさが大好きです。相手のために一生懸命な男の子がとても良い。

Vol. 46《 Pandora(パンドーラ) 》 (作者:すずはらなずなさん)
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-102.html
【 読者コメント 】
◎優しさと温かさが漂う物語はいつものことながら、張られていた伏線がラストにつながる瞬間は息を飲みました。こんなにも優しい作品なのに衝撃。
◎なにげない作中の台詞や描写が、ラストに掛けて全部集合している辺りなんて、従来のなずなさんとはまるで違う!とか思いました。上手い!!!



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



《《 ☆☆☆☆☆☆☆ 星七つ作品 》》 該当二作品

Vol. 44《 名前も知らないお二方へ 》 (作者:望月さん)
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-101.html
【 読者コメント 】
◎ノリのいい話や勢いのある話もいいけれど ゆっくり流れる時間を丁寧に切り取ったようなこんな話を読みたい時があります。  いいですね。後でみなさんが創作のネタ(?)に使われるのも頷けます。
◎構成というか、ひとつひとつのシーンが美しい、とさえ感じられた作品です。ラストのシーンはもう映像がぶわーって広がるような。
◎綺麗な感性あればこその作品なのでしょうね。私のような真っ黒けでは、まず書けない世界だと思いました。

Vol. 46《 Mystery circle 》 (作者:知さん)
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-100.html
【 読者コメント 】
◎実はあまり読まないジャンルなんですが 面白く読めました。世界観をちゃんと創ってから人物を描きだしている感じで 入っていくことができました。 いつも創作への情熱が溢れている書き手さんだと思います。
◎予想。2012年度の総合一位作品。
◎理由…どのMC参加者の方の作品を読んでも1年前の作品よりも今の作品が1番面白いし凄いというのが全ての作品を再読しての僕の感想でした(*^^*)
どの参加者の方も今年を代表する「これぞMC」という作品を最低でも1作品は書いておられます。
その中から僕がこの作品に票を入れたのは、視点と主人公の立ち位置で…「こういうの書きたかったなあ」と頷きながら読みました。
故に作品への入り込み方も他の方の作品とは多少違っていました。
書きたかったけどけして自分には書き得ない作品を読ませて頂きました。
読んでる途中画面に向かって拍手してしまった作品です(*^^*)
◎これはもう俺の知る知ちゃんの(←なんか間違ってないのにくどい)作品の中で、現在のナンバーワンでしょう。読んでいてゾクリとしたし、悔しかった。とうとう目の離せない書き手さんになっちゃったねぇ。
◎狙えば歴史小説やらサスペンス小説でもいけるであろう内容なのに、あえてこの世界観で挑戦したと言う部分にも拍手です。



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



《《 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 星十二作品 》》 該当一作品

Vol. 45《 屋根裏書庫の朗読師 》 (作者:鎖衝さん)
http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/blog-entry-99.html
【 読者コメント 】
◎展開が意外な方へと進むので、面白かった。二票です。
◎感想コメントなどでも人気度が解りますが 読んでてイラっとくるくらい練った感のある作品。(褒めてます) さりげに過去の仲間作品への感想なんかも盛り込んでいながら 作品としてまとめるなんてワザありです。
◎ステキだな、面白いな、という作品は多いのですが、それ以上に、こういうのを書きたい! 悔しい! そんな感想を持ってしまいました。ストーリィ、構成、登場人物の心の揺れ、動き、そして謎とどんでん返し。どれをとっても本当に素晴らしい。2票入れましたけど、可能ならばあと何票か追加したいくらい。
◎圧巻の一言です。読んだのは2ヶ月以上前なのですが、いまだに内容をまざまざと思いだせるほど、印象強い作品でした。



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆





読者の皆様方にも、心からのMerryChristmas!

また来年のオススメMCをお楽しみに!



2012.12.24 MCスタッフ一同


● COMMENT ●

お疲れ様~
いや、まさか星七つも貰っているとは思いもよらなくてびっくり(棒
まぁ、総合一位は予想通りの作品でしたわ

お疲れ様です(*^^*)

昨年は初参加で右も左も分からず…でも今年は自分が一票入れた作品に他の方の票が入ったりコメントを読むのがすごく楽しいです(*^^*)

しばらく何回も読み返してしまいそうです(*^^*)

ていうか文末の(*^^*)←ダメだ(>_<)全然気づかなかったよ~判子と一緒や…

管理人さん皆様、作品に温かいお言葉ありがとうございます。

また来年もよろしくお願いします(*^^*)


藪影庵 ~とある日常~

とある蕎麦屋。
ふわり、と出汁の薫りが鼻孔を擽る。
心地良い日溜まりを宿して、今日も商売繁盛繁盛。

「あら、こんなにも星が付いてる。」
幸せそうに、パソコンの前で微笑む彼女は私のママ様。
最近ネットサーフィンにハマっているのは知っていたけど、今日は何してんだろーなー。
カチ、カチ。
普通は無機質な音が、彼女の手に掛かれば、不思議な扉を開く鍵の音にあっという間に早変わり。
「あらあら、日記を書いたつもりなのに・・・こんなにも誉めて貰って良いのかしら?」
私は後ろから、彼女の開いていたページを覗き込んだ。
【mystery circle 物語の輪】と銘打たれたそのページ。
日記・・・?
いや、皆日記書いてなくない?
寧ろ、物語を書いてない?
・・・しかも、ママ様、私を登場人物に出してるし!?
辰さんが、吃驚した顔をした私を見て口元を緩めているのが見えた。
辰さん・・・後で覚えておいてね(くすぐってやるんだからっ!)。
嗚呼・・・ママ様は今日も自由気まま。
私は貴女の娘で良かったよー。
楽しい毎日をありがとう、なんてね。

「ふふ、照れるじゃないの。」

・・・心読まれてる!?
そんな、藪影庵の昼下がり。

きゃぁぁぁぁ!晒し掲載ぃぃぃ!Σ(д)
ごご、ごめんなさいでした!(締め切り破り)
しかしびっくりしました。本当に晒し首・・・じゃなかったコメントで。
皆さんの受賞作品をしみじみ眺め、わぁ、すげー・・・と思わず知らず呟いてます。
今年一年、お世話になりました。
私の一作に票を入れてくださった方、とても感謝しております!
どうもありがとうございます(涙

管理人の皆様、Mistery Circle作家の皆様、
お疲れ様でございます。
来年もまたよろしくお願いします。
Merry Christmas!!!v-272

メリークリスマス! ホッホホー!

今年もステキなプレゼントいただきまして、票を入れてくれた皆さま、読んでくれた皆様に感謝感謝のクリスマスイブ。やっぱりこういうご褒美があると、次も頑張ろうという気合がはいります。上から読んでも下から読んでも松永夏馬です。服は着てます!

自分が投票した作品が上位だと「よっしゃー」、星が少ないと「おいおいナンデダヨー」と一喜一憂してました。


とりあえず描写賞のセレクトに悩んだのは、描写賞=オススメ賞となってしまうわけで。ええ。

あ、あと北条政子で吹いた。未登場人物なのに!

伊闇かなでちゃんの胸のリボン解き隊、総員一名全員集合!万年シュランプの氷桜夕雅です

私の拙い物語を読んでいただきありがとうございます。
投票して下さった方はもっとありがとうございます、約お一人バレバレですが(笑)
ええ、なんというか・・・・北条政子、やっちゃいましたね!(;´Д`)モウシワケナイ
ま、まぁ・・・あとがきまで楽しんでいただけたようで満足です
皆様来年もよろしくお願い致しますね(゚∀゚)ノチャオ


メリークリスマス。(←ここは普通に。)
ありがとうメンバーの皆様 ありがとう、管理人のみなさま。楽しいクリスマスプレゼントに心躍りました♪
自分に入った票はもちろん、みなさんの作品に入った票とコメントを嬉しい思いで読ませていただきました。
今回は賞が色々あったので迷いました。どの賞に☆を入れても総合のオスススメにもカウントして頂くよう書き添えればよかったと思うくらい、(被らないように投票してしまったので・・・)どれもオススメしたい作品でした。
同じ素敵キャラが何作にも出演しているとか、同じ作家さんでどの作品も好きな場合、悩んだ末1作に票を絞ったりしたことを思うと、遠慮せずにもっと票入れても良かった…などと 思ったり。

かゆりさんは作品だけでなく 届くコメントはいつも深くて、心揺さぶられます。「晒し掲載(?)」読めて良かったです。有難うございます。


こんばんは~。鎖衝(さつき)です。
どうもありがとうございますどうもありがとうございますどうもありがとうございますどうもありがとうございますどうもありがとうございます!
もーなんべん言っても足りないぐらいのありがとうです。
恐れ多いと言うかなんと言うか、むしろ申し訳なさの方が上ってぐらいのもので……はい。

この企画で、なんか一年が終わるなぁ~って感じですよね。
今年も一年、本当にどうもどうもでした。

この記事を読んで、みなさんのコメント読んで、あ~なんか独りじゃないんだなぁ~って気分になって凄く嬉しいです。
物を書くと言う事は非常に孤独で、地味な作業です。もちろん書いた所で誰が読んでくれる訳でもない。批評も無いけど拍手も無い。そんな徒労のような作業をこんな風に少しでもねぎらってくれる場所があると言う事は、それだけでも充分に存在意義があるんじゃないかなぁとか思いますよね。

松永さんのあとがきコメント、凄くウケました。
なずなさんの「ホッホホー」が色んな場所で多用されているのも面白かったし、ここのコメントの彩見さん番外編も嬉しかった。
一年はなんか凄く早いような気がしますけど、それでもこんなお祭りが早く来るんだなとか思えば、それもまた良いような気がします。

どうもありがとうございました! 来年もまた、よろしくお願い致します!

管理人の皆様、編集お疲れ様でした!!

そしてありがとうございます……本当にありがとうございます……
コメントが温かくてホロリときました;▽;
やっぱり、読んでくださる方がいるということはとても有難いことだなぁと。

この記事の皆さんのコメントにうんうん頷いたり、唸ったりしながら読み進めておりました。
小説って面白いなぁ……。
そして私も一位は予想通りでした笑

今年はMCもなかなか参加できず、新しく参加された方々とは全然お話しできなかったのですが、作品は読ませて頂いておりました。
来年は、もう少しお話しできたらいいなぁ……などと^^;

最近めっきり冷え込んできましたね。
これ以上気温が下がったら本気で凍るんじゃないかと思っているのですが、あと30度ほど気温上がらないかな……;;
今年も残り数日。皆様どうぞよいお年を。

そして、来年もどうぞよろしくお願い致します!!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://misterycirclenovels.blog.fc2.com/tb.php/98-e329c4e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

明けましておめでとうございます(追記あり) «  | BLOG TOP |  » Mistery Circle Vol. 46 寸評

プロフィール

MC運営委員会

Author:MC運営委員会
このブログの八割は、カボチャで構成されております。

カテゴリ

Mistery Circle(メインカテゴリ) (37)
寸評 (27)
MCルール説明 (1)
お知らせ (34)
参加受付 (21)
出題 (32)
メールフォーム (3)
内藤クンのおもちゃの部屋 (8)
天野さんの秘密の部屋 (8)
Ms.伍長の黙示録の部屋 (0)
伊闇かなでの開かずの部屋 (4)
未分類 (26)
亞季 (2)
いつき (1)
伊闇かなで (2)
空蝉八尋 (4)
黒猫ルドラ (10)
ココット固いの助 (20)
桜井 (1)
桜朔夜 (1)
鎖衝 (11)
知 (21)
しどー (10)
瞬 (3)
白乙 (12)
すぅ (13)
すずはらなずな (27)
田川ミメイ (2)
辻マリ (14)
夏海 (3)
七穂 (1)
氷桜夕雅 (28)
ひとみん (4)
松永夏馬 (12)
望月 (8)
幸坂かゆり (19)
李九龍 (12)
りん (3)
ろく (1)
Clown (12)
MOJO (1)
pink sand (9)
rudo (8)
×丸 (3)
MC参加者に聞け (7)
Mistery Circle ヒストリー (1)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム